メンタルとはどういう意味を持つ?関連するものや言葉などを紹介! 恋愛・心理

メンタルとはどういう意味を持つ?関連するものや言葉などを紹介!

メンタルとはどういう意味なのかや、使い方までご存知でしょうか?フィジカルやマインドと同じく、強い人もいれば弱い人も存在しています。今回は「メンタル」という言葉の意味や使い方に加えて、メンタルが弱い人の特徴や強くなる方法などについてまとめてみました。

目次

[表示]

巷でよく聞く「メンタル」とは?どういう意味?

TeroVesalainen / Pixabay

「メンタル」という言葉を耳にする機会は多いです。この言葉はどういった意味なのでしょうか?

メンタルの言葉が持つ基本的な意味とは?

Free-Photos / Pixabay

メンタルという言葉は基本的に「精神的」や「心理的」という意味を持っています。単語だけで使われることもありますが、別の言葉とつなげて使われることも多いです。例えるなら「メンタルケア」などです。

ちなみに、メンタルの反対語には「フィジカル」という言葉があります。フィジカルという言葉は「肉体的」や「身体的」といった意味が込められています。こちらも別の言葉とつなげて使われることが多いです。

メンタルの使い方は?強い・弱いで表現する?

geralt / Pixabay

メンタルという言葉はどう使うのでしょうか?一般的な使い方としては「メンタルが強い」や「メンタルが弱い」という表現が多く使われています。これは意志の強さや、ストレスへの耐性など心の強さを表しています。

他にも「メンタル崩壊」や「メンヘラ」という使われ方もあります。メンタル崩壊はその名の通り「メンタルが崩壊してしまった状態」を表します。精神状態がいつもと違う人に対して使われます。

メンヘラというのは「心に病を持っている人」を指す言葉で、主にネット上で使われることが多いです。ちなみにこの言葉は「メンタルヘルス(心の健康)」から派生した造語になります。

メンタルとマインドは同義語?違いは何?

GDJ / Pixabay

メンタルと同じような意味で使われる言葉に「マインド」があります。どちらも心を表す言葉ですが、実は同義語ではなく意味も少しだけ違います。まずメンタルというのは「心に関するもの・状態」を指す言葉です。

例えば先ほど触れた「メンタルヘルス」という言葉の場合、「心の健康」という意味になります。他にも「メンタルトレーニング」ですと、「メンタルを鍛える」といったように使います。

マインドという言葉は「心や精神そのもの」を指す言葉として使われます。使い方としては「マインドコントロール=心や精神をコントロールする」などです。同じような意味でも微妙に違いがあるので要注意です。

メンタルと反対の意味を持つ言葉はフィジカル?

RyanMcGuire / Pixabay

メンタルと反対の意味を持つ言葉はいったい何でしょうか?心や精神に関する「メンタル」の反対語は「フィジカル」という言葉です。フィジカルという言葉は、肉体的や身体的を意味しています。

フィジカルという言葉は、精神的に辛いことを表す「メンタルにくる」というような使い方は一般的ではありません。「フィジカルトレーニング」などの言葉が一般的に使われています。

メンタル崩壊・メンタルがやられるの意味とは?

FrankWinkler / Pixabay

「メンタル崩壊」や「メンタルがやられる」という言葉は、精神がおかしくなってしまう(しまいそうな)ことを表します。そして通常の精神状態とはかけ離れていて、怒りの感情が表に出ている状態のことでもあります。

このメンタル崩壊が起こる原因としては、会社や学校などでのストレスが関わっているとされています。他にも疲労が積み重なっていくことで感情をコントロールできずにメンタル崩壊してしまう場合もあります。

メンタルを磨けば成功者に近づける?

Tumisu / Pixabay

多くの成功者に共通して言えるのが「メンタルが強い」ということです。たとえ実力が低くてもメンタルの強さを持っているから成功できた人も存在しています。成功者になるためにはメンタルを磨くことが重要なのです。

無駄なことに振り回されず、いつも冷静な判断を下せる人が成功者に多いと言われています。そして、リスクを恐れずに行動できているからこそ、成功のチャンスをつかむことができているのです。

メンタルに関係する言葉や慣用句はある?

Wild0ne / Pixabay

メンタルに関する言葉や慣用句についても見ていきましょう。

メンタルは他の言葉と組み合わせて使用されることが多い!

truthseeker08 / Pixabay

「メンタル」という言葉は単独で使うことは少なく、他の言葉と組み合わせて使用されることが多いです。例えば、メンタルヘルスやメンタルトレーニングなど、「メンタル+〇〇」という形で使うのが一般的です。

メンタルに関する言葉①メンタルヘルス

Activedia / Pixabay

メンタルヘルスとは日本語に訳すと「心の健康」という意味です。それだけではなく「心の健康の改善」や「心の健康の増進」という意味を指す言葉として使われることが多くなっています。

また、心が不健康にある状態のことを「メンタルヘルス不調」と言います。これは精神疾患になっている状態だけではなく、不安や悩みを抱えている状態も含みます。

メンタルに関する言葉②メンタルヘルスケア

andreas160578 / Pixabay

メンタルヘルスケアとは「精神面の援助や介護」という意味の言葉です。心の病を抱えている人に対してカウンセリングなどを行い、メンタル面をケア・サポートすることに対して使われています。

また、自分自身で心のケアをすることも「メンタルヘルスケア」という言葉が使われます。メンタルヘルスケアに関する資格もあり、「メンタルケア心理士」や「心理カウンセラー」など幅広く存在しています。

メンタルに関する言葉③メンタルダウン

3938030 / Pixabay

いつもよりやる気がない、何もしなくにもても気分が落ち込むという状態のことを「メンタルダウン」と言います。仕事や学校以外にもプライベートなどのストレスが重なることで、心が弱くなっている状態です。

ただ、メンタルダウンの原因には様々なことが考えられます。仕事以外にもプライベートのストレスが重なって症状が起きてしまうことも多いのです。なので「これくらいなら大丈夫」と考えないことが重要です。

メンタルに関する言葉④メンタルヘルスマネジメント

rawpixel / Pixabay

メンタルヘルスマネジメントとは、自分で心をコントロールしたり、心を自己管理することです。プレッシャーがかかる状況ではそれに打ち勝つように心を落ち着かせて、必要な時はリラックスさせるマネジメント法です。

スポーツにありがちな「忍耐」や「根性」という精神論ではありません。呼吸法を利用して副交感神経を刺激したり、リラックスをして瞑想したりなど、心に働きかける方法で自分をコントロールします。

メンタルに関する言葉⑤メンタルトレーニング

stevepb / Pixabay

メンタルトレーニングとは、意志の力や決断力などの精神力を強くするトレーニングのことです。主にスポーツにおいて集中したり、精神状態を安定させたりするための自己トレーニングとされています。

大会など重要な場面であがることを防ぐために、わざと困難なことをイメージしてトレーニングを行ったりする場合もあります。それ以外にも瞑想などで精神統一をして、やる気や自信の向上を目的にすることもあります。

メンタルに関する言葉⑥メンタルブロック

ChadoNihi / Pixabay

メンタルブロックとは、何かをしようと思っているけれど「心のブレーキ」が掛かっている状態のことを指します。新しいことを始めようとしても「自分にはできない」など思い留まってしまう状態のことです。

メンタルブロックというのは、これまで経験してきたことから形成されます。過去に何か失敗をしたりトラウマを抱えたりした場合メンタルブロックが出やすいと言われています。

ですが、これは「思い込み」や「先入観」が強く出てしまっているだけの状態でもあります。物事に対して否定的になっているだけという場合が多いのです。自分が持っている固定観念にとらわれないことが重要です。

メンタルに関する言葉⑦豆腐メンタル

621hjmit / Pixabay

豆腐メンタルとは、豆腐のように柔らかく壊れやすいメンタルのことです。すぐに落ち込んでしまったり、悲観的になりやすい「精神が弱い人」のことを指す場合に使われます。

この言葉は「遊戯王」のキャラクターから生まれました。冷静で強い一面を持ちながら普段は大人しく心が弱いことのギャップを表した言葉です。より心が弱い人に対しては「豆乳メンタル」という言葉も使われています。

メンタルに関する言葉⑧メンヘラ

Free-Photos / Pixabay

メンヘラという言葉はネットスラングとして使われています。この言葉は「メンタルヘルス」が「メンヘル」と略されて、そこに「er」が付けられることによって生まれました。

意味としては「メンタルに障害や病を持った人」とされています。ネガティブな意味しか含まれていませんので、日常生活で使うことはおすすめできません。ネット上でも蔑む意味を込めて使われています。

メンタルに関する言葉⑨メンタリスト

mohamed_hassan / Pixabay

メンタリストとは心理学を使って、常識とはかけ離れたパフォーマンスをする人を指します。この言葉は日本で使われていませんでしたが、メンタリストDaiGoさんが肩書きとして使ったことで広まりました。

メンタリストになるには心理学などについて多くの知識を学ぶ必要があります。相手の考えていることや深層心理などを読み取るスキルも必要になりますので、簡単にメンタリストになることはできません。

メンタルと関わりの深いものは?スポーツや普段の生活にも関係?

skeeze / Pixabay

メンタルと関わりの深いものとして、スポーツがあげられます。他にも普段の生活にも関係してきます。

メンタルとスポーツは深く関係している?

pixel2013 / Pixabay

メンタルとスポーツは深く関係していると言われています。大会など失敗が許されない場面で普段の実力を出すには心を落ち着ける必要があります。いくらフィジカルを鍛えてもメンタルが弱ければ結果を出せません。

スポーツ経験者であれば「緊張感に飲まれた」という経験もあるでしょう。会場の雰囲気や自分が持っている不安を拭い去ることができなかった人もいるはずです。そうならない為にメンタルが重要視されるのです。

スポーツ界におけるメンタルの意味とは?

Comfreak / Pixabay

スポーツ界におけるメンタルは、極端に言えば「緊張」との戦いを意味します。適度な緊張だと良いパフォーマンスに繋がることもありますが、過度な緊張や不安を抱えるとパフォーマンスが低下します。

適度な緊張を保つことで素晴らしい結果を残す人もいます。反対に練習で良い結果を出せるのに、試合になるとすぐに負けてしまう人もいます。この違いは緊張している自分をコントロールできているかどうかです。

スポーツをしている人は自然とメンタルも強くなる?

RyanMcGuire / Pixabay

メンタルもフィジカルと同じく鍛える必要があります。スポーツをしていれば自然とメンタルが強くなると思っている人は少なくありません。ですが、ただスポーツをしていればメンタルが強くなるわけではないのです。

スポーツでトップと言われる人たちは何度も困難な局面を切り抜けています。これはフィジカルの他に、困難な局面に打ち勝つメンタルを鍛えてきたからに他なりません。メンタルは意識的に鍛える必要があるのです。

メンタルが崩れると体調も崩しやすい?

geraldoswald62 / Pixabay

心(メンタル)と体(フィジカル)は繋がっていると言われています。一方がバランスを崩すともう片方も崩れてしまいます。メンタルが崩れると体調を崩しやすくなってしまうのです。

メンタルが崩れる人は、多くのストレスを抱えていることに自覚がありません。体調を崩さない為にも「自覚のないストレス」を解消しなければいけないのです。「ストレスがある」ことを前提に行動しましょう。

音楽で心の健康を得ることが出来る?

stevepb / Pixabay

音楽を聴くことで心の健康を得ることができると言われています。イライラしている時、やる気のない時などに音楽を聴くことで自分の心が落ち着き、ストレス解消につながります。

ライブやコンサートを含めた音楽には心を動かす作用があります。常に感情を抑えている人であれば音楽を聴くことで、自分にある様々な感情を思い出すことができるでしょう。

他にも、音楽は自閉症の子供に自発性を芽生えさせたり、元気のない高齢者が音楽を聴いて元気を取り戻したことも記録されています。さらには胎児に音楽を聴かせることでリラックス効果を期待できるのです。

食生活の改善がメンタルにも影響?

dbreen / Pixabay

メンタルが弱くなっている場合は、食生活を改善することが有効とされています。われわれ人間は脳でストレスを感じます。その脳を動かすには食べ物からエネルギーを補給しなければいけません。

タンパク質やビタミンにミネラルなど、体に必須とされている栄養素が不足すると脳がストレスを感じます。そうすると心にも負担がかかってしまいます。食生活を正しくするのもメンタル管理に重要なことです。

メンタルヘルスはハラスメント対策としても活用されている!

Tumisu / Pixabay

セクハラやパワハラなどを防ぐ「ハラスメント対策」に、メンタルヘルスが活用されています。多くの会社に設置されている「セクハラ相談窓口」でメンタルヘルスを対応できる担当者も存在しているようです。

実際にハラスメントを受けた被害者は、それが原因で精神的・身体的なトラブルを抱えることがあります。相談窓口の担当が心のケアをしてくれるだけでも経過が良好になりますし、セクハラ予防にもなりえます。

メンタルが弱い人の特徴は?

Anemone123 / Pixabay

「メンタルが弱い」と言われる人の特徴を見ていきましょう。

「メンタルが弱い」ってつまりどういうこと?

メンタルが弱いということは、つまり「プレッシャーに弱い」もしくは「ストレス耐性が低い」ということです。トラブルが起きた時や辛いことがあった時にすぐに心が折れて立ち直れない状況になってしまいます。

また、スポーツでは過度の緊張を持ってしまうことで本来の実力を発揮できない状態になります。メンタルが弱いことで状況を左右するとっさの判断力や、逆境にある時に気持ちを切り替えられなくなります。

メンタルが弱い人の特徴①コミュニケーションが上手くとれない

Free-Photos / Pixabay

メンタルが弱い人の特徴として「コミュニケーションが上手くとれない」ことが挙げられます。メンタルが弱い人は、自分の気持ちや考えを伝えられず、他人に理解してもらうことが難しい傾向にあります。

友達や彼女などに自分の想いを伝えられないことを理解していて、自信を持つことができません。このような経験からコミュニケーションに対するトラウマを抱えてしまう場合もあります。

NEXT:メンタルが弱い人の特徴②冷静な対処ができない
1/2