キャパオーバーしてしまう!その原因は?対処法や予防策はある? ライフ

キャパオーバーしてしまう!その原因は?対処法や予防策はある?

目次

[表示]

対処法⑧運動して気持ちをスッキリさせる

sasint / Pixabay

キャパオーバーしてしまったときの対処法の八つ目として、運動をすることも大切なこととなります。次の日の仕事に差し支えない程度のジョギングなどでも効果は見込めると思います。

ジョギングだけでなくウォーキングでも良いでしょう。また自宅でできる筋トレなどを軽くする人もいるようです。運動することで気分転換にもなりますし、リフレッシュができます。

対処法⑨飲みに行ったりSNSでひたすら愚痴る

QuinceMedia / Pixabay

キャパオーバーしてしまったときの対処法の九つ目として、友人と飲みに行ったりSNSで愚痴ることも非常に有効です。友人と楽しい時間を過ごすことでストレス発散になるでしょう。

また、最近はSNSを利用している人は非常に多いです。SNSに不満や愚痴を投稿してしまうことで誰かしらが相談に乗ってくれる可能性もありますね。

対処法⑩スケジュールを立て直す

athree23 / Pixabay

キャパオーバーしてしまったときの対処法の十個目として、スケジュールを見直してみることは非常に大切なことです。仕事を溜め込みすぎてスケジュールが埋まってしまっているのではありませんか。

ギチギチなスケジュールの場合、何かミスをしてしまった場合にカバーする時間がないということも考えられます。

受け持っている仕事を整理して何もない空白を作ることで何か問題があったときには対処することができるかもしれません。

対処法⑪完璧主義をやめる

Free-Photos / Pixabay

キャパオーバーしてしまったときの対処法の十一個目として、完璧主義であることを辞めることも大切です。完璧主義でいることは案外辛いことかもしれませんね。

完璧でなくても良いという考え方ができるようになると、とても楽な気持ちで仕事に取り組むことができる可能性があります。ちょっとだけシンプルに考えるように心がけましょう。

対処法⑫自分の限界や実力を把握する

Pexels / Pixabay

キャパオーバーしてしまったときの対処法の十二個目として、自分の限界を知ることが大切なことであると考えられます。できることはできる、できないことはできないと宣言することも良いかもしれませんね。

自分の能力以上の仕事を抱えていると知った時には緊張などしてしまうことはありませんか。ますます失敗する可能性を高めると思います。

当てはまったらキャパオーバー寸前?サインや予兆をチェック!

Free-Photos / Pixabay

あなたも気が付かないうちにキャパオーバーしてしまっている可能性があるかもしれません。

そこで、キャパオーバーをしてしまいそうな前兆を知っておくことで防ぐことができる可能性があります。詳しくご紹介していきたいと思います。

前兆①ちょっとしたミスが増える・注意力が散漫になる

DanaTentis / Pixabay

キャパオーバーの前兆の1つめとして、小さなミスが増えて注意力が散漫になる可能性があるようです。今まではできていたことでうっかりミスをしてしまうことが増えるかもしれません。

焦ってしまうことで余計にミスを誘発する可能性すらあります。このような状況となってしまった場合には、まずは冷静になり仕事に優先順位をつけてひとつずつ片づけていくことが大切なことと言えます。ちいさ

前兆②何かとイライラする

Free-Photos / Pixabay

キャパオーバーの前兆の2つめとして、小さなことや何でもないことに対してすぐにイライラしてしまうことが考えられます。

仕事がなかなか終わらなかったり、いつまでも解決しない状況に直面しているとイライラが増えるかもしれません。そしてあるとき突然にキャパオーバーしてしまう可能性があります。

いつでも心を落ち着けるように心がけましょう。

前兆③笑顔が無くなる

Anemone123 / Pixabay

キャパオーバーの前兆の3つめとして、笑えなくなる可能性があるようです。心に余裕がなくて精神的に追い詰められていることを現しているのかもしれませんね。

単純に笑顔がなくなるということもありますが、何をしていても楽しめなくなってしまっているような場合には危険なサインであると言えます。

誰かに相談をしたり、ストレス発散をしたり、気分転換をすることが大切です。早急に対処をしましょう。

前兆④泣く機会が増える

Counselling / Pixabay

キャパオーバーの前兆の4つめとして、ちょっとしたことですぐに涙が出てくることが考えられます。これは上記の笑顔がなくなる前兆よりも危険度が高いことと言えます。

信頼できる人に相談をする、ストレス発散に努める、気分転換をする、考え方を改めるなど、できることはたくさんありますので早急に対処をすることが必要です。

前兆⑤頭が回らない

lil_foot_ / Pixabay

キャパオーバーの前兆の5つめとして、頭が回らなくなってしまうことがあるようです。仕事もたくさん抱えていても仕事のことを考えることができなかったり、自分自身の生活のことも考えられなくなるかもしれません。

頭がスッキリするように、軽い運動をしたり甘い物を食べたりなど少しだけ休憩をすると改善する可能性もありますね。

前兆⑥人と会いたくない・話したくない

Free-Photos / Pixabay

キャパオーバーの前兆の6つめとして、人に会うことが辛くなることがあります。前までは楽しく会えていた人に会いたくないと考えてしまうことがあるようです。

人に会わなくなるとますます気分がふさぎ込んでしまう可能性が考えられます。無理をし続けると良くないです。休日にゆっくりと休んだり自分の時間を大切にすることで改善するかもしれませんね。

前兆⑦眠りが浅くなる・寝付くまでに時間がかかる

キャパオーバーの前兆の9つめとして、眠りが浅くなったり寝つきが悪くなってしまう可能性があります。ストレスや悩みを抱えていることも不眠の原因となり得るようです。

結果として睡眠不足となり、仕事にも支障が出てしまうことも考えられます。良く寝られるように軽い運動をして身体を疲れさせてみるなどの対処をするようにしましょう。

前兆⑧頭痛や眼精疲労・眠気など身体に不調が出てくる

Free-Photos / Pixabay

キャパオーバーの前兆の8つめとして、眼精疲労や頭痛、眠気などの身体に不調が現れてくることが考えられます。

寝不足や疲れが溜まっていることと関係しますが、身体に症状があると仕事に打ち込むことが難しくなるかもしれません。

身体に不調が出てしまっているということは精神面でもストレスを感じていることと思われます。心身ともにリラックスする時間を作ることが大切なこととなります。

前兆⑨過去の嫌な思い出が蘇ってくる

Counselling / Pixabay

キャパオーバーの前兆の9つめとして、過去の嫌な出来事を思い出して辛くなることが考えられます。今取り組んでいる仕事とは関係のない過去の失敗を急に思い出すということはありませんか。

このような場合にはますます気分が落ち込んでしまうことが考えられます。気分転換やリフレッシュすることが非常に大切なこととなります。

前兆⑩仕事に関連するものを見ると拒否反応が出る

StockSnap / Pixabay

キャパオーバーの前兆の10個目として、仕事に関するものを見ると拒否反応を起こしてしまうことがあります。抱え込んでいる問題や仕事、連絡するべき相手を見て見ぬふりしてしまうのかもしれません。

精神的に疲れてしまっているということが考えられます。コーヒーを飲んで休憩をしたり、景色の良い場所で少しだけ休憩をしたり、気分をリフレッシュさせてみましょう。

キャパオーバーしないために今からできる予防策!

27soon / Pixabay

キャパオーバーの前兆が見えてしまったときなどに、どのように予防をすれば良いのでしょうか。対策とともにご紹介していきます。

予防・対策①仕事に取り組む時は優先順位をつけよう!

StockSnap / Pixabay

現状としてたくさん仕事を抱えているかもしれません。けれどもまずは優先順位をつけてみましょう。そうすることで頭もスッキリするかもしれませんね。

予防・対策②出来ない仕事はキッパリ断る!

geralt / Pixabay

自分の仕事を抱えているのにも関わらず、他の人に仕事を頼まれることもあるかもしれません。そのようなときにはきっぱりと断る勇気と意思を持つことも大切です。

やみくもに断るのではなく、既に仕事をたくさん抱えているからなどとしっかりとした理由を言えると尚良いでしょう。

予防・対策③自分なりのペースで進めていく

congerdesign / Pixabay

誰かにペースを合わせて仕事をしたり、急かされてしまうと自分の仕事に集中できないかもしれません。少しくらい遅れてしまっていても、自分のペースを保って仕事をすることも大切です。

予防・対策④迷ったらすぐに相談!

誰かに頼ったり、相談をすることを苦手と感じていませんか。仕事はたった一人でやっているわけではありません。協力し合うことで得られる成果もあります。

抱え込まないように相談をする癖をつけると良いかもしれませんね。

予防・対策⑤規則正しい生活を心がける

Free-Photos / Pixabay

規則正しい生活を送り、栄養バランスの良い食事を摂ることでまずは身体を健康にしましょう。健康でさえいれば、少しくらいの悩みもすぐに解決することができるパワーが沸いてくるかもしれませんね。

予防・対策⑥職場で頼れる存在を見つけておく

rawpixel / Pixabay

職場の上司や先輩、同僚などと良好な人間関係を作っておくことでいざというときに力になってくれるかもしれません。

もちろん、誰かが困っていることに気が付いたら自らも力になれるようになっておくことがベストであると言えます。

予防・対策⑦事前に労働組合などを調べておく

TeroVesalainen / Pixabay

労働組合などを事前に調べておくことで、困ったときに力になってくれる可能性があります。最終手段として使用するのも良いかもしれませんが、知識があるだけで心強いと感じることができるはずです。

予防・対策⑧ストレスを発散する機会を意識的に取り入れる

12019 / Pixabay

普段の生活でストレスを溜め込まないように心がけましょう。趣味や運動、友人と食事をすることも良いかもしれませんね。

休日の過ごし方も仕事を思い出すことがないように思いっきり楽しむことができると良いです。

予防・対策⑨何でもかんでも引き受けない

ExplorerBob / Pixabay

引き受けた仕事に手が回らなくなってしまってから、できないと断ってしまうことは信用を失うことにもなりかねません。

始めからなんでも引き受けてしまうことをやめることが大切なこととなるようです。断る勇気を持ちましょう。

予防・対策⑩線で考える思考を癖づける

Pexels / Pixabay

一つ一つの仕事を単体で捉えることは、いわば”点”の状態です。今いる点から次の点に移る際、どうしても空白期間(ロス)が生まれてしまいます。キャパオーバーを予防するには、点ではなく”線”で捉えなくてはいけません。全体の流れをつかめるほか、線からかけ離れた位置にある点を捨てるという選択も可能になります。 何かを選ぶには何かを捨てなければいけないというのは、ビジネスの鉄則です。このトレードオフの考え方を徹底すれば、キャパオーバーは驚くほど回避できます。

(引用:キャリアパーク!ビジネス)

上記のように点ではなく線で考えることで仕事の効率化を図ることができます。キャパオーバーしない人はこのような考え方が得意なのかもしれませんね。

主人公が病んでいる映画3選

mojzagrebinfo / Pixabay

毎年多くの映画が公開されていますが、主人公が病んでしまっている映画に的を絞ってご紹介していきたいと思います。

これらの映画を見て、キャパオーバーしてしまったときの参考になればと思います。

シークレット・ウィンドウ

2004年に公開されたジョニーデップが主演を務めた映画です。大人気作家の主人公ですが、妻と離婚を巡ってトラブルになり、次第に病んでいきます。盗作疑惑まで出てしまい、心身ともに落ち込んでいくようです。

主演のジョニーデップの演技力が素晴らしい作品となっています。

世界にひとつだけのプレイバック

2012年に公開され、ブラッドリークーパーとジェニファーローレンスがダブル主演をしています。仕事も恋も何もかも、全てを失った二人が人生を立ち直らせるべく奮闘していく姿を描いています。

人生がどん底に落ちてしまってもなんとかなるという強い気持ちが込められています。

NEXT:ブラックスワン
2/3