宇野重吉の息子は寺尾聡?死因は何?嫁とは駆け落ちで結婚? エンタメ

宇野重吉の息子は寺尾聡?死因は何?嫁とは駆け落ちで結婚?

宇野重吉という俳優をご存知ですか?息子は寺尾聡さん、映画「男はつらいよ」で共演もしています。また石原裕次郎さんと切磋琢磨して映画界を盛り上げた人でもあります。その宇野重吉さんの生き方や妻との結婚や子供について、また亡くなった死因についてもまとめました。

目次

[表示]

宇野重吉とは?どんな人物だった?

宇野重吉さんとはどんな人物だったのでしょうか?宇野重吉さんは昭和の時代に長く演劇界をリードしてきた名優の1人でした。また、演出家であり、映画監督でもあった人でした。

宇野重吉のプロフィール!出身地はどこ?画像は?

  • 本名      寺尾信夫
  • 生年月日    1914年9月27日
  • 没年月日    1988年1月9日
  • 出身地     福井県足羽根群下文殊村(現在の福井市太田町)
  • 職業      俳優、演出家、映画監督
  • 星座      てんびん座
  • 1950年  滝沢修らと劇団民藝を創設
  • 1985年  宇野重吉一座を立ち上げる

舞台や映画、テレビで活躍して来た宇野重吉さんですが、1988年に亡くなる直前までその活動を続けて来られました。宇野重吉さんの芸名は中野重治さんと鈴木三重吉さんの名前から由来しているそうです。

プロレタリア演劇に感銘を受けた宇野重吉は、芝居の世界へ

LoggaWiggler / Pixabay

宇野重吉さんは、幼い頃に父親を亡くしてからいろいろ苦労をされたようです。高校も学資が続かず3年の1学期で中退しています。そして1人上京して当時の工業高校であった早稲田工手学校に通います。

その間にマルクス主義の影響を受けます。そして日本大学芸術科に入り、当時プロレタリア劇団による演劇が中心に上演されていた築地小劇場でプロレタリア演劇に出会ったのです。

宇野重吉さんはそのプロレタリア演劇に感銘を受け、何度も築地小劇場へ通ううちに自ら芝居をしてみたいと思うようになりました。そして演劇の世界に飛び込んだのでした。

滝沢修と劇団民藝を創設、中心的指導者として劇団を育てる

Larisa-K / Pixabay

1932年、宇野重吉さんはプロレタリア演劇研究所に入所。その半年後の1933年5月に滝沢修さんや久保栄さんらが率いる東京左翼劇場に参加するようになります。

1950年12月22日、宇野重吉さんはそこで知り合った滝沢修さんと共に劇団民藝を創立させました。そして劇団民藝では中心的指導者となり、俳優座や文学座と並ぶ日本を代表する新劇団にまで育てあげました。

「わが生涯のかがやける日」で映画に出演し始め、「痴人の愛」で初主演

このように宇野重吉さんは主に舞台で活躍されていましたが、
1948年の松竹映画「わが生涯の輝ける日」(監督:吉村公三郎)からは、映画にも本格的に出演するようになりました。

そして1948年には3本、1949年には8本もの映画に出演しています。その中で谷崎潤一郎原作の映画「痴人の愛」では初主演を務めました。

日活映画にも出演、石原 裕次郎と切磋琢磨していた

JACLOU-DL / Pixabay

第二次世界大戦後、日活は1954年に制作を再開しました。しかし、当時の日本を代表する大手映画会社5社による5社協定から締め出され、出演俳優不足に悩んでいました。

宇野重吉さんはその時、劇団民藝と提携契約を結ばせ、多くの劇団俳優を日活映画に出演させ、宇野重吉さん自身も多くの日活映画に出演するようになりました。

この頃から宇野重吉さんと石原裕次郎さんの友情がはじまり、日活映画の中で互いに切磋琢磨していたようです。石原裕次郎さんとの友情はこの時代から生涯続きました。

1964年には、NHK大河ドラマ「赤穂浪士」に出演

AG2016 / Pixabay

NHK大河ドラマ第2作目となる1964年の「赤穂浪士」は、当時の歌舞伎や映画、新劇の各界の看板スターを総動員して制作されました。それは大河ドラマ史上不滅の最高視聴率53%を獲得した作品となりました。

この大河ドラマの豪華キャストは大石内蔵助役が長谷川一夫さん、そして山田五十鈴さんや淡島千景さん。浅野内匠頭役には尾上梅幸さん、新劇からは宇野重吉さんや滝沢修さんなどが出演しています。

宇野重吉さんは稀代の大盗賊・蜘蛛の陣十郎役でした。この役は本人も気に入っていたようで、とぼけた老かいな演技は宇野重吉さんならでは、天下一品とかなりの評判だったようです。

1976年、映画「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」にも出演していた

宇野重吉さんは1976年の映画「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」にも出演していました。寅次郎が上野の飲み屋でであったみすぼらしい老人、実は日本画の大家である池ノ内青観が宇野さんの役です。

この回のマドンナ役は大地喜和子さんでした。大地喜和子さん扮する芸者ぼたんと寅さんのからみもぴったり合って、ゲストとマドンナのバランスが絶妙な佳作と評判を得た作品となりました。

1980年に演出した越路吹雪出演の「古風なコメディ」が有名に

宇野重吉さんはあの宝塚歌劇団出身でシャンソン歌手だった越路吹雪さんを、劇団民藝に迎えて1980年に「古風なコメディ」という舞台劇を演出しています。

それは、越路吹雪さんがそれまでのミュージカルやリサイタルから離れ、本格的な芝居に挑戦したいと劇団民藝の宇野重吉さんの門を叩いたからでした。

宇野重吉さんは快くそれを受け入れ、「古風なコメディ」という劇を用意しました。しかし稽古はかなり厳しかったようです。そのおかげか、舞台は追加公演をするほどの盛況ぶりだったそうです。

1982年、大河ドラマ「峠の群像」で水戸黄門を演じた

8385 / Pixabay

1982年1月9日より放映された第20作目のNHK大河ドラマ「峠の群像」で、宇野重吉さんは水戸黄門でよく知られた水戸光圀役を演じています。

「峠の群像」は前回出演した大河ドラマと同じ赤穂事件を題材としたもので、原作者は堺屋太一さん。赤穂藩断絶を現代の企業倒産になぞらえ、赤穂の藩士たちがいかに行動したかを視点とした作品です。

演技論について熱く語る宇野重吉のインタビュー動画も

宇野重吉さんの演技論について熱く語るインタビュー動画もあります。それがこちらです。

インタビューの中で宇野重吉さんは、演技における呼吸の仕方のこだわりや、自然に日常的なしゃべり、動きになるようにすればどうすればいいかなど、演出の難しさについて語っています。

演技をしているということを見せるのではなく、人物が自然に動いてしゃべったり何気なくつぶやいたりするという、ありのままの姿を見せる演技に宇野重吉さんはこだわってきたようです。

宇野重吉の息子は?共演作もある?

4144132 / Pixabay

戦後の新劇界の重鎮であった宇野重吉さん。モットーは「芝居で飯の食える劇団」として、劇団民藝を俳優座や文学座と並ぶ劇団までに育て上げました。

宇野重吉さんの息子さんもまた、父親に習って役者の道に進んでいます。その息子さんとの共演作についてもみてみましょう。

宇野重吉には息子と、娘が2人いる

Engin_Akyurt / Pixabay

宇野重吉さんは一般人の女性と結婚していますが、2人の間には子供が3人います。上2人は娘さん、そして末っ子に息子さんが1人います。

宇野重吉の息子は寺尾聡?

RyanMcGuire / Pixabay

宇野重吉さんの息子さんと言えば、世間でもよく知られているとおり俳優の寺尾聡さんです。

寺尾聡さんは「太陽に吠えろ」に出演した石原軍団の1人でもあり、「ルビーの指輪」で大ヒットを飛ばした歌手としても有名ですね。現在は亡くなった父親である宇野重吉さんによく似て来たと言われています。

宇野重吉は「黒部の太陽」「男はつらいよ」で寺尾聡と親子共演している

Tama66 / Pixabay

宇野重吉さんと息子である寺尾聡さんは1968年公開の映画「黒部の太陽」に親子共演しています。この映画は当時、世紀の難工事とも言われた黒部ダムの建設を映画化したものです。

「黒部の太陽」は劇団民藝が全面協力という形で、石原プロモーションと三船プロダクションとの共同制作でした。寺尾聡さんは石原プロモーション所属の役者で、この映画が寺尾聡さんの俳優デビュー作となりました。

また、1976年公開の映画「男はつらいよ 夕焼け小焼け」(作・監督:山田洋次)でも宇野重吉さんと寺尾聡さんは親子共演をして話題となりまた。

息子の寺尾聡が宇野重吉役を演じたことも

yashamaru / Pixabay

息子の寺尾聡さんが、なんと宇野重吉さん本人の役となって演じたこともあります。

寺尾聰さんは石原裕次郎さんの兄である石原慎太郎さん原作のドラマ「弟」に出演しています。ドラマ「弟」はテレビ朝日開局45周年記念スペシャルドラマとして2004年11月17日より5夜連続で放送されました。

そのドラマ「弟」で寺尾聡さんは、生前石原裕次郎さんと親交の深かった宇野重吉として、石原裕次郎さんと宇野重吉さんが共演した宝酒造の「松竹梅」のCM撮影シーンに出演しています。

寺尾聡が父・宇野重吉へ感謝の気持ちを語る

寺尾聡さんは2018年11月に旭日小綬章を受章しました。その時のインタビューの中で、俳優としての基礎はすべて父である宇野重吉さんから教わったものであり、感謝の気持ちしかないと語っていました。

寺尾聡さんは「子供のころから父が話していることを耳にし、目にしてきたことが、僕の原点。父で師匠で芝居の神様である宇野重吉のおかげだと思っています」ときっぱり言ったそうです。

宇野重吉の死因は?

Myriams-Fotos / Pixabay

宇野重吉さんは若い時にプロレタリア演劇に出会って衝撃を受け、その生涯を演劇にかけた人でした。晩年では亡くなる2年前から旅公演をはじめ、亡くなる直前まで舞台に立ち続けました。

宇野重吉の死因はなに?死亡したのは何歳?

Pexels / Pixabay

宇野重吉さんは73歳で亡くなっています。役者としてはまだまだやれる年齢です。息子の寺尾聡さんは71歳で旭日小綬章を受章し、その時のインタビューで「カッコいいじじぃになりたい」と語っています。

宇野重吉さんの思いもよらない突然の死。いったい死因は何だったのでしょうか?

1987年、木下順二作「三年寝太郎」公演中に肺がんが見つかる

DarkoStojanovic / Pixabay

宇野重吉一座では「おんにょろ盛衰記」と「三年寝太郎」(共に木下順二作)の2つの民話を上演していましたが、1987年その公演中に宇野重吉さんの左肺に癌があるのがわかりました。

同年3月に肺の摘出手術を受けている

marionbrun / Pixabay

宇野重吉さんはすぐに肺の摘出手術を受けました。同年3月のことです。しかし、その時にはすでに手遅れだったようです。

同年6月の「三年寝太郎」大阪公演に復帰

ToNic-Pics / Pixabay

3月に肺がんの摘出手術を受けた後、宇野重吉さんは5月に一旦退院しました。

そんな大手術をして間もなく、芝居は無理という医者の反対を押し切って宇野重吉さんは同年6月には舞台に復帰しています。大阪は枚方市において上演された「三年寝太郎」が復帰後初の舞台でした。

同年12月演出主演作「馬鹿一の夢」が最期の作品となった

Sponchia / Pixabay

地方公演が終わると、宇野重吉さんは民藝公演に参加しました。「御柱」「馬鹿一の夢」「息子」の3本立てのその公演で、それぞれの主演が大滝秀治さん、宇野重吉さん、滝沢修さんでした。

「馬鹿一の夢」は宇野重吉さん演出・主演作で、わずか20分ほどの芝居でしたが、車いすで楽屋入り、舞台中は点滴を受け、幕の間に酸素吸入をしながら上演を続けるという状態でした。

それでも、芝居中はそんなそぶりを見せるでもなく演じきった宇野重吉さんの役者魂は、執念とも思えるほどの凄まじさを秘めていたのかもしれません。同年12月25日の千秋楽に立ったのが最後の作品となりました。

1988年1月9日「肺がん」で死去

Comfreak / Pixabay

年が明けた1988年1月9日、宇野重吉さんは肺がんのため東京都渋谷区の榊原記念病院でその生涯を終えました。73歳でした。それは最後の舞台からわずか2週間ほど後のことでした。

宇野重吉さんの最期の民藝公演では、東京の三越劇場で昼夜2回公演8回を含め、合わせて25回もの舞台を務めています。最後の舞台では、全身全霊で自分の歩いて来た道の歩き方、姿を示したものとなりました。

2月10日、青山葬儀所で葬儀が執り行われた

cocoparisienne / Pixabay

2月10日、宇野重吉さんの葬儀は民藝葬として青山葬儀所で執り行われました。葬儀委員長は、長年宇野重吉さんと共に日本の演劇界に力を注いで来た滝沢修さんでした。

宇野重吉さんが亡くなるおよそ半年前には、宇野重吉さんと最後まで親友として付き合いのあった石原裕次郎さんが亡くなっています。石原裕次郎さんの死因についてはこちらの記事もご覧ください。

宇野重吉の嫁は?駆け落ちだった?

Josch13 / Pixabay

宇野重吉さんの奥さんはどのような人だったのでしょうか?2人は駆け落ち結婚だったという話もありますが本当でしょうか?奥さんについてみてみましょう。

宇野重吉は一般人と結婚している

実は宇野重吉さんは同じ俳優ではなく、一般の人と結婚をしています。

嫁の名前は「志保」?

Bessi / Pixabay

奥さんの情報は一般人のためほとんどわかっていません。名前が「志保」さんであるということだけは知られています。志保さんはどのような女性だったのでしょうね。

二人の馴れ初めは?宇野重吉が芝居活動中に出会った?

JillWellington / Pixabay

宇野重吉さんと志保さんは、宇野重吉さんがまだ駆出しの役者であった頃に出会ったようです。志保さんはムーランルージュの踊り子だったという話も出ていますが、真偽のほどは定かではありません。

ただ、多感な青年が1人の女性と出会い、恋に落ちたのは確かです。宇野重吉さんの一目ぼれだったそうです。

NEXT:宇野重吉は駆け落ち同然で結婚!
1/2