濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在

171116AMEMAN011 TP V4 - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在

濱田龍臣(はまだ たつおみ)君といえば子役時代が一番印象に残っているのではないでしょうか。可愛らしかった子役時代から成長した今、可愛いだけじゃない!そんな成長した濱田龍臣君の今、現在を過去を振り返りつつ追ってみましょう。

濱田龍臣の子役から現在まで!①

2006年に子役としてデビュー後、2010年にNHK大河ドラマ『龍馬伝』の主人公、坂本龍馬の幼少役にて出演しました。この『龍馬伝』で坂本龍馬役の福山雅治さんに似ているとしても話題を呼びました。2010年には『怪物くん』の市川ヒロシ役で出演しています。

?size=m - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在
instagram logo - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在

子役時代『怪物くん』で共演した大野智との身長差!?

?size=m - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在
instagram logo - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在

『怪物くん』に出演した時の濱田龍臣君の年齢は9歳。当時の大野智さんの年齢は30歳。身長も年齢も大人と子供!大野智さんの身長が166cm程なので、9歳頃だと身長差は30cmはあったかもしれません。

ということは、3年程で30cmは身長が伸びたということですね。男の子の成長期は遅めだと言われますが、この伸び率はとても凄いと思います。成長痛や急に大きくなっての不調などもあったのではないでしょうか。

ぐんぐん伸びた! 濱田龍臣の身長

?size=m - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在
instagram logo - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在

こうして並んで見てもその差は歴然としていますね。その見た目も相まって濱田龍臣君の可愛らしさがよくわかります。ですがその3年後……濱田龍臣君が12歳の時、映画『ガッチャマン』の宣伝で出演した時には、大野智さんとの身長差は殆どなくなっていました。この時点で160cmはあったようです。

2013年に共演した時には、既に大野智さんの身長を追い越していたとか。大野智さんの身長が166cmと言われていますから、13歳の時点で166cm以上はあったのですね。そしてなんと、14歳で173cmにまで伸びたとか。凄いです。学校でも頭一つ高かったのではないでしょうか。

濱田龍臣の子役から現在まで!②

?size=m - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在
instagram logo - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在

2010年には『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』に出演。ウルトラマンゼロの人間体であるランの弟役として、元気いっぱいに演じていました。2011年には『映画 怪物くん』で市川ヒロシ/カー王子として出演しました。

身長だけじゃない! 大きく成長した濱田龍臣

?size=m - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在
instagram logo - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在

現在高校生である濱田龍臣ですが、彼には幼稚園という小さな頃からの夢がありました。それは『ウルトラマンになりたい』ということです。その夢が僅か16歳という若さで叶うことになったのです。

夢を叶えた! 濱田龍臣の現在代表作の一つ

?size=m - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在
instagram logo - 濱田龍臣が身長も伸びてイケ化!古川雄輝に似てるってホント!?子役から成長した現在

「1年前は初めてで緊張していたんですけども、この1年3か月を通して何倍にも成長することができました。そしてこの成長はこれからの自分にとってかけがえのないものになると思います。皆さんと出会えたこと。それはウルトラマンという大きなタイトル、大きな意味がこもった6文字にすべてが詰まっていると思います」https://www.cinematoday.jp/news/N0101684.amp.html?__twitter_impression=true

「これだけ、自分を、朝倉リクを、この作品を愛してもらったことがすごく伝わって来て、この仕事をさせていただいて、自分が憧れていたものになれてすごくうれしかったです。本当にありがとうございました」https://www.cinematoday.jp/news/N0099093

グランドフィナーレで感涙!

次のページへ