大学デビューを成功させるには?失敗例や挽回方法など解説! 雑学・ライフスタイル

大学デビューを成功させるには?失敗例や挽回方法など解説!

「大学デビュー」とは、大学入学時に今までのキャラを変えて、新生活を楽しもうとする試みのことです。しかしそんな大学デビューも、失敗すると痛い人認定されてしまいます。ここでは、男子・女子別に大学デビューを成功させるコツや失敗例を紹介していきます。

目次

[表示]

大学デビューって何?

Free-Photos / Pixabay

大学デビューとは、高校までは地味で勉強ばかりしていたような人が、大学入学を機にこれまでのキャラを意識的に変えて、キャンパスライフを充実させようとすることです。

いわゆる「陰キャ」から「陽キャ」にキャラ変する人が多いと言えます。ここでは、そんな大学デビューの概要を紹介していきます。

大学デビューとは?春は大学デビューした人で溢れている?

Hans / Pixabay

多くの人は大学に入学したての春の時期に、大学デビューの勝負をかけます。

特に地方から上京したり他県の大学へ進学した人は、周囲に高校時代までの自分を知る人がいないため、早めに自分のイメージを定着させようとする傾向があります。

そのため、特に入学式が終わったばかりの4月のキャンパスは、大学デビューを目論む新入生であふれかえっている状態と言えるでしょう。

成功すれば華々しい大学生活?やりすぎると嫌われる?痛い?

BenWehrman / Pixabay

高校までは無縁だったファッション誌を読んだり、ネットで情報をかき集めたりと、多くの人はリサーチにリサーチを重ねて大学デビューに挑みます。

しかし所詮は付け焼刃のファションやメイクで飾っていることが多いために、やりすぎてしまったり、どことなく垢ぬけなさが残ったりと痛い人が多いのも事実。

そして「いかにも大学デビューです!」という印象を周囲に与えてしまうと、その後の大学生活も寂しいものになる恐れがあります。

大学デビューの人には特徴がある?

kinkate / Pixabay

大学デビューの人に見られる特徴として、服装はお店のウィンドウに飾ってあるものを一式「マネキン買い」してきたような完成度があるものの、細部に野暮ったさが感じられることが挙げられます。

女子であれば服装とヘアアレンジがあっていなかったり、男子であれば髪色を明るくし過ぎて金髪にしてしまっているなど、外見だけでお洒落に慣れていないことが分かってしまうのです。

また、行動面でも変にテンションが高くて空回りしていたり、妙に異性にガツガツしていたりと、不自然さが目立つ人もいます。

大学デビューにオススメな方法は?【男子編】

geralt / Pixabay

大学生活4年間の明暗を決定づけてしまうこともある、大学デビュー。どんなことに気を付ければ周囲から浮くことなく、キャンパスライフを楽しめるのでしょうか?

ここでは男子におすすめの、大学デビューの方法を紹介していきます。外見から行動まで注意したいことを挙げていきますので、大学デビューを狙っている方は参考にしてくださいね。

髪型や服装を流行のものにする

高校までは制服通学で髪型も校則で規定があったため、ファッションで大きく差が見られることは無かったでしょう。

しかし大学生ともなると、髪型も服装も自由になるため、お洒落な人とそうでない人でハッキリとグループ分けされてしまうのです。

急にお洒落上級者を目指そうとしても失敗するため、まずは流行を意識した髪型や服装にチェンジしましょう。これだけで周囲に与える印象は全く変わってくるはずです。

前向きな性格になる

sweetlouise / Pixabay

性格をポジティブに変えることも、とても重要なことです。話していて楽しい、一緒にいると気分が上がる、周囲にそう思ってもらえるように、意識して明るく振舞いましょう。

どうしたらネガティブな自分を変えられるのか分からないという人は、自分ならどんな人と仲良くなりたいか、話しかけてみたいと思うかをイメージしてみてください。

そして、そのイメージに近づくように考え方や行動をシフトしていけば、自然に前向きな性格になれるはずですよ。

おしゃれな趣味をもつ

Free-Photos / Pixabay

お洒落な趣味、特に複数で楽しめるようなアクティブな趣味を1つ作っておくと会話が広がりやすく、大学デビューが成功する確率も上がるでしょう。

例えばフットサルやバスケ、キャンプなどがおすすめです。ただし、なんとなくカッコいいからというだけで、やったこともないマリンスポーツを趣味だと公言するなど、嘘をつくのは避けましょう。

大学デビューに向けて新しい趣味を始めたばかりという場合は、正直に「最近ハマったばっかりなんだけど」と前置きをしてから、趣味の内容を話すようにしましょう。

新しい友達を作る

rawpixel / Pixabay

多くの人に話しかけて多くの友達を作ることは、大学生活の4年間だけではなく、社会人になってからの人生を豊かにするためにも欠かせないことです。

社会人になると、どうしても学生の時のように新しい友達ができるチャンスというのは減っていきます。また大学の友達とは就職活動の際や、社会人になった後も有益な情報交換ができます。

大学でできた友達というのは一生の財産となることも多くありますから、積極的に人間関係を広げていきましょう。

明るい努力家になる

Wokandapix / Pixabay

学生の本分は勉強ですから、遊ぶことにばかり気を取られるわけにはいきませんよね。しかし、高校まではいわゆる「優等生」「ガリ勉」タイプだった人も、少し方向性を変えてください。

遊ぶ時と勉強をする時のメリハリをきちんとつけて、明るい努力家を目指しましょう。やる時はやる人というのは、親しみやすさと信頼感を周囲に与えるものです。

適度に垢抜ける

ambroo / Pixabay

大学デビューの失敗例で数多くみられるのが、度を越したキャラづくりや奇抜すぎる服装などの「やりすぎ」によって、周囲から大学デビューがバレバレの痛い人認定を受けるというものです。

高校までは目指す大学に入るために真面目一筋だったという人や、地方から上京するにあたって不安があるという人は、美容師さんやショップ店員さんなどの手を借りてイメチェンするのも手です。

美容師さんや、大学生が好むカジュアルな洋服屋の店員さんなどに、大学生になるから垢ぬけたいと相談すれば、似合うスタイルを提案してもらえますよ。

人気のサークルに入る

marijana1 / Pixabay

サークル選びは大学生活を左右すると言っても過言ではありません。大学デビューをして多くの友達に囲まれて明るく過ごしたいという場合は、人が多く集まるサークルに入りましょう。

多くの人が集まる人気のサークルには、色々な人がいます。そのため、気が合う友達も探しやすいですよ。

体育会系であればテニスやフットサル、文科系であれば軽音サークルなど、大勢で集まって何かをやるサークルが、自然と周囲との距離も縮まっておすすめです。

雰囲気のいい店でアルバイトをする

Pexels / Pixabay

大学生になったら、アルバイトをして見聞を広げたいと考えている人も多いことでしょう。自分のためだけに使えるお金を、自分で稼ぐというのは大学生にとって得難い経験となるはずです。

もちろん自給の高さなどでアルバイト先を選ぶのもアリなのですが、大学デビューを狙うのならば、話題のお店やおしゃれスポットでアルバイトをするのがおすすめです。

雰囲気の良いお店でアルバイトをしていれば、自然と会話のネタも増えますし、お客さんやお店のスタッフさん達から、洗練された振る舞いが学べますよ。

話術や表情を取得する

Pexels / Pixabay

いくら流行の服装に身を包んで親しみやすいオーラを出していても、話をしてみたらつまらない人間だったということが分かると、周囲から人はいなくなってしまいます。

しかし、話術を鍛えるというのは一朝一夕にできることではありませんよね。まずはあなた自身が話が上手いと感じる、お笑い芸人やYouTuberなどを観察してみるのもおすすめです。

たとえ話が上手かったり、話の間の取り方が絶妙だったりと、彼らの話術には人の心を掴む特徴があるはずです。それを参考にしながら、盛り上がる話し方を研究してみましょう。

目標や夢を決める

StockSnap / Pixabay

目標がきちんとある人というのは、同性から見ても異性から見ても魅力的なものです。

大学デビューを目指す人の中には、希望した大学に入るのが目標となっていて、その先のことは白紙という方もいることでしょう。

自分は大学を出たらどんな仕事に就きたいのか、1度しっかり考えてみてください。そして、それを実現するためには学生時代をどう過ごすべきなのかも、きちんと整理してみましょう。

誰にでも親切にする

reneebigelow / Pixabay

彼女が欲しいから可愛い女の子にばかり話しかける、自分が同じグループになりたいイケてる男子にばかり媚を売る。

こんなことをしていると「感じが悪い」「態度があからさますぎて引く」といったように、あっという間に悪評が立ってしまいます。

派手で目立つ人にも、地味でおとなしい人にも平等に優しくしていると、それだけで周囲の好感度は上がります。平等な人間であるかどうかというのは、意外と人は見ているのものですよ。

敵を作らない

41330 / Pixabay

人間関係が広がれば、必ずそりが合わない人や、言動に苦言を呈したくなるような人と知り合うものです。

しかし、そんな相手であっても表面上は、事を荒立てずに大人の対応ができるように心がけてください。

特定の人物と対立してしまうと周囲の雰囲気も悪くなり、トラブルメーカー扱いされる恐れもあります。本心はどうであっても、誰にでも平等に接して輪を乱さないようにしましょう。

積極的に言動する

PhotoMIX-Company / Pixabay

失言をしてしまって周囲から痛いと思われたら嫌だから、自己主張はせずに誰かに合わせておこうと考える人もいるかもしれませんね。

確かに大勢の意見に賛同しておけば悪目立ちすることはありませんが、逆に友達ができることもなく、いつまでたっても知り合い止まりの印象の薄い人になってしまいます。

反対意見であっても、きちんと理由を説明できる場合は受け入れてもらえるものです。主体性のある言動を心がけてくださいね。

時間やお金を無駄にしない

nattanan23 / Pixabay

大学生活が軌道に乗り始めると、飲み会や遊びの誘いも増えてお金が必要になってくるはずです。流行のファッションを取り入れ続けるのにも、お金はかかりますよね。

しかし、だからといって講義を休んでアルバイトに明け暮れたり、お金を無駄遣いするのは避けましょう。

大学には勉強のために通っているのですから、学業で成果を出せないのであれば意味がありません。学生の頃から時間とお金の使い方を意識しておくと、社会人になってからも役立ちますよ。

聞き上手になる

geralt / Pixabay

大勢で会話をしている時に話が盛り上がるかどうかの鍵を握っているのは、意外と話し上手な人ではなく聞き上手の人だったりします。

うまく相槌を入れながら盛り上がるような会話を引き出すというのは、コミュニケーションを円滑にするうえで、とても重要なポジションです。

自分の話だけをしてウザがられてしまう大学デビュー失敗組も多くいます。自分をアピールするよりも、人を立て聞き上手になるように心がけましょう。

ダイエットをして体系を変える

stevepb / Pixabay

太めの体系の人は、できれば大学入学までにダイエットをしてください。

太めの体系の場合、よほどキャラ立ちをしていて個性的なセンスを持っている人でない限りは、それだけで野暮ったく見えてしまうものです。

また、太っているということは自己管理ができない、スポーツも苦手に違いないといったように、マイナスのイメージを持たれてしまいます。

大学デビューにオススメな方法は?【女子編】

youzuowei1230 / Pixabay

女子の大学デビューでは、メイクや小物使いなど男子以上に外見が重要視される傾向があります。そして女子の場合は外見で「大学デビューのダサい人」認定される確率がグッと上がるのです。

ここでは、そんな女子の大学デビューにおすすめの方法を紹介していきます。

メイクを変えてみる

4956365 / Pixabay

女子の場合はメイクで雰囲気を変えるのが、手っ取り早く垢ぬける手段といえます。

特にのっぺりとした地味顔で、流行りの服が着こなせない場合は、自分の顔にあったメイク方法を覚えるだけで別人のように印象が変わりますよ。

そもそもメイクの方法が分からないという人はメイクレッスンを受けて、自分にはどんなカラーが似合うのかなどを、プロに教えてもらうと良いでしょう。

人懐こいキャラに転身

nastya_gepp / Pixabay

大学デビューにあたって今までの真面目キャラを捨てて、キャラチェンジをしたいという女子は、人懐こい可愛い系キャラを目指すのがおすすめです。

笑顔を絶やさず、誰に対しても平等に優しく振舞える人懐こい系の女子は、親しみやすさから男女問わず好感度が獲得しやすいキャラです。

あまり無理をせずに自然体で取り入れることができるのも、人懐こい系のキャラのおすすめポイントと言えるでしょう。

メガネを外したりと真面目キャラを捨てる

Free-Photos / Pixabay

王道のイメチェンですが、メガネをかけている女子の場合はメガネをコンタクトに変えると、グッと明るくて話しかけやすい印象になりますよ。

メガネをかけていると、第一印象が「メガネの子」になってしまいがちで、お洒落を頑張っても注目してもらえないことさえあります。

大学デビューを成功させたいのなら、入学式の前に眼科でコンタクトレンズを選んでもらいましょう。

プチ整形

中学や高校からメイクをし慣れている女子の場合は、メザイクなどのアイテムを駆使して、整形級のメイクを自分の顔に施せるものです。

しかし、同じことを大学デビュー組がやろうとしても、テクニックに差がありすぎて妙な不自然さを生んでしまいます。そのため、大学入学に際してプチ整形をする女子も少なからずいるようです。

安価で日帰りでできるプチ整形は、学生でも挑戦しやすいものではありますが、当然整形が失敗してしまう可能性もあります。プチ整形をする際には、しっかり考えてから挑戦してくださいね。

小物を使いこなす

StockSnap / Pixabay

バングルや指輪、ヘアアクセサリー、靴下といった小物でファッションに変化がつけられると、おしゃれ上級者に見られる可能性大です。

アクセサリーを含めてバランスの取れた、トゥーマッチにならない服装ができている女子は同性から一目置かれます。SNSなどで小物使いが上手い人を探して、テクニックを取り入れてみましょう。

何かしらのコミュニティに入る

thelester / Pixabay

基本的に大学には高校時代まであったクラスというものが存在しないため、サークルなどのコミュニティに入っておかないと、友達ができない恐れもあります。

サークルを選ぶ時は、何をやっているのかという活動内容も大切ですが、サークルの既存メンバーや雰囲気もしっかり確認するようにしてください。

どんなに活動内容が楽しそうでも、人間関係が悪かったり苦手なタイプの人がいたりすると、サークルからも足が遠のいてしまいます。まずは居心地最重視で、サークル選びをしましょう。

清楚系スタイルがオススメ

大学デビュー失敗組がやってしまいがちなのが、男ウケを狙おうとして妙に露出が多い服装を選んでしまうことです。

しかし、大学は勉強をしに行く場所ですので、あまりにも露出の高い服装は周囲から浮いてしまいます。また、彼氏を欲しがっている、男に飢えているという印象を与えてしまうことも。

そのため、ファッションのテイストは清楚系、フェミニン系がおすすめです。清楚系は悪目立ちすることなく、男女ともに好感度の高いテイストの服装となっています。

NEXT:明るく落ち着いた服をチョイスする
1/3