感受性が強い人の特徴や原因は?適職や恋愛傾向も紹介!感受性診断も 恋愛・心理

感受性が強い人の特徴や原因は?適職や恋愛傾向も紹介!感受性診断も

今回は、感受性が強い人の特徴・原因について紹介していきます。感受性が高い人はどんな恋愛観を持っているのか?適職はどんなジャンルの職業か?感受性が高い人は病気な人が多いというのは本当なのか?スピリチュアルが好きな人も多い?など詳しいことも触れながらみていきます。

目次

[表示]

感受性が強いとは?

Engin_Akyurt / Pixabay

感受性が強い人というのは、具体的にどんな人のことをいうのでしょうか。みていきます。

「感受性」とは物事を感じ取る能力

johnhain / Pixabay

感受性が高い人というのは、物事に対して感じるという事が人より倍の能力を発揮する人のことを言います。人間では誰でも感受性という能力を持っています。

しかしその能力は個人によって大小あり、全く能力を発揮できない人もいます。感受性が高い人はその能力が高く、良い面もありますが、悪い面もあり、強い事で自分が辛くなってしまう人も少なくありません。

「感受性が強い・感受性豊か」とはどういう意味?

Free-Photos / Pixabay

感受性が高い・感受性が豊かとよく表現されていますが、その意味は一体何のでしょうか。

感受性というのは外界からの刺激を深く感じ、心に受け止める能力ということ意味です。そして高いというのは、基準より上回っている。豊かというのも、基準よりも優れているという意味があります。

その為、感受性が高い・感受性が豊かというのは、外から受ける刺激が人より多い、優れているという意味になることがわかります。

自分は感受性が強い?感受性診断をしてみよう

rawpixel / Pixabay

「もしかして私、感受性が強い?」そう思うことがあるのなら、一度診断して見ましょう。診断することで自分がどんな人間なのかわかることは多いです。

  • 周囲の環境の変化に気づきやすい
  • 他人の気分に左右される
  • 痛みに敏感
  • 忙しさが続くと、プライバシーのある場所にこもりたくなる
  • カフェインへの反応が強い
  • 明るい光、強い匂い、布地のザラザラ感、大きな音が苦手
  • 空想に浸るのが好き
  • アートや音楽が好き

(引用:スピリチュアルコネクト)

このような質問に答えて行くと、いくつかあてはまる人も多いのではないでしょうか。もちろんこれ以上にも質問がある為、引用先を見て診断してください。

そしてこれらの質問に8個以上当てはまる人は、感受性が強い人の傾向があります。そして感受性の強い人は私生活面で辛い事が多い人もあります。その為、きちんと感受性の特徴を知る事が大切です。

感受性が強い人の性格や特徴は?

ElisaRiva / Pixabay

感受性が強い人は、どんな性格・特徴があるのでしょうか。みていきます。

小さなことにも気づき、感動できる

ijmaki / Pixabay

感受性が強い人は、日常生活の様々な出来事に対して、ちょったした事変化に気づくことが多く、感動をしている人が多いです。

太陽の恵みから季節を感じる事ができたり、可愛らしい花を見つけたら心の中で喜びを感じるなど、一般的に気づかなそうなところに着目して、充実感を味わっている人は多いです。

身の回りのものすべてに愛情をもって接する

skeeze / Pixabay

感受性が強い人は、身の回りの色々なところに対して愛情を持って接するタイプです。それは人間に対してではなく、物や動物、植物などんいも等しく愛情を持って接する事があります。

そして自分自身を大切にするということより、他人対して深い愛情を持って接する事ができる人が多く、周囲からは心が豊かな人だと思われることは多いです。

影響を受けやすい

4924546 / Pixabay

感受性が強い人は、様々なことに敏感に対応する事ができるので、時には周囲の環境に影響されてしまうことがあります。もちろん良い面では影響される事で人間関係をよりよく築く事ができます。

しかし悪い面でも影響されてしまうので、本人が気がつかないうちに辛いことになってしまうこともあります。その為、ちょっとした事で傷ついてしまったり、嫌になってしまったりしてしまう人が多いです。

自分の意見を押し通さない

mohamed_hassan / Pixabay

感受性が強い人は、敏感な人が多く、時には相手の気持ちをわかってしまうことも多いです。その為、自分の意見を貫き通すというのが難しいという人も少なくありません。

そしてきちんとしっかりした意見を持っていたとしても、遠慮してしまう事が多いです。そして気づいた頃には自分のことは後回しになってしまい、やりたかったことが出来なくなってしまう人も多いです。

芸術家肌

Free-Photos / Pixabay

感受性が強い人は、物事に対する捉え方が多彩です。普通の人では気づかない発想を当たり前のように口にする人も多いです。そん為、芸術的なセンスを持った人は多いです。

「芸術系のことは仕事で、趣味で」と様々いますが、発想力も豊かな為、絵画や文書、音楽など様々な分野で表現する事が得意な人が多いです。中には実際にプロとして活躍している人もいます。

感情的になりやすい

AbsolutVision / Pixabay

感受性が強い人は、感情的になってしまう事があるタイプです。感受性が強い人は、心で感じる喜怒哀楽が激しい人が多いです。その為、感情をきちんと表に出す事が苦手で、ストレスを溜めてしまいます。

そしてそれを何回も何回も繰り返す事で、心が限界を達し、ついには感情的に物事にぶつかってしまう事があります。時には周囲に迷惑をかけてしまう事もあり、定期的にストレスを発散する事が大切です。

思いやりのある行動ができる

JillWellington / Pixabay

感受性が強い人は、人の気持ちを感じる事が出来、理解してあげる事もできる思いやりのある性格の人が多いです。その為、比較的誰に対しても人間関係でより良い関係を築く事ができるタイプです。

感受性の強い人は、相手の表情や眼差しなど、言葉では表現できないような気持ちも読み取る事ができ、場の雰囲気をよくする発言をする事ができる人が多いです。気遣いもできるの周囲から信頼されます。

神経質

whoismargot / Pixabay

感受性が強い人は、人より喜びや悲しみを感じて生きているので、神経質なタイプの人が多いです。その為、時には他人には何も言われていないと思っていても、気になって眠れなくなってしまったりします。

また必要以上に固執してしまう人も多く、時には自分自身でコントロールするのができなくなってしまうことがあります。もし周囲にそう行った人がいたら、優しく接してあげる事が大切です。

感情移入しすぎる

geralt / Pixabay

感受性の強い人は、感情移入しすぎるタイプです。さらにそれは人間だけではなく、物に対して感情移入してしまう人もいます。

例えば、愛用のぬいぐるみに感情移入してしまい、本当の家族のように接している人も中にはいるようです。

ひとつのことを追求する

Free-Photos / Pixabay

感受性が強い人は、自分が嫌なだと思うもの、興味がない物には一切手を付けません。その一方で、自分が興味を持ったものにはとことん追求していくタイプで、一つの事にこだわる人が多いです。

その為、趣味に限らず、服装や食事など生活面でも偏ったものしか好まない人は多いです。周囲からは少し不思議がられることもありますが、自分の感性にあった物を選ぶのが感受性の強い人の特徴です。

好奇心旺

susannp4 / Pixabay

感受性が強い人は、好奇心旺盛です。その為、他人があまり関心を持たない物に興味を持ったり、本人のイメージと違う意外な物を趣味としたりしている人は少なくありません。

例えば、感受性が強い女性は、爬虫類や昆虫類など一般的な女性はあまり関心を持たない事を好きになったり、男性でも一般的な男性が関心を持たない趣味に関心を持ったりと感受性が強い人によくありガチな事です。

スピリチュアルな考え方をする

Andrei02071984 / Pixabay

感受性の強い人は、スピリチュアルな考え方を持っている人もいます。この世界のことをいろいろ追求して調べて行くとと精神世界などに辿りつく事があります。

感受性が強い人は、こう行った色々と追求していくタイプなので、スピリチュアルが好きな事を考えている人も多いです。

その為、スピリチュアルな現象は科学的、理論的ではないと批判されてしまいガチですが、感受性が強い人にとってはその感覚的な思考の方が理解しやすい人もいます。

相手目線で考える

geralt / Pixabay

感受性が強い人は、相手の目線になって物事が考えられる人がいます。感受性が強い人は、敏感なタイプで様々なところで細かいに気付きやすい人が多いです。

そして相手が何を考えているのはわかってしまう人もいるので、相手の目線になって物事を考える事ができます。その為、あまり大きなトラブルになる事もなく周囲からも信頼が厚い人が多いです。

理解がはやい

GDJ / Pixabay

感受性が強い人は、理解力が優れているタイプです。人間は右脳・左脳によってそれぞれの役割が違うと言われています。右脳は、物事を感覚的に考える働きをし、左脳は物事を論理的に考える働きをします。

感受性が強い人は、右脳の力が他の人より発達している可能性が高く、発想力が豊かな人が多いです。その為、様々な刺激を受ける事が多く、理解力も早い人が多いようです。

よく相談を受ける

nastya_gepp / Pixabay

感受性が強い人は、人から相談に乗る事が多いタイプです。感受性が強い人は喧嘩をしたり口論になるのが苦手なタイプです。その為、相手の気持ちを考えて常に行動しています。

そういったことから周囲から信頼を得て、相談にされる事が多いです。また発想力も豊かな性格なので、アイディアなどで困っている事があると相談してすかさず良いアイディアを出してくれる人もいるようです。

自分が悪いと思ってしまう

pixel2013 / Pixabay

感受性が強い人は、たとえ自分が何か悪い事をしていなくても自分が悪いと思ってしまう人が多いです。感受性が強い人は、感情移入をしやすいタイプでもあります。

その為、他の人の辛い気持ちなどを理解する事ができ、同時にその苦しみを一緒に感じられてしまうので、自分が当事者でもないのに自分が悲しんだり、反省してしまう事といったことが多いようです。

美しい風景が好き

Diggeo / Pixabay

感受性が強い人は、綺麗な景色や光景を見るのが好きなタイプです。その為、日本や海外でも旅行に行く事が好きな人も多く、綺麗な景色を見つけると何時間もそこにいて同じ景色を眺めている人もいます。

感受性が強い人は、自分にとって不要な情報を受け取ってしまったり、嫌な気持ちを感じてしまい疲れてしまう事が多いです。そこで綺麗な景色を見ることで気持ちがスッキリし、心が浄化されるのです。

五感が鋭く敏感

geralt / Pixabay

感受性が強い人は、五感が鋭い人が多いです。五感とは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五つの感覚の総称のことです。感受性が強い人は、その能力をうまく活用している人が多いです。

例えば、聴覚が優れている人は音楽家になる人が多く、音程が正確に理解できる絶対音感などの能力を持っている人や味覚が優れている人は料理人として一流レストランのシェフとして活躍している人もいます。

人を信用するのに時間がかかる

nile / Pixabay

感受性が強い人は、相手を信用するまで時間が掛かってしまう事があります。感受性が強い人は、敏感な人が多く、会話をしているだけでも相手の気持ちを理解してしまう人は多いです。

その為、相手が何を考えているのか大体わかるので、少し嫌な事を考えていると相手と距離を離れようとしてしまうことなどがあり、馴染む事ができず、相手を信用して接しようとするのに時間が掛かってしまうのです。

本質を見極めるのが得意

brenkee / Pixabay

感受性が強い人は、物事の本質を見抜いて生きていく事ができる人が多いです。物事の本質を見抜くことは、その物事が何によって動かされているのかなど原因を知る事ができるので必要なことでもあります。

感受性が強い人は色々な物事を自分の中で分析をしながら、一般的な人が考えられないような真実を突き止める事ができます。そして常に本質を考えながら生きている人もいるので、本人たちには凄く大切な力なのです。

感受性が強い人は霊感がある?

aaron00023 / Pixabay

感受性が強い人は、霊感を持っている人がいます。霊感は、幽霊やお化けといった目に見えない世界を感じる事ができる能力ですが、感受性が強い人は、目に見えない世界の力を感じてしまう事があります。

その為、感受性が強い人の中には実際に霊感があるので、僧侶や霊媒師などの職業で働いている人もいます。しかし同時に霊感が強く、生きていく上で辛いと感じてしまう人も少なくないのが現状です。

感受性が強い人にみられる恋愛の傾向は?

Nietjuh / Pixabay

感受性が強い人は、どんな恋愛観を持っているのでしょうか。みていきます。

心を開くまで時間がかかる

annca / Pixabay

感受性が強い人は、好意を抱く相手を見つけ、付き合う事ができたとしても、自分の心を開くまで時間が掛かってしまう傾向があります。

感受性が強い人は敏感な人が多く、良い事も悪い事も感じてしまう事が多いので、ちょっとした相手の悪口にも反応してしまいます。その為、きちんと心の生理ができるまで時間が掛かってしまうのです。

NEXT:恋愛ではより感情的になる
1/2