大人気!ナスDこと友寄隆英、出身大学はどこ?経歴が凄い!現在、結婚してるの? エンタメ

大人気!ナスDこと友寄隆英、出身大学はどこ?経歴が凄い!現在、結婚してるの?

話題の人気ディレクター「ナスD」こと友寄隆英さんは、バラエティ番組では、芸人よりも体を張って凄いことやっちゃいます。どんな人?大学はどこで、どんな学生さんだったのか?ナスDの経歴は凄いの?結婚は誰としたの?なんだか興味が湧いてきます。いろいろ調べてみました。

目次

[表示]

ナスD、友寄隆英の学歴、出身大学はどこ?東大説も浮上!

ナスDこと友寄隆英さんの出身大学はどこなのでしょうか?そうやら東大説も浮上しているようです!ナスDは自身の大学を公表はしていないようです。

しかしながらナスDは大学時代にアシスタントディレクターとしてアルバイトをしていたことがわかっています。

テレビ局は東京に多いことから、ナスDは東京の大学に通っていたのではないか?という噂から、東大を卒業しているのでは?と言われていたようです。

ナスD、友寄隆英の学歴、出身大学は和歌山大学説も?

一方で、ナスDこと友寄隆英さんの出身大学は和歌山大学ではないか?という説も浮上していました。これは、友寄隆英さんの出身地が和歌山県だと思われていた時に流れた噂です。

実際には兵庫県出身だということがわかりましたので、和歌山大学出身というのもデマである可能性が高そうです。

ナスD、友寄隆英の学歴、出身大学は茨城大学!?

Free-Photos / Pixabay

友寄隆英さんの出身大学については、茨城県稲敷郡阿見町にある、茨城大学農学部が有力だと言われています。じつは友寄隆英さんは獣医を目指していたのです。しかし紆余曲折があり、アシスタントディレクターなど、いろんな経験を積み、いつしか獣医の道を目指すのをやめることにしたのでした。

友寄隆英さんはせっかく獣医を志していたのですが、もし仮に獣医になっていたら、今のようにバラエティ番組でお茶の間を賑わす名物ゼネラルプロデューサーにはなっていなかったでしょう。あの破天荒でありながらも、目が離せない友寄隆英さんの番組。これは天命?!と言えるのかもしれません。

ちなみに、茨城大学の偏差値は47~57程度ということでした。

ナスD、友寄隆英の大学時代はどんな風だったの?

sasint / Pixabay

友寄隆英さんは大学では劇団に所属しました。そして大学を卒業したら俳優になりたいと考え、オーディションを受けていましたが、「最終審査で真面目すぎることをやってしまい落ちてしまった、もっと奇をてらった面白いことをして目立ったほうがよかった。」と後悔していたそうです。そして「自分は裏方をやりたい」と考えるようになりました。

ナスD、友寄隆英 大学時代のアルバイトは何してたの?

また友寄隆英さんは、なんと19才のときから制作会社でアシスタントディレクターのアルバイトをしていたのだそうです。その時に仕事は日本テレビ「珍プレー好プレー」です。それが経験となり大学卒業後のフリーディレクターへと繋がっていきました。

仕送りがなく、学生時代は一生懸命バイトをしていたんだそうです。

ナスD、友寄隆英 大学卒業旅行はインドだった!

友寄隆英さんの大学の卒業旅行はインドでした。「凄いところがある!」と連れて行かれた場所にビックリ!そこはなんと、検問があちこちに引かれるような所でした。実はそこは内戦がいつあってもおかしくないような、内戦エリアだったのです。折角の大学卒業記念の旅行でしたが、あまりに無計画な旅行だった為に、トラブルの連発だったそうです。

しかしそんな旅行ではありましたが、一週間もたつと、友寄隆英さんは現地の人とも仲良くなり、冗談を言って笑い合っていたそうです。普通の人なら震えあがるような状況であっても、物ともしない友寄隆英さんは、大物の片鱗を持ちあわせていたようです。

ナスD、友寄隆英は大学卒業してる!大学の先生もできそう?

Pexels / Pixabay

大学を卒業していて、おそらく茨城大学卒業だろうということがわかったナスDさんですが、世間の反響はあったのでしょうか?

ナスDが茨城大学卒業にびっくり!

ナスDこと友寄隆英さんが茨城大学卒業という可能性が高いという情報に、世間では「びっくり!」「先輩じゃん!」というような驚きの声が上がっていたようです。

ナスDは頭いい!大学の先生もできそう!

一方で、ナスDの経歴を知って、やはり頭がよかったんだな、知識量がすごい!と納得する人も多かったようです。

大学の講義できてほしい!大学の先生にもなれそう!というような意見もたくさん上がっていました。

ナスD、友寄隆英の学歴!高校生活はどうだった?中学は?

兵庫県出身の友寄隆英さんが進学した高校は岡山の進学校で、学生寮に入っていました。同じ寮の友人は友寄隆英さんのことを「クラスメイトをよく観察して物まねをしてくれた、面白さを追求するタイプで、興味を持ったことに対してはじっくり考察して、面白く語ってくれた。そのころから、プロデューサの素質があったようだ」と話しています。

その頃の友寄隆英さんはカードマジックが得意で、同級生たちに「黒魔術が出来る」と話し、「集中力を集めるのでマジック中は私語禁止、それを破ると呪われる」という独自ルールがあったのです。マジックの方はなかなかの腕前で、友寄隆英さんは本当に黒魔術ができると信じる友人たちもいたそうです。そんな楽しい高校生活を送っていたのでした。

ちなみに進学した高校については明らかになってはいませんが、「白陵中学高等学校」「岡山中学高等学校」「朝日塾中学高等学校」あたりではないか?と言われています。

ナスD、友寄隆英の中学時代は?

それでは、ナスDの中学時代はどんな感じだったのでしょうか?岡山県内の中高一貫校に進学したと言われていますので、先にご紹介した高校との一貫校出身ということになります。

中学時代から全寮制の進学校に進学ということで、ナスDは当時から高学歴だったということが伺えます。

ナスD、友寄隆英の経歴

  • 友寄隆英 (ともよりたかひで)
  • 兵庫県出身
  • 生年月日 1975年4月頃
  • 現在44歳
  • 2003年テレビ朝日入社
  • テレビ朝日総合編成局 ゼネラルマネージャー
  • 肩書 ゼネラルプロデューサー(総合演出) 演出家 脚本家
  • 高校 岡山県の中高一貫で進学校
  • 大学 茨木県の茨木大学農学部
  • 身長 体重 血液型 残念ながら不明

ナスD、友寄隆英の経歴①大学卒業、そしてフリーディレクター

先にもご紹介したとおり、友寄隆英さんは大学生である、19歳のときにアシスタントディレクターのアルバイトを経験しました。

一旦は俳優を目指しオーディションを受けるも落ちてしまい、テレビ番組などの「裏方でやっていきたい」と考えるようになりました。卒業後はフリーディレクターとして働くようになったのでした。

ナスD、友寄隆英の経歴②テレビ朝日入社

フリーディレクターとしての経験を積んでいった友寄隆英さんは、2003年にテレビ朝日に入社しました。奥川晃弘ゼネラルプロデューサーの下でプロデュース・及び演出等をにない、仕事の幅を広げて力をつけていったのでした。

ナスD、友寄隆英の経歴③ゼネラルプロデューサー

プロデュースや演出を担当していた友寄隆英さんは、2010年、ゼネラルプロデューサーに昇格しました。友寄隆英さんは「努力を続けることには自信がある。テレビディレクターって、他人の気持ちが分かる人でないと作れない。頭悪いけど努力を続ける人は良いと思う。人の気持ちをちゃんと考えられる人は良い番組を作れる。」と話しました。

『いきなり黄金伝説』では、数々の企画を、タレントの方よりも先に、自らシュミレーションするという、型破りではありますが、番組に心血を注ぐ、友寄隆英さんらしいやり方でのぞみます。そこには努力を続け、人の気持をわかろうとする友寄隆英さんの姿勢があるのです。

ナスD、友寄隆英の経歴④ゼネラルプロデュサー兼出演者

ゼネラルプロデューサーになってからも、数々の企画を自らシュミレーションしていた友寄隆英さんでしたが、とうとう裏方から飛び出し、自らテレビ出演してしまうようになりました。「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」という番組で、タレントを超えるような、体当たりでチャレンジする、面白くもハチャメチャな番組でした。

そしてとうとうゼネラルプロデューサー友寄隆英さんは、あの「無人島0円生活」に出演することになったのでした!よゐこの濱口優さんとの直接対決!年末の特別番組でした。濱口優さんは友寄隆英さんのことを「ナスDは新しい僕を作ってくれた博士、それがなければ今の自分達はいない。そして一番怖い人」と感謝しながらも警戒していました。

ナスDこと友寄隆英は、なぜ「ナスD」と呼ばれるの?①

ナスDこと友寄隆英さんがなぜ「ナスD」と呼ばれるのか、それは「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」というテレビ番組内で、シピポ族の村の、ある女性からウィトの果実を貰い、その果実が美容に良いと聞かされた友寄隆英さんが、それは「肌によく、美白効果がある」と思い込んでしまい、顔や手足に塗りたくってしまったのでした。

ナスDこと友寄隆英は、なぜ「ナスD」と呼ばれるの?②

数時間後、友寄隆英さんの肌は青黒く変色してしまったのでした。そのウィトの果実は現地では髪を染めたり、入れ墨に使ったりするような果実で、一度塗ったら落とすことが無理と言われる物だったのでした。それが「ナス」に似た色だったのです。

こうして「ナスD」が誕生!色が取れず焦ったナスDは、泥水で顔を洗いましたが、その青黒さは取れませんでした。青黒くなった当初、ショックを受けたナスDは、「塗ったことに後悔はない。しかし、どうやって生きていこう。」とうなだれていました。でもナスDは、持ち前の破天荒さと明るさを発揮して、アマゾンでの旅を続けて行くのでした。

ナスDこと友寄隆英は、なぜ「ナスD」と呼ばれるの?③

その明るくポジティブで、破天荒なキャラが大うけになったナスDは、視聴者からの人気が上がることになりました。ナスDはネットニュースなどでも取り上げられるようになってきたのでした。「陸海空 地球征服するなんて」番組の名物ディレクターとして、愛されるようになったのでした。

ナスDの顔がみるみると!

数か月後、番組で訪れた部族の女性が、「それを(青黒い色)落として、きれいにしてあげることが出来る」と言ってくれたのでした。ナスDは大喜びで、すぐにそれを試してみることにしたのでした。しかしその方法は『漂白剤で落とす』という一見、無茶に見えるものでした。

ナスDは臆することなく薄めた漂白剤が入った洗面器に顔を突っ込みました。その後、部族の女性が二人で3時間もかけて、漂白剤のついたタオルで顔をこすってくれました。次の日も、こすってもらい、そのかいあって、青黒い顔から元の友寄隆英さんの顔に戻ることが出来たのでした。徐々に元に戻る自分の顔を見た友寄さんが大変嬉しそうでした。

ナスDの現在の年収がすごい!?

geralt / Pixabay

そんなナスDですが、現在の年収がすごいと話題になっているようです。年収はどのくらいなのでしょうか?

ナスDの年収は2千万!?

ナスDの気になる現在の年収ですが、1千万は余裕で超えていそうということで、2千万円くらいはあるのではないかということです。

テレビ朝日のゼネラルプロデューサーとなり年収がかなりアップしたのではということで、一般的なテレビ局のディレクターと比較して4倍程度はあるのではと言われているようです。

ナスDは自身が番組に出演することもあり、さらに手がけている番組は人気番組ばかりで、またyoutubeにも出演しているので、年収は高いだろうと予測されています。

ナスDのプレゼント企画が太っ腹!?

ナスDと言えば破天荒なことでも人気ですが、過去には番組のプレゼント企画で応募者全員を当選にしてしまうという太っ腹すぎる企画をやってしまうこともありました。

「陸海空こんなところで世界征服するなんて」のDVDを2018人にプレゼントという企画でしたが全員当選としたことで、噂を聞きつけた視聴者からの応募が11万人を超えたそうです。

ナスDは自腹で負担し、送料のみで1千万円かかったんだそうです。

ナスDことイケメン友寄隆英の結婚相手は森崎友紀さん?

友寄隆英さんが結婚したのは2016年12月で、結婚したお相手の方は美人料理研究家の森崎友紀(もりさきゆき)さんです。友寄隆英さんはかなりのイケメンですし、お相手の森崎友紀さんもとてもお美しい方です。本当にお似合いのご夫婦です。

奥様の森崎友紀さんはどんな人?

森崎友紀さんは、コスプレ好きでグラビアモデルもされていたことがあるそうです。1979年12月29日生まれの現在40歳ですが、とても若々しく見えます。管理栄養士の資格も持っておられるので、友寄隆英さんは栄養を気遣ってもらいながら、とても美味しいお料理を頂いているのですね、羨ましい限りです。

現在、友寄隆英さんと森崎友紀さんの子供さんは?

友寄隆英さんに子供さんが産まれたのは2016年6月15日でした。現在4歳になられました。お二人の間に産まれた子供さんなら、とても可愛い子供さんでしょう。友寄隆英さんもお子さんと過ごす時間を楽しまれているはず。現在は第二子も誕生し、さらに賑やかになったと思われます。

ナスDの大学・経歴が凄かった!現在も活躍中!

現在、友寄隆英さんは公私共に充実し、たいへんお幸せそうです。お仕事で無茶をしすぎて怪我などなさらないよう気をつけていただきたいですね。

たまに視聴者をドン引きさせながらも、面白く、ハラハラして目が離せない、そんな番組を創り続けていただきたいものです。