彼女が生理中?そんな時彼氏が取るべき行動は?エッチしてもいい? 恋愛・心理

彼女が生理中?そんな時彼氏が取るべき行動は?エッチしてもいい?

目次

[表示]

生理中のセックスは出血がひどい?感染症のリスクも

Counselling / Pixabay

人それぞれではありますが、毎回貧血で具合が悪くなってしまうほど、生理中の出血がひどい女性も中にはいます。

生理中にエッチをするというのは血を搔きだすような行為ですから、当然余計に出血量は多くなるでしょう。

また、生理中の膣はいつもよりデリケートな状態になっています。性感染症だけでなく細菌感染症のリスクも上がるので、生理中のセックスはあまりおすすめしません。

生理中は性欲がなくなる?

Pexels / Pixabay

普段はエッチが大好きな女性でも、生理前や生理中になると途端に性欲がなくなる場合があります。

性欲もない、体調も悪い、さらにベッドが汚れてしまうことなども考えると、女性としては生理中のエッチはあまり好ましいものではないでしょう。

彼女が生理の時にオススメのデートプランは?

feriona_boom / Pixabay

生理は約一か月に一回来るものですから、どうしても楽しみにしていたデートの日と被ってしまうこともあるでしょう。

そんな時におすすめのデートプランをご紹介します。いつもとは少し違うデートで楽しんでみるのも良いものですよ。

おうちデート

StockSnap / Pixabay

彼女が生理の時のデートプランと言ったら、やはりお家デートが定番でしょう。特に彼女の家だと、過ごし慣れた環境でのデートなので、彼女も気を遣わず負担がかかることもないでしょう。

一緒にご飯を食べたり、映画を観たり、ベッドで二人でゴロゴロするのも良いでしょう。普段から外でのアクティブなデートが多いというカップルには特におすすめです。

カフェ巡り

Free-Photos / Pixabay

生理中は、人混みの中を歩かされるとうんざりしてしまう女性も多いでしょう。また、体調が優れないと食欲があまりないこともあるでしょう。

そんな時には、カフェデートがおすすめです。オシャレな雰囲気でゆっくり過ごせるカフェを見つけてみましょう。カフェならば、ドリンクだけのオーダーも気兼ねなくできるでしょう。

お買い物デート

Alexas_Fotos / Pixabay

大きなショッピングモールでお買い物デートをするのもおすすめです。ショッピングモールであればトイレや椅子も多いので、こまめに休憩をはさみながら一日中楽しむことができるでしょう。

インテリアやファッションを見て回ったり、ゲームセンターで一緒にゲームを楽しむのも良いでしょう。もちろん、彼女の様子を見ながら休憩を入れるのも忘れないでくださいね。

室内レジャー

sharonang / Pixabay

彼女が生理の時のデートプランとして、室内レジャーデートもおすすめです。生理痛がひどい女性でも、一週間丸々体調不良という女性はあまりいません。

彼女の体調に問題がないのであれば、体を動かすようなデートも良いでしょう。ショッピングモールと同じでトイレも多く休憩もまめに取れるので、彼女の方も屋外のデートよりも安心してデートを楽しめるでしょう。

カラオケデート

congerdesign / Pixabay

カラオケデートは二人だけの空間で楽しむことができますし、好きな歌を思いっきり歌うことで、彼女の気持ちも晴れやかになるかもしれません。

また、普段の声と歌声とで印象がガラッと変わる人もいます。カラオケデートをしたことがないカップルは、お互いの新たな面を発見できるかもしれませんね。

公園デート

heymatthew / Pixabay

公園というと、デートの休憩に少し立ち寄るというイメージが強いかもしれませんが、彼女が生理の時には公園のベンチニ座ってまったり半日デートというのもおすすめです。

二人でおにぎりを食べたり温かいものを飲んだりすれば、ピクニック気分を味わえちゃいます。生理の時だからこそ、普段とは違うデートで楽しんでみてはいかがでしょうか。

彼女の生理が来ない時に取るべき対応は?

RondellMelling / Pixabay

時には、彼女の生理が来ないなんていうこともあるでしょう。もしかしたら、妊娠の可能性も考えられますよね。では、彼女の生理が来ない時にはどのような対応をするべきなのでしょうか。

まずは落ち着く、事実が確定するまでは結論を急がない

まずは落ち着いて、事実確認をすることから始めましょう。生理が来ない=妊娠の可能性も考えられますから、男性側としても焦るのはわかりますが、「俺責任とれないよ」などと先走って結論を急ぐのはやめましょう。

女性側も、妊娠の可能性を示唆することで多くの男性が困惑するのは重々承知です。しかし、生理が来ないからといって必ずしも妊娠しているとは限りません。

もし今の状況で彼女の妊娠に対して責任が持てないとしても、それを告げるのは妊娠の有無がわかってからにするべきでしょう。

無責任、不適切な発言はしない

Pexels / Pixabay

無責任・不適切な発言はしないように注意しましょう。あなたは彼女のことを励ましているつもりでも、彼女の方からすると傷つくような言葉もあるかもしれません。

たとえば、「勘違いかもしれないよ」「避妊していたから大丈夫だよ」という言葉は、彼女を安心させるつもりで言っていたとしても、「私が妊娠するのがそんなに嫌なの?」と思われてしまう可能性もあります。

彼女を安心させてあげたい気持ちはよくわかるのですが、声をかける時にはよく考えてから発言した方が良いでしょう。

彼女に共感し、不安にさせたことを謝る

Pexels / Pixabay

悩みや不安を抱えている時、女性が相手に求めているのは解決策ではなく「共感」です。生理が来ないことを彼女に告げられたら、まずは彼女の気持ちに寄り添うようにしましょう。

「一人で悩んで、辛い思いさせたね」「気付いてあげられなくてごめんね」など、彼女の不安な気持ちに共感しつつ、不安にさせてしまったことを謝るようにすると良いでしょう。

妊娠検査薬は一緒に買いに行く

StockSnap / Pixabay

妊娠の有無を調べるために使うものと言ったら、妊娠検査薬ですよね。

妊娠の有無をはっきりさせなければ次に進めないことは分かっていても、若い女性や妊娠を望んでいない女性の場合は、検査の結果が怖くて一人では手を出せないという人も多くいます。

そのため、彼女が検査に対して消極的な場合には、男性側が「一緒に買いに行こう」と言って背中を押してあげましょう。

生理不順の可能性もある?

tigerlily713 / Pixabay

生理が来ない原因が、かならずしも妊娠であるとは限りません。生理不順の可能性も考えられるでしょう。

元々生理不順の女性もいますし、ストレスや過度なダイエット、薬の副作用などで生理が予定日から大幅にずれる場合もあります。

生理不順の原因が彼女自身で分かっているのであれば、その原因をなるべく取り除くようにするべきでしょう。

あまりにひどい生理痛の場合には病気の可能性もある?

sasint / Pixabay

生理中に起こる腹痛や腰痛などのいわゆる生理痛には、多くの女性が悩まされているものです。

薬を飲むことでこれらの症状を和らげている女性は多いですが、あまりにもひどい生理痛は何かの病気が原因の可能性も考えられるのです。

原因①子宮内膜症

Alexas_Fotos / Pixabay

まず考えられるのは、「子宮内膜症」が原因で起こる生理痛です。

子宮内膜細胞は、本来であれば子宮腔の内側の壁を覆っているもの。しかし、その子宮内細胞がそれ以外の場所で増殖すると、生理が来るたびにその増殖した場所で出血を繰り返すのです。

生理のある女性であれば、誰もがなる可能性のある病気です。閉経まで進行し続ける可能性もあるので、早めに適切な治療を受けるべきでしょう。

原因②子宮筋腫

valelopardo / Pixabay

子宮筋腫という子宮にできる良性の腫瘍が原因で、生理痛を引き起こす可能性もあります。女性の5人に1人の割合であると言われている腫瘍ですが、その原因はまだはっきりとは分かっていません。

この子宮筋腫ができていても自覚症状がない女性も多く、その場合は特に問題はありません。しかし、生理痛がひどいなどの症状がある場合には、念のため病院で検査を受けるべきでしょう。

生理中は彼女の体調を気遣って!あまりに生理痛がひどい場合は病院へ

bngdesigns / Pixabay

生理というのは女性ならではのものですから、男性がその痛みや辛さを完全に理解するのは難しいでしょう。しかし、生理中は多くの女性が体調不良になったり、気分が優れなくなったりするものです。

彼女が生理中の時には、とにかく彼女の体調を気遣うようにしましょう。また、情緒不安定だからといって冷たい態度を取ったり、面倒くさいという言葉を口に出すのはやめましょう。

ひどい生理痛に悩まされていても、実際に病院に行くという女性はあまり多くはありません。彼女の生理痛が毎回あまりにもひどそうな場合には、病院へ行くことをすすめた方が良いかもしれませんね。

関連する記事

2/2