ディープキスのやり方を解説!気持ちいい!うまい!と思わせるには?恋愛・心理

ディープキスのやり方を解説!気持ちいい!うまい!と思わせるには?

ディープキスとは、ご存知の通り濃厚なキスとなります。ここではそのやり方を動画を交えつつ解説していきます。気持ちいいと思わせるテクニックや適したタイミング、角度など、「うまい」と思わせるにはどのようにすればよいのかをご紹介します。

目次

[表示]

ディープキスをするのはどんな時?男女別の心理まとめ!

Myriams-Fotos / Pixabay

ディープキスをする時はやはりお互いに気持ちが盛り上がった時でしょう。そんな時に男性の、また女性の心理状態とはどのようなものでしょうか。

ディープキスの最中にどのようなことを感じ、また考えているのか実際の声を見ていきましょう。

男性がディープキスをする心理は?彼女を求めている?セックスしたい?

GDJ / Pixabay

人によって様々ではありますがディープキスに慣れている人は余裕があり今後の展開のことまで考えてボディタッチしたりと、セックスに導くべく一生懸命に考えながらキスをされているようです。

別の人の場合はディープキスが気持ちよくて頭が真っ白になり今後の展開を考えている余裕がないといった声も見られました。

また、いかにすれば相手が気持ちいいかを考え、舌の動かし方や呼吸のタイミング等を必死に考えながらディープキスをしているといった人も。どなたも一生懸命になっていることがわかります。

女性がディープキスをする心理は?愛されている?苦手な人も?

GDJ / Pixabay

女性のほうは割に冷静にしていることが多いようです。その理由としてディープキスに苦手意識があり「早く終わって欲しい」と思っていたり、始まったら少し身構えるといった方もおられるようです。

逆にディープキスが大好きだという意見もあり、冷静にあれこれ考えながらしているといった方や、最中はうっとりする、彼氏の愛情を全力で感じているという方もおられました。

比率的に女性は冷静に考えている方が多く、中にはディープキスが好きではないという方も少なくないようです。

ディープキスの種類とやり方まとめ!いろんなやり方がある?

webidrole / Pixabay

一言にディープキスといってもその種類は数多く存在し、中には思いもよらないやり方もあるようです。ではどのようなキスがるのでしょうか。実際にされているその種類とやり方を見ていきましょう。

①ピクニックキスは舌だけのキス

BoutiqueBreizh / Pixabay

唇をつけずに舌と舌のみ触れ合う形です。このキスの特徴はお互いの顔が見えるというところでしょう。

ゆえに付き合って間もなかったり、シャイな男女では相当に照れくさいでしょう。しかし、逆に言えばそこが醍醐味であるとも言えるでしょう。

②バインドキスでは相手の唇を挟む

 

相手の下唇を自分の唇で挟み、自分の上唇は相手の唇が挟んでいるという形です。そのまま挟んだ相手の唇を舌先で舐めたり、そのまま左右に振ってみたりといった楽しみ方をします。

初めから舌を入れるキスをしてしまうと相手も緊張するでしょうから、このバインドキスで距離を縮めておくとよいようです。

注意点として相手の口周りをベタベタにしてしまうと良くありません。

③二プルキスでは唇を舐める

相手の唇を舐めるという形です。こちらは最初に通常のキスをした後にこの形式に移っていくのが一般的なようです。

方法は下唇の次に上唇、それから全体に舐めていき、ペロッと舐めてみる等、好きなように舐めていきます。

ポイントとしては唇にリップを塗るように優しく接することです。また、甘いものを食べた後などは甘い香りが広がり高揚感を得られるといった可能性も期待できるようです。

④リズミカルキスでは舌を出し入れする

GDJ / Pixabay

唇を軽く重ねたところから舌をリズミカルに動かすのが特徴のキスとなります。舌をリズミカルに上下や左右に動かしたり出し入れするといった形です。

多少難しいかもしれませんが、ディープキスの中ではハードルは低めで、気持ちがワクワクするようなキスとなります。

⑤ストローキスでは相手の舌を吸う

suju / Pixabay

あらかじめ通常のキスをした後にその名の通りストローのように相手の舌を吸うという形です。通常のキスでリラックスしてから徐々に相手の口に舌を入れていきます。

注意点として強く吸いすぎないということです。当然ですが強く吸えば相手は痛かったり苦しかったり等するので、気持ち良いと感じる程度の強さで吸うのがポイントです。

⑥カクテルキスは定番のキス?

Pexels / Pixabay

人気の高いキスの一つで口を開けたままするというのが特徴です。舌を絡ませる、吸う、甘噛みする、舐め合う等、何でもありの方法です。カクテルの種類が豊富であることからこの名が付いたといいます。

舌を絡ませるだけ、吸うだけといったワンパターンでは飽きてしまうので不規則にいろいろなやり方をするのがポイントです。

注意点として緊張状態でこれをすると相手を傷つけてしまうということも考えられるのでリラックスが重要となってきます。また、口を開けたままで疲れやすいので途中で通常のキスに戻しながらするといいようです。

NEXT:⑦クロスキスは長いディープキス
1/5