キスフレの意味は?男性・女性の本音と心理!キスフレの作り方は? 恋愛・心理

キスフレの意味は?男性・女性の本音と心理!キスフレの作り方は?

キスフレとは一体どういう意味でしょう。男性と女性が、恋愛関係に落ちることなくキスだけで楽しむ関係のようです。キスフレでいることにはどんなメリットとデメリットがあるでしょうか。そしてキスフレの作り方とは何かコツがあるのでしょうか。細かく分析してみました。

目次

[表示]

最近話題のキスフレとはどういう意味?

Bessi / Pixabay

ここ最近話題ともなっている「キスフレ」とは何でしょう。その名に「キス」と付く以上、キスを交わすことに関係するのは間違いありません。

キスフレの意味から、どういう作り方をするのかまで、順を追って解説していきましょう。

キスフレンド?キスフレンチ?キスフレは何の略で意味は?

qimono / Pixabay

フレンチ・キスという言葉はかなり昔から存在します。しかしここでいう「キスフレ」とは、キスフレンドの略だと考えて間違いないです。諸外国では「キス」にそれほど深い意味がないこともあります。

しかし日本においては、少なくとも恋愛関係の途上に「キス」があると見ていいはずです。ですから関係は「友達」のままで、キスを交わす関係という、ある種不思議な状態なのです。

キスフレがいる人はどれくらいいるのか

geralt / Pixabay

では、現代において、キスフレがいる人はどのくらいいるのでしょうか。あるインターネット調査によれば、今現在か過去にキスフレが「居る(居た)」という人は多いです。

その比率は「3人に1人」と3割前後の割合とも報告されています。おそらく「意外と多い」なと思える数字なのではないでしょうか。

男女に共通するキスフレを作る理由とは

geralt / Pixabay

では、わざわざ「キスフレ」の関係に留まる理由には、どんなものがあるのでしょう。男女に共通した、そのこだわりの理由について触れてみたいと思います。

相手に好意を抱いているが恋愛関係は望めない

6335159 / Pixabay

相手に対して好意はあるけれど、その相手には恋人が居たりする場合に、それ以上踏み込めないことがあります。略奪愛に挑むほどの勇気がなかったり、軋轢を好まない人はいるでしょう。

しかしそれでも相手のことが好きで、シンプルには諦め切れずに繋がりは持ちたいと願う場合。そうした場合、キスだけに留める「キスフレ」となることで気持ちを満たそうとするのです。

恋愛関係にはなりたくない

darksouls1 / Pixabay

また、キスという甘美な思いはしたいけれど恋愛関係になるのは億劫だという人が多いようです。恋愛関係に進めば、自分を置いて相手のことを優先しないと成立しない局面は多々あります。

また、恋愛関係になりセックスを伴う関係ともなると、相応の年齢では「結婚」を無視し続けることが難しくなります。女性にとっては出産を機会に若くして結婚したがる傾向はあるでしょう。

しかしそうした女性を敬遠したい男性は少なくありません。逆に女性も自立が先で、妊娠から結婚となることを恐れる人も多数います。このようなケースでは男女共、キスフレの関係ならば心配無用です。

ストレスを溜めていて癒しを求めている

Pexels / Pixabay

恋人として恋愛関係になることは面倒だと思う人同士では、キスフレは都合の良い関係と言えるでしょう。相手をお互いに縛ることなく、単にキスだけをして、癒しだけを得るのです。

この感覚は、ここ最近の若年層で、体の関係に淡泊な人が増加した背景があるようです。キスだけと割り切って、癒しの部分だけ求める「おいしいとこ取り」な考え方と言えるでしょう。

誰かに自分を認めてほしい・人との繋がりが欲しい

Hans / Pixabay

男女問わず誰でも人は、他の誰かに認められたいという願望を持っています。他者から認められることにより、「承認欲求」が満たされて、仕事などで頑張れるようになることは多いでしょう。

しかし現代では他人との関係性が希薄になり、人と繋がり合うことが少なくなってきました。そこで、恋愛関係でもないキスだけの繋がり「キスフレ」を持つことで、他者との繋がりを実感したいのです。

自分も相手も、キスフレである以上「必要と」されているという自信が持てるようになります。

人肌が恋しくなる

DieterRobbins / Pixabay

人もまた、動物的な本能から「人肌」を求めるのはごく自然なことでしょう。寒くなってきたりすると「人肌が恋しい」季節という表現もあるほどです。男女限らず、人は人の肌に触れ、温もりを感じて安心します。

キスとはまさに「人肌」の最たるもので、キスによって安心感を得られ、生きる上での糧とできるのです。

本命が出来るまでのキープ

MabelAmber / Pixabay

本音ではその相手は「本命」ではないけれども、本命の恋人ができるまでの「キープ」としてキスフレ関係を維持することはあるようです。男性では場慣れの存在であったりもします。

女性の中では、誰とも浮いた噂がない状態を「恥」とする傾向もあるようです。キスフレはあくまで「繋ぎ」として、魅力的な男性が出現したらそちらに移るという、肉食女子に多く見られる心理です。

寂しさを埋め合わせたい

OmarMedinaFilms / Pixabay

男女問わず、人は孤独に対して敏感で寂しさを本来嫌うものです。恋人との別れや、友人に恋人ができるなどで、急に孤独を意識し始めます。

寂しさの原因とは、他者との繋がりを感じられなくなることにあります。その孤独感や寂しさを埋めるために、現代人はキスフレを作り取り急ぎの安住の地を求めます。

なんとなく距離を縮めたくなった

Free-Photos / Pixabay

男女間で友人として付き合うならば良い相手としても、これが恋人に変化したらどうかは解りません。いざ付き合ってみてから、相手の嫌な部分を知り後悔しないよう距離を少し縮めたい心理はあります。

そこでまずはキスフレから始めて、相手との距離感を測りながら相手を良く知ろうとするケースがあるのです。恋愛に関して、臆病な同士であれば、この方法はダメだった時に傷が浅く済みます。

恋愛はしたくないがドキドキはしたい

mjps / Pixabay

恋愛はしたいけれど機会に恵まれない人も多くいるでしょう。それでも恋の「ドキドキ感」を味わいたい心理がキスフレという微妙な関係を作ります。恋愛によってしか得られない「ドキドキ」が欲しいのです。

そのために、恋愛感情を後回しにし、キスだけをするキスフレを作って疑似恋愛を味わうのです。例えば「ハグ」と「キス」ではドキドキも段違いな感覚があるでしょう。

通常、人目を避けてするものである「キス」には、そういう効果があるからです。

下心がある・どちらかが好意を抱いている

geralt / Pixabay

キスをする以上は、確実にそれが性的な興奮に繋がることと思われます。特に男性においては、これをきっかけにどうにか女性と身体の関係になりたいと思うことは多いでしょう。

女性も性に対して積極的になってきているため、その下心を持っていることはあります。まずはキスフレとなり相手との距離を縮めて、もしかするとこのままセックスに、と思う人は確実にいることと思われます。

キスフレを持つ男性の気持ちって?本音や心理は?

Pexels / Pixabay

キスフレの関係において、特に男性に特有の感覚はあるでしょうか。男性にとってのキスフレのメリットなどについても考えてみようと思います。

男性の多くはセフレに持っていきたいと思っている

alehidalgo / Pixabay

キスフレ関係での男性の中には、キスだけでは満足できない人もいるようです。いわゆる「セフレ」の関係に持って行き、恋愛感情抜きにセックスしたいと思っている男性がいます。

女性とキスををすれば、当然性的興奮が高まりますから、そのままセックスしたくなっても無理はありません。女性の側にしても、キスで気持ちが昂る所で誘惑されれば応じる可能性が高くなるでしょう。

そのようなケースは珍しくなく、キスからセックスには持っていきやすものです。そしてセックスを受け入れたことにより、キスフレからセフレの関係に発展することは少なくありません。

気付いたら相手を好きになるケースも

Vitabello / Pixabay

キスフレの関係では、当初はお互い干渉せずキスだけという関係から始まります。しかし男性側はキスを通して、気づけば相手の女性のことが好きになっていたという例はよくあるようです。

元来キスは特別な人としかしない行為なので、相手を好きになるのは不思議ではありません。しかし女性側は、元々からお互いに執着し合わない関係が希望です。

そのため、男性の気持ちを受け入れてはくれないことが多いようです。告白によってそれまでと同じで居られず、結局キスフレの関係も消滅するということは少なくないようです。

好きかはわからないが気になっている

本当に本気で相手の女性を好きなのか、自分でも解らないという男性もいます。一気に交際をするには躊躇いがあるというケースです。そんな男性は、キスから始めるお付き合いを考えることがあるようです。

ある意味順序が逆ではありますが、相性が合うのかどうか確認したがっているのでしょう。女性側はそこは見抜いて、キスフレ関係に応じることができれば万全でしょう。

単にキスする相手が欲しい

StockSnap / Pixabay

非常にシンプルな回答ですが、要するに単にキスがしたいだけという男性もいます。性欲がそれほどでもなく、キスだけ好きだという男性は驚くほど多数いるようです。

恋人として付き合ってしまうのが面倒だけど、キスはしたい。あるいは逆に、キスをすることで彼女ぶりを発揮されるのが嫌なのかも。それでキスフレ関係と、釘を刺す手を使っているかもしれません。

キスをすれば興奮するのが本音

Free-Photos / Pixabay

キスは単なるスキンシップではなく、粘膜接触ですから興奮するのが当然でしょう。健全な性欲の持ち主の男性であれば、その女性とセックスしたくなって当然です。

しかし始まりがキスフレという「約束」ですから、それを破ろうとして破綻するのが怖いのです。キスフレで居られなくなるなら、興奮はしても我慢してしまうのです。

居心地がよく癒される

aliceabc0 / Pixabay

恋愛関係抜きにして、キスだけ楽しむ関係でも確実に「癒し」はあるでしょう。そもそもキスが嫌いならキスフレの関係にはなりません。その間柄にある以上、男性にとっては居心地良い時間になります。

理性で欲求に歯止めを利かさなければなりませんが、それを補って余りある癒しとなるでしょう。

キスフレを持つ女性の気持ちって?本音や心理は?

Ultra_Nancy / Pixabay

ではキスフレ関係にある、女性に特有の感情にどんなものがあるでしょう。男性と違って、女性ならではの心理が奥底に隠れていることは多々あるようです。詳しく探っていきたいと思います。

浮気や不倫が前提?キスだけでもできる特別な関係でいたい

Engin_Akyurt / Pixabay

単なる解釈の問題でもありますが、彼氏がいるのに他の男性とセフレ関係になればそれは「浮気」です。しかし「キスだけ」なら、浮気にはならないという割と都合の良い解釈から女性はキスフレを作ります。

決して彼氏を嫌いになったというわけではないことのようです。しかし彼氏だけでは100%の満足が得られない女性がいるのです。浮気ではないという正当化のために「キスだけ」という言い訳を持ってきます。

他の男性に別な魅力を感じつつも、裏切りの罪悪感からは逃れたいという心理のようです。

男性にちやほやされたい小悪魔的心理

より多くの男性に「ちやほや」されたいタイプの女性も多くいます。それでいて誰にでも体を許すことは良しとしません。そういう小悪魔的な女性ほど、男性からちやほやされるもののようです。

数多くの男性から好かれることが、小悪魔女性のアイデンティティです。それほど好きでない男性にも、思わせぶりな態度をとって、手玉に扱うことを楽しみたいのです。

そうなると、許すのはキスまで、という関係がベターです。キスで男性の気持ちを釘付けすることに彼女たちは快感を覚えます。男性に、セックスできるかもという期待を持たせて相手の反応を楽しむのでしょう。

刺激が欲しい・キスが好き

1643606 / Pixabay

ここは男性とも共通しますが、キスが大好きという女性は数多くいます。日常に刺激を求めるタイプの女性に多いようです。そしてこうしたキス好きな女性は、複数の男性とキスフレだったりします。

恋愛に強い好奇心がありながらも、体の関係にまで発展したくないこともあるでしょう。

友達以上恋人未満の関係が欲しい

sasint / Pixabay

その理由には色々あるのでしょうが、特定の男性と恋人の関係になりたくない女性がいます。過去の恋愛で痛い目にあったのかもしれません。そうは言っても、どこかで男性と接点を持ちたいと願う心理。

そうした微妙なバランスにある女性は、友達では足りないけど恋人に迎えるのが怖いのかもしれません。キスフレならば、必要以上に自分の領域に踏み込んでくることは避けられると思うのでしょう。

セックスに抵抗がある

Engin_Akyurt / Pixabay

過去に恋愛関係にあった男性とのセックスに、トラウマを抱える女性がいます。そうした女性はセックスによる結びつきを嫌います。

あるいは裸を晒すことに抵抗があったり、お手入れなどが面倒な物ぐさな女性もいるでしょう。体毛や体臭の悩みなどを持つ女性では、これは顕著です。

セックスはそういう意味から避けたいけども、キスフレは欲しい女性はいるものです。

性病や妊娠などのリスクを避けている

Dieterich01 / Pixabay

未婚女性ならこうした考えはある意味健全ですが、セックスの関係になって性病や妊娠のリスクは避けたいと思う人は多数いるでしょう。求められるがままにリスクを冒したくないのです。

一方、既婚の女性については別な理由も存在します。セックスならば確実に「不貞行為」ですが、キスだけならそうはならないという論法です。

どちらのケースにしても、キスフレで居られるのであれば、その方が都合が良い場合はあります。

彼氏持ちや既婚者も欲しがる?パートナーだけでは満足できない

sasint / Pixabay

既婚者なら夫、未婚なら彼氏のことは、嫌いではないけれど満足しているわけでもない女性はたくさんいるでしょう。現代では古くから言う「貞操観念」というものが、ある部分崩れ去りました。

しかしパートナーがいるのに堂々と他の男性とセックスするのも気が引けるのです。浮気でフラれるかもしれませんし、既婚女性は離婚の理由にもなってしまいます。

そうなると、自己弁護がちゃんとつくように、キスフレの関係に留めるわけです。

NEXT:キスフレを作るメリット・デメリットは?
1/3