西川哲の現在の仕事は?元妻の菊池桃子との離婚原因は?子供は?

プロゴルファーで活躍していた西川哲さんは菊池桃子さんと結婚し、妻として迎えます。ですが後に離婚をしてしまい今では名前もあまり聞きません。そんな西川哲さんは現在どんな仕事をしてるのか?シニアとしてゴルフを続けているのか?また離婚の原因などについてまとめました。

西川哲の今現在の仕事は?東京サラブレットクラブの代表?馬主も?

Free-Photos / Pixabay

それでは早速西川哲さんについて見ていきましょう。まずは西川哲さんのプロフィールをはじめ、仕事について見ていきます。

プロゴルファーとして活躍していましたが、現在の仕事はゴルフに関わることなのか、それとも新しいことを始めているのか気になるところです。

西川哲のプロフィール!身長や出身地は?

  • 名前:西川 哲(にしかわ てつ)
  • 生年月日:1968年5月2日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型
  • 身長:175cm
  • 出身高校:日本体育大学荏原高等学校

プロゴルファーとして活躍していた西川哲

markusspiske / Pixabay

1988年にプロデビューを果たしている西川さんですが1991年にマルマンオープンにて初優勝し、翌年もブリヂストンオープンで獲得賞金5,173万円と素晴らしい成績を残しています。

獲得賞金の上下は多少あるものの、1995年まではプロとしての活躍も順調でした。ところが1996年以降は思うように成績が伸びずに獲得賞金も年々下がり、2006年からは半分リタイアの状態になります。

西川哲の現在は?「株式会社東京サラブレットクラブ」の代表取締役?

LiZardboy / Pixabay

プロゴルファーとして半分リタイアの状態になってから2年後の2008年には東京サラブレッドクラブという競走馬ファンド株式会社の代表取締役に就任します。

ところが私生活で飲み歩くことが目立つようになってしまい、家にも帰らないという状態になってしまいます。また初めはうまくいっていた会社の経営が傾いてしまい、かなりの額の借金を抱えてしまうのです。

西川哲は競馬の馬主でもある?東京ホースレーシングに現物出資?

Pettycon / Pixabay

2009年に西川さんが代表取締役として就任している東京サラブレッドクラブがレッドディザイアという馬に現物出資を行います。そのレッドディザイアが秋華賞を制覇するのです。

また他にも2013年に阪神JFにてレッドリヴェールが優勝、さらには2016、2017年にはスプリンターズステークスでレッドファルクスが連覇を果たしています。

これはあくまでも推測でしかありませんが、プロゴルファーとしての成績が落ちてしまったのは競走馬を視野に入れて力を注いできたという可能性もあるでしょう。

NEXT 西川哲の現在はゴルフのコーチ?両親から援助を受けている?