八重沢真美の元旦那は市村正親!離婚原因は?篠原涼子の略奪婚?

俳優・市村正親さんの元妻であり、バレエダンサーとしても知られる劇団四季所属のミュージカル女優、八重沢真美さん。元夫・市村正親との結婚、そして離婚に至った経緯や市村正親と再婚した篠原涼子との関係性についても掘り下げていきます。

八重沢真美の元旦那は市村正親?離婚原因は?

12019 / Pixabay

劇団四季のミュージカル女優として知られる八重沢真美さんですが、若い頃はバレエダンサーとして活躍されていた時期も有りました。そして、過去には俳優・市村正親さんと結婚されていた事も有る彼女。

現在はお二人とも離婚され別々の道を歩まれておりますが、一度は愛し合ったはずの男女の間で、一体何が起きてしまったのでしょうか。夫婦の間には他人には分からない事実が沢山存在するのも事実。

お二人の離婚後、元夫である俳優・市村正親さんは女優・篠原涼子さんと再婚され、現在は二児の父親となっています。知られざる八重沢真美さんと市村正親さんの離婚原因等について解説していきます。

八重沢真美のプロフィール!画像は?

  • 本名 : 八重沢真美(やえざわ まみ)
  • 生年月日 : 1962年1月26日(現在、57歳)
  • 出身地 : 東京都
  • 活動内容 : 女優・元バレエダンサー
  • 所属劇団(事務所) : 劇団四季

バレエダンサーの母親の元に生まれた八重沢真美さん。その影響もあって弱冠3歳にしてクラッシクバレエを習い始め、高校卒業後はバレエダンサーとして活躍されていました。

その後、様々な過程を経て現在に至る訳ですが、その過程の中で生じた市村正親との出会いや結婚そして離婚、二人の間の子供や彼女の女優としての活動等について触れていきたいと思います。

若い頃はバレエダンサー?劇団四季で活躍?

pixel2013 / Pixabay

八重沢真美さんは母親がバレエダンサーとして活躍されていた事もあり、その影響もあって3歳からクラシックバレエを習い始めました。高校卒業後、「東京シティバレエ団」に入団しています。

彼女はそのバレエ団でバレエダンサーとして活躍されていたのですが、足を痛めてしまった事によりバレエを中断する事になりました。

その後、1982年彼女が20歳の時に「劇団四季創立30周年記念オーデション」に見事合格した彼女は、ミュージカル女優に転身し、数々の有名作品に出演する事となったのです。

八重沢真美が結婚した旦那は市村正親!

劇団四季に入団した八重沢真美さんは、その翌年に初舞台を踏まれ、当時同劇団の同僚であった市村正親さんと知り合う事に。その事がきっかけで二人の仲は急接近し、交際の翌年1984年にご結婚されています。

二人の馴れ初めは?「アンデルセン物語」で共演?

SPOTSOFLIGHT / Pixabay

1983年に八重沢真美さんにとって初舞台となった「アンデルセン物語」で彼女は「マダム・ドーロ」役を演じられていますが、その際に共演されたのが市村正親さんでした。

NEXT 八重沢真美は結婚後、仕事を控えて市村正親を支えていた?