一世風靡セピアのメンバーの現在は?リーダーは誰?勝俣もメンバー? エンタメ

一世風靡セピアのメンバーの現在は?リーダーは誰?勝俣もメンバー?

「硬派」が死語になりつつある現在ですが、80年代には一世風靡セピアがいました。「ソイヤ!」の掛け声と男くさい歌詞、キレのあるパフォーマンスで人気を博しました。メンバーは誰?勝俣州和さんは所属していたのか?など当時の画像を振り返りつつ探ってみましょう。

目次

[表示]

一世風靡セピアのメンバーの現在は?リーダーは誰?

この「一世風靡セピア」という硬派な男集団、メンバーも濃いですね!リーダーとしてこのグループをまとめていたのはいったい誰だったのでしょう。画像も交えてみていきましょう。

一世風靡セピアは7名でスタート、一人脱退している

1983年頃ディスコで出会った仲間たちで「劇男一世風靡」を結成し、渋谷のNHK前の路上でストリートパフォーマンスをしていました。

その後その中から歌を歌いたいメンバー7名が「一世風靡セピア」として歌手デビューしました。

当初は小林茂光さん、哀川翔さん、柳葉敏郎さん、春海四方さん、西村香景さん、松村冬風さん、武野功雄さんの7名でしたが1985年に武野功雄さん1名が脱退して6名になりました。

一世風靡セピアのメンバー:リーダー・小木茂光

この硬派集団をまとめていたリーダーは小木茂光さん。1961年11月28日生まれで福井県の出身です。メンバーいわく「怒らせると一番怖い人」だったそうです。結成当時はデザイナーという本職を持っていました。

グループ解散後に役者へ転向し、現在も数多くのドラマや映画で大活躍中です。男くさい一世風靡セピアとは違い、クールな役柄を演じることが多い印象です。

出身地福井県の「ふくいブランド大使」として福井県の魅力を全国に発信する活動も行っています。

一世風靡セピアのメンバー:哀川翔

哀川翔さんは1961年5月24日生まれで出生地は徳島県ですが育ちは鹿児島県です。高校生の頃は体育教師を目指していましたが、願書の出し忘れという痛恨のミスにより進学を断念したそうです。

グループ解散後は役者に転向、竹内力さんとともに「Vシネマの帝王」と呼ばれていたこともありました。現在はドラマや映画はもちろん、バラエティー番組でも活躍しています。

一世風靡セピアのメンバー:柳葉敏郎

柳葉敏郎さんは1961年1月3日生まれの秋田県出身です。高校卒業後上京し劇団ひまわりに入団しました。一世風靡セピアとしてデビューする前からテレビドラマ等に出演していました。

ちなみに一世風靡セピアとしてのデビュー前に「欽ドン」の良川先生役でブレイクしています。

現在も役者として大活躍中です。80年代後半には数多くのトレンディドラマに出演して「元祖トレンディ俳優」と呼ばれました。「踊る大捜査線」シリーズでは小林茂光さんと共演しています。

一世風靡セピアのメンバー:西村香景

西村香景さんは1961年7月14日生まれの大分県出身です。結成当時から俳優業やパントマイムなどをしていたそうです。コンサートでは子供を見つけると手を振るなど子供好きな一面も見せていました。

現在は会員制のバーを経営しているそうです。「KAKEI LAND」という舞台を不定期でやっているようですが、目立った芸能活動はしていないです。

一世風靡セピアのメンバー:春海四方

春海四方さんは1959年3月22日生まれの東京都出身です。結成当時の職業はアパートの管理人だったそうです。セピア内のグループ「レゲロ」の中心人物でした。

「レゲロ」は春海四方さん、武野功雄さん(脱退後は松村冬風さん)、西村香景さんで結成されたセピア内のコミック担当グループです。

解散後、蜷川幸雄さんや野田秀樹さんの舞台に出演しキャリアを積んでいきました。現在もドラマや映画の脇役で活躍中です。

一世風靡セピアのメンバー:松村冬風

松村冬風さんは1961年7月5日生まれの群馬県出身です。結成当時はコンピューターエンジニアだったそうです。一世風靡セピアの中では正統派二枚目として女性ファンも多く不思議な色気を持っていました。

解散後役者や歌手として活動していましたが、2004年のテレビ出演(HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP)以降は目立った活動はしていないようで、現在の動向は不明です。

一世風靡セピアの元メンバー:武野功雄(1985年退団)

武野功雄さんは1963年11月17日生まれの埼玉県出身です。武野さんも一世風靡セピアデビュー前から「欽ドン」で柳葉敏郎さんの同僚悪川先生役で出演しています。

1985年に本業の蕎麦屋に専念するということで退団しますが、劇男一世風靡の活動には参加していました。現在も多数のドラマや映画で活躍中です。武野さんもまた「踊る大捜査線」シリーズに出演していました。

現在も西村香景と松村冬風以外は俳優・芸能活動をしている

rawpixel / Pixabay

先に紹介したように西村香景さんと松村冬風さん以外は役者としてバリバリの現役で活躍中です。たまに一世風靡セピアのメンバーがドラマやバラエティー番組で共演している姿を観ることができます。

2019年、柳葉敏郎と小木茂光がドラマで共演

2019年2月にテレビ東京で放送された「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女(ひと)に賭けろ~」の第6話に、小木茂光さんがゲスト出演して柳葉敏郎さんとの共演が久しぶりに実現しました。

「踊る大捜査線」シリーズでの共演以来ということで、一世風靡セピアのファンからは喜びの声が上がったとか。

一世風靡セピアのメンバーの当時の画像はある?

ズートスーツ姿でキレのあるパフォーマンスを披露していた一世風靡セピア。今でいうところのEXILEのような存在でしょうか。それまでに類をみない存在でデビューから間もなく絶頂期を迎えます。

硬派で大人気だった一世風靡セピアの楽曲・パフォーマンス動画集

Pexels / Pixabay

ダンスパフォーマンスもさることながら、一世風靡セピアの曲は歌詞も特徴的でした。当時はまだ生まれていなかった現代の若者たちも新鮮に感じるようで今、改めて注目されています。

「前略、道の上より」①

1984年6月にこの曲でデビューした一世風靡セピア。何と言っても「ソイヤ!ソイヤ!ソーレ!ソーレ!」の掛け声、真似したくなりますよね。この曲のヒットにより一気にスターダムへと駆け上がりました。

ちなみに「ソイヤ」の掛け声は「わっしょい」と同様にお神輿を担ぐ時にも使われます。この曲の歌詞では「素意や」と漢字で表記されていて、意味は「前々から考えている考え、願い」となります。

「前略、道の上より」②

今でも愛されているこの曲。パロディしやすさもまた魅力の一つかもしれません。

こちらは1984年FNS歌謡祭の特別賞を受賞した時の映像です。なんとロンドンからの生中継!ロンドンのど真ん中での堂々たるパフォーマンスは圧巻です。

現在では歌番組も減り、こういった無茶ぶり的な中継を見る機会も無くなりましたね。

「道からの組曲」①

1984年10月にリリースされた「道からの組曲」。

こちらの曲は「前略、道の上より」と比較すると、まるで一つの芝居を見ているような「静」と「動」を表現した作品に仕上がっていますね。

「道からの組曲」②

1980年代は音楽番組が多く、アイドルたちの中でちょっと浮いていた一世風靡セピア。それがまたかっこよく見えました。

「夜のヒットスタジオ」にて曲の歌詞について言及しています。アイドル全盛期の1980年代にあえて古臭くて難しい言葉を使った一世風靡セピアの曲はとても新鮮で、硬派に飢えていた若者の心をつかんだのです。

「花鳥風月」

【花鳥風月】自然の美しい景色。また、自然の風物を題材とした詩歌や絵画などをたしなむ風流にもいう。

(引用:goo辞書)

今までに多くのアーティストが「花鳥風月」という四字熟語を曲のタイトルにしています。ケツメイシ、レミオロメン、SEKAI NO OWARIなどなど。意味も響きも美しいですね。

「セピア狂想曲-暗褐色ラプソディー-」

この曲はシングル「賽を振れ!」のカップリング曲です。歌舞伎風の振り付けやエア三味線が特徴的ですね。三味線の音色と相まって「和」な仕上がりになっています。

「賽を振れ!」

「賽」とはサイコロのことです。「賽を振れ」とは自分で自分の運命を決めろという意味になりますね。この曲を最後に武野功雄さんが一世風靡セピアを脱退します。

一世風靡セピアにとって3枚目のシングルですが、ここで初めて英単語が登場します。それまでとは少し変わったテイストですね。

「汚れつちまった悲しみに…」

この曲は1988年放送のTVアニメ「魁!!男塾」のオープニングテーマ曲として使用されました。カップリング曲の「幾時代ありまして」もエンディングテーマ曲と使用されています。

歌詞は詩人中原中也の「汚れっちまった悲しみに・・・」と「サーカス」という詩から引用されています。一世風靡セピアとアニメ「魁!!男塾」の世界観に見事にマッチしていますね。

一世風靡セピアの略歴

現在も第一線で活躍する個性派俳優を何人も生み出した一世風靡セピアというグループ。解散後のメンバーの活躍を見てもいかにすごいグループだったのか想像できます。

彼らの原点とはいったい何だったのでしょうか?

1983年頃、ディスコの仲間で「劇男一世風靡」を結成

「劇男零新会」という1980年代初頭に活躍した路上パフォーマンス集団から1983年に独立という形で設立したのが劇男一世風靡です。男員は一世風靡セピアのメンバーや中野英雄さん、勝俣州和さんもいました。

ちなみに団長は俳優の平賀雅臣さん。最近でも脇役として数々のドラマや映画で活躍中です。「踊る大捜査線」シリーズにもちょい役で出演しています。

先輩の募りで「一世風靡セピア」が誕生

その劇男一世風靡の中から「歌やりたいやつ手挙げろ」という先輩の一声で手を挙げたメンバー7名が「一世風靡セピア」としてデビューしたのです。

1984年「前略、道上より」で歌手デビュー

一世風靡セピアは「ソイヤ!ソイヤ!」で勢いよく歌手デビューとなったのですが、実は歌手デビュー前に「ポスターデビュー」しているのです。

当時路上パフォーマンスをしていた劇男一世風靡がファンに「何が欲しい?」と聞いたところ、「ポスター!」と答えが返ってきたそうで、まずは限定2万枚のポスターでデビューしていたのです。

多くのヒット作を生んだが、1989年に惜しまれながら解散

文字通り一世を風靡したグループ、一世風靡セピアですが1989年に解散してしまいます。解散理由についてはいくら調べても「不仲」や「金銭トラブル」といったワードは出てきません。

もともと個人の活動を重視していたグループだったようで、途中退団した武野さんは実家の蕎麦屋に専念するという理由でしたし、あまりグループでの活動にはこだわっていなかったようです。

2004年「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」に出演

解散後もテレビや映画などで活躍していたメンバー以外も、そして勝俣州和さんも含めて番組に出演しました。

以前哀川翔さんがSMAPの解散についてコメントを求められた際に「急に仲良くなって空白を埋めることもある」と答えていました。時間が何かを解決し、またこうして集い笑い語らう。素敵ですね。

NEXT:勝俣州和は一世風靡セピアのメンバーだった?
1/2