宝田明はゴジラで特撮映画スターに!満州で戦争体験?現在は再婚?

今の彼からは思い浮かばないような過去にいろいろな人生経験をしてきた宝田明さん。そんな宝田さんの現在、年齢、身長、再婚について、かかっていた病気などをまとめていきます。また映画「ゴジラ」に出演がきっかけとも言われているのでそちらについても見ていきます。

宝田明とは?若い頃スター俳優だった?

Free-Photos / Pixabay

宝田明さんはどんな人物か。プロフィールや所属事務所、デビュー当時の若い頃などスターになるまでを見ていきます。

身長は?事務所はどこ?宝田明のプロフィール

宝田明さんのプロフィールですが、1934年4月29日生まれ、身長183cm、血液型はO型です。学歴は東京都立豊島高等学校を卒業しています。

現在の所属ですが、宝田企画に所属しているようです。同所属で、鐘丘りおさん、岩崎浩明さんなどが所属されています。

宝田明は日本映画黄金期の映画スター

1953年に東宝ニューフェイスとして俳優活動を始めました。宝田明さんは、高身長で華やかな雰囲気を持った若手のイケメンとしてスターの座に上り詰めました。

映画「ゴジラ」で初主演を務める

スターに上り詰めるきっかけとなった映画が1953年に初主演を務めたゴジラです。俳優活動を始めた年に主演を務めるあたりスターとしての器が感じられます。

日本のミュージカル俳優の草分け的存在でもある

Gellinger / Pixabay

日本映画の黄金期が終わりになると、ミュージカル俳優としてシフトしています。初出演作品はブロードウェーミュージカルアニーよ銃をとれです。

「アラジン」の吹き替えや「ミス・ユニバース日本大会」司会など活躍の場は広い

Walkerssk / Pixabay

宝田明さんは、映画、ミュージカルのお仕事以外にも吹き替えもしています。

代表的なものは、ディズニー映画のアラジンのジャファー役の吹き替えも行っています。また、司会者として、1991年までミス・ユニバース日本大会の司会も務めています。

宝田明の若い頃の画像は?

若いイケメンでスターに上り詰めた宝田明さんは連日夜銀座に行っていたという話もあります。

ファンからの印象は、身長が高いイケメン二枚目俳優と言われています。身長が180㎝あったので当時においてはかなり高いほうだったのでかっこよさも強調されています。

関連する事はこちら

宝田明の現在の年齢は?活動情報は?

宝田明さんの現在の年齢、現役で活動しているのかなどの活動情報を見ていきます。また2019年出演予定の映画や、SNS関係も紹介します。

宝田明は何歳?現在も現役で活動、若手との共演にも前向き

宝田明さんは現在の年齢は85歳になっています(2019年現在)。デビューから60年経ち、露出度が減ったものの現役で活動しており、若手との共演も前向きに行っています。

2019年公開予定の「ダンスウィズミー」に出演

ウォーターボーイズや、ハッピーフライトを監督した矢口史靖監督の最新作であるダンスウィズミーに催眠術師の役として出演されます。

宝田明さんは、出演のオファーが来た時に快く引き受け、撮影終了後は気持ちよく踊れて楽しかったと話しています。

また、矢口監督も真剣なのに軽快、いろいろすごい、こんな人はいない、想像以上など絶賛しています。

2018年の映画大仏廻国 The Great Buddha Arrivalに出演

この映画でストーリーテナーをを務めています。映画のオファーが難航していたようですが、宝田明さんが出演するという理由で引き受ける俳優さんがいたそうです。

ちなみにこちらの映画は1934年に制作、公開されている長編劇映画です。日本の特撮映画作品のイメージを明確に打ち出した最初期の作品で知られています。

宝田明の最新情報がわかるブログやSNSはある?

宝田明さんのブログやSNSは残念ながら無いようです。最新情報などは、インターネットで調べるしかないです。

関連する記事はこちら

宝田明は再婚している?嫁はだれ?子供は?

宝田明さんの結婚の話や、馴れ初め、離婚から再婚の話、お嫁さん、子供について見ていきます。また、小島未散さんの活躍も紹介します。

1964年、日本人初のミス・ユニバース小島明子と結婚

1966年に日本人初ミス・ユニバースに選ばれた小島智子さんとご結婚されています。

日本人がミス・ユニバースに選ばれたのは日本人初でもあり、アジア人、ヨーロッパとアメリカの女性以外でも初の快挙だったそうです。

当時の身長は168㎝スリーサイズも94-58-97と日本人離れしたスタイルとされていました。ミス・ユニバースに選ばれたのも納得できます。

二人の馴れ初めは?紆余曲折を経て結婚へ?

guilaine / Pixabay

小島さんがファッションモデルとして活動をしている時に、宝田明さんと知り合ったそうです。

スキャンダルを恐れてなかなか会えない状況が続いたそうですが、宝田明さんのそれでも彼女が好きという熱愛宣言に対して小島さんも答えて、婚約したそうです。

宝田明と小島明子の間には娘が1人、息子が2人生まれている!

宝田明さんと小島朋子さんの間には息子2人、娘1人が生まれています。ネットの情報には、娘2人、息子1人の情報もありますが、息子2人、娘1人が正しいようです。

歌手で女優の児島未散は小島明子との最初の子供

歌手としては、1990年に浅野温子さんが出演されたシャンプーのCMソングのジプシーが大ヒットしたのが有名です。

女優としては、1995年と1998年に3年B組金八先生で英語教師役として出演されています。

1984年に離婚、理由は宝田明の浮気?

1975年にミュージカルで共演した女性との浮気、不倫が原因で離婚しています。

その後、16歳年下の元女優と再婚している

StockSnap / Pixabay

ミュージカルで共演した女性は16歳年下の女性です。当時女性は違う事務所にいたようですが、同じ事務所に移動させました。それほど気に入っていたようです。

女性が芸能活動をやめても、自分の秘書として雇い、1984年に小島さんとの離婚が成立後、再婚しています。

ちなみに小島さんは再婚などの情報はないため再婚していないと言われています。

関連する記事はこちら

宝田明は病気で大手術を受けていた?

12019 / Pixabay

今では元気に生活を送っている宝田明さんですが、病気で大手術を行っています。病気にかかってから健康を意識し始めたという宝田明さんですが、どんな経験があったのか見ていきます。

1997年12月24日に冠動脈の狭窄で冠動脈のバイパス手術を受ける

sasint / Pixabay

昔は撮影環境が悪かったため、スタジオ内に居ても肺炎になる俳優も多かったようです。

それに加え、宝田明さんは1日40本たばこを吸うヘビースモーカーで夜はブランデーを飲むという生活を続けていました。

おそらくそれが原因で冠動脈の狭窄が見つかり、手術を受けることになります。手術は無事に成功しています。

全身麻酔から覚醒して第一声で三船敏郎の死を言い当てた

qimono / Pixabay

全身麻酔をして覚醒したのか、三船敏郎さんの死を言い当てています。関係者は第一声がこの言葉だったので驚いたようです。

三船敏郎さんは、日本の俳優、映画監督であり映画プロヂューサーでもあります。海外の映画に数多く出演しており、世界の三船と言われ国際的スターでした。

病気を機に心機一転!健康に気を付けている

congerdesign / Pixabay

長時間に及ぶ手術を行い命を繋いだ宝田明さんは、手術を受け一度きりの人生だからと健康に気を使うようになりました。

たばこはやめ、食事も健康を考えたバランスのよい食事をとるようにしたようです。心機一転した病気だったと語っています。

宝田明の壮絶な戦争体験

宝田明さんは満州の終戦を経験しています。終戦と同時に日本軍が武装を解除したためソ連軍から進行を受けていたそうです。

生きるために靴磨きをしたり、たばこを売ったりしていましたが、ソ連軍の強制使役によって、宝田明さんと父、兄の3人は交代で石炭を運んだと語っています。

宝田明の父は朝鮮総督府鉄道に技師として勤務していた

jarmoluk / Pixabay

宝田明さんお父は技師として働いており、朝鮮総督府鉄道や、満州で勤務をしていました。

宝田明が2歳のときに父の転勤で満州に渡る

ArtsyBee / Pixabay

技師として働いていた父の仕事の関係で、宝田明さんが2歳の時に満州に移動しています。終戦間際まで満州の社宅で過ごしていたそうです。

1945年の終戦でソ連軍に押し入れられ、母は暴行された

TheDigitalArtist / Pixabay

終戦で日本軍がすぐに引き上げたためソ連軍が家に押しかけてくるというのは各地で起こっていました。宝田明さんの家も例外ではありません。

銃を突き付けられ、家財や食料を差し出しましたがソ連軍は引き上げようとせず、母を連れていき暴行を加えました。暴行の中には性的暴行も含まれていました。

ソ連兵にダムダム弾で脇腹を撃たれる

兄が労働から戻ってこなかったため、探しに行った宝田明さん。しかしソ連軍に見つかってしまい石炭を盗みに来たと勘違いをされ脇腹を撃たれてしまいます。

1日目は我慢したそうですが、2日目になると傷跡が悪化したため銃弾を取り出すため元軍医に見てもらい処置をしたもらいます。道具がなかったため裁縫ハサミのみで行いました。

この時に発覚したのが、通常の銃弾ではなくダムダム弾という鉛が体内に広がるとても危険な銃弾でした。銃弾は取り出しましたが、針と糸がなかったため傷口はそのままでした。

NEXT 強制労働に行って戻らない兄に手紙を残し、新潟へ