乙羽信子の死因や代表作は?元宝塚で旦那は映画監督?子供はいる?

乙羽信子さんは宝塚歌劇団を退団後、映画界に進出。後に旦那さんとなる映画監督の新藤兼人さんと出会い数々の代表作に出演されます。そんな乙羽さんの生い立ちや若い頃を振り返りつつ、子供たちの話題から乙羽さんの死因に至るまで紹介していきます。

乙羽信子とは?宝塚出身の女優?

MustangJoe / Pixabay

若い世代は乙羽信子さんという女優さんをご存じない方も多いかもしれません。乙羽さんは戦前から戦後にかけて映画やドラマに長きに渡って活躍され続けてきた昭和を代表する名女優です。

乙羽さんは宝塚歌劇団で笑顔が素敵な娘役として活躍したのち、大映で映画女優として活躍します。そこから数々の名作に出演し多くの映画賞を受賞するなど高い実力を持った女優さんでした。

乙羽信子のプロフィール!本名や身長は?

  • 本名:新藤信子
  • 職業:女優
  • 出身地:鳥取県西伯郡米子町(現:米子市)
  • 生年月日:1924年10月1日
  • 没年月日:1994年12月22日
  • 血液型:B型
  • 配偶者:新藤兼人

女優の乙羽信子さんは宝塚歌劇団の娘役として活躍されました。その後女優として映画界に進出。そこで後に旦那となる新藤兼人さんと出会います。

若い頃からキュートな笑顔と妖艶さを兼ね備えた女優さんとして世間の注目を集めました。その美貌から所属会社の大映は「百万ドルのえくぼ」のキャッチフレーズで彼女を売り出しました。

若い頃は宝塚で活躍していた

Foxy_ / Pixabay

乙羽信子さんは幼少の頃から饅頭屋の養女となり、養父の姉とよく宝塚を見に行っていたことで自分自身も女優に憧れるようになりました。そのため小学生時代から日本舞踊を習い始めます。

宝塚音楽歌劇学校(現:宝塚音楽学校)に入学したのは1937年。第27期生でした。同期には月丘夢路さんや越路吹雪さんなど、のちの映画界を牽引する大女優がいました。

戦争の悪化で一時は活動の中断を余儀なくされますが、戦後チャーミングな笑顔と子供の頃から培ってきた美しい所作で娘役トップに昇りつめます。

乙羽信子は、数々の賞を受賞した名女優だった

O12 / Pixabay

デビュー当初は「百万ドルのえくぼ」で清純派女優としてスタートしますが、破天荒な役や嫉妬に荒れ狂う中年女優など体当たりの役を巧みにこなし、数々の映画賞で結果を出しています。

その類まれなる演技力は日本国内だけに留まらず海外でも高い評価を受け、1960年「裸の島」ではモスクワ国際映画祭のグランプリ。

1979年にはヴェネチア国際映画祭でイタリア映画ジャーナリスト選出最優秀女優賞を受賞されています。その作品の多くは後に旦那となる新藤兼人さんによる脚本でした。

乙羽信子の代表作品は?

geralt / Pixabay

娘役のトップに昇りつめた乙羽信子さんでしたが、宝塚退団後は映画界に進出。そこで後に結婚して旦那となる新藤兼人さんと出会い、映画女優としての能力を花開かせていきます。

乙羽信子さんは数々の作品で高い評価を受けることになりますが、その殆んどは新藤兼人さんの脚本によるものでした。それでは、乙羽信子さんの代表作の一部を紹介します。

夫・新藤兼人のデビュー作!1951年公開の映画「愛妻物語」

宝塚退団後、乙羽信子さんが映画界に進出して最初の映画出演です。監督は後に旦那となる新藤兼人さん。共演は宇野重吉さんでした。

この映画で乙羽さんは売れないシナリオライターを健気に支えるも病に没してしまう妻を熱演されています。

これが乙羽さんと新藤さんの出会いとなり、その後数々の新藤作品に乙羽さんは出演します。

1952年公開の映画「原爆の子」では、主演を務めた

続いて「原爆の子」。この映画も乙羽さんの代表作の1つに数えられます。この映画は、原爆の被害に苦しむ広島の子供たちが記した作文を元に、新藤兼人さんが脚本を書かれています。

チェコスロバキアにて第18回国際映画祭平和賞を受賞。さらには英国アカデミー国連賞を受賞するなど世界的にも評価の高い作品となっています。

1954年公開の映画「どぶ」では壊れっぷりが話題に

映画「どぶ」。今作品もやはり脚本は新藤兼人さん。共演は宇野重吉さんです。この作品で乙羽さんは知恵遅れの役という、これまでにない難しい役どころを見事に演じられています。

彼女の純真無垢な姿に心を動かされた周りの男たちが心を入れ替えて真面目に生きて行こうと決意する内容は多くの観客の心を捉えました。女優・乙羽信子としての新たな魅力が加わった力作です。

1966年公開の映画「本能」では観世栄夫と共演

乙羽信子さんが40代に入り、女優としてますます磨きがかかった頃の作品。映画「本能」では原爆により男性としての機能を失った男を支え、再生されようと試みる異色の役を演じています。

共演に観世流能楽師の観世栄夫さん。乙羽さんは性機能を失い男としても自信を失った男をよみがえらせようと奮闘する難しい役どころを演じています。

1968年放送のドラマ「肝っ玉かあさん」では、白無垢姿を披露

このドラマで乙羽信子さんはそば屋「大正庵」の職人・長吉(佐野浅夫)の妻・堀川とみ役を演じています。主役は京塚昌子さん。プロデューサーは石井ふく子さんでした。

乙羽さんはこの役で白無垢姿を披露しています。夫の長吉とは事あるごとに夫婦喧嘩をするものの、本当は心の底から夫を愛しているという役どころです。

これまでのシリアスな映画の役柄とは異なり、庶民的で明るい昭和の女性像を表現豊かに演じられ、茶の間を沸かせました。

1972年公開の映画「鉄輪」は、当時の映像も

映画「鉄輪」は古典芸能の「鉄輪」を基に、過去と現代とを結ぶ男女の愛憎のもつれを描いた異色作品。共演は観世流能楽師の観世栄夫さんです。

嫉妬に狂う中年女性が夫を奪った若い女を呪い殺そうとする狂気に満ちた演技はまさに圧巻!丑の刻参りで藁人形に五寸釘を打ち込む女を見事に演じられています。

ちなみに今作は新藤兼人さんによる初めてのカラー作品となりました。妖艶な露出シーンや情交シーンは当時大きな反響を呼びました。

1979年公開の映画「絞殺」では西村晃が父親役で出演

映画「絞殺」は世界的にも高く評価され、ベネチア国際映画祭において乙羽さんはイタリア映画ジャーナリスト演出女優賞を受賞されています。

この映画の中で乙羽さんは恐怖のあまり失禁してしまうなど大変難しい役どころを演じています。濡れ場シーンは話題となりました。また共演に西村晃さんが父親役として出演されています。

1980年放送のドラマ「遠くはなれて子守唄」では西城秀樹と共演

1980年放送のTBS日曜劇場「遠くはなれて子守唄」で乙羽信子さんは、当時アイドルから俳優業に転身しつつあった西城秀樹さんと親子役で共演しています。

このドラマで2人は母セツと息子の圭司の微妙な心の変化や戸惑いを繊細に表現しています。

成長していく息子に対して母親が抱く不安と寂しさ、それでも愛情深く見守ろうとする姿に視聴者は心を奪われました。

1981年~1982年放送のドラマ「女たちの海峡」でフラメンコダンサー役に

1981年から1982年にかけて放送された平岩弓枝さん原作のフジテレビドラマ「女たちの海峡」で乙羽信子さんはフラメンコダンサーを演じています。

若い頃に宝塚で演劇をやっていたとはいえ乙羽さんは当時すでに57歳。そこから新たにフラメンコを習得するのは至難の業です。

しかし乙羽さんは1日十数時間、練習に練習を重ねかかとを疲労骨折するほど。乙羽さんの演技に対するプロ意識の高さを感じさせるエピソードです。

1981年~1985年放送のドラマ「サザエさん」では、磯野フネ役に

サザエさんはこれまで数度実写ドラマ化されていますが、1981年から1985年にかけて制作されたフジテレビの「サザエさん」では、乙羽信子さんが主人公サザエの母・磯野フネを演じています。

この頃になると乙羽さんの優しい母親としてのイメージが視聴者にも定着してきた頃です。サザエさんを星野知子さん、波平役を小林亜星さんが演じています。厳しい亜星さんとの対比が魅力でした。

新藤作品の官能的なイメージとは打って変わって、優しい母親像は乙羽さんの女優としてのふり幅の広さを感じさせます。

1983年~1984年放送のドラマ「おしん」では、晩年期のおしんを演じる

1983年から1984年にかけて放送されたNHKの朝ドラ「おしん」は今では伝説となっています。日本国内のみならず世界各国で高視聴率を叩きだすなど、日本ドラマの全盛期といえる時代でした。

その「おしん」の中で、乙羽信子さんは晩年期のおしんを演じています。おしんは少女期を小林綾子さん、青年期を田中裕子さん、それを引き継ぐ形で乙羽さんとなります。

時代の流れに翻弄されながらも懸命に必死に生き抜いてきた「おしん」の締めくくりを当時すでに大女優といわれた乙羽信子さんが見事に演じ切りました。

1986年公開の映画「落葉樹」は、新藤兼人の幼少期を描いた作品だった

1986年に公開された映画「落葉樹」は、新藤兼人さんの幼少期をモデルに描かれています。年老いた作家が幼少期を振り返り、今は亡き母を想い慕う感動の名作。

家庭の貧しさから家族は次第に離れ離れになり、やがては家や土地まで手放さなくてはならなくなってしまう主人公の苦しい少年時代が描かれていきます。

乙羽さんはこの映画の中で、幼少期の優しい母親を演じています。厳しくも温かみのある母親像は観客の涙を誘いました。

1987年~1990年放送のドラマ「浅見光彦ミステリー」で水谷豊と共演

人気作家・内田康夫さんの浅見光彦シリーズが初めてドラマでシリーズ化されたのが日本テレビ・火曜サスペンス劇場の「浅見光彦ミステリー」でした。

水谷豊さん演じるフリーライターの主人公・浅見光彦を厳しくも温かい目で見守る母・雪江を乙羽信子さんが演じています。ファンの間でも浅見雪江役では乙羽さんが1番という人もいる程です。

エリートの長兄と違い次男坊の光彦に常にトゲのある言い方をしますが、影で光彦を支えたり必死で庇おうとするなど、表には見せない優しさのあふれる役どころでした。

1992年公開の映画「釣りバカ日誌5」に、ゲスト出演

西田敏行さん演じるぐうたら社員浜ちゃんと三國連太郎さん演じる鈴木建設の社長スーさんの名物コンビが旅先で様々な人間模様を繰り広げる人気のドタバタコメディ映画シリーズです。

実はこの作品にも乙羽信子さんはシリーズ5作目にゲスト出演しています。この映画で乙羽信子さんは主人公浜ちゃんの母親・浜崎たきを演じています。もうすっかり母親役が定着していますね。

1995年公開の映画「午後の遺言状」が遺作になった

1995年、映画「午後の遺言状」が公開されます。ですがこの時、すでに乙羽信子さんは故人となっていました。その前年に肝臓癌による肝硬変で70歳という若さで亡くなっていたのです。

この映画で乙羽さんは杉村春子さん演じる主人公・蓉子の別荘を管理する柳川豊子を演じています。別荘主の蓉子に対してはっきりともの言う乙羽さんのお芝居は魅力的でした。

乙羽さんは周囲にも病気であることを隠し通して演技に臨み、見事大役を果たされています。

乙羽信子の若い頃の画像は?

6335159 / Pixabay

乙羽信子さんといえば若い頃を知らない世代の人にとっては、力強くて頼もしい「お母さん」役の印象をお持ちの方もいらっしゃると思います。

ですが乙羽さんの若い頃は、現代の女優にも負けず劣らずの美貌の持ち主。時代を半世紀以上遡って見てみましょう。

乙羽信子の若い頃の画像①

こちらが乙羽信子さんの若かりし日の画像です。可愛らしさの中にも仄かに妖艶な雰囲気を醸し出していますね。

この素敵な美貌で世の男性陣を虜にしていたのでしょうか?これが白黒画像でなかったら現代の女優さんと間違えてしまいそうなほどモダンな顔だちをされています。

乙羽信子の若い頃の画像②

まだ少しあどけなさの残る少女時代の乙羽信子さんです。乙羽さんは幼少の頃故郷米子を離れしばらく父の住む大阪で暮らしますが、それから間もなく神戸の饅頭屋の養女となります。

養父の姉と宝塚歌劇を見に行くことが楽しみだったそうで、小学生の頃から舞台に憧れていたのか日本舞踊を習い始めます。

乙羽信子の若い頃の画像③

宝塚歌劇団時代の乙羽信子さんです。宝塚音楽歌劇学校に入学されたのは1937年で、乙羽さんは27期生でした。凛とした顔だちが印象的ですね。

宝塚時代の同期には月丘夢路さんや越路吹雪さんなどのちの映画界に燦然と輝く名女優がいました。その中で乙羽さんは女優としての才能を花開かせていったのでしょう。

乙羽信子の若い頃の画像④

宝塚歌劇団を退団後、女優に転身したあとの乙羽信子さん。白い帽子がお似合いの素敵なお顔立ちですね。この画像は映画「原爆の子」のときの乙羽さんです。

乙羽信子の若い頃の画像⑤

1955年頃の乙羽信子さんです。映画界に進出以来精力的に映画出演を果たしていた頃です。キュートな笑顔は30代に入っても変わりませんね。

当初大映がつけた「100万ドルのえくぼ」のキャッチフレーズも納得です。

乙羽信子の最期は?死因となったのは?

geralt / Pixabay

乙羽信子さんは1994年12月に、撮影済みの映画「午後の遺言状」の公開を待たずに没してしまいます。70年の生涯でした。

乙羽信子さんはどのような病気に侵されていたのか?そしてどのような最期だったのでしょうか?

脱ぎっぷりのいい女優として有名だった乙羽信子

Pexels / Pixabay

乙羽信子さんは宝塚退団後、大映に入社。当初は清純派女優として「百万ドルのえくぼ」のキャッチフレーズとともに売り出しますが、新藤兼人作品への出演によって大映を退社してしまいます。

その後、数々の新藤作品に主要な役で出演しますが、乙羽さんは常に体当たりな芝居を見せ、中には露出の多い役どころもためらいなく見事に演じて来られました。

役を演じることへの執念は裸になることさえいとわないプロ意識の高さを感じさせます。それでも妖艶だけに偏らなかったのも、乙羽さんの女優としての力量あってのものでした。

末期ガンでありながら撮影を行っていた

乙羽信子さんは平成に入って、医師から肝臓癌が末期の状態にあることを告げられますが、仕事を休むことは考えませんでした。週に1回の抗がん剤を投与しながらも痛みに耐えて撮影に臨んだのです。

どのくらい生きられるのか不安な中で入院して適切な治療を受けるよりも、女優として撮影に臨むことを優先させたのです。ここにも彼女のプロ意識の高さがあらわれています。

乙羽さんが末期ガンだという事実は病院関係者を除いてはごく一部の身内だけでした。それでも家族は女優業に真摯に取り組む乙羽さんをとめることはできなかったようです。

NEXT ガンを悟らせない演技だった