乙羽信子の死因や代表作は?元宝塚で旦那は映画監督?子供はいる?

乙羽信子さんは宝塚歌劇団を退団後、映画界に進出。後に旦那さんとなる映画監督の新藤兼人さんと出会い数々の代表作に出演されます。そんな乙羽さんの生い立ちや若い頃を振り返りつつ、子供たちの話題から乙羽さんの死因に至るまで紹介していきます。

乙羽信子とは?宝塚出身の女優?

MustangJoe / Pixabay

若い世代は乙羽信子さんという女優さんをご存じない方も多いかもしれません。乙羽さんは戦前から戦後にかけて映画やドラマに長きに渡って活躍され続けてきた昭和を代表する名女優です。

乙羽さんは宝塚歌劇団で笑顔が素敵な娘役として活躍したのち、大映で映画女優として活躍します。そこから数々の名作に出演し多くの映画賞を受賞するなど高い実力を持った女優さんでした。

乙羽信子のプロフィール!本名や身長は?

  • 本名:新藤信子
  • 職業:女優
  • 出身地:鳥取県西伯郡米子町(現:米子市)
  • 生年月日:1924年10月1日
  • 没年月日:1994年12月22日
  • 血液型:B型
  • 配偶者:新藤兼人

女優の乙羽信子さんは宝塚歌劇団の娘役として活躍されました。その後女優として映画界に進出。そこで後に旦那となる新藤兼人さんと出会います。

若い頃からキュートな笑顔と妖艶さを兼ね備えた女優さんとして世間の注目を集めました。その美貌から所属会社の大映は「百万ドルのえくぼ」のキャッチフレーズで彼女を売り出しました。

若い頃は宝塚で活躍していた

Foxy_ / Pixabay

乙羽信子さんは幼少の頃から饅頭屋の養女となり、養父の姉とよく宝塚を見に行っていたことで自分自身も女優に憧れるようになりました。そのため小学生時代から日本舞踊を習い始めます。

宝塚音楽歌劇学校(現:宝塚音楽学校)に入学したのは1937年。第27期生でした。同期には月丘夢路さんや越路吹雪さんなど、のちの映画界を牽引する大女優がいました。

戦争の悪化で一時は活動の中断を余儀なくされますが、戦後チャーミングな笑顔と子供の頃から培ってきた美しい所作で娘役トップに昇りつめます。

乙羽信子は、数々の賞を受賞した名女優だった

O12 / Pixabay

デビュー当初は「百万ドルのえくぼ」で清純派女優としてスタートしますが、破天荒な役や嫉妬に荒れ狂う中年女優など体当たりの役を巧みにこなし、数々の映画賞で結果を出しています。

その類まれなる演技力は日本国内だけに留まらず海外でも高い評価を受け、1960年「裸の島」ではモスクワ国際映画祭のグランプリ。

1979年にはヴェネチア国際映画祭でイタリア映画ジャーナリスト選出最優秀女優賞を受賞されています。その作品の多くは後に旦那となる新藤兼人さんによる脚本でした。

乙羽信子の代表作品は?

geralt / Pixabay

娘役のトップに昇りつめた乙羽信子さんでしたが、宝塚退団後は映画界に進出。そこで後に結婚して旦那となる新藤兼人さんと出会い、映画女優としての能力を花開かせていきます。

乙羽信子さんは数々の作品で高い評価を受けることになりますが、その殆んどは新藤兼人さんの脚本によるものでした。それでは、乙羽信子さんの代表作の一部を紹介します。

NEXT 夫・新藤兼人のデビュー作!1951年公開の映画「愛妻物語」