岡田真澄はスターリンと血縁関係?息子がいる?若い頃の画像は? エンタメ

岡田真澄はスターリンと血縁関係?息子がいる?若い頃の画像は?

岡田真澄さんは俳優、バラエティーと幅広くご活躍されていました。そんな岡田真澄さんはスターリンにそっくりで血縁関係があるのではないかと噂になっています。本記事では岡田真澄さんの若い頃から現在、またご家族や息子さんたちについても詳しく紹介します。

目次

[表示]

ダンディー俳優でマルチタレント・岡田真澄とは?現在は死去?

岡田真澄さんは数多くのドラマや映画、舞台に出演する一方でバラエティ番組にも出演したりとマルチタレントとして活躍の幅がとても広い方でした。そんな岡田さんとはどんな方なのでしょうか。

岡田真澄のプロフィール

  • 本名:
  • 生年月日:1935年9月22日
  • 血液型:O型
  • 星座:おとめ座
  • 職業:俳優、タレント
  • 出身地:フランス・アルプマリティム県ニース
  • 趣味:ガーデニング、水泳
  • 特技:合気道、スキー

岡田真澄さんは交友関係がとても広かったといいます。デヴィ夫人、石原裕次郎さん、萩本欽一さんとは古くからの友人であり、特に萩本欽一さん総合司会の「欽ちゃんの仮装大賞」では長年審査員を務めていました。

1935年フランス生まれ、日本とデンマークのハーフで兄もタレント

父は日本人画家の岡田穀、母はデンマーク人女性のインゲボルグ・シーヴァルセンさんでフランスのニースで生まれました。当時はハーフが珍しく外国人扱いされて様々な差別扱いをされて苦い経験をされたそうです。

兄はナショナルスクール卒業後、一度は外資系の舞台音響設備会社に就職します。日劇ミュージックホールに出入りしていたところ関係者に声を掛けられたそうです。そこから日劇ミュージックホールでデビューしました。

タレントととしてCMや番組、ラジオ、映画への多数出演していました。戦後の一時期は漫才にも取り組んでいたそうです。また英語とフランス語が堪能なことから音楽関係のコンサートや番組で司会もしていました。

役者としてだけでなくモデルやバラエティ番組の司会でも活躍した

geralt / Pixabay

岡田真澄さんは映画で役者としてデビューします。その後は舞台、テレビドラマ、バラエティ番組と活躍の場を広げていきました。また司会にも定評があり、ミス・インターナショナルでの司会を22年間務めました。

「仮面ノリダー」の「ファンファン大佐」としても広い世代から愛された

フジテレビのバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげです」の人気コーナ「仮面ノリダー」で敵役のファンファン大佐を演じたことで幅広い年齢層から人気を獲得致しました。

元ネタは仮面ライダーシリーズに登場した悪の組織の初代幹部の「ゾル」です。「5番アイアン」を常に持っておりショッカーのお仕置きに使っていました。

2006年5月29日に70歳で死去、死因は食道がんだった

1662222 / Pixabay

2005年7月23日に食道がんが見つかり入院されました。その当時司会をしていたクイズ番組「サルヂエ」は2005年7月11日放送分で降板しました。

その後は、体調が快方に向かい芸能活動を再開されました。しかし同年秋にリンパ節へのがんの移転が見つかり再入院しました。その後2006年5月29日に70歳で死去しました。死因は食道がんです。

昔の岡田真澄がイケメン!若い頃の画像は?

こちらは岡田真澄さんの若い頃の写真になります。ハーフということでとても顔のホリが深く外国のスターみたいでかっこいいですね。

しかし当時は外国人扱いで苦労されたそうです。他の同期が映画デビューする傍ら外国人ということでなかなか役を貰えなかったそうです。

岡田真澄の結婚歴は?娘はミス・インターナショナル?

岡田真澄さん3回の結婚歴があり自由気儘な生活を堪能されていました。また1回は婚約発表しましたが婚約までいかず破棄しています。

そんな岡田真澄さんは3人の息子さんと娘さんがいます。なんと娘さんはミス・インターナショナル日本代表として活躍されています。結婚歴や子供さんについて詳しく見ていきましょう。

1960年にヨネヤマママコと結婚、1961年に離婚

最初の結婚は1960年にパントマイマーのヨネヤマママコさんと結婚されます。この結婚は期限付きの契約結婚だったそうです。これはどちらかが離婚したくなったら離婚するという条件だったそうです。

しかし結婚したのも束の間、渡仏した時にフランスの女優フランソワーズ・アルヌールさんに夢中になってしましました。新聞でも大きく取り上げられ1961年に離婚しました。わずか1年の結婚生活でした。

ヨネヤマママコさんは日本のパントマイムの草分けとして活躍された方です。単身で米国や仏国に渡り、パントマイムを習得し日本で演じていました。米山曼舞子名義で映画出演もされています。

1962年に女優の瑳峨三智子と婚約、1964年に婚約解消

1962年に女優の瑳峨三智子さんと婚約を発表致しました。しかし2年間の交際ののち1964年に婚約解消してしまいます。写真はホテルオークラで婚約発表した時のものです。

瑳峨三智子さんは演技力が高く評価され映画に多数出演されていました。しかし岡田真澄さんとの婚約解消後は金銭トラブル、薬物トラブルなどをたびたび繰り返し、芸能界復帰と失踪を何度も繰り返していました。

1992年8月に旅行先のタイのバンコクでくも膜下出血のため享年57歳でお亡くなりになりました。

1972年に女優の藤田みどりと結婚、1994年に離婚

1972年に同じ劇団欅所属の女優の藤田みどりさんと結婚します。しかし1994年には離婚してしまいます。離婚の理由は「映画を作るために借金をして迷惑がかかるから」とのことでした。

藤田みどりとの間に3人の息子がいる

Pexels / Pixabay

藤田みどりさんとの間には3人の息子さんがいます。当時はよく親子そろって雑誌やテレビ番組に出演していました。ベストファーザー賞も受賞し、良き父としてのイメージが定着しました。

長男の岡田眞善は俳優・DJ・写真家でもある

長男の岡田眞善さんは現在俳優、ラジオパーソナリティ、プロカメラマンとして活躍されています。元日本代表ヨット選手世界第2位という肩書もあります。

玉川大学芸術学部演劇学科在学中に舞台を中心に活動されました。卒業後はアパレルメーカーに勤務しつつラジオ番組や舞台を中心とした俳優活動をされていました。

両親が離婚してしまった後は父とは絶縁状態にあったと述べられています。

次男は一般人といわれている

Free-Photos / Pixabay

次男の方はまったく情報がなく年齢や名前が不明です。次男に関してはおそらく芸能界にはいないところで仕事をなさっているのでしょう。一般のサラリーマンをされている可能性が高いですね。

舞台製作をしていた三男は2004年に自殺している

skeeze / Pixabay

岡田真澄さんの三男は大手芸能プロダクションに所属して舞台制作関係の仕事をされていました。しかし2007年26歳の時、自宅で自殺されています。

理由はプロデューサーになって初めて全国規模の舞台に関わり、お父さんである岡田真澄さんをキャスティングしていました。しかし岡田真澄さんが舞台公演の1週間前になって急遽キャンセルしてしまいます。

全国規模の公演のため多額の違約金が発生することから家族のために生命保険をかけ、遺族年金の手続きを済ませて自らの命を絶ってしまうのでした。

1995年に客室乗務員の女性と結婚

1995年に日本航空の客室乗務員だった26歳年下の一般の女性の方と3度目の結婚をします。1998年には長女が誕生しています。当時岡田真澄さんは63歳です。

「愛はバイアグラを超えた」と述べられて当時話題となりました。

1998年に誕生した長女は2019ミス・インターナショナルの岡田朋峰

岡田明峰さんは青山学院大学の国際コミュニケーション学科に在籍しております。偏差値は60を超えておりとても頭がいいことが伺えます。また2019年ミスインターナショナル日本代表に選出されています。

ちなみにお父さんの岡田真澄さんはミスインターナショナル日本大会、世界大会の司会を1983年~2005までの22年間されていました。とても運命めいたものを感じますね。

岡田准一が息子という噂は?間違い?

岡田准一の父が岡田真澄さんという噂があるようですがこれは嘘の情報です。岡田准一さんといえば目鼻立ちがすっきりしてハーフっぽい顔立ちですがそのような事実はありません。

岡田という名前が一致してハーフっぽい顔立ちから情報が先回りしてしまったのでしょう。

岡田真澄一家の暮らしは偽装だった?

華やかなイメージがありセレブな生活をしていそうな岡田真澄一家の暮らしはどのようなものだったのでしょうか。雑誌の取材やテレビの取材ではとても豪勢な暮らしぶりを披露していましたが実際は違ったようです。

岡田真澄さんはイメージを守るためにあえてセレブな暮らしぶりをしていたといいます。そのあたりをくわしく見ていきましょう。

長男の岡田眞善が当時の極貧生活を暴露

長男の岡田眞善さんがTBS系「情報!THEフライデー」に出演されたときに華やかなセレブな生活は全部嘘である。すべては俳優としてのイメージを守るための偽装だったと暴露しました。

岡田真澄さんは映画産業が下火になったころから収入が激減していたそうです。映画時代の収入で建てた豪邸に住み、マスコミにはまるでセレブな生活を披露していましたが実際には家計は火の車だったそうです。

雑誌の記事で披露していた豪勢な食事も嘘で、日々の食事はご飯と味噌汁にお新香と質素なものでした。また家族写真はブランド物の洋服で写っていましたが衣装はすべてレンタルだったそうです。

稼ぎを家に入れず家にも帰っていなかった

kantsmith / Pixabay

岡田真澄さんは「仮面ノリダー」のファンファン大佐で再ブレイクを果たし知名度も向上しました。収入も増えたはずなのですが家にはほとんど稼ぎを入ていなかったそうです。

自分のイメージを守るために宝石や洋服に莫大な投資をしたり、セレブ感を出すためパーティーなどを重ね家にはほとんど帰っていなかったそうです。

当然家族は貧乏な暮らしをしいられ家計を支えていたのは長男の岡田眞善のアルバイトでした。アルバイトを掛け持ちして十万円ほど家に入れていたといいます。

虚偽の理由で藤田みどりと離婚?

geralt / Pixabay

そんな偽装生活を送っていましたが1994年藤田みどりさんと離婚することになります。離婚の理由は「映画を作るため借金をするので家族に迷惑がかかるから」ということでした。

しかし翌年には別の一般人と結婚します。これまでセレブなイメージを守るため家族に支えてもらっていましたが家族を捨て去ってしまったのです。

当然裏切られ残された家族は憤慨してしまいます。後に長男の岡田真善さんは「偽装の離婚理由だった」と話していました。離婚後は家族関係が泥沼化してしまいました。

三男の自殺の一因が娘・岡田朋峰にある?

susan-lu4esm / Pixabay

三男は当時プロデューサーを務めており、舞台を手掛けていましたがお父さんの岡田真澄さんが1週間前にキャンセルしてしまいました。関係者に迷惑が掛かってしまうとのことから責任を感じ自殺してしまいました。

岡田真澄さんがキャンセルした理由ですが「娘の運動会のため」とのことでした。娘とは岡田朋峰さんのことです。

後に岡田真澄さんは相談してほしかったと語っています。しかし三男の葬儀には出席しなかったそうです。離婚後も一緒に食事などをしていたと語っていますがこのように怪しい点もあります。

岡田朋峰が実名でない岡田姓を名乗るのにも違和感?

岡田朋峰さんの戸籍は戸籍上母方の鑓田性だそうです。親の七光りを利用するために突然岡田性を名乗り、前妻や息子たちを傷つけてしまったというネット情報がありますがこれは定かではありません。

岡田朋峰と長男岡田眞善さんは現在も交流があるそうです。Instagram上で2ショット写真を上げていますので中は良いのでしょう。長男眞善さんも後に父を許していますので円満だと思われます。

岡田眞善は父への理解と感謝も口にしている

父のイメージ戦略のためにアルバイトで家族を支えてきた長男の岡田真澄さんは父の離婚(裏切り)で絶縁状態になっていました。

「俳優としては一流、人としては最低」と罵っています。しかし自身も俳優であることからしだいに父のイメージ戦略への理解が深まっていきました。

時々原稿の読み方が、父に似ていると思う瞬間があると語っていました。「父親の存在があってこそ今の自分がある」と自ら認め感謝の言葉を述べています。

岡田真澄はスターリンと血縁関係にある?

ネットの情報を見ると岡田真澄さんとスターリンはとてもよく似ているという情報を目にします。二人の写真を並べてみてみるととてもよく似ています。あまりにも似ているため血縁関係があるとまで言われています。

ヨシフ・スターリンにそっくりな容姿からスターリンを演じたこともある

岡田真澄さんは中年以降は口髭を蓄えるようになりました。そのことからヨシフ・スターリンにとても似ているといわれるようになりました。

実際に演劇「夢、クレムリンであなたと」でスターリン役を演じました。

以前ロシアに旅行に行ったときにはあまりにもスターリンに似ていることからスターリンを知る老人たちがひれ伏したという逸話が残っているそうです。

ロシアで人気を誇るスターリンとは?

スターリンはソビエト連邦の最高指導者で投獄と銃殺によって恐怖政治を行いました。しかし近年ロシアではスターリンの人気が高まっているおり、強いリーダーを求める風潮があるそうです。

理由が世代交代が進んだためといわれています。スターリン時代を体験した人はほとんど亡くなっています。

現在の若い世代はソ連崩壊後に生まれた若い世代であり、恐怖政治の恐ろしさを知らないため「強い」、「勝利」といったイメージが先行し憧れになっているようです。

NEXT:岡田真澄とスターリンのDNAが一致した
1/2