三國連太郎の息子は佐藤浩市!若い頃の画像は?死因は何だった? エンタメ

三國連太郎の息子は佐藤浩市!若い頃の画像は?死因は何だった?

三國連太郎さんといえば、釣りバカ日誌のすーさん役で人気がありましたが、息子さんは俳優として活躍されている佐藤浩市さんです。三國連太郎さんは2013年に亡くなっていますがその死因は何だったのでしょうか?孫はいるのでしょうか?三國連太郎さんをまとめました!

目次

[表示]

日本映画界を支えた三國連太郎とは?佐藤浩市の父?

若い世代の人には、釣りバカ日誌のすーさん役で馴染みがあると思いますが、三國連太郎さんは、デビューしてから数々のテレビ番組やCM、そして映画に出演されてきました。

戦後の日本映画界を支えてきたと言っても過言ではない三國連太郎さんとは、一体どのような人だったのでしょうか?

三國連太郎のプロフィール!身長や画像は?

三國連太郎さんの公式プロフィールは、以下の通りになります。

  • 本名‥佐藤政雄(さとうまさお)
  • 生年月日‥1923年1月20日
  • 出身地‥群馬県
  • 身長‥178cm
  • デビュー年‥1951年(作品名「善魔」)
  • 没年月日‥2013年4月14日(享年90歳)

ハーフのような顔立ち、私生児で父親は不明

三國連太郎さんは1923年生まれです。確かに当時の人にしてはとても身長が高く、若い頃の三國さんは日本人離れした整った顔立ちをしています。

さらに、三國さんのお母さんは、広島の呉市で海軍軍人の家で女中奉公をしている時に三國さんを妊娠したために追い出されてしまったと言います。その為お父さんは分かりません。

そういったこともあり、三國さんはお父さんが外国人のハーフなのでは?という噂がたったようです。

1951年に映画「善魔」でデビュー

三國連太郎さんが芸能界デビューしたのは、1951年の映画「善魔」です。この映画の中での役名が「三國連太郎」だったので、そのままこれを芸名にしたということです。

若い頃の三國連太郎の画像は?

鼻筋が通っていて目元が印象的な正統派の二枚目です。ハーフなのでは?という憶測が飛ぶのも納得のお顔立ちです。

幅広いジャンルの作品での演技が評価され名声を手にした

三國連太郎さんは、本当に多くの作品に出演されているため、色々な役柄を演じているのですが、歴史上の人物から、浮浪者の役、コミカルな役、そしてまだ30代の頃に老人の役も演じています。

そして、老人役をするにあたっては、本当の老人に見えるように、自分の歯を10本も抜いたと言われています。

このように幅広い演技が出来る三國さんだからこそ、評価もされるし、長きにわたって活躍されてきたのでしょう。

1988年から「釣りバカ日誌」シリーズが人気となる

三國連太郎さんがすーさん(鈴木社長)役で出演されていた「釣りバカ日誌」は、西田敏行さん演じるハマちゃんとすーさんの名コンビが人気の作品でした。

2009年まで(22作品)続くことになった「釣りバカ日誌」の映画第一作目は、1988年の12月に公開されました。

三國さんは一度だけのつもりで引き受けたんだそうですが、結局22年間もすーさんをしていたことになります。

2013年に死去!死因は急性呼吸不全だった

realworkhard / Pixabay

多くの作品で日本中の人に笑いや感動を与えてくれた三國連太郎さんは、2013年4月14日に急性呼吸不全で都内の病院でお亡くなりになりました。

晩年までずっと活躍されていた現役の俳優さんだったので、”三國さん死去”のニュースには、多くの人が驚きと悲しみを覚えました。

息子は俳優の佐藤浩市

三國連太郎さんの息子さんは、こちらも多くのドラマや映画で活躍されている、俳優の佐藤浩市さんです。

シリアスな役からコミカルな役まで幅広い演技を見せてくれる佐藤浩市さんの才能は、お父さんである三國さんの才能を引き継いでいらっしゃるのかもしれません。

三國連太郎の結婚歴は?子供は佐藤浩市だけ?

kgorz / Pixabay

二枚目俳優だった三國連太郎さんの奥様とは一体どんな方だったのでしょうか?馴れ初めは?離婚歴はあるのか、そしてお子さんは佐藤浩市さんの他にはいないのでしょうか?

三國連太郎の女性遍歴はかなり華やか

Pixaline / Pixabay

生涯1人の奥様を愛し抜いたとなればさらに格好いいのですが、実は、三國連太郎さんは4度の結婚と3度の離婚をされています。そして不倫の過去も‥。

若い頃の三國さんの写真をみても分かるように、あれだけ二枚目だと、モテすぎて色々あったようです。

一度目は佐藤姓の女性との偽装結婚

TayebMEZAHDIA / Pixabay

三國連太郎さんの初めての結婚は1946年、三國さんが23歳の時でした。

1945年に終戦を迎えた時に三國さんは中国にいて、収容所で捕虜として生活させられていましたが、この時に、独り身よりも夫婦の方が優先的に引き揚げ船に乗せてもらえると聞き、偽装結婚をしたのだそうです。

同じ佐藤姓(三國さんの本名)の女性との結婚でした。

2年後、娘を妊娠中の妻をおいて離婚

Free-Photos / Pixabay

ただ、偽装結婚といっても、日本に帰ってきてからも奥さんの実家がある宮崎で一緒に暮らしていたようで、その後奥さんは妊娠しています。

しかし、奥さんが妊娠中の1948年に離婚をしたようです。

二度目の結婚相手は資産家の娘だったが、デビュー後に離婚

stevepb / Pixabay

1人目の奥さんと離婚した後、三國連太郎さんは鳥取県に移住しており、その土地の資産家の娘さんと2度目の結婚をされています。これが1949年頃だと思われるので、1度目の離婚後結構すぐということになります。

その後1951年に三國さんは「善魔」でデビューすることになりますが、翌年の1952年に、早くも2度目の離婚をしています。

もともと2度目の結婚は、女性の方の家族に反対をされていたということなので、そんなことも離婚に至る原因になったのかもしれません。

三度目の結婚は売れっ子芸者・石原とし子

Takmeomeo / Pixabay

2度目の離婚後、三國連太郎さんはもう芸能界にいらっしゃったので、数多くの女優さんと恋の噂があったようです。しかし、1957年に、神楽坂の売れっ子芸者さんであった石原とし子さんと3度目の結婚をしました。

この方とは、映画の撮影の合間に知り合いになったそうです。

1960年に石原とし子との間に生まれたのが佐藤浩市

結婚してから3年後の1960年に、三國さんと奥さんとの間に男の子が生まれており、これが佐藤浩市さんです。

石原とし子との間には娘もいるようだが詳細は不明

Free-Photos / Pixabay

三国連太郎さんと石原とし子さんとの間には1男1女をもうけられたと言われているので、佐藤浩市さんにはお姉さんか妹さんがいることになりますが、一般の方のようで、詳細は分かりません。

1962年に家を出て若手女優の太地喜和子と数か月同棲

1960年、佐藤浩市さんがまだ2歳の頃、三國連太郎さんは小さい子供がいるのにも関わらず、家を出ていってしまいました。

当時若手女優であった太地喜和子さんと交際し、なんと彼女の実家で同棲をしていたのだそうです。この時三國さんは41歳、彼女は19歳でした。

しかし、それも長くは続かず、3か月後には「疲れた」という置き手紙を残して、彼女の家を出たということです。

1972年に石原とし子と離婚

chezbeate / Pixabay

若手女優との不倫などもありながら、佐藤浩市さんのお母さんである石原とし子さんとはまだ離婚していなかった三國連太郎さんですが、1972年の10月になって、正式に離婚をしたようです。

四度目の結婚は入院時看病してくれた女性だった

Olessya / Pixabay

3度目の離婚から4年後の1976年、共通の有人の自宅で知り合った友子さんという方と、三國連太郎さんは4度目の結婚をしました。

友子さんは、三國さんが糖尿病で入院していた時に、毎日看病に訪れていたそうで、その時の友子さんが、三國さんには「まるで天使のように見えた」そうです。

その後お2人が離婚することはなく、三國さんの最期を看取ったのも妻である友子さんだったようです。

佐藤浩市は両親の離婚後、高校2年で家を出ている

Wokandapix / Pixabay

三國連太郎さんが家庭を捨てて出て行ったのは、佐藤浩市さんがまだ2歳の時でした。

その後お母さんである石原とし子さんには内縁の夫が出来たようで、佐藤浩市さんは、家が居心地の悪い場所になってしまったのか、高校2年生の時に家を出たのだそうです。

30年の断絶ののち、佐藤浩市一家が石原とし子を介護

sabinevanerp / Pixabay

高校2年生で家を出てから30年近く、佐藤浩市さんはお母さんの石原とし子さんと断絶状態にあったそうですが、2008年に石原さんが脳梗塞で倒れてからは、佐藤浩市さん一家が石原さんの介護をしているそうです。

石原とし子さんの内縁の夫も、すでに亡くなっているということで、佐藤浩市さんの奥さんが付きっきりで介護を行っているということです。

三國連太郎には孫がいる?俳優?

4度も結婚をした三國連太郎さんですが、子供は、1人目に結婚をした方との間に1人と、石原とし子さんとの間に2人だけです。

佐藤浩市さん以外の方は詳細が分からないので、佐藤浩市さんの子供さんに限りますが、三國さんにとってのお孫さんについて調べてみました。

息子の佐藤浩市は1986年にモデルの女性と結婚

佐藤浩市さんは、1980年、20歳の時に俳優としてデビューしていますが、その6年後の1986年、佐藤さんが26歳の時にモデルの女性と結婚しています。

モデル女性との間に子どもが1人いる

vargazs / Pixabay

1度目の結婚で男の子が1人生まれています。三國連太郎さんはこのお孫さんをとてもかわいがっていて、運動会の応援に行ったりもしていたということです。

1989年に佐藤浩市の不倫が原因で離婚

Catkin / Pixabay

ところが、結婚から3年後の1989年、佐藤浩市さんの不倫が原因で、この女性とは離婚をしました。

佐藤さんの不倫相手は、女優の手塚理美さんです。

1993年に元女優の広田亜矢子と再婚

その後、佐藤浩市さんは1993年に女優をしていた広田亜矢子さんと再婚します。この方は、俳優の吹越満さんの奥さんである、女優の広田レオナさんの従姉妹に当たる方だそうです。

広田亜矢子さんは、もともと佐藤浩市さんの大ファンで、佐藤浩市さんと会いたいがために芸能界に入り舞台女優になったんだとか。

それでお付き合いすることになり、広田さんの念願かなって結婚することになったということです。

1996年に広田亜矢子との間に息子が生まれている

Olichel / Pixabay

広田亜矢子さんと佐藤浩市さんの間には、1996年の8月16日に男の子が1人生まれています。

この男の子は寛一郎さんといって、高校卒業後、ロサンゼルスに留学しており、この時に役者を志す決意をしたということです。

NEXT:息子の寛一郎は俳優デビューしている
1/3