深津絵里の今現在!結婚や旦那の噂とは?消えた?年収が激減したって本当?エンタメ

深津絵里の今現在!結婚や旦那の噂とは?消えた?年収が激減したって本当?

目次

[表示]

深津絵里のファッションセンスや品の良さのルーツとは

深津絵里さんは、その美しい顔や愛くるしい笑顔だけでなく、ファッションセンスや品の良さでも人気の的です。一体、深津さんのこの魅力はどこから来ているのでしょうか。

深津絵里さんのルーツを、辿ってみました。

深津絵里の母は服飾デザイナーで書家の故・深津諭美子

深津絵里さんの母親は書家の故・深津諭美子さんですが、もともとは服飾デザイナーを目指しブティックを開いていたこともある方です。

後に本格的に書道を学び、書家として活躍しましたが、その点からも和の美的センスは持っておられたのではないかと推測されます。

母親の影響なのか、書家だった祖父の影響からなのか、深津絵里さんは「和のセンス」ある環境で育ったのかもしれません。

深津絵里さんは、モノトーンや和風の服をセンス良く着こなしている印象が、非常に強くあります。

母・深津諭美子さんは一時期実名公表を控えた時期があった?

多彩な才能を持った、深津諭美子さんは、2009年頃まで「輸黄(ユンホン)」の名で活躍していたそうです。その理由は「娘の七光り」には、ならないようにとの配慮だったと言われています。

90年代初期から、テレビでも大活躍だった娘への配慮だったのかもしれません。2014年には叙勲対象となりましたが、翌年2015年に、66歳の若さで逝去されています。

深津絵里の若い頃!演技が光ったTVドラマ厳選3選!

「JR東海」が例年送り出す「クリスマスイブ」のCMに、深津絵里さんは15歳でデビューしました。この時の可愛らしさは、歴代のJR東海CMガールの中でも出色の出来栄えとされています。

ここでは女優・深津絵里さんが出演したTVドラマの中から、「刺さる」演技が光っていた作品3つを紹介します。演技力の凄さは、主役よりも準主役で輝く傾向も見られるのです。若い頃のかわいさにも注目!

①「きらきらひかる」主役・天野ひかる

https://twitter.com/konekomao1/status/1223237794396401664?s=20

1998年のテレビドラマ「きらきらひかる」では、若き女性監察医で主役として出演しました。いわゆる「医者モノ」はいくつもあった中、女性監察医にフォーカスしたドラマは斬新でした。

毎回多彩なバイプレイヤーをゲスト役に招き、高視聴率をマークするドラマとなりました。ドラマは好評で、のちにスペシャル枠が2つ制作され、そちらも大好評のうちに終わっています。

②「踊る大走査線」シリーズ・恩田すみれ

1997年より超ロングランで支持された、「踊る大捜査線」では、極めて重要な配役を務めました。凛とした中にも、随所に女らしさを感じさせる「恩田すみれ」なしにこのドラマは語れません。

織田裕二さん演じる破天荒な刑事・青島と、老刑事を演じたいかりや長介さんの和久刑事と同列の位置と言えるでしょう。稀に見る凶悪犯罪に巻き込まれ、現場が血に染まる惨劇のパニックが圧巻。

ど真ん中の主役ではないのに、役柄の性格までを台詞以外で伝えられる女優は、そう多くはいないでしょう。このドラマで、すみれファンとなった男性は数多くいるとのことです。

若い頃の作品としては1番人気と言えるのではないでしょうか。

③「CAHNGE」総理大臣秘書・美山理香

深津絵里さん35歳で挑んだ役は、木村拓哉さん演じる総理大臣秘書の役でした。このドラマ「CHANGE」のキャスティングでは、十分主役を張れる大スターが何人も集結しています。

田舎の教師から急遽政治家に、そして総理大臣になる男を側近で支えるキャリア官僚の役を完璧に演じていました。エッジと抑制の利いたこの演技力には大絶賛の声があがっています。

「踊る」のすみれ役同様、気が強い面と女性らしい面の、両方を演じる力では深津絵里さんに比肩する女優はそういないと言えるでしょう。

深津絵里は2021年現在も引退しておらず活躍中

深津絵里さんは、2021年現在テレビから消えたと噂されています。しかし調査の結果、深津さんは仕事のスタンスを変え、作品1本1本に集中するため仕事をセーブしているからと思われます。

言い方を変えれば、CMやドラマで若い頃稼いだので、今は仕事を減らし演技のクオリティを上げることに集中出来るようになったとも言えるでしょう。

マイペースで自分の時間を大切にする深津さんは、結婚せず素敵な恋をしてキレイに年齢を重ねていく姿が魅力的です。エッジの利いた演技力と上品な空気をまとった深津さんの今後活躍に期待しましょう。

2/2