スタイルいい人の特徴は?芸能人では誰?どうすればなれる? 美容

スタイルいい人の特徴は?芸能人では誰?どうすればなれる?

芸能人やモデルさんだけではなく一般の女性・男性でもスタイル良い人が沢山いますよね。また、スタイルが良い人は高身長のイメージがありますが低身長のスタイルの良い人もいます。スタイルのいい人の特徴やどうすればスタイルが良くなるのかを見ていきましょう。

目次

[表示]

スタイルがいい人って、どんな人?スタイル良くなるには?

Free-Photos / Pixabay

スタイルいい人ってどのような人なのでしょうか。身長が高くて、体全体のバランスが良く服のセンスなどもいいイメージがあります。

スタイル良い人は日頃から姿勢が良く、常にスタイルを良くすることを意識しながら日常生活を送っています。笑顔が素敵で毎日が楽しそうにも見えます。

また、向上心や美意識が高く日常生活のなかでどうすればスタイルを維持できるのか美しくなるためのこだわりをもち外見だけではなく内面的な部分でも美しくなろうとしています。

関連する記事はこちら

スタイルがいいと思われる体型は?スタイルのいい人の条件は?

JillWellington / Pixabay

スタイルのいいと思われる体型はどのような体型なのでしょうか。また、スタイルのいい人の条件とはどのようなものがあるのでしょうか。特徴を細かく見ていきましょう。

高身長で顔が小さい

スタイルがいい人と言われるとイメージするのは顔が小さく高身長のイメージが強いのではないでしょうか。8頭身・9頭身の人はモデル体型と言われスタイルが良く見えます。

顔が大きければ高身長でもバランスが悪くスタイルがいいとは言えません。しかし、髪型や顔のむくみなどを取ることで改善できることができます。

高身長でも脚の長さが上半身よりも短ければ、スタイルが良いとは言われませんのでスタイルがいい人は体全体のバランスがいい人をスタイルがいいといえます。

筋肉とバランスの取れた脚

adamkontor / Pixabay

太ももの間に隙間ができると脚は綺麗にみえます。太ももの間に隙間があり、ふくらはぎの筋肉がしっかりついており、足が細いとスタイルのよい脚になります。

日常生活で立つ姿勢に気を付けるとスタイルの良いバランスの取れた脚になるでしょう。

細すぎると折れてしまうのではないかと思われてしまうのである程度、筋肉がついているといい脚に見えます。

長い腕とほっそりした二の腕

Free-Photos / Pixabay

スタイルがいい人は足が長いだけっではなく長い腕とほっそりした二の腕をもっています。

二の腕だけが太いと短く見えてバランスの悪い腕に見えてしまいます。なので、スタイルが良い人を目指すには足だけではなく二の腕や手も細くスラっとしていると良いでしょう。

二の腕が太いと折角足が綺麗なのに腕が短いとバランスが悪くなってしまいます。

引き締まったボディライン

Pexels / Pixabay

引き締まったボディラインはスタイルを良く見せるために必要です。

体に脂肪がついてぷよぷよしていれば、良いスタイルとは言えません。むしろ、脂肪がぷよぷよしていれば肥満体型と思われてしまうでしょう。

体が引き締まっていることはスタイルがいい人の必須条件でしょう。

背中にも贅肉がなく、美しい

whitesession / Pixabay

スタイルがいい人は後ろ姿も美しいです。贅肉などはなく背中も引き締まっています。

背筋が伸び堂々とした雰囲気をしており、それが外見だけでなく内面的にも自分に自信を持たせてくれます。猫背ではな背筋がピンっとしています。

モデルさんなどスタイルのいい人で猫背の人は少なく、猫背だと実際の身長よりも背が低く見えてしまいます。なので背筋は伸ばすようにしましょう。

きれいな形のお尻とくびれたウエスト

Tumisu / Pixabay

女性はおしりが垂れてしまいますが、スタイルのいい人はおしりが垂れていませ。年齢と共におしりは垂れるものですがスタイルの良い人はおしりが垂れないよう日頃から努力をしています。

スタイルのいい人はウエストも細く引き締まっています。おしりが垂れていたり、ウエストが締まっていない人をスタイルがいいとは言えませんのでしっかりと全体を引き締めましょう。

ほどよいボリュームのバスト

shevacreations / Pixabay

バストはCカップ以上が理想の大きさでしょう。大きすぎたり、小さすぎると体のバランス的に良くないのでスタイルがいいとはなかなか言えないでしょう。

ウエストがしまっていることが前提ですが、バストが出ているとメリハリのあるボディラインになりますのでスタイルのいい体を目指すにはバストがCカップ以上あるのが理想です。

BMI値は平均より低め

TeroVesalainen / Pixabay

BMIは肥満度を体重と身長を使って表します。スタイルの良い人はBMI数値が基準よりも低い傾向にあります。

標準体重のBMIは21程度ですが、スタイルのいい人は18~20と標準よりも低い数値です。

スタイルのいい人になりたいと思うのであれば、モデル体型の18~20を目指す必要があります。

バランスの取れた体型

Myriams-Fotos / Pixabay

スタイルのいい人はただ、体重が軽いだけではなく体全体のバランスがとてもいいです。体の一部だけが細くてもスタイルがいいとは言えません。

顔が小さく、手足が長く、体重など全てにおいてバランスの良い体がスタイルのいい体と言えるでしょう。

ガリガリではなく痩せすぎていない

RyanMcGuire / Pixabay

細すぎると骨が見え折れてしまうのではないかや病気なのではないかと細すぎると健康的には見えないのです。

憧れの女優さん、モデルさんのような体型に近くなりたいと必死に食事制限やサプリなどでダイエットをすると思います。しかし、細すぎると魅力的とは言えないでしょう。

また、細すぎると病気になりやすくなったり、過度なダイエットで生死をさまよったりと健康面で気になってしまうことが増えてしまうでしょう。

男目線でスタイルが良い人は?

JillWellington / Pixabay

男性から見たスタイルのいい女性とは細すぎず、体全体のバランスがいい人です。

細すぎる女性は、体に触れたら骨が折れてしまうのではないか、病気ではないかなどを感じてしまいます。

細すぎず体全体のバランスも重要でメリハリのある体のラインは男性は魅力的に感じスタイルがいいと感じます。

スタイル良くなりたい!スタイルがいい人の特徴・習慣は?

スタイルがいい人になりたい人は沢山いるでしょう。スタイルがいい人は日頃から沢山の努力と日頃から注意していることが沢山あります。スタイルのいい人の習慣を見ていきましょう。

意識して立ったり歩いたりすることで、積極的に体を動かす

Free-Photos / Pixabay

スタイルのいい人は意識して歩くこと、体を動かすことをしています。歩くスピードはとても速く姿勢も背筋が伸びモデルのように歩くのです。

20分、30分くらい歩くことは普通で苦になりません。あるくことでスタイルの維持を行えているのかもしれません。

スタイルをキープする為、食生活に気を付け、野菜が多くバランスのよい食事をとる定期的に運動することも心がけています。 消費カロリーなど筋肉を把握しているため効率よく運動を行います。

食生活に気を付け、野菜が多くバランスのよい食事をとる

silviarita / Pixabay

スタイルの良い人は偏った食事を行いません。体の中から綺麗になることを意識しているので栄養バランスの取れた食事をとっています。

食生活が方偏ってしまうと、痩せにく体になってしますので、スタイルのいい人はカロリーなどのことを考えながらバランスの良い食事をとるように仕手います。

また、偏って食事は肌荒れなども起こしてしまいますので、バランスよく栄養を取っています。

体幹を鍛え、痩せやすい体になっている

Pexels / Pixabay

スタイルの良い人は体幹を鍛え痩せやすい体を日頃から作るように努力しています。

体幹を鍛えると聞くとアスリートのように感じますが、スタイルを良くするには体幹を鍛えることは悪くありません。

体幹は簡単に自分で鍛えることができるので、スタイルを良くしたい人は体幹を鍛えると良いでしょう。

デスクワークでも背筋がスッと伸びている

StockSnap / Pixabay

体のラインが細くバランスが良くても姿勢が悪ければ、スタイルが良くても本当のスタイルのいい人にはならないでしょう。

本当にスタイルのいい人は、どんな姿勢でも綺麗です。デスクワークをしている際でも猫背になることはなく背筋がピンっとしていて座っていてもスタイルが良く見えるでしょう。

猫背だと背中が丸まりバストが小さく見えますし、自信がない人に見えてしまいます。スタイルのいい人は自分に自信をもっていますのでどんな時でも胸を張れるよ背中の筋肉もしっかりとつけると良いでしょう。

美しい歩き方で魅せる

PhotoGranary / Pixabay

歩き方が美しくなければせっかく姿勢がいいのに残念なスタイルがいい人になってしまいます。歩き方が美しい事はスタイルをよく見せるのに必要です。

まずは、靴の裏を見て靴底が片方だけ減っていればバランスよく歩けていない証拠です。美しく歩くためには自分を客観的にみて歩くことができるウィンドウショッピングがお勧めです。

ウィンドウショッピングで自分の歩き方の癖や姿勢などを客観的にみて改善していきましょう。正しい姿勢は初めは普段使わない筋肉を使うので辛いですが慣れれば辛くはないので意識してスタイルの人になりましょう。

体のケアは怠らない!むくみ対策もしっかり

kerdkanno / Pixabay

むくみはスタイル維持の敵です。スタイルのいい人は寝る前にマッサージをしてむくみをなくします。

その日のむくみは次の日に持ち越さず、その日のうちになくすようにしてスタイル維持をしています。

朝起きてむくんでいると、その日のテンションが下がってしまいますのでむくみを取って清々しい朝を迎えましょう。

ゆっくりお風呂につかり、お風呂の後にはストレッチ

StockSnap / Pixabay

湯船に浸かることで、体を芯から温めます。芯から温めることで血行を良く老廃物の流れが良くなります。

代謝を上げ体の中から美しくなれます。なので、お風呂にゆっくり浸かることはスタイルが良くなるためにいいことです。

体の内部から温める方法で身近なのは湯船に浸かることです。湯船に浸かることはいい事が沢山ありますので沢山湯船に浸かりましょう。

見られているという意識を常に持っている

panajiotis / Pixabay

人に見られているという意識を持つことは、スタイルを維持するのにとてもいいことです。

女優やモデルさんは人に見られる仕事です。人に見られる意識を持つことでスタイルを維持しようと綺麗になろうとしています。

街中で振り替えられるほどスタイルのいい人になる為には、見られている意識は常に持つと良いでしょう。

ダイエットには頼らない

stevepb / Pixabay

スタイルの良い人はダイエットには頼らないので、健康的な体をもっています。

無理なダイエットをして摂食障害になったり、生理痛などが酷くなり婦人科系の病気になってしまいます。

ダイエットに頼りすぎると、健康的な体は手に入りません。痩せすぎは周りからの目が痛く精神的にも辛くなってしまいます。

理想の体型やファッションセンスがある

理想の体型を持ち、ファッションセンスがいい人が多いです。

ファッションによってスタイルの見え方は変わってきます。自分に合ったファッションでスタイルを良く見せられる服は沢山あります。

服の組み合わせ1つでスタイルが良く見えたり悪く見えたりなどがあるので、スタイルの良く見える服装を研究することも大切です。

良質な睡眠をとり、心身ともに健康的

cuncon / Pixabay

睡眠は人間にとって大切なものですので、スタイルのいい人は睡眠もしっかりととり心身ともに健康的です。

睡眠は6時間以上取ることをお勧めします。ただ、寝るだけではなく質の良い睡眠を心がけましょう。

良質な睡眠はストレスの解消、体の疲れを溜めにくくしてくれます。スタイルのいい人は良質な睡眠で体の調子を整えているのです。

大らかで笑顔が印象的

スタイルがいい人は笑顔が素敵なのも特徴です。自分に自信を持っていて前向きに物事を考えることができるので笑顔が素敵です。

笑顔は周りから好感を持て、その笑顔で癒される人が沢山居ます。スタイルのいい人は笑顔の人が多く、その人の周りには沢山の人が集まってきます。

内面から綺麗になる努力をしているので、心が穏やかで素敵な笑顔を周りに見せることができるのです。

関連する記事はこちらから

自信があり輝いている

Engin_Akyurt / Pixabay

背中が丸まっていたり、下を向いていたりは自信がなく見えます。スタイルの良い人は自信を持って生きているので姿勢が良く自分自身に自信を持てるようにしています。

背筋が伸びていると、自信を持っていて魅力的にも見えるのです。

自分自身に自信を持つことができれば、心が変わり考えも変わりますので人生においても変化していくでしょう。

体重計でのチェックを欠かさず、管理が行き届いている

TeroVesalainen / Pixabay

スタイルのいい人は自分の身体の事を分かるために、体重チェックを忘れません。体重の変化はスタイルに大きく響いてきますの体重の管理はしっかりと行いましょう。

毎日同じ時間に体重を測ることで、スタイル維持の計画を立てることができます。

自分の体重を把握し自分の身体の事を理解するようにしましょう。

NEXT:スタイル維持のための自己投資は惜しまない
1/3