泣き上戸は嫌われる?酔うと泣きだしちゃう人の心理や特徴を徹底解説 雑学・ライフスタイル

泣き上戸は嫌われる?酔うと泣きだしちゃう人の心理や特徴を徹底解説

今回は、泣き上戸の特徴・心理を紹介していきます。お酒を飲んでしまい、ついに涙を流してしまう泣き上戸。泣き上戸は嫌われる事が多いようですが、実際にはどうなのでしょうか。さらに改善するにはどのような対処法が必要なのか、詳しいことも触れながらみていきます。

目次

[表示]

泣き上戸とは一体何?何を意味するの?

suju / Pixabay

泣き上戸というのはそもそも何なのでしょうか。どんな意味があるのでしょうか。みていきます。

泣き上戸は、酒に酔うと泣きだす酒癖の人を指す

Anemone123 / Pixabay

泣き上戸とは、お酒を飲むと突然悲しくなって泣き出してしまう人のことを言います。お酒を飲むと本人は気づいていないけれど、いつもの自分と違う行動をとってしまう人は多いです。

お酒を飲むことによって酔って良い気分になる人や楽しくていつも以上に喋る人、逆に落ち着いてしまう人など様々です。しかしその中で泣いてしまう人もいます。そういった人を泣き上戸と呼んでいるのです。

泣き上戸は嫌われる?迷惑と思われることも

geralt / Pixabay

泣き上戸の人は、周囲から迷惑だと思われ、嫌われてしまう事が多いです。お酒を飲んでいるだけなのに、いきなり泣き出してしまうので迷惑だと感じる人は多いです。

さらに大声で泣き出してしまう人もいるので、普段はよくてもお酒は一緒には飲みたくないと思ってしまい嫌われてしまう人もいます。

泣き上戸になる原因は?【男性の場合】

RyanMcGuire / Pixabay

男性が泣き上戸になる理由は、仕事関係やプライベートでうまく行っていない人が多いようです。男性は人前で涙を流すのに抵抗がある人が多いです。

その為、職場で上司や同僚と関係がうまくいかなかったときも弱音を吐かないので、ストレスが溜まってしまい、お酒を飲むと泣き出してしまうのです。

泣き上戸になる原因は?【女性の場合】

JillWellington / Pixabay

女性が泣き上戸になる理由は、寂しがり屋でロマンチストの人が多く、話を聞いて欲しい、甘えたいという気持ちが涙に表れるようです。

その為、男性側からそういった女性の姿に「可愛い」と思う人も多いですが、あまり余計な事をしてしまうとかえって嫌われる原因になってしまいます。

泣き上戸の特徴や心理

johnhain / Pixabay

泣き上戸の人の特徴・心理はどんな感じなのでしょうか。みていきます。

ネガティブ思考になって、面倒

Pezibear / Pixabay

泣き上戸な人は、前向きな性格ではありません。ネガティブな考え方を常にしてしまいます。ネガティブに考えることは普通の人でも有り得ますが、泣き上戸の人はそれ以上に酷く考えてしまうのです。

その為、周囲からは面倒くさい人だと思われても仕方がないです。しかし泣き上戸の人は、あまりネガティブに物事を捉えすぎると、周囲の意見を聞き入れることができなくなってしまうこともあります。

酔うと普段隠している寂しさが溢れ出す

drassi / Pixabay

泣き上戸の人はとても寂しがり屋なところがあります。特にその傾向は女性に多いです。寂しい気持ちを溜めていると限界がきて、感情が抑えきれず、仕事中にも関わらず突然泣き出してしまう人もいます。

また、お酒に酔うと自分の気持ちがあらわになってしまうこともあります。その為、泣き上戸な女性や男性は普段から寂しいと感じていています。そして時には周囲に迷惑をかけてしまうことになるのです。

甘えたいという気持ちが人一倍強い

rebcenter-moscow / Pixabay

泣き上戸の人は、常に誰かに対して甘えたい!という気持ちを持っています。しかしその気持ちを普段から出したいけれど出せない人もいる為、お酒の力を借りている人もいます。

しかしそれが周囲を迷惑にさせてしまうこともあります。普段甘えたいのに甘えることができない人がお酒を飲む事で、甘えたい気持ちが大きくなり、その感情を抑えきれない人が泣き上戸になりやすいです。

孤独感に苛まれやすい

darksouls1 / Pixabay

泣き上戸の人は、孤独を感じる人が多いです。その為、泣き上戸の人は、一人でも生きていけると思っている人もいますが、孤独を感じてしまった時には無性に寂しいと思ってしまうのです。

お酒を飲まないと気持ちを隠す事ができるので周囲にはわかりません。しかしお酒を飲む事で気持ちが高ぶってしまい、急に泣き出してしまう人もいます。そして周囲からは迷惑がられてしまうのです。

お酒で考えすぎによるストレスから逃げる

1388843 / Pixabay

泣き上戸の人は、何もかもため込みやすいというタイプの人が多いです。何もかもため込んでしまうということで、時には無理をしてしまうこともあり精神的な面が影響してしまうこともあります。

その為、本人が知らずうちにストレスが溜まっていきます。そしてお酒を飲むと自分の意志と違った行動することもあるので、精神面が限界を突破し、急に泣き出してしまう人が多いのです。

精神面でダメージが大きく、ちょっと限界を感じているのであれば、息抜きを定期的に行う事が大切です。

ロマンチストな一面を持っている

kaboompics / Pixabay

泣き上戸の人の中には、ロマンチックな性格の人も多いです。その為、ロマンチックな人は周囲の雰囲気や環境を大切するタイプです。普通の人が考えないシチュエーションを求める人もいます。

しかしその性格がお酒を飲むことによって激変してしまうのです。周囲を大切にするという緊張が解れてしまい、感情がコントロールできなくなってしまい、泣き出してしまう人が多いようです。

感情のコントロールが苦手

AbsolutVision / Pixabay

泣き上戸の人は、物事を冷静に判断することができない人が多いです。その為、感情をコントールできる人が少ないです。

泣き上戸の人は「悲しい」「許さない」といった感情に対して冷静に判断することができず、思うままで反応してしまう人が多いです。また、それはお酒を飲むとさらにその判断力が鈍ります。

息抜きが足りていない

janka00simka0 / Pixabay

泣き上戸の人は、息抜きというのが苦手な人が多いです。本来なら何か辛いことや悲しいことがあったら、一体手を止めて一休みするのが普通です。しかし泣き上戸の人は休まず無理をしてしまうのです。

そしてそれがお酒を飲む事で溜まっていた蓋が空いて、感情的になってしまう人が多いです。泣き上戸の人は、息抜きをどうしたら良いのかわからない人もいます。

もし周囲に、お酒を飲むと泣き出してしまうなど感情を露わにしてしまう人がいるのであれば、息抜きの仕方などを教えてあげる事が大切です。そうする事でお酒の場面で迷惑をかけることは少ないです。

我慢強く、普段は泣かないようにしている

Fotorech / Pixabay

泣き上戸の人は、いつも泣くことを我慢している人が多いです。涙を流すというのは、心の中に溜まったストレスなどを吐き出す心理的現象でもあります。その為、生きていく上では必要なものです。

しかし泣き上戸の人は、それを押さえようとします。特に男性は、涙を流すことに対する抵抗感が強いので、意地でも涙を流さない人もいます。しかしそれが結果としてお酒の席で爆発してしまうのです。

何かあると、お酒に逃げがち

stevepb / Pixabay

泣き上戸の人は、お酒に逃げてしまう人が多いです。嫌なことがあったり、自分ではどうしようもないと感じた時には、お酒をすぐ飲んでしまう人は少なくありません。そして泣き上戸の人も同じです。

お酒を飲むことで、気持ちが楽になったり、癒されます。その為、多くの人がお酒に逃げようとします。しかしそれが原因で、傷が広がってしまうこともあり、お酒に逃げるのは危険な場合もあります。

失恋や仕事のミスで落ち込んでいる

cocoparisienne / Pixabay

泣き上戸の人は、すぐ嫌な事が起きると落ち込んでしまう人が多いです。失恋をしてしまったり、仕事でミスをしてしまうといつまで経っても立ち直る事ができません。

その為、ちょっとした事で傷ついてしまうのでストレスも溜め込んでしまいます。そしてお酒を飲んだ際に、気が緩んで泣き出してしまう人もいるのです。

想像力に長けて、感性が豊か

TeroVesalainen / Pixabay

泣き上戸の人は、感受性が豊か人が多いです。しかし発想や創造が豊かでもその感情を普段から隠してしまい、それが逆効果となって、泣き上戸になってしまう人もいます。

その為、あまり自分の特性と反することをしないことが大切です。反する事をしてしまうことで逆に自分が辛くなり、感情をコントロールできなくなってしまうのです。

そもそもの性質が構ってちゃん

bngdesigns / Pixabay

泣き上戸の人には構ってちゃんな性格の人が多いです。構ってちゃんの多くは女性だと思っている人も多いですが、泣き上戸では男性も多いです。そしてその構ってちゃんが原因で、泣き上戸になってしまう人も多いです。

構って欲しいので、色んなところでアプローチをかけていきます。しかし誰も相手にされないと感情を露わにしてしまい、泣き出してしまう人も多いです。

泣き上戸には、メンヘラが多い?

ijmaki / Pixabay

泣き上戸の人の中には、メンヘラと呼ばれる人も多いです。自分の事を見てて欲しい。自分の事を一番に考えて欲しいと思っており、それが満たされないと感情を露わにしてしまう人は多いです。

さらにお酒が入ることで気が緩み「自分は何の為に生きているのか」など弱くなり、泣き出したりして周囲に迷惑をかける人も多いです。

泣き上戸を改善したい!その方法は?

analogicus / Pixabay

泣き上戸を直したいと思う人は多いでしょう。しかしどのように改善したらよいのでしょうか。みていきましょう。

お酒の適量を知り、飲み過ぎない

泣き上戸な性格を改善する方法の一つとしてお酒を控える事です。泣き上戸は、酒癖が強く、すぐお酒に逃げようとしてしまうタイプです。しかし飲酒が原因で泣き上戸になってしまう事が多いです。

その為、原因であるお酒をやめてみることです。いきなりやめるのは誰でも難しいです。全部やめるのではなく、最初の乾杯の一杯だけ飲んであとはお酒は飲まないなど小さい事から改善をしていくことです。

そうすることで、今まで以上に酔う事がないので、感情が高ぶってしまうことはありません。最初は難しい事かもしれませんが、地道にコツコツしていくことで必ず成果が表れていきます。

適度にストレスを発散する

Comfreak / Pixabay

泣き上戸を改善する為の方法として、ストレスの原因を改善することです。しかし、ストレスを受けている原因を知る事ができても、それをそれを無くすことができない場合も有りますが、抑えることはできます。

まず自分がストレスを溜めている原因が何なんのかを考え、自分で気づくことが大切です。そしてその原因を知ることができたら、溜め続けるのではなく、定期的にストレスを発散させることが大切です。

そうすることで、お酒を飲んで気が緩んでしまっても溜まっているものが少ないので、感情的になることはなくなります。ただ、お酒をストレス発散の為に利用するのが逆効果なのでやめましょう。

飲酒する際は水を一緒に飲む

congerdesign / Pixabay

泣け上戸の人は、お酒を飲む人が多いです。そして中には仕事でお酒を飲まなければいけない場面があったりします。しかしお酒が原因で泣き上戸になってしまう人には、酔ったりすることは避けたいところです。

そこで、お酒を飲む際は、水を一緒に飲む事が効果的です。水を一緒に飲むことによって体内のアルコール度数を下げることができます。

アルコール度数を下げることができると、脱水症状などにもならず酔ったりすることもありません。そして酔いづらいので、泣き出してしまうなど周囲に迷惑をかけることも少ないでしょう。

飲酒前に小腹を満たす

Comfreak / Pixabay

泣き上戸を改善する方法として、お酒を飲む前に小腹を満たしておくことです。空腹の状態でお酒を飲むと、体内のアルコール吸収率が上がってしまいます。しかしお腹が満たされていると吸収率は下がります。

アルコールの吸収率が上がってしまうと、血中のアルコール濃度が上がり、肝臓などにも負担をかけてしまいます。そして、すぐに酔ってしまい、ストレスなどが溜まっていると泣き上戸になってしまいます。

小腹を満たしてから会食などすることを心がけることで、体の負担を和らげることにも繋がり、酔う事も少なくなるので、泣き上戸になることもなくなります。

周囲の人の気持ちを考える

Free-Photos / Pixabay

泣き上戸の人の改善方法として、周囲の考えに耳を傾けてみることも大切です。泣き上戸の人は自分で物事を解決したりして無理をしてしまう人が多いです。

しかし周囲の人の考え方や交流をする事で、溜め込んでいた事が消えていくこともあります。その為、周囲の考え方を取り入れてみることも大切です。

自分が泣き上戸である事を自覚する

Free-Photos / Pixabay

泣き上戸を改善するには、自分が泣き上戸だという事を自覚することです。中には周囲から見たら泣き上戸なのに、自分は違うと考えている人が多いです。しかし自覚をして改善しないと治すことはできません。

そして自覚をして、原因となっているものが一体何かを知ることから始めましょう。自分は泣き上戸だと自覚をしていると原因がなんなのか簡単にわかってくる人も多いです。

泣き上戸の人への接し方、対処法

422737 / Pixabay

泣き上戸の人と接するにはどういう対応をとった方がいいのでしょうか。見ていきます。

対処法その①話を聞いてあげる

Free-Photos / Pixabay

泣き上戸な人と接する方法は、とにかく相手の話を聞いてあげることです。泣き上戸の人の中には、とにかく話を聞いてほしいと思っている人もいます。そう行った人に対してまずは話を聞いてあげましょう。

そしてもし何か困っていることがあれば、相談にのってあげる事が大切です。

NEXT:対処法その②明るく接する
1/2