小川真由美は現在も活動している?毒親だった?若い頃が美人!

小川真由美さんの今の年齢は79歳で、若い頃は「魔性の女」と呼ばれていたほど、妖艶なイメージの女優でした。また、細川俊之さんと離婚した以降は結婚されていません。現在はテレビの露出は少なくなっていますが、そんな小川真由美さんのことをまとめてみました。

小川真由美とは?

小川真由美さんはどんな女優なのか、年齢や経歴などを紹介します。

今の年齢は?小川真由美のプロフィール

小川真由美さんは、1939年12月11日生まれで、東京都足立区出身の女優です。今の年齢は79歳です。

和洋女子短大国文科を卒業しています。父親の丹真は戦前に田村秋子らが創立した劇団新東京に所属していた俳優です。

小川真由美さんは、5歳からバレエ・日本舞踊を習い、高校時代は三代目市川壽海の大ファンで、足しげく歌舞伎を見に通っていたそうです。

1963年に映画「母」で映画デビュー、その後は妖艶な魅力で人気に

1963年に映画「母」で映画初主演を果たし、武智鉄二さんとの裸のラブシーンを演じ、話題になり、その後は妖艶な魅力で知られるようになりました。

小川真由美は結婚して娘がいる?「毒親」だった?

小川真由美さんは、1967年に俳優の細川俊之さんと結婚されて、一女をもうけたものの1973年に細川俊介さんとは離婚しています。

また、ひとり娘の小川雅代さんは両親が離婚した後は、母親である小川真由美さんのもとで生活していましたが、母親の子育て放棄によって辛い日々を送っていたといいます。

1967年に細川俊之と結婚、1973年に離婚している

小川真由美さんは、1967年に同じ文学座所属の細川俊之さんと結婚して、子供も授かっています。しかし、1973年に細川俊之さんと離婚しています。

NEXT 細川俊之との間に娘がおり、現在はMAH名義で音楽活動をしている