シングルマザーの再婚はアリ?ナシ?再婚事情や男性の本音について! 雑学・ライフスタイル

シングルマザーの再婚はアリ?ナシ?再婚事情や男性の本音について!

シングルマザーの人にとって再婚はとてもハードルが高くなります。男性への理想や周りの人の本音など、気になることだらけでしょう。本記事ではシングルマザーの方が抱える悩みをスッキリと解決して、再び幸せな結婚生活が送れるような情報をお届けします。

目次

[表示]

シングルマザーの再婚はアリ?ナシ?幸せになれるの?

470906 / Pixabay

シングルマザーの中には「再婚はしたいけどできない」と思っている方は少なくありません。男性不信、姑や相手の家族との関係性に不安を抱えていることが理由として挙げられます。

マイナビウーマンの調査によると、バツイチ女性でも恋愛対象になると答えたのは全体の47.9%で、シングルマザーでも構わないと答えたのは約35%にも及んでいます。

男性の意見としては「偏見を持つ男は少ないと思う」「その人の過去も含めて好きになるから問題ない」と答えており、ポジティブな考え方をしている方も多いようです。

シングルマザーの再婚率は4組に1組!

Free-Photos / Pixabay

日本では結婚をして夫婦になる数が年間で63万5000人で、その4分の1にあたる16万人が再婚者と言われています。

大手結婚相談所オーネットによれば、結婚した2333組のうち、約3割の684組が再婚カップルという調査結果も出ています。また、30代会員の4人に1人は再婚で、女性の半分には子どもがいるようです。

離婚が珍しくないため恋愛・再婚も当然?

stevepb / Pixabay

そもそも離婚が当たり前になってきている世の中なので、シングルマザーとの結婚や恋愛も一般的になっています。女性が気にするほど、男性にとっては重要な問題ではないのかもしれません。

離婚数が増える中で、再婚数も同じぐらい増加しているのは、自分の子どもの将来のことを考えているシングルマザーが多いからだと言います。

子供のことを考え再婚を決意できない人も

ddimitrova / Pixabay

大好きな彼に血の繋がってない子どもの世話を押し付けていいのか?新しい父親ができたことで、子どもの心が乱れて欲しくない。そんな理由から再婚に踏み込めない方もいます。

シングルマザーでも再婚を望んでいる人は多いですが、籍は入れないで一緒に暮らしているような事実婚にしているケースも珍しくありません。

再婚を望むシングルマザーに対しては厳しい意見も…?

geralt / Pixabay

再婚をしたいと思っているシングルマザーに対して、厳しい意見があることも事実です。口では「君の子どもでも大丈夫だよ」と言っていても、本音は自分の子どもが良かったと思っている方も多いです。

「旦那と上手くいかないから離婚して代わりを探すなんて考えが浅はかすぎる」「結局、お金目的だから再婚したがるシングルマザーが妖怪に見える」という厳しいコメントも寄せられています。

また、シングルマザーと結婚をするなら本当のお父さんとして関わりたいから、子どもが小さいうちに結婚をしたいと思っている男性も多く、シングルマザーの方には心が痛くなる言葉ばかりです。

再婚で幸せを手に入れることはできるのか?

JillWellington / Pixabay

現在、シングルマザーの人は、周りから「再婚っていいよ〜」「早くいい人見つけなよ」という声をよく聞くと思います。これからの将来、母子2人で生きるか、再婚をして旦那を見つけるか悩んでいる方も多いでしょう。

実際に、シングルマザーで結婚した方は「息子の将来について一緒に悩み、喜んでくれることができて心強い」と答えています。

一般的な恋愛とは違い、相手をコロコロと変えるわけにはいかないので、どうしても慎重になりますが、本当に信頼できる人と出会った場合、再婚をすることで第2の人生が歩めることになるでしょう。

シングルマザーの中には再婚したくない人もいる?

Engin_Akyurt / Pixabay

シングルマザーの中には子どもの事を考えて再婚をしない人もいます。離婚をしたことで血の繋がっている大事な父親を失い、精神的にもダメージを与えてしまったことに母親は不安になっています。

そんな中で、血の繋がりのない新しい父親を迎え入れることは、更に精神的な負担を与えることになり、混乱を招いてしまうと考え、再婚をしない選択を取る人もいます。

自分にとって大事な男性が見つかったら、子どもが幼いうちは我慢をして、立派に成人をしてから再婚というカタチを取る人もいます。それまでは母親が父親役として頑張るという覚悟を決めているようです。

シングルマザーの再婚に対する男性の本音は?

1ynnneo / Pixabay

女性にとっては、自分がシングルマザーということに負い目を感じているようですが、男性からは意外にもポジティブな意見が多いです。再婚することが当たり前になっているような時代から偏見なども無いのでしょう。

「職場にいるシングルマザーの人は仕事も出来て心強い」「女性の方がオープンにしてくれたら会話がしやすくていい」「偏見を持つ男性の方が少ない」という声が寄せられています。

子どもがいることで、再婚のハードルが上がっているように感じているのは、女性だけなのかも知れません。「子連れだとしてもパパと呼んでもらえるように頑張る」と言っている男性もいるようです。

過去もすべて好きになるから問題ない

PIRO4D / Pixabay

シングルマザーの女性に対してポジティブな意見を述べている方の中には、「その人の過去も含めて好きになったから問題ない」という意見もあります。

「女性として魅力を感じたから婚歴は関係ない」「知り合いは離婚をしてから色気が増した」と言ってくれる男性がいるということは、シングルマザーだけではなく、全ての女性が嬉しいのではないでしょうか。

シングルマザーとは再婚できないという男性もいる

Tumisu / Pixabay

シングルマザーとの結婚は気にならないという男性もいれば、当然良く思ってない男性も一定数存在します。男性の中では「シングルマザーとは大人の関係だけでいい」など、厳しい意見を述べている方もいます。

また、「血の繋がってない子どもを生涯育てられるか分からない」「自分の子どもができたときに同じ愛情を注げるか心配」と、語っています。

特に初婚の方は結婚に対しての理想が高いことから、シングルマザーに悪いイメージがあるのかも知れません。シングルマザーとは結婚ではなく、付き合うまでなら許容範囲と答えています。

子供が小さいうちなら再婚できるという意見も

sathyatripodi / Pixabay

大人の男性であれば「出会う前の話はお互い様だから気にしない」という考えを持っている方が多く、もし再婚するなら、子どもの精神的な負担をかけないためにも、小さいうちに結婚したいという意見もあります。

上記のような意見をしている男性は自身も離婚の経験があるため、結婚生活に反省点が見えるらしく、子どもの将来のことも考えてくれているようです。

離婚を経験されている男性ほど、再婚には慎重ですが、シングルマザーの意見も尊重してくれるため、再婚相手としてはピッタリなのかも知れません。

シングルマザーと交際している男性は?結婚は慎重?

Free-Photos / Pixabay

シングルマザーと交際をしている男性は結婚には非常に慎重です。それは男性側の決心だけではなく、女性の気持ちの整理や子どもの状況も考えて、お互いが納得するまで時間をかける必要があるからです。

実父と面会をしていることもあり、勢いで再婚するという考えはありません。再婚をするためには子どもからの信頼を得る必要もあるので、休日に遊びに出かけたり食事をしたりなど、少しずつ距離を縮めているようです。

結婚することが幸せのゴールとは限りません。お互いの不安を解消して、生活サイクルを合わせてからでも結婚は遅くないでしょう。お互いの意見を尊重して歩み寄れる関係であることが再婚の条件でしょう。

家事と育児を両立しながら前向きに頑張る女性は応援したくなる?

tookapic / Pixabay

シングルマザーに対して好印象を受けている男性もいます。過去はどうあれ、現在は子どものために育児や家事を一生懸命している姿を見ると、「自分が彼女を支えたくなる」と思う男性もいるようです。

職場にいるシングルマザーの女性が、毎日美味しそうなお弁当を作ってくる所を見ると、「毎朝、子どもの支度で忙しいのに偉い」「家庭的で信頼できる」と感じると言います。

謙虚な姿勢に好印象を抱くことも

RondellMelling / Pixabay

「好きな人に子どもがいただけ」と、男性は非常に寛容な意見を述べており、いざプロポーズをすると、「本当に私でいいの?」「もっと若くて綺麗な子いるよ?」と、謙虚な姿勢を見せる方がいます。

シングルマザーの中には、謙虚な方が多く、その姿勢に男性は魅かれるのです。様々な困難を1人で乗り越えてきたからこそ、考え方や精神力がしっかりしており、男性の将来まで気にかけてくれたりします。

未婚ではない自分に市場価値が無いと思い込んでいる方がいるようですが、男性にとっては自分を美化しすぎない女性こそ、美しくて守りたくなると感じるのです。

女性を支えてあげたいと思う男性も

Pexels / Pixabay

子どものために仕事も家事も頑張っている中で、不意に弱みを見せる女性に対して「守ってあげたい」「僕が彼女を支えてあげたい」と感じる男性もいます。

決して同情ではなく、1人の女性として魅力を感じ、「出来ることなら、ずっと側にいてあげたい」と感じてくれる男性なら、シングルマザーの方も幸せになれるのではないでしょうか。

男性が支えたくなるシングルマザーとは、不意に見せる弱さなので、常に愚痴や文句を言っている女性に対しては嫌悪感しか抱かないので注意が必要です。

しっかりしていて寛大という印象を持つ

TheDigitalArtist / Pixabay

シングルマザーの女性は離婚をしてから、1人で子どもの世話をしてきたという強さがあるので、少しのトラブルでも動じない寛大な心を持っています。

子どもがいることで、包容力や考え方がしっかりしているので、男性はシングルマザーの女性に母性を感じるのでしょう。そんな強さを兼ね備えている人に魅力を感じる男性は多いです。

人生経験豊富なので優しい?

StockSnap / Pixabay

男性がシングルマザーに魅力を感じる理由として、未婚の女性よりも人生経験が豊富なので一緒にいて楽しいと思っているからです。色々と経験をしたからこそ滲み出る優しさに惚れる男性も多いです。

バツが1以上のシングルマザーでも、魅力を感じると言ってくれる男性はいます。婚歴は関係なく、1人の女性として考えてくれているのは嬉しいですよね。

相手を好きになっても、懐かない子供は厳しい?

esudroff / Pixabay

シングルマザーと結婚をする場合、「自分の子どもではないから、子育てに責任を重く感じない」と考えている方もいます。再婚を求めているシングルマザーにとっては良いかも知れませんが、子どもは許してくれません。

相手の女性のことが好きになっても、子どもが懐いてくれない場合は再婚に踏み込むことが難しいと言われています。新しい父親を迎える子どもの精神状態は穏やかでは無いでしょう。

男性と子どもが信頼関係を築くために、一緒に遊んだり、ご飯を食べたりするなど、「当たり前の存在」になる期間が必要です。

シングルマザーが再婚を決意したきっかけは?【体験談】

scottwebb / Pixabay

シングルマザーにとって再婚とは、自分だけではなく子どもの人生のためにするようなものなので、決断をするまでに非常に時間を要します。「本当に再婚していいのだろうか?」という葛藤を抱えているでしょう。

ここからは、シングルマザーが再婚を決意したきっかけを実際の体験談を元にご紹介します。

ポジティブな男性の発言が決め手に

5688709 / Pixabay

友人の紹介で素敵な男性と知り合ったシングルマザーの方は、自分に子どもがいることで、結婚はできないと考えていたようです。男性の事が好きだったからこそ、「私はバツあるし、子どもがいる」伝えました。

それを聞いた男性は、「バツなんて目に見えるものじゃないでしょ!」「子どもがいるなんて最高じゃん!俺、父親になりたかったんだよ!」と言ってくれたそうです。

ポジティブな男性と出会えたことで、彼女は再婚を決意しました。短所だと思っていたところを認めてくれた素敵な男性とは、今でも楽しく生活をしています。

同じ職場の男性から告白された

StarFlames / Pixabay

結婚をしたときも離婚をしたときも、同じ職場で働いていた男性に告白されたというケースもあります。ドラマのような展開ですが、彼女の苦悩を知っているからこそ、覚悟を決めて告白したのでしょう。

「今度こそ俺が幸せにするから安心してよ」と言われた瞬間に胸キュン。今まで心に引っかかっていたものが溶けた感覚がしたと語っています。

同棲をしていたこともあって、子どもとの関係も良好。今でも楽しく家族で暮らしています。運命の相手は意外と近くにいるかもしれません。

子供がパパと呼ぶようになり結婚

2081671 / Pixabay

浮気から離婚をした時に、極度の男性不信に陥りましたが、知り合った男性が子どもを1番に考えてくれる姿勢を見せてくれたことで、新しい1歩を踏み出すきっかけになったようです。

デートをするために、「子どもを預ける」と話しをしたら、「子どもに隠れて会うの?一緒に遊ぼうよ」と言ってくれたそうです。彼は最初から3人のデートプランを考えてくれていたのです。

その誠実さに不安も吹っ飛び、3人で遊ぶ機会が増えました。子どもが「パパ」と呼ぶようになったことで、結婚をする話が進んでいきました。

シングルマザーの再婚で失敗する例は?【体験談】

Free-Photos / Pixabay

幸せな第2の人生をスタートさせた方がいる反面、再婚で失敗をしてしまった方もいます。ここからは再婚を失敗してしまった人の体験談をご紹介します。

再婚を焦ると後悔する?再婚相手が子供に暴力を振るうことも

焦った再婚をした場合、子どもが不幸になってしまうケースが多いです。これまで子どもの事を理解していた様子でも結婚をした途端に態度が豹変します。愛情を注がずに、暴力を振るってしまう男性もいます。

再婚相手による暴力は、「再婚が失敗だった」と答える典型的なパターンです。連れ子が女の子であった場合、性的虐待をする事例もあります。離婚を繰り返すことになるので、相手選びは非常に重要です。

再婚は夫婦関係だけではなく、子どもと父親の関係性も大事です。焦って再婚することが結果的に不幸になってしまいます。

借金を抱える男性と結婚してお金に苦労

janeb13 / Pixabay

今まで1人の稼ぎで苦労をしていたのに、再婚をしたことで余計に辛い生活をすることになったシングルマザーもいます。「2人になったから潤うでしょ?」と思う方も多いですが、意外な落とし穴が隠れています。

再婚をしたことで、母子手当てを支給させず、更に旦那側に借金があった場合、今まで以上に家計は火の車状態です。幸せを夢見て結婚をしたのに失敗してしまったと言う方に多いケースです。

再婚をするときに「借金はあるの?」と、素直に聞くことが難しいと思います。しかし、曖昧な状態で結婚をすると、子どもの将来まで影響が及ぶ可能性もあるので、金銭トラブルについてハッキリしておきましょう。

女友達が多く、いつまでも独身気分な男性

RyanMcGuire / Pixabay

いつまでも独身気分が抜けない男性に嫌気がさしている女性も多いです。普段は優しくて気遣いができる夫なのに、夜遊びが酷く、父親としての自覚を持って欲しいと悩んでいます。

旦那は大学時代の友達と言っているのですが、給料日後になると必ず夜遅くまで遊んでいる。女性の影も見えるので本当に嫌な気持ちになると語る女性もいます。

泥酔するあまり警察に通報されたときは、「大人として情けない。再婚して失敗した」と感じたそうです。結婚をしてから態度が豹変する男性もいるので、見極めには注意が必要です。

自分との子供をつくろうと言われ、悲しい気持ちに

Profile / Pixabay

息子に対して優しく接してくれるのは嬉しいのですが、それでもたまに「俺との子どもを作ろう」「子どもが欲しい」と言ってくる男性もいます。

確かに血の繋がりはないけど、2人の子どもに間違いはない。血の繋がりを意識して子作りをしたい発言をするのは辛いようです。子作りを求められるなら1人が良かったと答える女性もいます。

男性にとっては、なんてことない一言かも知れませんが、シングルマザーは「俺の」という限定的な言い方に傷ついてしまうのでしょう。

シングルマザーが再婚する時の注意点

geralt / Pixabay

シングルマザーが再婚する時の注意点として重要なポイントが10項目あります。これまでご紹介したように、再婚相手からの暴力や金銭トラブルに巻き込まれないためにも必ずチェックしておきましょう。

再婚を焦らず、時間をかけて相手を知っていく

annca / Pixabay

離婚のショックや、1人で子育てをしているストレスなどから解放されたいために、焦って相手を見つけてしまうシングルマザーも多いです。

しかし、付き合う前は優しかった男性が結婚をしたことで、態度が豹変する場合も珍しくありません。再婚をすることがゴールではないので、良いことも悪いことも知り尽くしてから、再婚を考えましょう。

NEXT:自分のことを理解してもらう
1/3