一人が好きな人の男女別の特徴を紹介!結婚や仕事にはどう影響する?恋愛・心理

一人が好きな人の男女別の特徴を紹介!結婚や仕事にはどう影響する?

目次

[表示]

「一人が好き」と言うことで防衛線を張る

Takmeomeo / Pixabay

誰かと一緒にいるより始めから「一人が好き」だと広言していると、周囲も納得して気を遣わずに済みます。一人でさびしそうだから、と変な気を回すことなく放っておいてくれるかもしれません。

あえて「おひとり様宣言」をすることで、自分を守る目に見えないバリヤーを張り巡らせる事が出来るのです。

男性の場合はただ恋愛に受け身なだけの場合も

EliasSch / Pixabay

一人が好きな男性の中には、恋愛に自分からアプローチできない受け身の人も多いようです。自分から話しかけるより女性の方から声をかけてもらう方が楽だと単純に考えているだけかもしれません。

一人が好きな人との恋愛や結婚で気を付けたいこと

5688709 / Pixabay

一人が好きな人を恋愛対象として好きになってしまった場合、どのように付き合っていけばいいのか自信がないと思う人も多いようです。まず自分を受け入れてくれるかどうかが最大の難関になり難しい事だからです。

ですが、一人が好きな人も他人に愛情を持てないという事ではなくて、異性として好きになれば恋愛や結婚を意識する人もいます。

相手の価値観を受け入れる

geralt / Pixabay

一人が好きな人の「一人の時間」を尊重しましょう。好きになると相手に自分の期待通りに動いて欲しくなるものですが、価値観の押し付けは禁物です。ましてや相手が一人が好きな人であればなおさらです。

淡泊な付き合い方は嫌だと言うのであれば一人が好きな人と付き合うのは諦めた方が良いかもしれません。ですが、相手が誰であれその人のスタンスを尊重することで、恋愛は長続きするものではないでしょうか。

自分も一人で楽しく過ごせる方法を探す

FirmBee / Pixabay

相手が一人になりたい時に無理に一緒にいようとすると、どちらも嫌な思いをするだけです。一人が好きな人が相手なら、自分もその時間を有効活用して趣味などやりたい事を見つけるのもいいかもしれません。

淋しい、と訴えるのは逆効果です。お互い違うことをしていても、もし同じ空間に居られるのであればそれで良しとしましょう。一人が好きな人は、それでもだいぶ譲歩しているのですから。

相手の趣味の話について聞く

sasint / Pixabay

一人が好きな人は、没頭する趣味を持っている人が結構多いようです。人と関わりたくないと思っている人も自分の好きな趣味の話であれば案外乗ってくるものです。

まずは相手が関心を持っているものを知ることから始めましょう。さりげなく自然と仲良くなれるかもしれません。

お互いに一人が好き同士だと相性がいい?

mary1826 / Pixabay

お互いが「一人が好き」であれば、価値観や生活スタイルに共通するものも多くなりますから、程よい距離間を保ちながら付き合っていけるでしょう。

もし、自分自身は一人が好きなわけではないけれど、自分の好きになった人が一人が好きな人だった場合は多くを求め過ぎず相手のスタイルを尊重することで上手くいくかもしれません。

一人が好きな人にはどんな仕事が向いている?

基本、一人が好きで他人と関わりを持つことが苦手ですから、コミュニケーションを必要とする仕事は向いていないかもしれません。黙々と作業に没頭できるものや、興味が持てるものの研究などもいいかもしれません。

具体的には、パソコンを得意とするのであれば、プログラマーやSE。語学が得意な一人が好きな人は翻訳家。工場作業員、フリーライターなど人と関わらずにすむ仕事はいくらでもあります。

一人が好きな人は、自分の興味があるものをとことん追求する人も多く、身に付けた豊富な知識や経験を人に教える職業も良いかもしれません。

一人が好きなのは病気?HSPとは?

ijmaki / Pixabay

HSPという症状があります。人一倍敏感で、周りからの刺激を必要以上に受け取ってしまう人のことです。感受性が強すぎて精神的に疲れたり、人の感情に影響を受けて苦しくなったりと先天的な気質であるそうです。

病気というより、敏感過ぎて人一倍傷つきやすく繊細な人と言えます。一人が好きな人はそういった特徴を持ち合わせている人が多く「生きづらさ」を感じています。

一人が好きなのは病気ではない

Free-Photos / Pixabay

一人が好きなのは、その人の生まれ持った気質であって、何かの病気ではありません。人の気質は、元々遺伝子に組み込まれたものであり、人の性格は気質を核として育った環境や周囲の人の影響で構築されるといえます。

HSP(過度に敏感な人)の可能性がある

Foundry / Pixabay

周りに自分の事をなかなか理解してもらえない、自分がおかしいのかもしれないと感じ、むしろ一人が好きで他者と関わりたくないと思う人は男女の別なくHSPである可能性が高いかもしれません。

中には自分がHSPであることに気が付いておらず、精神的に逼迫してうつ病になったりする危険性もあります。人と関わりを持つことに頑張れば頑張るほど本当の病気になってしまいます。

先天的に感覚が鋭いという体質・特徴

geralt / Pixabay

HSPは先天的なもので「敏感過ぎて影響を受けやすい気質」ということを知って自分自身を理解することで「生き方」が楽になるかもしれません。病気ではなく単に自分の個性と捉えれば良いのではないでしょうか。

一人が好きだからこそ得する事

mohamed_hassan / Pixabay

「寂しい人」と思われるのが嫌だというのは過去の話です。一人が好きだという事は決してネガティブな事ではありません。なぜなら、一人だからこそ得をする事が今、世の中にたくさん溢れているからです。

ライブに行くなら一人がいい

ktphotography / Pixabay

せっかく好きなアーティストのライブに行ったとしても、誰かと一緒に行くと会話によって遮断されることも。音楽やアーティストの一挙手一投足に集中したいなら一人で行く方がいいかもしれません。

ディズニーランドやUSJのシングルライダー

東京ディズニーシーやUSJには一人専用のアトラクション「シングルライダー」があり、一人で行った方が便利な事も。長い行列を後目にさっと乗れるのは優越感に浸れること間違いなしです。

レストランやカフェ、旅行でも

MIOTRAN / Pixabay

最近では、おひとりさま向けの気兼ねなく入れる焼き肉店やカフェなども増えているそうですから、自分ひとりの時間を有意義に過ごせそうです。また旅行会社では「一人旅」のツアーも豊富になってきているようです。

一人が好きな人はもっと増える?

Myriams-Fotos / Pixabay

外食やレジャーなど、今まで誰かと一緒に行って当たり前だったことが、今では「ソロ活」という言葉もあるくらい一人で積極的に参加する人が増えてきているそうです。

一人が好きな人は、誰に気兼ねすることなく自分の好きな事を存分に謳歌できる、ある意味羨ましい人であるのかもしれません。

関連する記事はこちら

https://career-find.jp/archives/286062

2/2