一人が好きな人の男女別の特徴を紹介!結婚や仕事にはどう影響する? 恋愛・心理

一人が好きな人の男女別の特徴を紹介!結婚や仕事にはどう影響する?

男性でも女性でもHSPの度合いにかかわらず「一人が好き」と言う人が、最近増えているそうです。でも一人が好きだけれど、病気になったら不安だし恋愛や結婚に興味がないわけではない、と言う人も。そんな「一人が好き」と言う人の特徴や心理状態をまとめてみました。

目次

[表示]

一人が好きな人の性格や特徴は?どんな心理状態?

最近「おひとり様」と言う言葉を耳にします。誰かと一緒にいるより一人が好きな人は、誰にも気兼ねすることなく、カラオケレストランなどあちこちどこにでも行っています。

それが自分の性に合っていると自覚していて、お店側もおひとり様専用のブースを用意している所もあります。いつも誰かと一緒でないと駄目だという人には、一人が好きな人は奇異に写るかもしれません。

精神的な疲れを一人で癒したい

Pexels / Pixabay

例えば、失恋したり仕事で嫌なことがあると大抵の人は、誰かに相談したり愚痴をこぼすことで精神的回復を図ろうとしますが、一人が好きな人は一人でいることでメンタルを癒しています。

静かな部屋で、好きな音楽を聴いたり、本を読んだり、ゲームに没頭したりと自分のやりたいことを自由にやる方が精神的に落ち着くのが一人が好きな人でしょう。

一人が好きな人が誰かと一緒にいると返って気疲れしてしまうのは、相手に不快な思いをさせていないかと相手に無理に合わせようとする「思いやり」からだとも言えます。

自分のスケジュールを乱されたくない

fancycrave1 / Pixabay

一人が好きな人は自己中心的になれません。一人でいることでスムーズに運んで行く事が、誰かと一緒だとペースが乱されてしまう可能性があります。

相手に嫌な思いをさせてでも、自分の思い通りに事を進められないのが「一人が好きな人」です。時間を共有することは相手に気を遣う事となり精神的に疲れ果ててしまいます。

自分のペースを乱されずいつもスケジュール通り、これこそが一人が好きな人のセオリーだと言えます。それによって心の安定を図っているかもしれません。

人と会うのはたまにでいい

ijmaki / Pixabay

一人が好きとは言っても、誰とも会わず一生を終えたいわけではありません。時々は友人や知人と会って話すこともあります。ですが、基本一人が好きですから長い時間をかけたりはしません。

あまりにも長く人と接するのは、精神的に消耗してしまい極度な疲労感に襲われたりします。中には自分自身が本当は一人が好きだという性格に気が付かずストレスをためる人も少なくはないようです。

一人でいるとなんだかホッとする、という人は自分の中に「一人が好き」という気質を持っていてその事に気が付いていないだけかもしれません。

スポーツは黙々とする競技が好き

composita / Pixabay

誰かと対戦したり、サッカーや野球といった大勢でやるスポーツは苦手です。誘われないように興味がない雰囲気を前面に出します。そういう団体競技は、部屋で一人のんびりとテレビ観戦したりします。

ジョギングや水泳、ボルダリングなど一人が好きな人は、一人だけで黙々と行うスポーツを好みます。そのスポーツを通じて自分だけの世界に入れるからです。

映画や旅行などは一人で楽しみたい

12019 / Pixabay

映画鑑賞に没頭している時、誰かに「ねぇねぇ」なんて話しかけられるのは論外です。旅行に行くのも自分の自由に行動するスタンスをくずしません。

一人が好きな人は、誰かと一緒だと、その人が楽しんでいるか今何を考えているかが気になって自分自身が楽しむことが出来ないからです。人の顔色を伺ってしまう気の小さいところがあるのでしょう。

友達とは適度な距離感で付き合いたい

Seaq68 / Pixabay

会った瞬間にハグしたり、「久しぶりー」と肩を抱いたりとあまりにもディープ過ぎる付き合いが苦手なのが、一人が好きな人です。

たまに会う友人達とは「よっ、元気?」位の軽いフットワークで丁度良いのが一人が好きな人の特徴です。一人でいることに「孤独」ではなくむしろ心地良ささえ感じています。

子どもの頃の我慢が原因になっている

aamiraimer / Pixabay

結婚願望が強い人は、小さい頃からコミュニケーション能力も高い傾向にあります。経済的に豊かであれば物や情報収集の入手も容易で、それを基に自己安定感を養っていたと言えます。

家が経済的に困窮していれば、何か欲しいものがあっても、やりたいことがあっても多くの我慢を強いられ、やがては他者と関わりを持たず内にこもって自分自身を守ろうとする事が少なからずあるかもしれません。

全部が全部そうだとは言い切れませんが、一人が好きな人の中にはそういったコミュニケーション能力を養えず現在に至る人がいることも事実です。

思い立ったら行動にうつす

Free-Photos / Pixabay

一人が好きな人は意外とアクティブな面を持っています。どこに行くにも一人であれば自由に動けますから、思い立ったらすぐに行動に移せるのも一人が好きな人ならではです。

誰かと一緒であれば、自分の行動を制御して相手に合わせる必要もありますが、一人であれば制限されることはありません。一人が好きな人の機動力が高いのもそれが理由かもしれません。

独自の感性をもっている

一人が好きな人の中には、実は有名なアーティストが多数います。今10代、20代の若者達に絶大な支持を受けている米津玄師さんはインタビューで学生時代は引きこもりがちで孤独だったと答えていました。

「一人でやる方が楽で人の多いところが苦手で個人主義」だとも。一人が好きで人が苦手な人は、普通の人が持っていない特別な感性を持っているのかももしれません。

恋愛や結婚をしたいと思わない

makunin / Pixabay

一人が好きな人は、一人でいることが最大の望みとも言えます。結婚をする必要性を感じていないのは、そういう理由もあるかもしれません。要するに一人が気楽ということに限定されるということです。

恋愛や結婚にわずらわしさを感じるくらいなら、最初から遠ざかっていたいという事かもしれません。昔のように結婚=幸せという価値観が薄れた現代にあっては、単にその人の個性であり否定されるものではありません。

コミュニティには溶け込める

StockSnap / Pixabay

一人が好きとは言っても、仕事や学校や趣味の集まりなとには溶け込むことはできます。普通に周囲となじんではいますが、誰かと特別な繋がりを持つことはなるべく避けるようにしています。

集団のまとめ役に向いている

condorhauck / Pixabay

グループに属していたとしても、他愛もない会話をしたり誰かに相談したりするなんてことはありません。集団の中ではまとめ役やリーダーの補佐を務めたりとみんなと同じ立ち位置にならないようにします。

そうすることで、集団からある程度の距離を保とうとします。誰かと行動しなくても孤独感や不安を感じる事のないのですから、むしろリーダーとしての資質を持っていると言えるでしょう。

人に流されない

MorganK / Pixabay

一人が好きな人が、自分の求めるものや好きな事がはっきりしているのは、自身の事をしっかり分析できている所以かもしれません。承認欲求も無いのですから、流行や流されたり人の意見に左右されることもありません。

自分の趣味に時間を割きたい

Pexels / Pixabay

一人が好きな人の中の多くは、一人で没頭できる趣味を持っています。その趣味が生活の中心となって一日の多くの時間をその趣味に費やしている人もいます。

二次元の世界にいる友人で事足りていて現実世界から遠ざかっている人もいます。リアリティーよりも自分の思い通りになる空想世界で多くの友人を持っている一人が好きな人もいるようです。

自立傾向が高く孤独を楽しめる

Pexels / Pixabay

「おひとりさま」は一人でどこにでも行けます。女の子でも一人が好きな人は、一人焼肉、一人カラオケといったようにその世界を存分に楽しんている人も。一人が好きな人は、自立傾向が高い人でもあるのでしょう。

むしろ一人でいることで、自分の世界を好きな物で満たすことが容易いのかもしれません。人に迎合せず自分を確立しているからこそ、一人が好きな人はあえて一人を選択していると言えます。

一人が好きな人に見られる性格の特徴【男性編】

他人といるわずらわしさよりも一人が好きな人は、男性でも女性であっても共通する部分は少なくはありません。ですが性格的な面において一人が好きな人は、男性と女性で多少違いがあるようです。

一人が好きな男性の特徴①あえて心を閉ざしている

Momentmal / Pixabay

一人が好きな人は他人と接することを好みません。あえて心を閉ざして関わりを持たないようにしています。接する機会が増えると親しくなり、自分の世界に入って来られる危険性があるからです。

あたらず触らずの会話はするものの、なかなか打ち解けない一人が好きな人がいたらその人は一人が好きな人かもしれません。

一人が好きな男性の特徴②無駄を省いて効率化したい

mohamed_hassan / Pixabay

一人が好きな人は、効率重視の人が多いのも特徴の一つです。無駄だと思ったら一切関心を示さず、一人で行動したがります。無駄話など当然苦手で常に効率良く仕事をこなそうとします。

コミュニケーションを取ろうとしない事で、自然と人と接する事もなくなりいつのまにか一人ということも。でもそれが一人が好きな人にとっては好都合であるようです。

一人が好きな男性の特徴③しっかり考える

lukasbieri / Pixabay

大勢の人の中で、考えることに没頭している人がいたらその人は一人が好きな人かもしれません。一人が好きな人は、考え事が好きで実に様々な事を考えます。

例えそれが他愛もないことであっても「考えること」に意義があるので問題はないようです。一人が好きだから考える事で一人でいるシチュエーションを作り出しているのかもしれません。

一人が好きな男性の特徴④なんでも自分で決めたい

ToNic-Pics / Pixabay

一人が好きであれば何かを決める時は、当然自身で決めなければなりません。一人が好きな男性は、その経験値によって決断力が養われていきます。

一人が好きな人は周囲の意見に流されず、自分を確立している事から時には協調性がない人だと思われるのも少なからずあるようです。決して悪意があるわけでは無く単に誤解されやすいタイプなのかもしれません。

一人が好きな人に見られる性格の特徴【女性編】

Nissor / Pixabay

一人が好きな女性は周りの女の子に迎合することも無く自分のスタイルを確立しています。一見クールで女らしいというよりも格好良く見える女性が多いようです。

異性に対しても普通の女性のような期待を抱いたりはしません。そんな一人が好きで自分流を貫く女性は、男性から見てミステリアスでとても魅力的に映るようです。

一人が好きな女性の特徴①色んな意味で気配りができる

Natalie_Corot / Pixabay

一人が好きな女性の中には、細やかな気配りを得意とする人も多く、自分のテリトリーを守るためにあえて自分から周囲に気遣いをすることで付き合う範囲を限定しているのかもしれません。

オーバーな言い方ですが、攻撃は最大の防御ですから自分から接近して程よい距離を保つことで、深入りさせない一つのテクニックと言えます。

一人が好きな女性の特徴②サッパリしていて前向き

Free-Photos / Pixabay

一人が好きな女性は、悩みごとがあっても周囲にそれを見せることはありません。自分の弱みを見せることを極端に嫌います。それを見せることで他人に踏み込まれる危険性を恐れているからです。

はたから見ると、一人が好きな女性はさばさばしていて、人との付き合い方もあっさりしています。自分のプライベートに踏み込まれないように他人のプライベートも尊重します。

嫌なことがあっても、人前ではそんな素振りを見せず冷静でいるため、周囲からは頼りになる存在として扱われることも。昇進して周囲から一線を引かれ孤独になったとしても、一人が好きですから気にならないようです。

一人が好きな女性の特徴③一人の時間を大事にしている

silviarita / Pixabay

誰かと一緒で安心するのが普通の女性です。そういう女性達から見ると一人が好きな女性は「少し変わっている人」に見える事もあります。

一人が好きな女性は、そんな周囲の目も全く意に介することはありません。自分の時間を誰かと共有するより、一人でいる自由な時間を大切にすることを選びます。

一人が好きな女性の特徴④何も考えず過ごす時間が好き

xiangying_xu / Pixabay

一人が好きな女性は、プライベートな時間をぼーっとして過ごすことも多く、それがストレスの解消方法だったりします。時間の無駄に思えるようなことが、実は心の充電に必要な時間であったりします。

一人が好きな人の恋愛や結婚は?

ventu_99 / Pixabay

生まれ持った性格は、一朝一夕で変わるものではありません。一人が好きな男性にとって自分の自由を奪われかねない恋愛や結婚は避けて叱るべし、という気持ちになるでしょう。

それは一人が好きな女性にとっても同じことが言えます。一人が好きな人は男性でも女性でも恋愛や結婚に価値を見出すことは無いかもしれません。

相手に合わせる苦痛から消極的になる

Free-Photos / Pixabay

好きという感情を持っていたとしても、一人が好きな人にとって恋愛や結婚は自分の自由な時間が制限されることに他なりません。一緒に過ごし、相手に合わせる事に気を遣うのは苦痛でしかないのです。

自分の自由な時間を代償にしてまで、恋愛や結婚をするなんて考えられないのかもしれません。

恋愛や結婚をデメリットと思ってしまう

LiveLaughLove / Pixabay

例えば男性が家族を養うために自分を犠牲にして働いたり、女性であれば家事や育児に追われ自由になる時間が全く無いことは、一人が好きな人にとって耐え難いものであり、もはやデメリットでしかありません。

NEXT:「一人が好き」と言うことで防衛線を張る
1/2