恋の病の原因や症状は?恋の病の重症度診断も!治し方はある?恋愛・心理

恋の病の原因や症状は?恋の病の重症度診断も!治し方はある?

恋の病にかかってしまったことはありますか。その非常に苦しい恋の病の症状は重症になると、日常生活に支障が出てしまうこともあるかもしれません。そんな恋の病の詳しい症状やその治し方、診断方法などを詳しくご説明していきたいと思います。

目次

[表示]

恋の病ってどんな病気?

aliceabc0 / Pixabay

恋の病と聞くと、どのようなイメージを抱きますか。叶わない恋だったりと、辛い恋愛のイメージが付いて回るのではないでしょうか。

そんな恋の病とは一体なんなのでしょうか。詳しく調べていきたいと思います。

恋の病とは?片思い中にかかる病気?英語では?

moritz320 / Pixabay

昔から「恋わずらい」という言葉があるように、恋の病は存在します。恋愛で思い悩むあまり、気分がふさいでしまうことを主に指します。また、気持ちの面だけでなく、食欲の低下や不眠などの肉体的な症状を訴えることもあります。

恋愛中はドーパミンという神経伝達物質が多く分泌されるといわれています。この物質は快感を得ようとする気持ちや、やる気を高めたりするプラスの働きも持ちますが、過剰に分泌されると依存性が高まるといったマイナスの働きも起こします。さらに、ドーパミンが分泌されることで、心の安定に役立つセロトニンという神経伝達物質が減少してしまうため、不安感や憂うつ感といったネガティブな感覚にとらわれやすくもなります。セロトニンが不足すると、“うつ”と同じような症状が出ることも。たとえば、相手と付き合えるかどうか、相手は自分のことをどう思っているのか、次はいつ会えるのか、相手に特定の恋人はいるのか……。恋をするとそんなことに考えを巡らせる人は少なくないと思いますが、こういった特定の相手に対する執着を高めたり、必要以上に悲観的な気持ちになってしまうのは、ドーパミンの過剰分泌による影響と言えるでしょう。

(引用:マイナビウーマン)

恋愛にはやる気を出させたりと良い効果もたくさんあるのですが、恋の病を始めとする不安になってしまうような効果もあるようですね。

恋の病の具体例はaikoの歌の歌詞?

あなたを好きで心底愛して
こんなに切ないものなんだって
声を殺して泣きました
この出逢いであたしの体が
変わってゆくものなんだって
照れくさくて微笑みました

明日あなたがいなくなって あさって心変わりして
いつか嫌いになられたら…

あたしのこの余計な考えを今すぐとっぱらってよ
もう離しはしないと約束しなくてもいいから
不安で眠れない夜 隣にいて下さい
今夜そうして下さい

永遠に治らない愛の病が 涙と孤独と幸せ運び
あたしを大人にさせました
その世界が汚れた物でも あなたの笑顔さえあれば
なんだってやってゆける気がするから

「明日あなたがいなくなって あさって心変わりして
いつか嫌いになられたら?」

あたしの今言った言葉が間違っていたとしたら
あたしの今思う事が正しかったとしたら
その都度あなたにはすぐに叱っていてほしい
すぐに抱きしめてほしい

あたしのこの余計な考えを今すぐとっぱらってよ
もう離しはしないと約束しなくてもいいから
不安で眠れない夜 隣にいて下さい
今夜そうして下さい

あなたを好きで心底愛して
こんなに切ないものなんだって
声を殺して泣きました

(引用:Oo歌詞)

2000年に発売されたaikoの2枚目のアルバム「桜の木の下」に収録されている「愛の病」の歌詞が、恋の病の症状そのものだということで話題となっています。参考に是非聞いてみて頂ければと思います。

恋の病で辛い…恋の病の症状は?

congerdesign / Pixabay

辛い片思いや恋愛につきものである恋の病ですが、具体的な症状はどのようなものなのでしょうか。詳しくご説明していきたいと思います。

恋の病の症状①食欲がなくなり吐き気を催すことも

chriskeller / Pixabay

一つ目の恋の病の症状として、食欲がなくなるというものがあります。好きな人のことを四六時中考えてしまい、食欲がなくなることが多いようです。中には吐き気まで催してしまい、痩せすぎてしまうこともあります。

女性は恋をしたら綺麗になるとはよく言われていることで、もしかすると体が絞られて綺麗に見えるということがあるのかもしれません。健康的に痩せることができれば良いですね。

恋の病の症状②頭がボーっとして体温が上がる

katerinavulcova / Pixabay

二つ目の恋の病の症状として、頭がボーっとして体温が上昇することがあります。好きな人のことを考えたら体が熱くなったり、一目惚れをしたその瞬間に体温がカーッと高くなることを実感することもあります。

好きな人と話したり目が合ったりすると、顔が赤くなってしまうという人は、体温が上昇しているということなのかもしれません。

恋の病の症状③情緒不安定になる

Myriams-Fotos / Pixabay

三つ目の恋の病の症状として、情緒不安定になりがちだということがあります。

好きな人を一目見ただけで嬉しさを隠しきれずに舞い上がってしまったり、逆に他の人と親し気に話しているところを目撃してしまい酷く落ち込んでしまったりなど、感情の起伏が激しくなります。

相手は振り回しているつもりはなくても、勝手に振り回されてしまっている状態であるということですね。

恋の病の症状④好きな人のことを考えすぎてミスをする

Fotorech / Pixabay

四つ目の恋の病の症状として、好きな人のことを考えすぎてミスが多くなるということがあります。職場に好きな人ができたら、ついつい注意力が散漫になってしまいミスをしてしまうことがあるかもしれません。

もしくはずっと好きな人のことを考えてしまって、普段は何でもないことでミスをしてしまうということもあるかもしれません。

日常生活に支障が出てしまうのは困りものですので、気持ちの切り替えをうまくできるようにすると良いのかもしれません。

恋の病の症状⑤眠れない

Winsker / Pixabay

五つ目の恋の病の症状として、不眠になってしまうことがあります。例えば好きな人に送ったLINEなどのメッセージが既読になっているのにも関わらず、ずっと返信が来なかったら気になってしまいますよね。

寝る前や夜中に携帯電話の画面を見続けるとなかなか寝付けなくなってしまうことも相まって、ますます眠れなくなってしまいます。

また、過去のLINEなどのメッセージや、実際の会話を思い返して問題がなかったか、嫌われていないかということを延々と考えてしまうこともあるかもしれません。

恋の病の症状⑥スマホを何度も確認してしまう

FirmBee / Pixabay

六つ目の恋の病の症状として、スマホを何度も確認してしまうということがあります。

上記と似た内容となってしまいますが、好きな人からのLINEやメッセージの返信を待ちに待ってしまい、スマホが手放せない状態になってしまうようです。

また、好きな人のSNSに新しい投稿がないかを随時チェックしてしまう、まさにSNS監視のようなことをしてしまう人もいます。

恋の病の症状⑦ネットのまとめ記事やコラム依存

janeb13 / Pixabay

七つ目の恋の病の症状として、ネットのまとめ記事やコラムへ依存してしまうことがあります。最近はインターネットで検索をすると様々な記事があります。もちろん恋愛や片思いに関する記事もたくさん存在しています。

例えば「脈ありサイン」「脈ありLINE」という記事を見て自分の恋愛と照らし合わせてみたり、彼の特徴を検索してどんな心理なのかということを探ったりなどということをすることがあるようです。

NEXT:恋の病の症状⑧何に対しても興味が湧かなくなる
1/4