長山藍子の結婚相手の夫は武正忠明?坂上忍や新克利との関係は?

長山藍子さんは、昔「クイズダービー」のレギュラー解答者でした。ドラマ”渡鬼”で共演した宇津井健さんの「お別れ会」では、別れを惜しんでいました。プライベートでは、16歳年下の相手である武正忠明さんと結婚されています。そんな長山藍子さんのことをまとめてみました。

長山藍子の夫は武正忠明?馴れ初めは?現在の仲は?

長山藍子さんは、56歳の頃に16歳年下の武正忠明と結婚されていますが、その馴れ初めなどを紹介します。また、最近では夫婦でテレビ番組「徹子の部屋」にも一緒に出演しています。

長山藍子のプロフィール!現在の年齢や本名、事務所は?

長山藍子さんは、1941年6月21日生まれ、静岡県三島市育ちの女優です。父親は同盟通信社記者で、東京タイムズ創立に参加した人物です。

記者として父親が赴任していた中国内蒙古フフホト市で生まれています。成蹊小学校、中学校を卒業後、静岡県立三島北高等学校を卒業しています。

1963年に卒業と同時に劇団新人会に参加し、1970年に前田昌明さんや山本学さんと第二次劇団新人会を発足しています。テレビドラマでは「女と味噌汁」シリーズや「渡る世間に鬼ばかり」などに出演しています。

女優として活躍!「女と味噌汁」でブレイクした長山藍子

長山藍子さんは、1963年22歳の時に「俳優養成所」を卒業したあと「劇団新人会」に参加し、舞台「オッペケペ」でデビューしています。

また、同年にはテレビドラマの東芝日曜劇場「愛する」でドラマデビューを果たし、1965年に東芝日曜劇場「女と味噌汁」で、池内淳子さんや山岡久乃さんと共に小桃役を演じてブレイクしました。

 長山藍子が結婚した夫は武正忠明?

長山藍子さんは、1997年56歳の時に、16歳年下の「劇団朋友」の後輩である武正忠明さんと結婚されています。

長山藍子と武正忠明の馴れ初めは?

長山藍子さんと夫の武正忠明さんは1992年に舞台「華やかな女」で共演していますから、出会いは舞台の共演からのようです。

その時は挨拶程度で終わっているそうですが、長山藍子さんが武正忠明さんの出演する舞台を見たあと、一緒にお酒を飲んで意気投合したといいます。

NEXT 長山藍子に子供はいない?