胸を揉むと大きくなるって本当?都市伝説?彼氏が胸を揉む心理とは? 美容

胸を揉むと大きくなるって本当?都市伝説?彼氏が胸を揉む心理とは?

自身の胸の大きさに悩んでいる女性も少なくはありません。実際に「男性に胸を揉んでもらう事で、バストが大きくなる」という都市伝説があります。果たしてその方法がバストアップの効果に繋がるのかという事を今回はご紹介していきます。

目次

[表示]

都市伝説?胸を揉むと大きくなるって本当?

kaboompics / Pixabay

果たしてこの都市伝説は本当なのでしょうか。結論から先に言うと、この都市伝説実は本当です!しかし単に胸を揉めば大きくなるというわけではありません。そこにはいくつかのルールがあります。

そのルールを知らずに行ってしまうと大きくなるどころか、むしろ小さくなってしまう可能性もあります。ですので、そのルールについてこれから詳しく説明していきます。

好きな人が胸を揉むと大きくなる?本当?

StockSnap / Pixabay

実は女性が胸を大きくするのに必要な要素に、好きな人に自分の胸を揉んでもらうことが挙げらます。これは非常に大事な要素となってきます。

では一体自分自身で胸を揉む事と、好きな人に揉んでもらう事のどこに違いがあるのでしょうか?

鍵は女性ホルモンのエストロゲン

胸を大きくする重要な鍵は女性ホルモンの1つであるエストロゲンというものです。エストロゲンとは、乳腺を発達させる女性ホルモンの1つで、人間が生命維持をしていくのになくてはならないホルモンです。

胸が大きくなる仕組みとしては、胸の中にある乳腺を発達させる必要があります。女性の胸の大半が脂肪でできており、その脂肪が乳腺を守る働きを担っています。

つまり、乳腺を発達させる事でそれを守るための脂肪がつく。そのことによって胸が大きくなるということになっているのです。そしてその乳腺を発達させるもの、それこそがこのエストロゲンというホルモンです。

Free-Photos / Pixabay

ではこのエストロゲン、一体いつ分泌されるのでしょうか。その答えは好きな人に揉んでもらう際です。好きな人に揉んでもらう時に、性的に興奮する事でエストロゲンをより多く分泌する事が可能になるのです。

性的興奮がなくてはならないので、男性なら誰でもいいという訳ではありません。彼氏、夫など自分が好きな人に揉んでもらう事が大事になってきます。

自分でも揉むと、逆に小さくなる?!

都市伝説として「彼氏に胸を揉んでもらう事で胸が大きくなる」というのはよく耳にすると思います。では自分で揉む場合は一体どんな事が起こるのでしょうか?

自分で揉むと逆に小さくなってしまう可能性が出てきます。何故なら、自ら揉む事ではエストロゲンは分泌されることはないからです、さらに、自分で揉むことによって胸も脂肪の燃焼につながってしまいます。

なので自分で自分の胸を揉むと小さくなってしまうということになります。

ただ揉むだけじゃダメ?揉み方も大切

Free-Photos / Pixabay

しかし、ただ単に好きな人に胸を揉んでもらえば大きくなるという訳ではありません。揉み方も重要になってきます。という事でいくつかの胸の揉み方を次はご紹介していきたいと思います。

この揉み方を彼氏や旦那様に覚えて実践してもらいバストアップ効果を目指してください。

おっぱいが大きくなる?正しく揉む方法とは

Free-Photos / Pixabay

では実際に正しい胸の揉み方をじっくりと見ていきます。

ゾクゾクさせるために最初は焦らす

StockSnap / Pixabay

胸を揉む際に一気に揉んではいけません。何事も焦らずじっくりとしていかなくてはいけません。

まずは衣類の上から優しく胸を揉んでもらいます。そうする事で、これから性的な行為が始まるという事を示唆していきどんどんムードを高め、女性を興奮させていきます。

女性が興奮する際にエストロゲンが分泌されるので、このムード作りというものが非常に大事になってきます。そしてこもムードを高めていく事で胸や乳首がより敏感になり、女性自身もより興奮した状態になるのです。

一気に揉まず下から円を描くように

Engin_Akyurt / Pixabay

気持ちが高ぶってきたら一気に揉むのではなく、胸の形に合わせてゆっくりと揉んでいきます。

脇の下から胸全体を優しく包み込みゆっくりと揉んでいきます。一周に約5秒程かけるくらいゆっくりと優しく揉んでいきます。胸を優しく包み込むのを意識していきます。

ここでNGなのが、胸を下から持ち上げた際に一気に離してしまう事です。胸の中にあるクーパー靭帯を痛めてしまう恐れもあるので、胸を離すときも優しく元の位置に戻してから離す事が大事です。

乳輪を解すように揉む事が大切!

nastya_gepp / Pixabay

続いては乳輪についてです。乳輪をほぐすことも非常に大事になってきます。

なぜ乳輪をほぐす事が大事になるのかというと、乳輪が凝っている状態では、乳管が詰まってしまいエストロゲンの効果が減ってしまう可能性が出てくるからです。

乳輪を揉んでいく際はじっくりと時間をかけて解していくことを意識していきます。ここでもじっくりと行うことでより興奮することもできます。

血行も良くなるスペンス乳腺も忘れずに!

nastya_gepp / Pixabay

スペンス乳腺とは女性の性感帯でもある部分のことです。ここを刺激する事でより興奮し、エストロゲンをより多く分泌する事が可能になります。

具体的なスペンス乳腺の場所としては胸と脇の境目から胸のサイドのラインに沿った場所を位置します。

このスペンス乳腺はリンパ腺常に位置しているので、ここをほぐす事で血行促進にもつながり、より敏感な身体へと繋がるのです。

大胸筋のコリをほぐして血行促進させる

rhythmuswege / Pixabay

先ほど女性の胸は多くが脂肪に覆われていると申したのですが、女性の胸にももちろん大胸筋という筋肉はしっかりとあります。

女性の胸は大きければ大きいほど重くなります。そして胸が垂れればその分大胸筋が凝り、血行が悪くなってしまいます。なので凝った大胸筋をほぐしてあげる事で血行促進へとつなげる事が大事になってくるのです。

お風呂の中で揉むのも効果的

ivanovgood / Pixabay

ここまで申し上げてきた通り、胸を大きくさせる事と血行促進は非常に密接に関わってきています。

つまり血行を良くする為に体を温めるという意味で、お風呂に入りながら胸を揉んであげる事が非常に効果的になって来るのです。

効果的なマッサージ方法としてはまず脇の下から手を入れ胸を掴み、胸のアンダーラインに沿って反対側の胸の上部へとさするようにマッサージしてあげます。これは左右10回づつ行うという方法です。

動画で見るバストアップマッサージとは

では分かりやすくする為に動画を見ていきましょう。

胸を揉むことでバストアップした体験談と女性の本音のまとめ

ではここからは実際の体験談と女性の本音について詳しく見ていきましょう。

胸を揉まれて大きくなったと実感がある人はどれくらいいる?

dadaworks / Pixabay

果たして実際に胸を揉まれたことで自分の胸が大きくなったと時間した人は一体どのくらいいるのでしょうか?

マイエルシーの2011年に「胸は揉まれると大きくなる」ってホントだと思いますか?というアンケートが行われました。489人中半数以上の270人が思うと答えました。

  • 彼氏が左胸ばかりを揉んでいたら左胸だけ大きくなった
  • CカップからEカップへと変化した
  • 旦那に大きくなったと言われた
  • ブラが合わなくなってきた

実際に胸が大きくなったと思うと思われた方の意見はこのような感じでした。

RondellMelling / Pixabay

そんな中、毎日彼氏に揉まれて大きくなったと感じたが、彼氏と別れて揉まれなくなると、逆に小さくなったと感じる方も実際にはいました。

しかし他の実験では半数以上が胸が大きくならなかったと感じる人がいたということもまた事実です。その中での回答して、そもそも揉んでもらえるほどの大きさがないなどの意見がありました。

彼に毎日揉んでもらっているとブラのサイズが変わった

ivanovgood / Pixabay

彼氏に毎日胸を揉んでもらうことで胸が大きくなった答えた方々は実際どのくらい胸のサイズが大きくなったのでしょうか?

最も多かった回答が1カップサイズがアップしたという意見でした。しかし中には3カップサイズが大きくなったという方最中にはいらっしゃいました。

ですので実際のところは個人差が出てしまうという事が言えます。

交際1ヶ月でバストサイズが上がった女性も!

JESHOOTS-com / Pixabay

先程も述べましたが、やはり胸を大きくするのにかかる時間や、どれくらい大きくなるのかには個人差があります。しかし、実際に1ヶ月で大きくなったと実感している人もいることは確かです。

おっぱいフェチの彼の影響で胸が膨らんだ?

panajiotis / Pixabay

では胸を大きくするにはたくさん触る方がいいのでしょうか?もしそうなのであれば、おっぱいフェチの彼氏を持った彼女の胸はどんどん大きくなることができるのです。

結論から言うと、胸を触る頻度と胸が大きくなるという事の科学的根拠は今のところありません。しかし彼氏ができた事によって、以前に比べて胸が大きくなるという事はありうる可能性があります。

胸を揉まれることに対して、女性はどう思っている?

Sophieja23 / Pixabay

では胸を揉まれるという事に対して女性はどのように思っているのでしょうか?今回はいくつかご紹介していきます。

  • 痛みを感じるので本当は嫌だ
  • 後日筋肉痛みたいになってしまうので嫌だ
  • 生理前、生理中に揉まれるのは嫌だ
  • 育乳に協力してくれているのを感じれて、相手のことを愛おしく感じる。
  • 男性は胸がやはり好きなのだなと思う
  • 特になんとも思わない

といった意見がありました。半数以上の女性はあまり好ましいことだとは思っていないことがわかります。

胸を揉むことは他にも効果がある?

RobinHiggins / Pixabay

胸を揉むという行為は単に胸を大きくするという効果だけに止まらないのです。では一体どんな効果があるのかこれから説明していきます。

エストロゲンはアルツハイマーやパーキンソン病の予防や治療にも有効?

StockSnap / Pixabay

なんとエストロゲンはアルツハイマーやパーキンソン病対しての効果があるという事が近年発見されました。それはエストロゲンが体の生命活動を維持することに関わっているからなのです。

様々な研究結果で、女性ホルモンのエストロゲンが減少することでアルツハイマーを引き起こす事に繋がっているとの事実がわかっています。

またエストロゲンは動脈硬化、心筋梗塞、高血圧などの予防であったり、脳機能の活性また骨の破壊を防ぐ機能などもあります。つまりエストロゲンを多く分泌する事でこういった症状の予防、治療になるという事です。

腰痛や肩こりにも効く

whitesession / Pixabay

実は胸を揉むことで腰痛や肩こりにも効果があるのです。なぜならば、胸を揉むという事で胸周辺の筋肉をマッサージすることにも繋がるからです。

肩こりを改善するには大胸筋をほぐすような形でマッサージするのが効果的だと言われています。また、腰痛を感じる時は肋骨の筋肉が凝っている可能性があります。

つまり肩こりが気になる方は胸の大胸筋をマッサージし、腰痛が気になる方は肋骨付近をマッサージすることが効果的です。ですので胸を揉むことで肩こり、腰痛を和らげることに確かに繋がります。

胸を揉むことで乳がんの予防にもなる?!

voltamax / Pixabay

国立がん研究センターによると2017年の女性の乳房関連のガン死亡者数は14285人となっており非常に多くなっています。そんな乳がんの予防法として胸を揉むという行為が発表されました。

胸の上皮に将来、がん細胞へと変化する可能性のある悪性細胞があり、その細胞を胸を揉むという刺激を与えます。すると基本的な細胞の細胞分裂の形式に戻りがん細胞になりにくくなるという仕組みになっています。

また、カリフォルニア大学バークレー校の研究チームはシリコン製のバッグの中に、悪性細胞のジェルを入れそれを揉む実験を行いました。すると悪性細胞は通常の細胞の成長を始めたという結果も出ています。

胸を揉むとき男性はどう思っている?胸を揉む心理とは

Free-Photos / Pixabay

ここまで胸を揉むことを女性目線だけから見てきました。しかし胸をむ事について男性は一体どのように考えているのでしょうか?ここからは男性側の心理を見て行きます。

興奮材料の一つ

Free-Photos / Pixabay

胸を揉む時の男性心理としてまず挙げられるのが、女性の胸を興奮材料として揉んでいるという事です。胸を揉む事で自身の気持ちを高ぶり気持ちがいいと多くの男性は感じるのです。

また、多くの男性は女性が胸を揉まれる事で興奮する思っています。なので女性の気持ちも高ぶらせたいという心理も働いているのです。

自分にないものを堪能したい

Leroy_Skalstad / Pixabay

男性は自分の胸にはない女性の胸ならではの柔らかさなどを堪能したいという心理があります。

自分が持っていないものは素晴らしく見えてしまうのは人間の心理的本能であり、男性にとって女性の胸はまさにそれに当たるのです。

ですので胸を揉む事でその自分にないものを堪能したいという気持ちが湧いてくるのです。

気持ちいい柔らかさを楽しみたい

rawpixel / Pixabay

女性の胸の一番の特徴とも言えるもの、それは何と言っても柔らかさです。自身を包んでくれるようなあの柔らかさを男性は感じたいと思っています。

仮に男性が肥満型の体系であったとしても、男性の胸と女性の胸では柔らかさや肌触りに大きな違いがあります。

NEXT:セックスの一環
1/2