夏木陽介は死去している?死因はがん?伝説やエピソードも多数? エンタメ

夏木陽介は死去している?死因はがん?伝説やエピソードも多数?

ドラマで活躍された俳優の夏木陽介さんはご存知ですか。彼はいつ死去され、死因はなんだったのでしょうか?俳優として「青春とはなんだ!」で主人公として出演し大人気だった夏木陽介さんは、パリ・ダカールラリーに参加しています。そんな夏木陽介さんについて調べてみました。

目次

[表示]

俳優・夏木陽介の突然の死去

mohamed_hassan / Pixabay

夏木陽介さんは2018年初めにこの世を旅立ったそうです。彼の人生はどんなものだったのでしょうか?彼のプロフィールから迫ってみましょう。

夏木陽介のプロフィール!身長は?画像は?

夏木陽介(本名阿久沢 有(あくさわ たもつ))さんは1936年2月27日東京都八王子市出身です。明治大学経済学部に在学中に雑誌のモデルにスカウトされました。

大学卒業後は東宝に入社され、テレビドラマの「青春とはなんだ!」に主人公で出演され、その後第1線の二枚目俳優として映画やドラマに活躍されました。

身長は175㎝で、胸囲103㎝、写真からも年齢の割にしっかりした体格にお見受けいたします。

2018年1月14日、享年81歳で死去

Stefan_Schranz / Pixabay

2009年に脳梗塞で倒れ、2010年に左腎臓にステージⅢの癌が見つかり摘出手術を受けられています。以降治療の生活を送られていたそうで、2017年11月に胸椎にがんが見つかり入院されていたそうです。

その後12月初旬には見舞客に冗談を飛ばせるほどでしたが歩けるような状態ではなかったそうです。そして12月27日に脳へのがんの転移が確認されて集中治療室へ移動した際には意識がなかったそうです。

2018年1月9日に集中治療室から一般病棟に移り14日家族に看取られて旅立たれたそうです。享年81歳だったそうです。

本人のブログで公表された?公表したのは友人の山川健一氏

Free-Photos / Pixabay

夏木さんのブログ「夏木陽介、風の中を走る」に2018年1月19日01:05に「夏木陽介氏が逝去されました。」という題名で友人代表で作家の山川恵一さんが以下のような書き出しで更新されました。

夏木陽介さんのブログで、こんな報告をすることになろうとは、思ってもみませんでした。1月14日の午前10時46分、都内の総合病院で夏木さんが腎細胞癌のため、亡くなりました。81歳でした。つい先頃まで元気で、こんなことになろうとは誰も想像だにしませんでした。

(引用:夏木陽介公式ブログ「夏木陽介、風の中を走る」より)

山川さんと夏木さんとはクルマ仲間として親交が厚く、2017年10月に高野山で開かれるクラッシクカーの参加について相談をされていたほどでした。

しかし夏木さんの体調を考えて都内のホテルで別日程でクルマ仲間で集まったそうです。その後の経緯についても詳しくブログの中で説明されていました。親交の暑さもうかがえる内容でした。

夏木陽介を兄貴と慕う俳優・原田大二郎のコメント

TrishiaTodd / Pixabay

俳優の原田大二郎さんはデビュー当時から夏木陽介さんとは親交があり、原田さん自身「兄貴」と慕っていたそうです。そんな原田さんも以下のようなコメントを出されたそうです。

「いつも毅然としていて、あのダンディーさは一生変わらなかった。永遠の若者でいらっしゃった。とても残念です」

(引用:SANSPO.comより)

やはり夏木さんの突然の死に残念な気持ちを持たれる方が多かったようです。

夏木陽介の死因は腎細胞がん?

KELLEPICS / Pixabay

それでは夏木陽介さんの死因は一体何だったのでしょうか?

夏木さんの公式ブログには「1月14日の午前10時46分、都内の総合病院で夏木さんが腎細胞癌のため、亡くなりました。」と記載されていました。

記載を見る限り腎細胞癌ということでした。

夏木陽介は10年にわたって闘病生活を送っていた?

Stefan_Schranz / Pixabay

公式ブログの2011年2月19日「春よ来い」には、腎臓癌の摘出手術を2010年に行っていたことを公表している。それでも前を向いて精力的に活躍されていたことがブログにも記載されています。

その後も2018年1月に死去されるまで闘病生活は続いていたようです。

2018年1月9日やれることはすべてやっとので集中治療室から一般病棟に移動され、1月14日逝去されたそうです。

2018年4月12日にお別れ会、葬儀・告別式は親族だけ?

ManfredKain / Pixabay

公式ブログ「夏木陽介、風の中を走る」には追記ということで、1月22日にオフィス夏木として記載があり、葬儀告別式は近親者で行われたことが記載されている。

また後日4月12日にお別れの会を行われ320名ほど弔問に訪れたそうです。

弔問客の中には宝田明さん、司葉子さん、中村雅俊さん、原田大二郎さん、藤田美保子さん、星由里子さん、竜雷太さんなどの多くの共演者の方々の顔が見られたそうです。

夏木陽介は結婚していた?独身だった?

pasja1000 / Pixabay

夏木陽介さんは結婚されていたのでしょうか?2014年に出演されたバラエティ番組で自身と同じような性悪な子供だったら殺しちゃうなどと仰天発言し結婚しない理由としています。

多趣味であったことから、自由な時間が取れて自分が委縮するのもかなわないのでしょうか。

夏木陽介のブログが存在?

StockSnap / Pixabay

夏木陽介さんの公式ブログはAmebaブログ内に「夏木陽介、風の中を走る」を2006年2月26日から開設されている。更新頻度は高くないが、出演番組の話や車関係の話などが多く掲載されている。

夏木陽介の名シーン動画集4選

geralt / Pixabay

それでは夏木陽介さんの数々の名シーンを確認していきましょう。

代表作「青春とはなんだ」での名シーン

画僧が若干荒いところはありますが、若かりし頃の夏木陽介さんが椅子の修復作業からスタートするシーンの動画です。昔も今も学生の雰囲気の描き方は懐かしいような今どきでも変わらない感じがします。

この時の共演者には岡田可愛さんもいました。

「青春とはなんだ」の姉妹作品「燃えろ!太陽」での一コマ!

この映画は青春シリーズの姉妹作品なので、役どころなどの設定はすべてテレビドラマと一緒でした。

共演者には酒井和歌子さん、黒沢年男さん、藤山陽子さんがいました。

この映画を最後に藤山陽子さんは結婚を機に引退されました。

「青春シリーズ」は他にも多く存在!夏木陽介の青春ベストコレクション

夏木さんはその後お茶の間の人気者になったので、青春シリーズに数多く出演されていました。その名シーン集めた動画に若かりし頃の布施明さんもおさめられています。

青春ドラマにはスポーツが必ずつきものですが、夏木さんのイメージからかラグビーが多かったです。

「Gメン’75」での小田切警視こと夏木陽介登場最終話

当時夏木陽介さんは39歳でした。この撮影時に近藤プロデューサーと喧嘩されて、この回が夏木さんの最後の出演回となりました。

このドラマでのGメンは警視庁の特別捜査班の5~7人の黒木警視(丹波哲郎)率いるチームで警察組織の中警察という役回りでした。

取り扱う内容も国内外問わず密輸犯罪、テロなどもあり、アクションシリーズもあったり、海外犯罪もあったり様々な内容で視聴者もその豊富な話題展開に楽しまされていました。

夏木陽介に関するエピソード・伝説

jpduretz / Pixabay

夏木陽介さんには色々な伝説やエピソードがあります。そのいくつかをご紹介します。

「Gメン’75」のプロデューサー直々に出演交渉?

HeungSoon / Pixabay

「Gメン75」の夏木陽介さんへの出演交渉は番組プロデューサーの近藤照男さんが直接交渉されました。

その時に夏木さんに近藤さんは以下のように言われたことで出演されました。

「次の作品がまた失敗に終われば、プロデューサーの地位を失うかもしれない、力を貸して欲しい。」

(引用:Wikipedia 夏木陽介より)

そこまで言われてしまえばという内容ですね。結局条件は付けながらも出演しました。

「Gメン’75」をケンカで降板?

mary1826 / Pixabay

「Gメン’75」でニューカレドニアでの海外ロケに行った際にプロデューサーと中華料理を食べに行った際夏木さんは先に会計を済ませそうです。

しかしプロデューサーは自分の立場として支払ことを考えていたため、そのことで口論となり、売り言葉に買い言葉のように「気に入らないなら降板する」と言われ降板したそうです。

また突然番組から消えたのも、降板のエピソードを拒否されたことが原因だそうです。

俳優アラン・ドロンと意気投合?

Free-Photos / Pixabay

当時在籍されていた三船プロダクションでの忘年会では、フランスの俳優アラン・ドロンさんと同年代ということもあって意気投合したそうです。

夏木陽介はなぜ結婚しなかった?恋人はいなかった?

reaklop2 / Pixabay

若かりし頃には噂になった星由里子はいたものの、独身を貫かれました。多趣味で家族というものよりも自由奔放に徹底的に遊びたかったんでしょうね。

大の車好き?

夏木さんは車好きは物凄く有名で、免許取ったらすぐに、メルセデスベンツ300SLという超高級車を乗り回していいました。その後も世界の高級車やスーパーカーをおよそ数百台乗り回しています。

直近の愛車は、ジャガー・SS100、ジャガー・Eタイプ2台、レクサス・SC430、ローバー・ミニなどを所有していました。

実家は超お金持ち?

Stevebidmead / Pixabay

夏木さんの実家は八王子市にあります。現在八王子というと東京に雪が降ると必ず中継が入りますが、夏木さんの生まれた当時は八王子もめじろ台などは都心の高級住宅街に名を連ねていました。

また夏木さんの出身高校は桜美林高校ですが、お坊ちゃん・お嬢様学校で有名なんです。それから推測してもお金持ちのにおいはします。

また夏木さんは明治大学を卒業されています。高卒が多い時代にしっかりと私立大学を卒業でき、16歳からベンツを乗り回していたと聞けば、実家はお金持ちと結論になります。

夏木陽介の経歴は?

GregoryButler / Pixabay

今まで小出しにしてきました夏木さんの経歴をまとめてみました。

東京都八王子市出身、明治大学経営学部を卒業

greymatters / Pixabay

夏木さんは東京都八王子市出身です。高校は桜美林高校を卒業され、明治大学経済学部を卒業されています。

夏木陽介の若い頃の写真は?

精悍でやさしい感じのする二枚目ですね。この笑顔がお茶の間の人気を博したそうです。

「ジュニアそれいゆ」のモデルにスカウトされ、1958年に東宝へ入社

明治大学の同級生ホキ徳田のおばあさまの実家に画家の中原淳一が住んでいたそうです。そこで中原さんからの薦めがあって中原が編集していた雑誌「ジュニアそれいゆ」のモデルにスカウトされました。

その後大学を卒業して1958年に東宝に入社しました。芸名も中原さんより命名してもらったそうです。

映画「美女と液体人間」で俳優デビュー

映画「美女と液体人間」で中原氏より芸名夏木陽介を付けてもらい、俳優デビューしました。同期は桐野洋雄さん、小川安三さんがいます。

東宝からは佐藤允・夏木・瀬木俊一の3人組で「スリーガイズ」として売り出しました。瀬木さんが早々に引退したのでこの名前では売れなかったようです。

テレビ映画ドラマ「青春とはなんだ」でブレイクし、青春ドラマに多数出演

石原慎太郎さん原作の「青春とはなんだ!」で大ブレイク、お茶の間の人気者になりました。

その後も青春ドラマに数多く出演されました。

1973年に三船プロダクションに移籍、ドラマ「Gメン’75」に出演

東宝の先輩だった三船敏郎さんから以下のように誘われて三船プロダクションに竜雷太さん一緒に移籍されたそうです。

「力を貸してほしい、俳優が必要だ」

(引用:Wikipedia 夏木陽介より)

NEXT:個人事務所「夏木プロダクション」を設立
1/2