「嫌われてもいい」で仕事や恋愛がうまくいく!方法や注意点を紹介

嫌われてもいいという覚悟をすると、途端に多くのことが楽になると言われます。それは仕事の職場においてもそのようです。恋愛ではモテるようになったりと変化が起きるのです。その心理状態とはどんなものなのか。名言集なども紐解きながら、説明していきたいと思います。

「嫌われてもいい」と思えば人生が楽になる?

誰しも周囲の人からは嫌われたくないと思っています。嫌われることで人間関係の摩擦から、精神的に消耗するのです。嫌われたくない一心から、相手に合わせて自分を殺すことさえあるでしょう。

しかしひとたび、「嫌われてもいい」と覚悟を決めることで一気に楽になる心理があるようです。この考え方は、仕事にも恋愛にも大きな変化を呼び込むようです。

この記事では、その具体的な実践方法や、メリットについて記していきます。

周りを気にして本当にやりたいことができない人は多い

3dman_eu / Pixabay

周囲の視線を意識し過ぎて、自分の本当にやりたいことができずにいる人がいます。確かに周囲の人との協調関係こそが、場を成立させる要因になることは多々あります。

しかし恋愛でも職場でも、周りを気にするだけで自分を押し殺したままでは心理的にも追い詰められてしまいます。

嫌われたくないという思いから人間関係がつらくなる

SimonaR / Pixabay

嫌われたくないと思う気持ちは、ごく自然なことです。人間関係において「誰からも好かれる」というのはある意味理想です。しかし現実には、どんな人でも好き嫌いがあって、これは不可能です。

ほとんど不可能と解りつつも、嫌われないようにする一心で、辛くなることはあるでしょう。

「嫌われたくない」は個人の欲

xusenru / Pixabay

嫌われない、は言い換えれば、好かれるということとほぼ等しいことです。他人が自分をどう思うかは、自分の力ではどうにもならないはずです。それなのに「嫌われたくない」と思うのは個人の欲と言えます。

根底にある心理は「相手の心を思うように操作したい」という願望が隠れていないでしょうか。嫌われない努力というものはあっても、確実な手段はないのです。自身の大きな欲望だということになります。

人間関係は幸せも運ぶが、摩擦も起きる

geralt / Pixabay

対人関係において、多くの人から認められ好かれることは気分の良いことです。ことに職場において「一目」置かれることは、その人の幸せにもなるでしょう。

しかしそうなったらなったで「やっかみ」から、嫌われることも大いにあるのです。そういう意味では、人間関係が幸福感をもたらすことも、摩擦になることもあるのです。

NEXT 合わない人のことは前向きにあきらめる