成功する告白の切り出し方やタイミングは?方法やNG行動まとめ恋愛・心理

成功する告白の切り出し方やタイミングは?方法やNG行動まとめ

目次

[表示]

電話での告白の切り出し方は事前に電話する時間を確認する

FirmBee / Pixabay

直接会って告白するより緊張はしませんが、それでも相手の声のトーンや息遣いなどが聞こえ緊張はかなりしますよね。

きちんと話すことを整理しておかないと、「なに?もう一回言って?」などと言われ、上手く伝わらないこともあります。

電話の声は普段より聞き取りづらくなるので、はっきりと話さないといけません。ですが、メールに比べれば電話の方が気持ちは絶対に伝わるでしょう。

電話での告白の切り出し方はある程度空気が和んでから切り出すようにする

nastya_gepp / Pixabay

電話での告白は、電話をし始めてからすぐに、というよりも何十分か他愛のない会話をしてからの方が良いでしょう。

ふと話がひと段落した瞬間や、2人の空気が落ち着いたときに切り出す方が自然でかつ、相手も告白を受け取りやすくなります。

「あと、まだ話したい事があって」などと切り出すと、これまでの会話の雰囲気とか違うなということを相手も察するでしょう。

LINEやメールでの告白の切り出し方はいきなり「好きです」はしないようにする

epicantus / Pixabay

メールで告白する時のポイントは、シンプルな言葉選びをすることです。長文でだらだら送るのはNG、上手く伝わりません。

親しい相手にはストレートに伝え、あまり親しくない人には、相手が返信をしやすいように気を使った内容にしましょう。絵文字は使わない方が良いです。軽く感じ取られてしまう可能性があります。

メールは親しい相手と親しくない相手では相手の気遣いを見せた切り出し方をする

Pexels / Pixabay

メールでは、良くも悪くも文字で受け取ります。親しい相手であれば、ストレートにものを伝えても受け取りやすく、また返事はしやすいでしょう。

ですがまだあまり親しくない相手にメールで告白をする場合は、メールというもの自体あまりしない中である場合、返事に困らせる可能性があります。

相手がすぐに返事をしやすいように、「いきなりごめんね」「返事は急がないで大丈夫」などの気遣いを入れましょう。

手紙での告白の切り出し方は前置きをつけた上で気持ちを伝える

jackmac34 / Pixabay

相手のどこが好きなのか、相手を好きになったきっかけは何か。たった二言「好きです。付き合ってください。」これだけでも気持ちは伝わります。

ですがせっかくの手紙なので、言葉ではなかなか言えない好きなところやきっかけなど一言添えるだけで、そのラブレターに重みが増します。

お手紙の最後には「お返事待ってます」と一言添えましょう。ラブレターにはお返事をするものかどうかと悩ませる可能性があります。

直接会って告白をする時の切り出し方は?

TanteTati / Pixabay

まず前提として、告白をする場所は静かな場所を選ぶこと、これは絶対条件です。

食事をしている最中、横でで大学生が大騒ぎ中に「実は……好きです」なんてセリフを言われても全くムードがありません。出来るだけ静かな場所を選びましょう。

告白の成功の鍵はムードです。これは必ず覚えておきましょう。

直接告白するときはまず呼び出すようにする

Didgeman / Pixabay

直接告白をするときは、前もって「明日の17時に公園で待ってます」などと、時間や場所の指定をして呼び出しておきましょう。

当日になってバタバタしていては上手くいきません。前日の夜までにメールや電話でアポを取っておく事が必要です。

告白を切り出す場所にも気を遣うこと

pepperminting / Pixabay

告白を切り出す場所は、ムードに繋がる大切なポイントです。告白を切り出す場所がお手洗いに近いところや、大通りの騒がしいところでは落ち着いて話が出来ません。

落ち着いていて、お互いの声がちゃんと聞こえる場所はマストです。

歩いているときに告白を切りだすのは相手の顔を見なくて良いからおすすめ?

MabelAmber / Pixabay

2人で並んで歩いている時に切り出す場合は、車通りの多い場所は避けましょう。静かな場所を歩いている時に話すと成功する可能性が高くなります。

2人で並んで歩いている時に切り出すメリットとしては、並んでいるのでお互いの顔を見ないで告白しやすいというところです。緊張しやすい方、赤面しがちな方は直接でも告白しやすい方法です。

歩いているときの告白の切り出し方は会話の流れを読む

klimkin / Pixabay

並んで歩いているときは、2人の距離が自然と近いので、恥ずかしいさで声が小さくても、相手に伝わりやすくなります。

歩きながらの告白は、電話で告白をするときのように、会話の流れの中で、ふと話のから区切りがあったとき「大切な話があるんだけど…」などと切り出すと、相手も話をしっかりと聞きいてくれるはずです。

告白を切り出す際は10秒ほどの沈黙を作る

StockSnap / Pixabay

失敗ケースので、軽く聞こえてしまうということもあります。会話の流れや、雰囲気とノリで告白をしてしまうと遊びと受け取られてしまいます。

告白をする直前は、何かしらが始まると言う少し今までとは違う雰囲気を出さなければ、本気の気持ちは伝わりません。

だいたい目安として、告白を始める前には10秒ほど沈黙を作りましょう。恐らく、緊張で自然と沈黙は出来ると思いますが、大切な間ですから、焦らずに行きましょう。

告白の切り出し方におすすめな場所は?

ROverhate / Pixabay

告白を切り出すのは、言葉も大切ですが場所も大切です。どんな場所が告白のシチュエーションとして最適なのか、詳しく解説して行きます。是非ご参考にして見てください。

誰も居ない放課後の教室

Pexels / Pixabay

社会人ともなるも、教室というフレーズからは遠のいてしまうかもしれません。しかし教室での告白を夢見る男女は多いようです。

青春時代の代名詞と言える空間でしょう。特に放課後の誰もいない静かな教室はムードがあり、映画のようなロマンチストさがあります。

公園

StockSnap / Pixabay

告白の経験がある人の中でも、多数は公園の散歩中に告白されたということでした。

周囲に声が聞こえにくく、自然の中で慣れ親しんだ場所で、落ち着いた気持ちになっているからこそ、告白を成功へと導いてくれる場所なのかもしれません。

車の中

Pexels / Pixabay

女性は、男性の運転でドライブに行くのが好きな人が多いです。そこまで気にしていなかった相手でも、運転スキルがあれば好きになってしまうかもしれないほどです。

密室であり、近いようで遠く、ドキドキ感や誰かが入ってくることのない状態が、告白には最適な空間でしょう。

家の中

ssabyo77 / Pixabay

相手仲が良く、家に行けるような状態であれば、家の中での告白も良いですね。

家の中はお互いに落ち着いた気分にもなれますし、また密室という意味では、ふと相手の真剣な表情を見た瞬間からドキドキが止まらないでしょう。

オンオフを付けやすく、告白するにはプライベート空間が確保されとてもよいです。

夜景が見える綺麗な場所

MartinStr / Pixabay

やはり告白はムードが大切です。夜景が綺麗な場所で告白をして貰えたら、自分の為に色々考えてここへ連れてきてくれたんだろうな。などと相手にも言わずとも伝わります。

夜景が見れるおしゃれなレストラン

Free-Photos / Pixabay

夜景が見えるレストラン、連れて行ってもらうだけでテンションがあがります。どうしてこんなところ知ってるの!と、それだけでサプライズ要素満点です。

そんな絶好のスポットでの告白はOKを貰える可能性がかなり高いでしょう。シチュエーションが良いだけに、セリフには気を付けましょう。

穴場のデートスポット

ulissescs / Pixabay

定番デートスポットといえば、横浜赤レンガ倉庫ですね。なにが魅力かというと、レトロな外観です。夜の照明がついたときは更にステキな空間です。

そして横浜といえば大観覧車があるコスモワールドです。ここはやはり大人気です。

あえて事予告はせず、近くをさりげなく通った時の流れで向かうのが良いでしょう。観覧車から見える景色は昼も夜もおススメです。

夏場は涼しい場所

skeeze / Pixabay

日本最大のVR施設、VRゾーン新宿は行列を作るほどの大人気です。室内なので涼しさはもちろん、アトラクション要素満載なので、自然と会話も弾みますし、アプローチもしやすいでしょう。

涼しい室内で絶景の夜景を眺めながら楽しめるビアガーデンが横浜にあるんです。学生や社会人の大人カップルにおすすめしたい夏のデートスポットが、スカイビアガーデンです。

キンキンに冷えたビールやアルコールを楽しみながら、一緒に夜景を眺められるなんてこれ以上のシチュエーションはないでしょう。是非一度行ってみてください。

観覧車

t_watanabe / Pixabay

告白の定番スポットの1つといえば、観覧車です。特に女性の多くは、観覧車の中で告白されることを一度は夢見たことがあるでしょう。

観覧車での告白メリットは、車の中と同じように密室であり、2人きりになれるということです。誰かに告白を聞かれる心配もなく、安心して告白することができるでしょう。

要注意!告白の切り出し方のNG行為

precious716 / Pixabay

相手の心に余裕がない時は、告白をしても良い返事は貰えないことが多いです。どうしてこんなタイミングで告白するの?無神経。などと思われてしまい逆効果です。相手の今の様子を良く観察し把握しましょう。

寝る前や深夜はNG

Free-Photos / Pixabay

寝る前や深夜は、会話の眠気に襲われる恐れがあります。告白までになかなかの時間がかかる恐れもあります。いざ言おうと思ったタイミングがあっても、その頃には相手はもう眠さを感じているかもしれません。

時間に余裕のある夕方から21時前後までを目安にしましょう。

早朝や通勤・通学途中の時間帯はNG

WikiImages / Pixabay

早朝や通勤、通学中に時間に余裕がある人はそうなかなかいません。せわしない時間を送っている人が大概です。

そんな時に告白をしてはかえって迷惑になり嫌われてしまう恐れがありますので避けましょう。

居酒屋の告白はNG

viganhajdari / Pixabay

お酒の空間での告白ほど信憑性のないものはありません。それがある程度、仲の良い二人きりで食事やデートを繰り返す相手でもタブーです。

たとえその告白が本気だとしても、告白された相手が本気であると受け取ってくれなければ意味がありません。

お酒の力を借りたいという気持ちも理解出来ますが、真剣な気持ちを知ってもらうには自分自身の力で伝えましょう。

騒音がある場所での告白は控えるようにする

Free-Photos / Pixabay

人が多くて騒がしい場所は、ゆっくりロマンチックな空間にすることは難しいです。特に、居酒屋はオススメ出来ません。

いざ告白をしたとしても、良く聴こえなかったり、雰囲気は台無しです。人が多ければ落ち着きさえも失いってしまいます。

準備もない告白の切り出し方はNG

fda54 / Pixabay

いきあたりばったりな告白は真意を十分に伝えることはできません。好きな気持ちが先走って、早く気持ちを伝えたいという思いになることもあるでしょう。

ですが、告白を成功させるためには準備が必ず必要です。出来るだけ自分を好きになってもらえるような告白のシチュエーションを考えましょう。

お付き合いができた後の会話で、あの告白は本当に素敵だった。と思い出話が出来るといいですね。

ふざけた口調で切り出すのもNG

StockSnap / Pixabay

普段からふざけ合う相手でも、告白のタイミングでそれを出すのは禁物です。軽いノリやおふざけなテンションでの告白の仕方では、本気の気持ちは全く伝わりません。

告白された側が、どの程度真剣に告白をしてくれているのかがわかりません。真剣な想いを受け止めて欲しければ、一時の恥は捨て、真剣に告白しましょう。

トイレの近くもNG

Alexas_Fotos / Pixabay

よほど抜けていなければ問題ないとは思いますが、夜景のきれいな公園やテーマパーク、雰囲気のいいお店でも、トイレ付近は避けましょう。

二人きりだと思って告白を切り出しても、予想外のタイミングで人が来てしまう可能性があります。一見、トイレと分からないようなオシャレなトイレでも、ロマンチックとは縁遠い空間です。注意しましょう。

相手の状況を考えず告白を切り出すのはNG

KathrinPie / Pixabay

相手の今の状況を何も考えずに告白をしてしまうと、なぜこんなタイミングで。と幻滅されてしまう可能性があります。

相手が今、なにか悩んではいないか、忙しくないか、など相手の事は日頃から良く観察しておきましょう。

NEXT:感情は先走って告白するのはNG
2/3