成功する告白の切り出し方やタイミングは?方法やNG行動まとめ 雑学・ライフスタイル

成功する告白の切り出し方やタイミングは?方法やNG行動まとめ

告白を成功させる秘訣は、いつどんなタイミングでするのか。どんな場所で、どんな切り出し方をするかという事です。そしてどんなセリフで思いを伝えるかということが最も大事なポイントです。恋愛には欠かせない告白について成功に導く方法をまとめました。

目次

[表示]

告白を成功させるには切り出し方やタイミングが重要?

pixel2013 / Pixabay

告白を成功させる大事なポイントは、まず告白の切り出し方です。ここでは、その切り出し方とタイミングについて詳しく解説して行きます。

告白の切り出し方で成功率は左右する?

castleguard / Pixabay

普段通りに気軽に会話を楽しむ → 会話が自然と終わる → その流れで相手の目をじっと見つめる → 沈黙になる → 相手の名前と、思いを伝える。

この切り出し方であれば「え?なに?まさか?」と告白を受ける側も告白の雰囲気を感じ取れます。

切り出し方次第で告白が成功するか失敗するかを大きく左右します。相手をドキドキさせることができたらその告白は成功の近道です。

告白を成功させる切り出し方の秘訣はセリフを分かりやすくすること

sasint / Pixabay

告白のセリフは考えすぎずにシンプルにしましょう。成功する告白のセリフは 告白のセリフはシンプルで“分かりやすくします。

セリフを周りくどく、分かりずらいのはNGです。そしてセルフを考えすぎたキザなものもNGです。1秒でごめんなさいのワードを頭に浮かばすことになります。

一概に「ひと言」ではありませんが、シンプルで分かりやすい言葉選びの方が、相手の心にストレートに伝わります。

成功する告白の切り出し方はタイミングが大事!

Andi_Graf / Pixabay

今まで自分から告白をしたことはありますか?社会人にもなれば、一度くらいは誰もが経験したことがあるでしょう。

告白は、何度経験しても心臓が飛び出るほど緊張しますし、断られたらどうしようと考えるとお腹が痛くなってしまうものです。

せっかく自分から告白するなら成功させたいですよね。それにはタイミングとセリフ選びは慎重に行うことが重要です。そこにこそ告白の成功がかかっています。

告白の切り出し方はシミュレーションも大切

Takmeomeo / Pixabay

好きな人に告白をするときに、告白の仕方やタイミング、セリフやベストな場所を考えることはとっても大事なことです。しかしそれをあなたの理想でシュミレーションを行ってはいませんか。

告白を成功させるには、好きな人をする相手がどのように告白されたいかということを一生懸命考えましょう。やり方や場所、セリフをリサーチしておくのも良いです。

夜景の見えるところが好みか、ロマンチックなセリフで告白されたいのかなど、好きな人本人から聞き出すことができたらベストですが、周囲の友達に探りを入れるのも必要かもしれません。

成功する告白の上手な切り出し方とは?

Mylene2401 / Pixabay

好きな人に告白をすると決めたときは、どんな方法で告白をするか、どんなやり方をするかと考える必要があります。

成功率を上げるには、告白方法にどんな方法があるのかをリサーチして見ましょう。告白の方法を厳選して紹介致します。

「大切な話」から切り出すのが定番

geralt / Pixabay

「真面目な話になるんだけど」「今日は大切な話がある」「気づいていると思うけど」「前から伝えたかったことがある」こういった言葉で切り出せば、相手はこれから告白されるのでは無いかと空気を察します。

あとは、あなたの気持ちをストレートに「好きです」「付き合ってください」などと伝えます。

脈ありの場合も使える「気付いてるとは思うけど」

stux / Pixabay

告白をするときの切り出し方に「気づいているとは思うけど」という切り出し方があり、相手が自分の思いに気付いている場合に、この切り出し方が有効です。

「気づいているとは思うけど」という切り出し方について、しっかりと相手に自分の気持ちが伝わっていることが明確に判明している場合のみ有効的です。一方的な思い込みでは無いように要注意しましょう。

行動が変わるタイミングで切り出す

Alexas_Fotos / Pixabay

告白には、セリフの内容だけではなくタイミングも重要です。いつでも告白の切り出し方だけを考えていればいいかというと、そうではありません。

切り出し方を有効的に使うときは、シチュエーションや雰囲気が変わったときが有効的です。

例に挙げると、車に乗り込んだとき、車から降りたとき、歩いていて立ち止まったときなど、今までしていた行動から変わるタイミングがベストタイミングです。

告白を切り出すときは緊張しても良いがはっきりと伝えること

Pixaline / Pixabay

告白を受ける側は、好きなら好きとハッキリ言って貰えた方が嬉しいものです。「好きかもしれない」「気になるかもしれない」などというと結局何が言いたいのか伝わらずモヤモヤさせてしまいます。

実際の相談体験を元に説明します。学生時代にハーフの男性から次のような告白を受けて対応に困った経験がありました。「僕は◯◯の目が好きです。ずっと見ていたい。だから僕だけを見ていて欲しい」とのことです。

キザなセリフは一見格好良く感じますが、相手にはいまいち伝わりずらく困らせてしまう可能性が高いので控えましょう。シンプルイズザベスト、シンプルでわかりやすい言葉だけで十分です。

告白を切り出す前に静かな場所に連れていくのがおすすめ

geralt / Pixabay

告白をする上でおすすめな場所は、あまり人がおらず人がこない場所です。例えば、小さい公園や、河川敷なども良さそうです。

できるだけ2人きりになれるような場所で告白をしましょう。そこであなたの想いを十分に伝えることができれば成功の可能性が高いです。

デートの最後に告白を切り出すのもおすすめ

Tasos_Lekkas / Pixabay

食事やデートに誘い、その1日の最後に告白をするのがおすすめです。

告白に一番適したな時間帯は、夕方~夜(約17時~22時の間)夕暮れ時は、ムードが良く、ロマンチックで気を許しやすいからです。反対に、朝イチや寝る前など、時間に限りがある時間帯は避けましょう。

朝は、身支度でバタバタしていたり、何かとゆっくりできる時間は少ないでしょう。おまけにあまり雰囲気もロマンチックではありません。時間にゆとりのあるタイミングを狙いましょう。

実体験を元にした成功率が高い告白の切り出し方

reaklop2 / Pixabay

好きな人ができ時に多く人が悩んだり、迷ったりする告白。今回は、告白について根本的な告白の目的と失敗を防ぐポイント、成功方法、具体的なセリフ、場所やタイミングについて、詳しくまとめます。

大好きなあの人とお付き合いをしたい方、成功する告白について詳しく知りたいという人は、是非参考にしてみてください。

飲み会の帰り

Free-Photos / Pixabay

好きな人が出席する飲み会などがあったら参加をしましょう。さりげなく隣になって見ましょう。

そして帰りは一緒に帰りましょう。飲み会中に好きな人がお手洗いに立ったらさりげなく追いかけ、お手洗いの帰り際に「一緒に駅まで帰りませんか?」などと気軽にさらっと誘ってみましょう。

お酒の力を借りて大胆になれますし、相手もそれは同じです。OKをもらいやすいでしょう。恥ずかしさであまりアプローチで出来ない人も使える方法です。

社員旅行・グループ合宿

JESHOOTS-com / Pixabay

社員旅行や合宿で、いつもとは少し違う環境で解放感があり、大胆な行動をすることができる気分になれます。

夜になったら好きな人を誘って近くを散歩して見たり、宿に帰るときに「もう少し一緒にいたい、楽しかった」などという言葉で相手をドキッとさせましょう。

非日常の空間で気分が高まっている状況での告白は、成功する可能性が高いです。夜の散歩に2人でこっそり抜け出すというスリルを一緒に味わうことでより、相手に特別意識を与えることができるでしょう。

リアル脱出ゲームの後

Free-Photos / Pixabay

リアル脱出ゲームは、最近流行っている体験型テーマパークです。ゲーム中は、自然と好きな人に触れられたり、さりげなくスキンシップが出来る大チャンスです。

また、ゴールに向かって一緒に協力し合いながら取り組むため、結束力が生まれます。

ゲームを楽しんだ後に、「この先も今日みたいに一緒にいて欲しいな」とさりげなく流れで告白できます。一緒に楽しんだ後のポジティブ気分なので、成功しやすいパターンです。

花火大会のスポンサーになる

nickgesell / Pixabay

スポンサーとして花火大会に参加すると、自分用の花火を上げる際に、マイクでメッセージを伝えることができる場合が多いです。

花火大会の大勢の人の前で「好きです!お付き合いしてください!」と叫べば会場全体が祝福ムードになること間違いなしです。

これならサプライズ感も100点。自分のための大きな花火をあげてくれ、自分のための行動力に恋愛感情を呼び起こすでしょう。

サプライズプレゼントを渡したとき

Nietjuh / Pixabay

サプライズでプレゼントをすると、なんだかんだとても感激して貰えるものです。少しリッチなレストランで食事をし、デザートのお皿に指輪が飾られていた。といった演出も、聞いているだけでは恥ずかしく感じます。

ですが実際にして貰えたら嬉しいはずです。サプライズプレゼントは、ある程度自分へ好意を持ってくれている相手に対してであればきっと喜んで貰えるはずです。ですがやり過ぎには注意しましょう。

ホテルの上で夜景を見ているとき

Kanenori / Pixabay

レストランなどで食事をした後、ホテルの最上階のオシャレなバーに連れて行って見ましょう。

いつもと違うテイストの雰囲気で、そこから見える景色も絶景の夜景、そこで「好きです」ととにかくストレートに告白しましょう。

雰囲気と、特別なシチュエーションにOKを貰える可能性はグッと上がります。

落ち着いた雰囲気で恥ずかしそうに

sathyatripodi / Pixabay

落ち着きを出しつつ、恥ずかしそうな表情をあえて見せることで、男女ともに新鮮なその雰囲気を可愛いと思わせることが出来ます。自分のために今一生懸命に何かを伝えようとしている。

ここまでくれば、告白をしようとしていることはバレバレなはずですが、もうここからはバレていいです。その一生懸命さと照れている表情を見ていたらOKしたくなります。

告白の切り出し方のタイミングはいつが良いのか?

MabelAmber / Pixabay

もちろん、これが絶対的に正解という訳ではありません。しかし定番の告白方法であり、自然に気持ちを伝えることが出来る方法でしょう。

告白を受ける側としても、構えることなく自然告白を受けることが出来るシチュエーションです。

迷ったときは、まずは以下を参考にして見ましょう。あとは自分なりに工夫しても良いですが、アレンジをしすぎると失敗する恐れがあります。あくまでもシンプルが良いです。

最低でも3回以上はデートしている

Garysun / Pixabay

よく知らない相手から、いきなり告白をされても返事に困ってしまします。告白を成功させるポイントとして、告白するまでに相手にも自分のことよくを知ってもらう必要があります。

二人きりのデートがハードルが高ければ、友人カップルなどと一緒にダブルデートをお願いするのも良いでしょう。何度かデートをしてから告白した方が成功する可能性が高いです。

告白前のデートは最低3回は行っておくことをおすすめします。

ほぼ毎日連絡を取っている

geralt / Pixabay

おはよう、おやすみなどといった他愛の無い会話で十分です。毎日連絡を取って見ましょう。やりすぎには注意ですが、最近よく連絡をくれるなあ、ということを相手は感じるはずです。

少なからず何か特別なことを思わせることが出来るでしょう。

秋の季節に告白したカップルは交際期間が長い?

Valiphotos / Pixabay

交際がスタートした交際期間と季節に関係があるという結果が出ています。春は交際期間が一番短く、秋は一番長いという統計結果が出ています。

春は新しい出会いが多く、出会いがあれば、別れもあるという意味で早いという結果に繋がっていると言えます。

秋に交際すると長続きする理由は、クリスマスやバレンタインなど恋人がいるとより盛り上がれるイベントが多く存在しているということが関係しているかもしれません。

デートに断られない

Nietjuh / Pixabay

デートに断られない誘い方をすることが大切です。無理やり誘うのではなく、相手が行きたいと思うようなデートプランを考えましょう。

「次はあの映画を見に行こう」「今度は買い物に遊びに行こう」などといった未来の約束を沢山します。

「これからもずっと会いたい」という気持ちをデートに誘うという形で伝えられます。そしてその約束を楽しみにしている様子を見せれば、相手は自ずとあなたの気持ちに気付くでしょう。

知り合って1~3か月は過ぎている

rawpixel / Pixabay

知り合ってから3ヶ月前後で、デートに誘うなどとして、ある程度の時間をともにしましょう。一目惚れをする人もいれば、相手をよく観察してからでなければ好きになれない。などタイプは様々です。

そんなことも知りながら、相手のことをより知った上で告白をした方が、告白に信憑性が生まれます。

告白を切り出すおすすめの時間帯は?

Monoar / Pixabay

朝の通勤途中に告白するなんて考えらません。「普通の朝にプロポーズされたのが嬉しかった」という情報を鵜呑みに、告白も朝に! これは大変な間違いです。

お付き合いをしたいという真剣な話をするときは、心と時間に余裕が必要です。寝起きだと相手も「ごめん聞いてなかった、うとうとしていた」なんていう悲しい回答が返ってくる恐れも大いにあります。

つまり告白のベストタイミングは、お互いの気持ちに余裕がある約夕方〜22時の間。メールや電話は、タイミングが大切です。「今大丈夫?」と真剣な前置きを忘れずに行いましょう。

LINEやメール・電話・手紙での告白の切り出し方や方法は?

jarmoluk / Pixabay

告白においてメールでの切り出し方については、いきなり「好きだ」と書いても相手に伝わりにくいです。最悪の場合、いたずらメールだと思われる可能性すらあります。

メールでの告白の切り出し方は、「いきなりメールしてごめんさない」という趣旨の切り出し方を経て、「実は○○さんのことがずっと前から好きでした」とすると、相手に分かりやすく告白だと伝わります。

相手からの返事が欲しい場合は、「時間があるときで大丈夫です、お返事待っています」と相手を気遣う一言も大切です。メールで告白する方法のポイントは、シンプルでストレートなセリフにすることです。

NEXT:電話での告白の切り出し方は事前に電話する時間を確認する
1/3