離婚して後悔するパターンの男女別まとめ!後悔しない方法は? 芸能人

離婚して後悔するパターンの男女別まとめ!後悔しない方法は?

離婚して後悔したという経験はありませんか?近年では離婚は珍しくはなく、熟年離婚なども増え離婚して後悔している方が沢山います。離婚は自分だけではなく妻・旦那・子供それぞれの人生を変えてしまうものです。離婚後にはどんな後悔がまっているのかをまとめました。

目次

[表示]

離婚する夫婦は多い?後悔することも?

stevepb / Pixabay

近年、離婚する夫婦は年々増加傾向にあります。日本での離婚率も高くなってきており、若年層での離婚率は60%と半分以上の方が離婚を経験しています。

最近は、熟年離婚も増加傾向にあり、3組に1人が熟年離婚を経験していると言われております。

離婚と聞いても他人からすれば、さほど気にすることはありませんが、本人たちからすればやはり、大きなショックと今後大きな負担がかかるものです。

要注意!離婚して後悔する理由とは?

pixel2013 / Pixabay

いざ離婚してみるとそこにはどんな後悔が待っているのでしょうか。離婚する時には要注意して決断しなくてはいけません。離婚後悔する前にどんな後悔があるのか確認しましょう。

では、どんなことで後悔したのか男性・女性別で見ていきましょう。

離婚した男性に多い後悔は?

Free-Photos / Pixabay

まずは男性が離婚して後悔したことは、子供との別れが辛い、楽になると思ったら孤独感、家事が思っていたよりもできない、慰謝料など金銭面で後悔するなどが離婚した男性に多い後悔することです。

子供ができてからの離婚になると、やはり一番辛いのは子供に毎日会えなくなってしますことでしょう。また、子供に会えないのに養育費などの支払いなど金銭的な後悔も押し寄せてくることになります。

家に帰れば誰かがいて、離婚したら誰も家にいなく寂しく孤独を感じるようになります。また、妻が居て家事をしてくれる事、子供がいることなど一緒に暮らしていたことはを思い出し離婚したことを後悔するでしょう。

離婚した女性に多い後悔は?

次に女性が離婚して後悔したことは、再婚が難しい、子供が辛そうにしている、世間の目が痛い、仕事が見つからないため金銭的に不安がある、仕事と家事育児の両立が大変であるなどが離婚した女性が多い後悔です。

子供がいると再婚は難しくなりますし、子ずれの再婚となると世間の目も痛く感じるでしょう。シングルマザーですと自分が働かなくてはと、子供を預け子供といる時間も少なくなってしまいます。

働く時間も限られてますので、高収入も厳しく金銭的に不安になってしまいます。仕事をして家事育児もすると体力的・精神的にも疲労が溜まり辛くなってきます。

子供が好きなのに、会う事ができない

mario0107 / Pixabay

離婚したことで、大好きな我が子に会う事ができなくなってしまいます。離婚すれば親権などが関わってきますので簡単に可愛い我が子に会う事ができなくなりとても後悔することになるでしょう。

なかなか会えない我が子への養育費の支払いなどが発生します。貯蓄は養育費に消えてしまったという話は珍しくありませんので金銭的な面でも後悔することになります。

マンネリで離婚したものの、その後に良い相手が見つからない

pasja1000 / Pixabay

離婚した後、再婚相手は探しますがなかなかいい人が現れません。もう少し考えてから離婚すればよかったという声があります。

結婚は相手の人生を大きく変えることになりますので、人生を変えるほどの出会いというのはそう簡単には訪れることは少ないはずです。

そのため、離婚して後悔したという声が上がってくるのです。また、離婚歴を聞いてしまうと相手も身構えてしまいます。離婚歴を受け入れてくれる相手を見つけなくてはならないので、とても大変です。

迷った末に離婚したけれど、正しい選択さったのかわからない

geralt / Pixabay

迷いに迷って離婚はしたものの、本当に正しい選択だったのかは人それぞれでしょう。離婚の原因も人それぞれ違います。

離婚して、冷静になって考えたときに「どうしてあの時」という気持ちになり離婚を決断した自分にイライラしてしまうこともあるでしょう。

なにかあって離婚という結論をだし、結婚生活から逃げ出すと後悔してしまうことが多くなります。離婚は自分の人生だけではなく相手や子供の人生を大きく佐右するものです。

子供を気づつけていないか不安

sathyatripodi / Pixabay

両親の勝手な都合で離婚し、片親で育てていくとなると寂しい思いをする子は多いでしょう。今までお父さん・お母さんと楽しく日々を暮らしていたのにいきなり片親になり一人の時間が増え、孤独を感じてしまいます。

子供は正直です。「なんで〇〇ちゃんにはお父さんがいないの?」など疑問に思ったことは聞いてしまいます。その一言だけでも心は傷ついてしまうでしょう。

しかし、頑張っている両親をみたらその質問は親に聞くことはできず、自分も我慢しなくてはいけない。頑張らなくてはいけないと思い詰めてしまうでしょう。

性格の不一致などで、あまり考えずにスピード離婚してしまった。

Tumisu / Pixabay

性格の不一致から離婚になるケースもよくあるでしょう。自分の悪い所は直すからと何度も話し合いをし、よく考えればやり直せるチャンスは沢山あったはずです。

一度はこれからの人生を共に歩んでいこうと決めた人です。結婚生活は忍耐力が必要になってきますので、日頃から相手が何を考えているのかなど自分一人の考えだけでの判断は後悔してしまいます。

話し合いの機会は結婚生活においてとても重要なことになってきます。スピード離婚は振り返った時にいい思い出のほうを沢山思い出してしまい後悔して、復縁を考えるようにもなるかもしれません。

子なしで離婚して婚期が遅れた、再婚が不安

Free-Photos / Pixabay

離婚し再婚までに時間がかかる原因は、許せない部分があって離婚はしたけど、好きな部分があったのも事実で、離婚後に好きだった部分を思い出し次の相手を探すことができないのが婚期が遅れてしまうのでしょう。

子供がいないからこそする後悔は、簡単に離婚を決定出来てしまうことです。子供がいれば子供が可哀そうだからと冷静に考えることができますが、子供がいないとなると自分たちの都合で離婚できます。

離婚を決断して失ったものなどの大きな負担は、これからの人生で自分が背負って行かなくてはなりません。現実と向き合っと時に離婚しと事を後悔してしまうでしょう。

一人暮らしが孤独で寂しい

darksouls1 / Pixabay

始めは離婚して楽しく暮らせると思う人は少なくないでしょう。しかし、孤独感が押し寄せてきます。家に帰れば相手とのコミュニケーションがありましたが、離婚したら家でのコミュニケーションはなくなります。

離婚してすぐよりも、自分の生活のリズムを掴み始めた時にこそ孤独を感じるようになってきます。温かい家庭が無くなると喪失感もあり自然と孤独感を味わうようになります。

はじめから結婚していなければ1人になったとしても孤独感を感じることは少ないでしょう。なので、離婚した後の孤独感は今までとは違った孤独感に襲られるのではないでしょうか。

シングルマザーになり、経済的に厳しい

jarmoluk / Pixabay

離婚しシングルマザーになった女性が一番悩む事は、経済面なのではないでしょうか。養育費については細かく決めてから離婚しておけばよかったと思う方が多いです。

養育費について詳しく話さなかったために、夫からの養育費の支払いは半年しないうちに支払いが途絶え、失踪されるということもあります。

養育費など金銭面に苦しくなってしまう女性は多いでしょう。

子育てと仕事の両立が大変

neildodhia / Pixabay

離婚して親権があり子育てをしながら仕事をすることは両立が大変です。仕事をする為に子供を保育所に預けます。自分の時間などはほとんどない状態になります。

育児はしてくれない旦那だけど、居てくれたほうがましだったという意見もありました。一人で行う子育てよりも2人で行うほうがやはり少しは分担ができるので肉体的にも精神的にも楽です。

不妊で離婚したものの、別の道がなかったか考えてしまう

1966666 / Pixabay

先ほども言いましたが離婚の原因は人それぞれです。では不妊で離婚したらどのように後悔するのか見ていきましょう。

不妊を必死に望んでいたのは自分だけだったり、不妊のために相手を我慢させすぎたりと不妊だけがいい道とは限りません。一番大切なのは夫婦の愛です。

不妊で離婚したものの離婚後考えてしまうのは、相手の事です。一番大切なことを考え直ししっかりと相手と話し合うことは大切です。

妊娠中に離婚、養育費の取り決めをしていなかった

Pexels / Pixabay

妊娠中に離婚することは沢山のデメリットがあり後悔するする人は沢山いるでしょう。妊娠中は肉体的にも精神的にも大きな負担になると考えられます。

妊娠中に離婚することは経済的に苦しくなる可能性が高くなります。離婚する時に養育費の話をしっかりとしなかったために経済的に苦しくなる人が多くなってしまうのでしょう。

また、子供が生まれてからですと、育児・家事・仕事との両立や母親と父親の役割をこなさなければいけません。自分の時間は確保できることはできない状況にもなってしまうのです。

産後クライシス・うつで離婚したら、その後が大変だった

Counselling / Pixabay

出産や育児により、妻の生活は激変しますが、夫の生活は実質さほど変わりません。女性だけが一気に増え、変化しない夫にイライラしたりと結果、離婚を考えるようになってしまうのです。

やはり、離婚して大変なことは金銭面、仕事と育児の両立、子供がの辛そうな顔を見ることなどがあげられます。

うつで離婚すれば、自分の事を考えながら生活しなくてはいけませんが、子供ができれば子供の今後の生活を考えなくてはいけません。自分より子供を優先するのでなかなかうつと向き合うことはできません。

嫁姑問題などで仕方なく離婚した

klimkin / Pixabay

嫁姑問題の離婚の場合は、夫を嫌いになって離婚したわけではないので後悔するすことがあります。

嫁姑問題は同棲を解消するなど、会わないようにしたりなどの何らかの対策をすることができます。

夫を好きではいるのに仕方なく離婚した人たちは後悔してしま人が多いようです。

夫の借金が原因で離婚したのに、生活がより苦しくなった

quicksandala / Pixabay

旦那さんの借金が発覚し、借金癖が治らないとが原因で離婚を選択に考えることもあるでしょう。

離婚したら、財産分与が行われます、しかし、財産分与はプラス財産だけが財産分与の対象になるとは限らず、マイナス資産も対象になります。そのため、離婚してからのほうが生活が苦になる人もいます。

連帯保証人になっていれば、夫が返済不可能になった時には返済義務が生じますので、経済面での負担はとても大きくなります。

旦那・妻の浮気で離婚したものの、他の面で不都合が多い

Tumisu / Pixabay

離婚後のお金の事・子供の事・離婚後に住む場所・働く場所など色々な面で不都合があり、離婚して後悔することもあるでしょう。

浮気をされて許せない気持ちはあるかもしれませんが、本当に夫婦関係を修復できないのかをしっかりと考え、決断する事が良いです。

自分が不倫して離婚、幸せな家庭を失って後悔

TheVirtualDenise / Pixabay

不倫をして離婚すると残るのは、慰謝料の支払いと孤独感です。幸せな家庭だったのに不倫がばれ、家庭を失うことは精神的にとても追い詰められてしまいます。

不倫がばれれば、自分の人生だけではなく相手や子供の人生も大きく変えてしまうのです。不倫という禁断の道に足を踏み入れたことで、離婚への道を歩む可能性が高くなってしまいます。

離婚してから優しい夫だったことに気づいた

sonming4 / Pixabay

離婚してから優しい夫だったと築く人は、自己都合で離婚を切り出す方が多いみたいです。冷静期間中に月に数回食事や映画などに誘ってもらっていたけど誘いを断っていたなど元夫を避けていました。

いざ、離婚してみると元夫からは連絡はなく、再婚したことや真剣にお付き合いしている人の存在知った時にはショックをかくせないこともあるでしょう。

復縁を考えているなら、なおさらショックは大きくなります。経済的に夫が頼りないなどがあるかもしれませんが別れた後に後悔するのであれば、一度、旦那さんと話し合うことがお勧めです。

熟年離婚で経済的・精神的に辛い

熟年離婚は経済的・精神的に辛い道になってしまいます。仕事も退職しコミュニケーションが減るので孤独を感じるようになります。子供も独立している可能性が高いのでなお孤独を感じるでしょう。

また、今までお互いに気を使い財産分与で遠慮したために、経済的に苦しくなってしまいます。

セックスレスで離婚、もっと話し合えばよかったと後悔

日本人の約半分はセックスレスで悩んでいるという統計があります。セックスレスで即離婚は少ないですが、悩んだ結果離婚の道を選ぶ夫婦もいます。

また、セックスレスで離婚して後悔した人は50%くらいの人が後悔しています。相手の事を好きでいることに悩み、離婚後生活が苦しくて悩むなど沢山の悩みと後悔を感じることになるでしょう。

しかし、沢山の悩みから解放され、幸せな生活を送っている人がいるのもたしかです。

周囲からの視線が痛い

StockSnap / Pixabay

「バツイチ」という言葉は周囲からの目は痛いでしょう。離婚の原因は人それぞれで夫婦間でしか理解できないものがあります。しかし、周りの人の中には無責任にものを言ってくる人もいます。

周りから何を言われても、離婚した事実はあなたの周りの評価に関係してくることは確かでしょう。

周囲の目は痛く精神的に疲れてしまい、離婚したことを後悔することになるかもしれません。

離婚して後悔しないための方法は?

rawpixel / Pixabay

離婚には様々な原因があり、人それぞれです。でわ、離婚して後悔しないためにはどうすればよいのでしょうか。その方法を見ていきましょう。

①離婚しか方法はないか考える

Tumisu / Pixabay

離婚の言葉が出てきたら、まずは離婚以外の方法がないのか考えましょう。離婚は精神的にも肉体的にも体力を使います。

冷静期間を考えたり、親や友人、弁護士などの第三者に相談になってもらう、離婚後にはどんなことが待っているのかを確認するなど様々な方法があります。

双方の親が介入すると、関係が悪化する可能性もあるので注意する必要がありますので気を付けましょう。

②離婚は自分から決める

mohamed_hassan / Pixabay

離婚は自分で決め、自分から切り出すと後悔することが減るでしょう。離婚には様々な決断が必要になってきます。

「決められない」この言葉が付きまとい離婚協議が進められなかったり、大事な決断の時に決めることができなくなってしまいます。

浮気相手に慰謝料の請求をするなどの解決策もありますので、離婚の時は自分で決断する力をつけておかないと後悔してしまうでしょう。

③離婚条件をしっかり取り決める

rawpixel / Pixabay

離婚して後悔しないために、離婚条件をしっかりと決めておきましょう。離婚を決めたのなら、早い段階で準備をするとよいです。

生活費や住む場所、仕事など決めることが沢山出てきます。離婚を経験した人から話を聞くなどもよいでしょう。そもそも、何を決め、離婚条件の手続きなど詳しく聞き後悔しないために準備しましょう。

交渉にはとてもストレスが掛かります。自分一人で駄目な場合は弁護士に相談するとよいでしょう。多少、費用が掛かったとしても後悔しないためにの出費と考えれば安いものでしょう。

過去のことを考えて落ち込まない

Foundry / Pixabay

過去の事を振り返っていると、今すべきことや今しかできないことを見失ってしまいます。

過去から学ぶことは沢山出来ます。しかし、過去に戻って過去を変えることはできません。なので、過去は振り返らず、今できることや未来について前向きに生きて生きましょう。

過去から沢山の事を学び、よりよい未来を作りましょう。

NEXT:⑤結婚生活で得られるものもあると考えられる
1/2