我が強いの意味は?性格の特徴はなに?我が強いといわれる原因は? エンタメ

我が強いの意味は?性格の特徴はなに?我が強いといわれる原因は?

「我が強い」と言われる人、あなたの周りにもいませんか?我が強いとはどういう意味なのか。仕事ではどう?我が強い人の性格の特徴(男女別)や我が強いと言われるその原因なども探っていきます。我が強い事の診断方法、その性格を直す・長所に変える方法なども紹介していきます。

目次

[表示]

「我が強い」の意味は?

RobinHiggins / Pixabay

我が強いとは、強情だったり意地っ張りだったり、自分の考えを押し通そうとする気持ちが強い事を意味します。そのため、他人と協調する気持ちに欠けるという意味にもなります。

我が強い人は、はっきりとした自分の考えを持っています。それは良い意味な様な気もしますが、周りの人の意見を聞かなかったり、自分の意見を押しつける様なところがある点が我が強いという意味になる様です。

我が強いとは、自分の考えを押し通そうとすること

Alexas_Fotos / Pixabay

我が強い人は自分の考えを押し通そうとします。周りの事を考えるよりも我を通してしまいます。

我が強い事は長所として捉えられる部分もある様ですが、我が強いというのは、どちらかと言えば皮肉めいた言葉であり、良い意味で使われる言葉ではありません。

「我が強い」と「気が強い」は違う

Madeinitaly / Pixabay

我が強いと似たニュアンスの言葉で「気が強い」という言葉があります。我が強いと混同されがちですが、別の意味の言葉です。気が強いというのは、自分に自信があり積極的で意思が強い性格の事を言います。

気が強い人というのは自分をしっかり持っていて、一本筋が通っているといった感じの人です。そこには、自分の考えを無理に押し通すといった事は含まれません。それが我が強い事と違う点です。

我が強い人に見られる性格の特徴は?診断方法は?

3dman_eu / Pixabay

我が強い人の特徴はどんな事でしょうか?我が強い人は周りの事を考えるよりも、我を通してしまいます。自分の意見が絶対で相手の意見を受け入れないという傾向が強い様です。

ここからは、我が強い人に共通する特徴を紹介していきます。もしかしたら、自分の性格に当てはまっている人もいるかも知れませんね。

その場を回したり仕切りたがり

Free-Photos / Pixabay

我が強い人は、自分の考えを回りの人に押し付けるため、その場を仕切りたがる傾向にあります。周りの意見を聞かず、自分が優先で優位でいたいと思っていて、いつも自分中心でなければ満足出来ないのです。

周囲がまとまるかどうかはさておき、自分の思う様に事が進む事、自分に注目が集まっている事が重要なのです。つまりは、自分勝手な仕切りをしてしまうのが我が強い人という事なのです。

否定的な言葉が多い

我が強い人は「でも」や「だって」という言葉を無意識の内に使っています。自分の意見を押通そうとするので、周りの人から正論を言われても自分の非を認めようとしないために出てくる言葉です。

我が強い人は、言い訳が多い事も特徴のひとつに挙げられます。また、謝らない事も特徴かも知れません。謝らない代わりに「でも」「だって」という言葉を使って言い訳をし、自分の意見を正当化するのです。

巧みな話術で主導権を握る

suju / Pixabay

我が強い人は自分の話ばかりしたがる事が挙げられます。話す事が好きで社交的な人が多い我が強い人ですが、会話の内容は基本的に自分の事ばかりです。プライベートの事、自分の意見や考えが必ず含まれています。

今までまったく違う話をしていたのにも関わらず、我が強い人が入ってくると、その人の個人的な話にすり替わっているなんて事はよくある事です。巧みな話術で会話の主導権を握る事は日常茶飯事です。

とにかく早口で喋り倒す

geralt / Pixabay

我が強い人は早口であるという事が多いです。早口でまくし立てる様に話すのは、相手に口を挟む隙を与えないため。常に自分が優位に立って話を進めたいのです。

早口で話すため、話の展開も早いです。故に我が強い人の話は内容が余り頭に入らないという事もあるでしょう。我が強い人は、とにかく自分が中心でいたいと思っているので、相手がどう思うかなど気にもしていません。

大声で注目が集まる

www_slon_pics / Pixabay

我が強い人は、声が大きいという事も特徴です。自分が常にその場の中心であろうとするためで、自分に注目を集めたいがために自然に声が大きくなるのです。大声で会話をする事で、その場の空気を支配しようします。

謝罪はなしで言い訳をする

RobinHiggins / Pixabay

我が強い人は基本的に謝りません。自分の考えが正しく、優先であり、たとえ間違っていたとしても絶対に謝らないのです。他人から間違いを指摘された時は、「でも」「だって」と言い訳をして謝る事はありません。

人の意見は聞かない

RobinHiggins / Pixabay

我が強い人は他人の意見を聞きません。常に自分が中心でいたいと望むので、誰かに相談するという事もありません。そのため、何か問題が起こっても自分一人で解決しようとし、問題解決には全力を注ぎます。

我が強い人は、弱みを見せたくないにも関わらず、自分の苦労話を自慢話として周囲に話したいのです。他人の意見など必要としません。自己解決した自慢話なのですから、他人の意見に耳を傾けるわけがないのです。

喜怒哀楽の感情がむき出し

Bob_Dmyt / Pixabay

我が強い人は、場所や相手に関係なく常に喜怒哀楽をはっきりと表現します。そのため、子供っぽいという印象を与えます。実際、子供の様に大声で泣きわめいたりする事も珍しくはない様です。

感情がむき出しという特徴は、自分で自分の感情を上手くコントロール出来ていないと言えます。しかし、メリットもあり、喜怒哀楽の「喜」と「楽」もストレートに表現されるので、ムードメーカーとなる事もあります。

常に特別扱いや優先されたい

AdinaVoicu / Pixabay

我が強い人は常に自分が中心である事を望むので、周囲の人の自分への扱い方を気にします。自分が常に周囲の人よりも上位であり優先される事は、我が強い人にとっては非常に重要な事なのです。

プライドが高い

printart1 / Pixabay

我が強い人は、プライドが高いという事も特徴です。プライドが高いため、周囲から見下される様な事が好きではありません。

他人から馬鹿にされないために口調が強くなってしまう事もある様です。プライドが高い事から自分の考えが一番正しいと思い込んでいる場合があります。

好みの白黒がはっきりしている

O12 / Pixabay

我が強い人は、感情の起伏が激しく、すぐに表に出るため好みがわかり易くなります。それは、モノなどに限らず人が対象でも同様です。感情がストレートに出るため、嫌いな人の前でははっきりと態度に出てしまいます。

嫌いな人とは極力関わりたくないため、避けようとする態度があからさまです。露骨な不機嫌な態度は、仕事だろうと変わりません。嫌いだ、話したくないという態度を隠す事はないのでトラブルの発生率が高くなります。

また、自分の好みに対する執着も非常に強く、それを奪われたりすると激昂します。

我が強いことに気付いてない

doanme / Pixabay

我が強い人は、自分の我の強さに気付いていません。その我の強さは殆ど無意識で自覚がないのです。我が強い人は、自分が優位に立つ事が重要で、それ以外は眼中にありません。他人にどう思われているかも考えません。

たとえ他人に指摘されたとしても、自分はまったくそう思っていないためキッパリと否定します。思うがままに自己主張している様に見えても、本人は「自己主張が下手」とすら思っている場合が多い様です。

プライベートは秘密主義

qimono / Pixabay

我が強い人は、プライベートについては話さないという面があります。特に、悩みやトラブルを抱えている時は秘密にする傾向がある様です。これは、周囲に自分の弱みを見せたくないというのが理由の様です。

悩みがあるという事は、自分なりの理想通りになっていないという事で、そんな一面を他人に見せたくないという思いがあるのでしょう。

独占欲や執着心が強い

cocoparisienne / Pixabay

我が強い人は、お気に入りに対する執着心が強い事も特徴です。我が強い人というのは、わがままな面もありますので、お気に入りのものは独占したい!という気持ちが強いのです。

誰よりも自分が優先なのですから、お気に入りのものに対して自分には独占権があると思ってしまうのでしょう。

席や場所に限らず、人に対しても執着心が強いです。お気に入りの席に誰かが座っていたら不機嫌になる、お気に入りの人が他の誰かと話していたら嫉妬をする。誰にもわかり得ない様な事で不機嫌になってしまうのです。

SNSでも自己顕示欲が強い

FotografieLink / Pixabay

我が強い人は、自己顕示欲の強い人です。それはリアルの世界にとどまらず、SNSでも発揮されます。

我が強い人は、「自分が中心にいたい」「注目を集めていたい」という思いがあります。そのため、SNSでも自己アピールし、いいね!やコメントの数で注目を集めていると感じるのです。SNSアピールは必死です。

すべては自分の事を見てほしいという思いからなのです。そして、それがエスカレートしてしまうと、度が過ぎて過激な動画を投稿してしまうなどの行動を起こすのもこのタイプの人でしょう。

ネガティブで被害妄想がある

LiveLaughLove / Pixabay

我が強い人の根底にあるものは、ネガティブで自信がないという事です。自信がないから強引にでも我を押し通そうとする行動に出てしまう様です。

間違いや非を認める事、自分が中心でいられない事などを自分を否定されていると感じてしまうのです。「自分の意見を否定された=自分を否定された」と思ってしまうので、被害妄想が強いとも言えます。

頑固で頭が固い

ChadoNihi / Pixabay

頭が固い人は、自分に自信があるので人の意見や考えには耳を傾けません。人と意見交換などをする場合、自分の考えを一方的に主張するだけで、人の意見は聞きません。我が強い人も同じで、人の話は聞かず頑固です。

我が強くて頭が固い人は、人の意見を聞く必要はないと考えています。何故、聞く必要がないのか?それは、自分の意見や考えが最良で正しいという自信があるからという事になるでしょう。

有言実行する

JACLOU-DL / Pixabay

有言実行とは、口にした事はなにがなんでも成し遂げるという事を意味します。

我が強い人は、自分の意見を持っているだけではなく、その意見を貫き通そうとする意思と行動力も持ち合わせているので、有言実行する人と言えるでしょう。

強い信念を持っている

pasja1000 / Pixabay

我が強い人は、気分次第ではあるものの、自分が口にした約束はやり遂げようとします。そこには強い信念があります。自分がこうあるべきだという信念を自覚した瞬感から、何事にも揺るがない強固な意思が生まれます。

他人や世間がどうなっているかという事などには興味や関心があまりないので信念が揺るぎにくいのです。

貪欲な向上心をもっている

sasint / Pixabay

我が強い人は誰よりも優位に立ちたい、人よりも出世したいという向上心が高いのです。自分が「こうあるべき」と思った理想像が地位の高い人だった場合、それに影響されて高い向上心を持つ野心家にもなりかねません。

自分は我が強い?診断してみよう!

Tumisu / Pixabay

我が強い人にはいくつかの顕著な傾向があります。自分の我の強さをチェックしてみましょう。

  • 負けず嫌いである

我が強い人は、誰よりも人に負けたくないという気持ちが強い傾向にあります。

  • すぐに言い訳をする

我が強い人は、自分の非を認めたくない・認めない傾向にあります。周囲に間違いや失敗を指摘された時には、すぐに「でも」「だって」と言い訳をします。

  • わがままである

わがままな人は、他人の事を考えず、自分のしたい様に振る舞います。自分中心という部分が我が強い事との共通点です。

  • 謝るのが苦手である

我が強い人は、自分の非を認める事が苦手な人が多く、他人に迷惑をかけたり、何か問題を起こした原因を作っても謝る事が出来ません。

  • 周囲の目を気にする

我が強い人の根底にあるものは、気が弱くて自信がない事です。いつも自分が周囲にどう見られているかを気にしている傾向が強いです。

【男女別】我が強い人の特徴!男性編

EliasSch / Pixabay

ここからは、我が強い人の男女別の特徴を見ていきます。男性と女性では我が強い事にどんな違いや特徴があるのでしょうか。まずは男性の我が強い人について見てみましょう。

NEXT:我が強い男性の特徴①常に人より優位でいたい
1/3