山口果林の現在は?結婚している?安倍公房との不倫関係を暴露? エンタメ

山口果林の現在は?結婚している?安倍公房との不倫関係を暴露?

女優の山口果林さんは、朝ドラ「繭子ひとり」でヒロインの繭子を演じて有名になりました。また、安部公房さんとの不倫関係を公開した暴露本を出版して話題となりました。現在は「夏の会」など、朗読会の仕事もされています。そんな山口果林さんのことをまとめてみました。

目次

[表示]

山口果林が安部公房との不倫関係を暴露!遺族は激怒?

山口果林さんは、桐朋学園大学短期大学部に在学中に安部公房さんと知り合い、その後不倫関係が20年間続きました。そんな暴露本「安部公房とわたし」を出版して話題となりました。

そのことで、安部公房さんの遺族が激怒したといわれていますが、その後どうなったのかなどをまとめてみました。

山口果林のプロフィールは?年齢は?

山口果林さんは、東京都出身、1947年5月10日生まれの71歳の女優です。

お茶の水女子大学付属中学・高等学校・桐朋学園大学短期大学部を卒業後、俳優座に入っています。当時の愛称はかりんとうでした。

1970年の森川時久監督の「若者の旗」で映画デビューし、1971年にはNHK朝の連続テレビ小説「繭子ひとり」でヒロイン役の繭子を演じました。その後1979年に俳優座を退団しフリーとなっています。

山口果林は2013年、安部公房との関係を綴った本を出版

山口果林さんは、2013年7月31日に、安部公房との関係を綴った本「安部公房とわたし」を出版しています。安部さんの没後20年になる2013年に、安部さんとの不倫関係を暴露し、世間を騒がせました。

「安部公房とわたし」では、山口果林さんが23歳の時に安部の子供を身ごもり、中絶したことを明かしています。また、密会に使ったラブホテルや喫茶店の名前まで綴られています。

山口果林が短大時代に安部公房と出会って愛人関係に!二人の画像は?

2人の画像がありましたので紹介しました。当時の安部さんは、多くの小説が30か国以上で翻訳出版されたり、その作品の演出による舞台が国際的にも評価されていました。

安部公房との関係を綴った本「安部公房とわたし」によると、山口果林さんは高校時代から安部公房さんに憧れて女優を志し、桐朋学園大学短期大学部演劇科に入学しています。

山口さんは、専攻科へと進んだ2年目に安部さんから個人的に食事に誘われるようになりました。当時23歳も年上の安部さんでしたが、山口さんにとっては憧れの存在で、その後2人は幾度となく逢瀬を重ねています。

山口果林は安部公房の子供を中絶もしていた!

桐朋学園大学短期大学部の在学当時、山口果林さんはまだ小娘に過ぎず、安部さんとの関係は夢のようなひと時で、安部さんに妻子がいると分かっていても断ることは到底できませんでした。

そして山口果林さんが23歳の時に、安部さんの車でラブホテルへと向かいます。2人が男女の関係となって1年後、山口さんがNHKの朝ドラ「繭子ひとり」のヒロインとなった頃に妊娠し、密かに中絶しています。

安部公房の死因が前立腺がんだったことも暴露

山口果林さんは「安部公房とわたし」によって、安部公房さんの本当の死因が「前立腺がん」だったことを暴露しています。山口さんは、その闘病の様子を克明に綴っています。

安部公房が亡くなる前に結婚の許しが出ていた?

安部公房さんが妻と別居した時、安部さんは山口さんとの結婚を望んでいたこともあったようです。

しかし、新潮社の担当編集者から「ノーベル賞受賞には、スキャンダルはよくないから、ノーベル賞を受賞するまでは離婚はしないでほしい」と安部さんに話していたそうです。

そして、安部さんに癌が見つかり、倒れる少し前になってやっと担当編集者から結婚を許してくれたと山口さんに伝えたそうです。

山口果林が安部公房の死後20年後に明かした真相とは?

山口果林さんは、自叙伝「安部公房とわたし」の中で、安部公房さんの死後20年後にそれまでの山口さんと阿部さんの不倫関係を暴露しています。

また、安部公房さんの伏せられていた死因まで暴露しました。

山口果林の暴露本に対するネットでの反応は?ニュースになった?

geralt / Pixabay

山口果林さんの暴露本に対するネットでの反応は、賛否両論あるものの山口果林さんの生き方に肯定的な意見もみられます。女優と小説家という職業でしか分からない事もあるのではないかという感想もありました。

山口果林さんからみた、小説家の安部公房さんの人となりを知ることができたと、この本を評価した意見もありました。

この暴露本に対し、安部公房の遺族が激怒

山口果林さんは「安部公房とわたし」によって、安部さんとの不倫関係や安部さんの本当の死因が「前立腺がん」だったことを暴露しています。

そのことによって安部さんの遺族が山口さんに対して激怒しました。そして、講談社から一切の書籍の版権を引き上げるとか、作者と出版元を訴えるなどと言っていたそうです。

しかし、書籍は出版され続けていますから、その後和解しているのかもしれません。

山口果林の今現在は?結婚している?朗読会に参加?

山口果林さんは、愛人だった安部公房さんが亡くなった後は、結婚はされているのか気になりますが、その辺りをまとめてみました。

また、山口果林さんは現在は、朗読会の仕事でも活動しているようでその辺も紹介します。

山口果林の現在は結婚している?夫は?

安部公房さんと死別してから既に25年以上経っていますが、山口果林さんは未だに結婚はされておらず、恋愛報道などもありません。

安部公房さんとの不倫関係を20年も続けてきたことから、安部さんとの関係が特別なものだったことが分かります。ですから、その後も山口さんは他の男性とは恋愛関係にはならなかったのかもしれません。

ドキュメンタリー映画「誰がために憲法はある」に出演

渡辺美佐子さんの鎮魂の旅を追った、ドキュメンタリー映画「誰がために憲法はある」は、2019年4月27日に公開しています。

この映画には、山口果林さんの他に高田敏江さん、寺田路恵さんらが出演しています。

「誰がために憲法はある」は、渡辺美佐子さんが、1980年から仲間の女優たちと続けてきた原爆朗読会「夏の雲は忘れない」ついて描いたドキュメンタリー映画です。

生物学者・福岡伸一とトークイベントも

山口果林さんは、2018年10月に築地の朝日新聞東京本社読者ホールで、生物学者の福岡伸一さんとトークイベントも行っています。

このトークショーでは、安部公房からフェルメールまで芸術の魅力を語りあい、人がなぜ芸術に感動するのかといった内容まで話は尽きなかったそうです。

トークイベントで朗読会にも参加

山口果林さんは、登場するなり鴨長明の『方丈記』の冒頭「ゆく河の流れは絶えずして・・・」をマイクなしで朗読し、訳200人の観客は耳をすませ聞き入っていました。

また、『方丈記』は福岡さんの愛読書だそうです。

原爆についての朗読会「夏の会」には毎年参加している

山口果林さんは、原爆についての朗読会「夏の会」に毎年参加していますが、今年も6月24日に公演される「夏の雲は忘れない ヒロシマ・ナガサキ 1945年」に出演されます。

公演会場は日本橋公会堂4階で、出演者は山口果林さんの他に渡辺美佐子さん、大原ますみさん、長内美那子さん、岩本多代さんらがいます。

「夏の会」は、1985年から被爆者の手記などで構成された朗読劇に出演した女優たちによって2008年に結成され、新しい台本「夏の雲は忘れない」を作成し、全国で公演を続けています。

50歳からフルートも始め演奏を行っている

2013年8月29日にテレビ番組「徹子の部屋」に出演した山口果林さんは、その中で50歳を過ぎた頃に自分の老後の楽しみにとフルートを始め、15年になると語っていました。

そんな山口さんがフルートを演奏した、2011年8月の銀座ヤマハホールでの演奏会の映像を公開しています。

山口さんは「フルートを演奏によって、日々の過ごし方が変わったり、俳優以外の友達ができた」と語っています。

山口果林のFacebookやTwitter、ブログはある?

Free-Photos / Pixabay

山口果林さんは、facebookやTwitterといったSNSのアカウントは持っていないようです。

山口果林の現在の画像は?

現在も美しい、山口果林さんの現在の画像を紹介しました。

山口果林の経歴は?実家は本屋?朝ドラで人気に?

山口果林さんのこれまでの経歴や、実家が兜町にあった「千代田書店」という本屋だった話、またNHKの朝ドラで人気になった話しなどを紹介します。

実家は本屋で本に囲まれて育った

山口果林さんは、兜町にあった「千代田書店」という本屋の4女として生まれています。山口さんは小学校まで、家と店とが同じ建物で文字通り本に囲まれた生活をしていたそうです。

小学4年生の時に病気で養護学校の寄宿舎で過ごす

山口果林さんは、小学4年生の時に肺の病気に罹り、静岡県の養護学校の寄宿舎で過ごしていましたが、寮母さんが寝る前に読んでくれたに夢中になったといいます。

冒険小説は、自分の感性に合っていて「鉄仮面」「巌窟王」「ソロモン王の洞窟」「十五少年漂流記」などを愛読されていたそうです。

短大卒業後に俳優座に所属

山口果林さんは、桐朋学園大学短期大学部を卒業後、俳優座に所属しています。

1970年に映画「若者の旗」で女優デビュー

山口果林さんは、1970年に森川時久監督の「若者の旗」で女優デビューしています。

1971年の朝ドラ「繭子ひとり」でヒロインに抜擢

山口さんは、1971年のNHK朝の連続テレビ小説「繭子ひとり」では、ヒロイン役の繭子に抜擢されています。

2013年に著書「安部公房とわたし」を出版し話題に

山口果林さんは、2013年に著書「安倍公房とわたし」を出版し、安部公房さんとの関係を赤裸々に綴ったことで話題になりました。

「徹子の部屋」に出演し白髪にした理由について語る

山口果林さんは、2013年8月29日に出演したテレビ番組「徹子の部屋」に出演した時に、今日の髪型を決めるため朝まで悩んだという話をしていました。

そして、白髪にウィッグつけて登場した山口果林さんでしたが、最近はおばあちゃんの役をやることが多く、普段この髪型で電車に乗っていると席を譲られるという話を披露しています。

山口果林の若い頃の画像は?instagramでも見れる?

山口果林さんの若い頃の画像は、インスタグラムなどでも見ることができます。

山口果林の出演作品は?

山口果林さんのこれまでの主な出演作品を紹介します。

NEXT:ドラマ「繭子ひとり」
1/2