風吹ジュンの壮絶な生い立ちと離婚理由は?若い頃の画像や子供の現在 エンタメ

風吹ジュンの壮絶な生い立ちと離婚理由は?若い頃の画像や子供の現在

目次

[表示]

中国茶が好きすぎてタンブラーのデザインもしていた

congerdesign / Pixabay

風吹ジュンは以前、TBSの『マツコの知らない世界』に出演されていました。この番組はマツコデラックスが知らないマニアックな業界の人をゲストに呼んでトークをする番組です。

また、毎回マツコにその界隈の紹介をしていきます。そこで登場したのが風吹ジュンなのです。『中国茶の世界』というサブタイトルで、中国茶のタンブラーをデザインしたことを話されていました。

体のケアや漢方にも詳しく、朝ドラ「あさが来た」では波留も感激

qimono / Pixabay

風吹ジュンは、NHK朝ドラマ「あさが来た」で、主人公が嫁いだ家の姑役を演じました。

しかし、朝ドラマは半年の長丁場でした。当時経験が乏しかった女優の波留は、収録途中で一度体調を崩してしまったようです。声が出なくなってしまいました。

当時義母役であった風吹ジュンは、現場でまるで母親のように波留に接し、体のケアの方法や、おすすめの漢方などをアドバイスしてあげたようなのです。

美の一番の秘訣は彼氏との恋?

Engin_Akyurt / Pixabay

また、美の秘訣が「気の持ちよう」というエピソードもあります。先ほども紹介しましたが、風吹ジュンは60歳を過ぎて年下の彼氏がいます。

定期検診で若々しい健康体の結果を見たとき、その恋心が原因ではないかと言っています。年を取っても恋はした方がいいという好例ではないでしょうか。

風吹ジュンのかわいい髪型は?ロングからショートの画像まとめ

風吹ジュンはロングからショートまで様々な髪型があります。では、どの髪型がかわいいのでしょうか。調査していきましょう。

風吹ジュンが一番似合うのはボブ?ボブの画像まとめ

風吹ジュンはボブの髪型はサイドの部分をふわっとボリュームをもたせているのが特徴のようです。髪先を少しカールしているのもまた特徴といえます。

大人の魅力があるロングの画像まとめ

髪型がロングの風吹ジュンはエレガントな大人の雰囲気を漂わせています。大人の魅力をまとった風吹ジュンもまた魅力的です。

若い頃の髪型も可愛い!若い頃の髪型画像まとめ

また、若い頃のレトロな雰囲気を漂わせる風吹ジュンも魅力的です。長髪でかなり魅力的と言えます。

若い頃から苦労していた風吹ジュンの生い立ちについて

風吹ジュンは若い頃は苦労しており、その生い立ちが壮絶であったことが有名です。では、どんな人生を歩んできたのでしょうか。見ていきましょう。

家族構成は?両親が小学校5年生で離婚し育児放棄される

Bessi / Pixabay

風吹ジュンは京大卒の高校教師の父親と母親の間に生まれました。兄弟には兄も居ます。しかし、小学校5年の時に両親が離婚してしまいました。

そこで転機が訪れます。なんと中学校2年で母親の育児放棄されてしまったのです。そのため、風吹ジュンは兄と京都に移り住むことになりました。

兄妹暮らしで高校には行けず、住み込みで働いていた

Bessi / Pixabay

当時、高校へは行けずに、住み込みで内職やアルバイトをしていました。兄との暮らしは貧乏で大変だったようです。家の裏が崖だったようでとても危険な生活でした。

高校に行けなかった理由は?担任の自宅に住まわせてもらっていた?

Pexels / Pixabay

高校受験前には担任教師の家で仮住まいをしていました。京都私立日吉ヶ丘高等学校美術科を受験し、一次試験に合格するが二次試験当日に母親の再婚を知らされ、受験を放棄してしまいます。

18歳で上京、銀座の高級クラブ「大徳寺」でホステスとして人気に

Pexels / Pixabay

その後、18歳で状況することになります。銀座の高級クラブ「大徳寺」でホステスとして働き、人気になりました。当時五十嵐淳子も在籍しており、NO1を競い合う仲であったといいます。

1971年クラブでスカウトされデビュー!当時の画像が可愛すぎる?

1971年、風吹ジュンの運命を変える出来事が起こります。なんと、クラブで芸能界にスカウトされるのです。当時の画像も残っていますが、可愛すぎると話題のようでした。

風吹ジュンの人気がガタ落ちした事件とは?

SarahRichterArt / Pixabay

風吹ジュンはスカウトされてすぐにデビューを果たします。しかし、順風満帆というわけではなかったのです。人気をガタ落ちさせる出来事がすぐに起こってしまうのです。

レコードデビュー僅かで誘拐される事件が発生

Greyerbaby / Pixabay

その後、順風満帆に芸能活動がスタートし、レコードデビューを果たします。しかし、1974年9月12日の夜、テレビ番組収録の帰りに複数の男に囲まれてしまうのです。そして、そのまま連れ去られてしまいました。

なぜこのようなことが起こってしまったのでしょうか。そこには驚きの理由があったのです。

誘拐された原因は事務所との契約トラブル?反社会的勢力との関わりも?

Bergadder / Pixabay

その誘拐の原因というのが、以前所属していた事務所との契約上のトラブルだったといわれています。連れ去られた場所が高輪プリンスホテルでした。

そこで待ち構えていたのが反社会性力だったといいます。風吹ジュンは「移籍契約は無効だ」といわれてしまうのです。そして、風吹ジュンはその内容を飲みました。

事件は解決するも、風吹ジュンに大バッシング

kudybadorota / Pixabay

その後、前事務所の社長とエレベーターを降りたところで警察に取り押さえられました。しかしこれで一件落着とはいかないのです。

この事件がきっかけで、移籍理由が「お金」であったことが明るみになってしまいます。

しかも三重契約の事実も知れ渡ってしまうのです。それによって風吹ジュンは大バッシングを受けることになるのです。

プロフィール詐称や男性遍歴の暴露に人気はガタ落ち

StockSnap / Pixabay

それだけにとどまりませんでした。なんと、プロフィールの詐欺が暴露されてしまいます。また、男性遍歴も暴露され、同棲の事実も明らかとなります。

元々「清純派」で売っていた風吹ジュンには大ダメージとなりました。それによって人気がガタ落ちしてしまうのです。

ファンがいなくなった風吹ジュンのコメントとは

StockSnap / Pixabay

それによってファンが急激に減ってしまいます。しかし、そこで放ったコメントは世間を驚かせます。「これが私の生き方です。その時その時を純粋に生きてきた」というコメントをしています。

これについてはとくにバッシング無く再び現場に復帰しているところを考えると、むしろ正解であったのではないでしょうか。一連の流れで自分を貫く決断をした風吹ジュンだったのです。

苦労を乗り越えデビューした風吹ジュンの経歴

skeeze / Pixabay

そんな経緯があり、芸能界入りを果たした風吹ジュンですが、どのようにデビューしていったのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

風吹ジュンはマツコも大絶賛?芸名の由来とは

風吹ジュンという芸名はかなり響きが良いと思うのではないでしょうか。とてもきれいな名前です。由来は、風のように世に出てきたからだそうなのです。由来についても美しさがあります。

ジュンについては語呂の良さらしいです。それについてはマツコデラックスも番組で「こんなに美しい名前は無い」と大絶賛でした。

1973年初代ユニチカマスコットガールに選ばれる

StockSnap / Pixabay

風吹ジュンは1973年に初代ユニチカマスコットガールに選ばれました。

デイヴィッド・ハミルトンが撮影したカレンダーがあるのですが、それについて「ヨーロッパ人しか撮らなかったハミルトンが初めて撮った日本人」ということで話題を呼びました。

1974年に「愛がはじまる時」「夏のふれあい」で歌手デビュー

風吹ジュンは1974年に『愛がはじまる時』、『夏のふれあい』で歌手デビューを果たします。レコードも発売されました。

翌年の1975年女優デビュー果たす

ivanovgood / Pixabay

風吹ジュンは翌年の1975年の女優デビューを果たします。ドラマ『熱中時代』などに出演を果たしまし、話題を呼びました。

人気転落事件後の1979年にヌード写真集を出版

Free-Photos / Pixabay

先ほど書いた人気をガタ落ちさせる出来事が起こった後の出来事ですが、1979年にはヌード写真集を出版しました。

あの事件が起こる前は「清純派」を売りにしていた訳ですが、男性遍歴の暴露などで吹っ切れたのか、当時では考えられない「ヌード写真集出版」に踏み切ったのです。

まさに「これが私の生き方です」を表した出来事ではないでしょうか。

1979年映画「蘇える金狼」で松田優作の相手役で濡れ場を演じ話題に

DanaTentis / Pixabay

また、1979年には映画「蘇る金狼」で松田優作の相手役を演じました。その中でも、濡れ場を演じたことでかなり話題となったのです。もはや「清純派」という肩書きに未練はなかったのでしょう。

そこからはどんどん活躍をしていくことになるのです。

その後もドラマやナレーション・声優など幅広い活動をしている

langll / Pixabay

風吹ジュンはマイペースでテレビや映画に出演し続け、決して気を負うことがないナチュナルな演技に評価が高まっていき、新たな人気を呼ぶようになったのです。

そして、果ては、ドラマやナレーション、声優など幅広い活躍をしていきました。

風吹ジュンの主な出演作品

3803658 / Pixabay

そんな新たな活躍の場を見いだした風吹ジュンでしたが、どんな活躍をしたのでしょうか。主な出演作品を見ていきましょう。

ドラマ「北の国から ’83冬」

Comfreak / Pixabay

『北の国から』はフジテレビ系列で放送された名ドラマです。この作品は連続ドラマを放送されていましたが、その後にドラマスペシャルとして8度放送されています。

北海道の雄大な自然の中で田中邦衛演じる主人公・黒板五郎と2人の子どもの成長を21年間にわたって描くドラマです。

沢田妙子役を演じきりました。沢田松吉の孫娘でラーメン屋で働いている役です。

ドラマ「はみだし刑事情熱系」

Lazare / Pixabay

「はみだし刑事純情系」は1996年に放送開始され2004年まで、テレビ朝日系で放送された刑事ドラマシリーズです。

このドラマは犯罪の裏にある悲しみや切なさ、許すことが出来ないような悪に対し、必死に立ち向かっていく刑事たちの姿を描いたヒューマンアクションドラマです。

このドラマで風吹ジュンは根岸玲子役を演じきりました。警視庁レディース部隊出身で広域特別捜査隊・捜査課長のキャリアという役柄です。

NEXT:大河ドラマ「八重の桜」
2/3