能年玲奈 もめた事務所レプロの闇を解明!!新垣結衣も辞めたいって本当⁈

能年玲奈さんを覚えていますか?NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロインとして大ブレイクしてから、活躍が期待されていましたが、独立騒動でもめましたよね。解決したのでしょうか?まだもめている?また所属事務所だったレプロには様々な「闇」が…解明していきます!!

能年玲奈 所属事務所・レプロから誕生したヒロイン

2013年4月。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロインとして視聴者を魅了した、能年玲奈(のうねんれな)さん。オーディションで1953人の中から選ばれてヒロインの座をゲットしたことでも有名ですよね。

「あまちゃん」の演技が認められて「東京ドラマアウォード2013主演女優賞」受賞。また劇中のセリフ「じぇじぇじぇ」は2013年新語・流行語大賞の年間大賞を受賞しました。その年の大晦日、NHK紅白歌合戦では紅白PR大使を務め、「あまちゃん」の「特別編」と題した企画があり出演していました。

能年玲奈 所属事務所・レプロと何があった?

まさに「飛ぶ鳥を落とす勢い」とはこのことで、「これから活躍が期待される女優さんになるんだろうなぁ。」皆さんそう思ってましたよね。現に共演した有村架純さんや橋下愛さんが現在も活躍していますし。

確かに「あまちゃん」の翌年、2014年に出演した映画「ホットロード」でヒロインを演じて、日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞しています。やはり演技派の正統派女優さんなんですね。この年の12月に公開になった映画「海月姫」を最後に表舞台から遠ざかってしまいます。

能年玲奈 所属事務所・レプロともめたのか⁈独立?

なぜ、能年さんを見かけなくなってしまったのか?なんでも能年さんは2015年1月、レプロには無許可で「株式会社三毛andカリントウ」という個人事務所を設立しています。代表取締役は能年さんとなっていたとか。描いた絵やグッズなどを販売する会社だとしています。

この当時、所属事務所・レプロには内緒で演技指導を受けていた通称「生ゴミ先生」と呼ん慕っていた演出家の女性A氏。その人が後ろから糸を引いていて、独立を手引きしているのでは⁈と報道されました。

能年玲奈 所属事務所・レプロから独立は洗脳か?

演出家の女性A氏。滝沢充子さんではないかということです。「魅力開発トレーナー」という肩書や振付師として活動するこの女性。能年さんはすっかり心を開き、信用していたとか。そして騒動の当時は能年さんののマンションで同居生活を送ってたとさえ噂がありました。

「生ゴミ先生」というのは生徒だった能年さんに対して「ちゃんと仕事をしなければあなたは生ゴミです!!」と言ったことから始まったそうです。能年さんはテレビ番組内で「52歳の友達」と滝沢さんを紹介したこともあったとか。

なぜ「洗脳」なのか?

ここへきて1番の問題は所属するレブロに「無断」個人事務所を立ち上げたことです。そのため、「洗脳」やら「独立」と報道されることとなってしまいました。同居しているのでは?との噂が一層「洗脳」と言われる要因だったようです。もちろん事実ではありません。

能年玲奈 所属事務所・レプロとの闇を解明①無断

なぜ能年さんと、所属事務所・レプロはもめたのでしょうか?そして、ここからまだまだもめるのですが、原因はどこにあるのでしょうか?最初に、能年さんが立ち上げた個人事務所についてです。正直なところ個人事務所設立事態は悪くありません。

芸能人が個人事務所を立ち上げるのは、税金対策にもなります。出演料の管理など別法人にして管理をすることは、実は芸能界のタレントさんも広くやっていることだとか。ですので別段、悪いことではないのです。ただ…

説明と話し合い

能年さんは、きちんと事務所・レプロと話しあってコミュニケーションをとり、個人事務所の件も前もって伝えておけば、こんなに大ごとにはならなかったとの見方が大半を占めているようです。ただし、それは両社の関係が良好な場合ですよね。

能年玲奈 所属事務所・レプロとの闇を解明②どんどん…

能年さんは「もっともっと女優として演技がしたい」そう言っていたそうです。それもそのはず!!今までに経緯をおさらいすると、2013年4月から半年がドラマ「あまちゃん」翌年2014年に映画2本に出演。

それだけでも、大した活躍なのですが売れっ子の他の俳優・女優さんなら、映画とドラマ何本もかけ持ちの方はいくらでもいるはず。本当はどんどん売り出したかった事務所。本当はどんどん仕事がした女優。あれ?利害は一緒のはずですよね。なのになぜでしょうか?

食い違う意見

レプロ側は「仕事はたくさん用意していた」との言い分ですし、対する能年さん側は「全く仕事をさせてもらえない」との主張です。この溝は、のちにもめる「収入」にも関係してくるのですが、ここからがどうもレプロという事務所の「闇」の部分かもしれません。

能年玲奈 所属事務所・レプロとの闇を解明③仕事させない

レプロとしては、「あまちゃん」でブレイクしたからと言って、仕事をえり好みせずにどんな仕事もこなしてほしい。そうお願いしたかった。でも、能年さんとしては、女優として演技がもっともっとしたい!!その主張がとても強かったようなのです。

そしてお互いの意見が食い違ったまま、能年さんは「事務所を辞めたい」と申し出るようになったとか。全く信頼関係が築けない状態が続いたといいます。これではなだめて、仕事をさせようにもできない…そうレプロは判断したのかもしれません。

能年玲奈 所属事務所・レプロとの闇を解明④給料5万円

また「収入面」でも、能年さんとレプロはもめていたとか…当時の給料は5万円。「あまちゃん」撮影中にも関わらず持っているお金がなくなった能年さん。困り果ててと、その時演技指導していた前出の滝沢充子さんへ深夜に電話で助けを求めたとか…

能年玲奈 所属事務所・レプロとの闇を解明⑤お小遣い⁈

給料5万円⁈そんなバカな!!いくら若手だからと言ってそんな金額では生活できない。そう思いますよね。これについては半分正解・半分間違っているそうです。レプロは能年さんは活躍する以前の無名の頃から、都内の高級マンションを「寮」として用意していました。

若いタレント4~5人で住み、寮母さんが食事を作ってくれる。さらに生活全ての費用を事務所が払う。レッスン代・交通費などの関連費用も全部レプロが負担した上で、さらに小遣いが5万円なのだそうです。あれ?5万円って数字、どこかで聞きませんでした⁈

能年玲奈と一緒なのか?清水富美加は宗教で辞めたのか⁈

能年さんとと同じレプロに所属だった清水富美加さんは宗教団体「幸福の科学」への出家、芸能界引退騒動を起こし大騒ぎになりましたね。映画・スポンサーCM・テレビ・ラジオのレギュラー番組などをドタキャンする事態になりレプロの信用は地に落ちました。

幸福の科学側はレプロと清水さんの雇用形態を「奴隷契約」とし「月収5万円だった」と批判しました。対するレプロ側は「適切な報酬を支払ってきた」の一点張り。能年さんに引き続き清水さんの騒動を見た芸能関係者は疑念を抱きます。

レプロって闇が深い…ブラック企業なのか⁈

「こう続くということは、レプロ側に隠したいことがあるのではないか?」というものです。レプロ側でメディアの対応をしているのはマネジャーと広報担当者だけで社長など幹部は全く姿を見せません。法人としての対応にも疑問視されたようです。

能年玲奈ともめたレプロの闇・マギーの件は?

さらに1つ騒動が起こります。レプロに所属するタレントでモデルのマギーさん。2017年。不倫騒動をフライデーが報じましたね。既婚者で2人の子どもを持つロックバンド「Hi-STANDARD」のボーカル・横山健さんとの騒動です。テレビも不倫を大々的に報道するだろうなぁ…

見事に期待は裏切られました!!まったく追跡取材がない!!テレビ各社は知らんぷり!!レギュラー番組もそのまま出演してる!!会見や否定コメントすらなし!!ないないづくしでしたよね。この時、かなりな圧力がレプロから…

圧力で制圧へ

いいえ!!レプロは有力事務所バーニングプロダクション傘下ですから、なんとバーニングから各メディアに対して要請があったらしいのです。「マギーの不倫報道には一切触れないように!!」と。やっぱり力関係なんでしょうかね。

能年玲奈だけじゃない!!新垣結衣まで辞めたいと…

たった1つの事務所で、次から次へと巻き起こる問題。所属タレントはたくさんいるでしょうけれども、1人の女優は全部を背負うかのごとく、働いている印象があります。新垣結衣さんです。まだ結婚もしていないし、お子さんがいるわけでもない。

これは事務所にしてみれば、言わば「稼ぎ頭」ドラマだ!映画だ!CMだ!バラエティー番組だ!と、まあお仕事していらっしゃいますね。近しい人に「疲れたし、私も事務所辞めたい…」とこぼしているとか、いないとか…

メンタルが弱い 過去には…

女優さんの割に、メンタルが強くないとされる新垣さん。過去にはやはり能年さんや清水さんのような「寮」生活も経験したとか。「辞めたい…」とこぼしていた日々もあったそうですよ。今や立派なレプロの顔ですが、今後が気になりますね。

能年玲奈 レプロからの圧力・干す・つぶす⁈

話を能年玲奈さんに戻しますね。これまでの経緯をまとめますと以下のようになります。ただしあくまで「ウワサ」の部分もあります。しかし平成の現代になってもこんなことってあるのだろうか?時代錯誤さえ感じますが…

  • ブレイクして、ちょっと自己主張したらレプロに受け入れてもらえなかった。
  • 仕事したいのに、仕事を入れてもらえなくなった。
  • 無断で個人事務所を作ったら、「独立か!」と誤解され、干された。

でも、2015年1月に個人事務所設立騒動がありましたが、2016年6月で所属事務所との契約は、いったん終了の期日がありました。するとレプロは能年さんを「つぶし」にかかったというのです。個人事務所の件も「洗脳」と流したのはレプロからでは?とも言われています。

能年玲奈 やっと解放でも遠い完全復帰?

円満ではないにせよ、レプロを離れた能年さん。結論から言えばレプロは2016年6月が過ぎても「解決していない」として所属タレントとして自社のホームページに能年さんの名前を載せていました。(現在は掲載されていません)

がんばれ!!のん!!

2016年7月「のん」に改名した能年さんが代表取締役を務める個人事務所「株式会社non」を設立しました。改名もレプロが「能年玲奈」の使用を禁止したからだとされています。まだ片付いていない問題もあるとかないとか…

のんさんとしては、LINEのCMに出演や2016年11月公開の劇場アニメ「この世界の片隅に」主演しています。また岩手県では銀行のCMにも出演しているそうです。これから活躍に期待したいですし、応援したいですね!!