彼女がめんどくさいと思う男性心理は?めんどくさい女の特徴や対処法

「彼女が欲しい!」と思っていたはずなのに、気が付くと「めんどくさい」と思ってしまう不思議な男性心理。あれほど愛しかったのに何が理由で、原因で、そうなってしまうのか。めんどくさい女の特徴や対処法など、考えられるものをまとめてみます。

彼女をめんどくさいと思う男性心理とは?

geralt / Pixabay

あばたもえくぼ、という言葉もありますが、長くなる男女の付き合いで、そんな時期はほんの一瞬です。時がたてば「愛しい」と思っていた部分も「なんてめんどうなんだ」とイラつく理由にもなります。

一体どうしてそんなことになってしまうのでしょう。彼女をめんどくさいと思い始める時、男性はどんな心理にあるのでしょうか。男性がめんどうだと感じ始めているのを見極めるきっかけはあるのでしょうか。

彼女をめんどくさいと思ったことのある男性はどれくらいる?

3dman_eu / Pixabay

自分の彼女を「めんどくさい」と思ったことのある男性は、70パーセントにも昇ります。交際経験のある男性のほぼ全員と言っていい数字でしょう。

どんなカップルにでも倦怠期はあるものですが、女性側からは想像もできない数字です。

突然彼氏から距離を置かれたら、めんどうくさい彼女だと思われている合図?

pasja1000 / Pixabay

突然距離を取られる、連絡の回数が減る、会話が続かなくなる…これらは全て、彼に「めんどうな彼女」だと思われ始めている兆候の可能性があります。

そんな彼氏に不安になる女性もいれば、案外気付かずに過ごしてしまう女性もいるでしょう。いづれにしてもそのままの言動を続けられれば、「愛しい彼女」は完全に「めんどうな女」になってしまいます。

彼女をめんどくさいと思う心理は彼女以外に大切なものが出来たから?

Robert-Owen-Wahl / Pixabay

彼女がめんどうになる心理にも色々ありますが、彼女(あるいは恋愛)以外に大切なものが出来てしまって、彼女に情熱が向かなくなっていることも考えられます。

大切なものとは、新しい意中の女性かも知れませんし、趣味かも知れませんし、将来の夢かも知れません。いづれにしても、男性の中で「彼女の優先順位が下がる」という現象が起きているのです。

男性が彼女をめんどくさいと思う瞬間やめんどくさい彼女の特徴

Takmeomeo / Pixabay

完全に自分に都合のいい彼女、なんてものは存在しませんが、それにしてもめんどうが過ぎるだろう、という彼女も考えものです。

男性が彼女をめんどくさいと思う瞬間やそう思わせてしまう彼女には、具体的にどんな特徴があるのでしょう。

LINEやメール・電話の履歴をチェックする

ijmaki / Pixabay

これは彼氏彼女に限ったことではなく、家族間でも嫌なものです。しかし彼氏の隙を見てLINEやメールのチェックしてしまう女性は実際にて、めんどくさい彼女の特徴のひとつに数えられます。

拘束願望、浮気されているかもという不安感、そんなものが彼女をそういう行動に走らせるのでしょう。信頼感の欠如がさせている行為、と言うこともできます。

記念日を事あるごとに作り忘れると怒る

Couleur / Pixabay

「誕生日」と「クリスマス」ぐらいならイベント事として許容できても、流石に「付き合って一年記念日」には辟易する男性も多いでしょう。

一年ならまだしも、中には「付き合って半年記念」「二か月記念」なんてものを設定してくる女性もいます。その度に「特別なこと」を強要されては疲れるばかりです。

デートの場所や意見をコロコロ変えるわがままで自己中心的

「わがままな女」は「めんどくさい」です。行きたいと言っていた場所に連れて行っても「今日はここの気分じゃない」、食べたいと言っていた和食屋だったのに「今日は洋食がいい」、そんなのが続けばうんざりします。

そういう彼女は「彼氏なのだから、自分の言うことは聞いてもらって当然」と、そんな自己中心的なものの考え方しかできない女性なのです。

サプライズ大好きでドラマや映画のようなヒロインになりたがる

TeroVesalainen / Pixabay

例えば誕生日、仕事から疲れて帰ってきた彼女の部屋に彼がいて、パーティーの準備をし終えた状態で「おめでとう!」…そんなシチュエーションに憧れるだけならまだしも、実際に求めてくる女性もいます。

男性側にも都合がありますし、照れくさくてそんな真似ができないのが現実です。しかしサプライズを求める女性は、「彼氏の義務」と考えます。

ドラマや映画でそんなロマンティックなシーンばかりを見て憧れを抱くのは自由ですが、押し付けられる男性側にはしんどいばかりです。

エスパーのように察してもらいたがる

「どうして分かってくれないの?」「そんなこと、普通言わなくても判るでしょ!」。突然そんなことを言って怒り出す女性もいます。「自分のことなら何でも察し欲しい」のです。

しかしそんなことを言われても、言われた側はエスパーではありません。機嫌が悪いのは見て分かっても、その理由はきちんと言葉で説明してくれなけれは理解できないのは当然です。

最終的に「女心が分からないのね」と言い放たれることもありますが、「そっちこそ、男心が分からないだろ」と言い返して喧嘩になっては益々ストレスが溜まります。結果我慢して、彼女への不満だけが募ります。

寂しがり屋で度の越えたかまってちゃん

Maklay62 / Pixabay

LINEやメールの返信が数時間遅いだけで「私のこと、嫌いになっちゃったの?」と淋しがったり、「どうして返事くれないの?」と半泣きで怒りだしたりする…めんどうな女の最もあありがちな特徴の一つです。

仕事中や入浴中など、彼氏側にも都合があるという想像力が働かないのです。夜中に突然「淋しくなっちゃって」と電話をかけてくる女性もその部類です。

ショッピングで長時間連れ回されるとき

StockSnap / Pixabay

女性の買い物が長いのは仕方がないことです。問題なのは、それに彼氏を連れ回して何とも思わない女です。

気の利いた女性なら「もうちょっとかかるからどこかカフェで休んでて」とでも言うでしょう。でもめんどくさい彼女は「一緒に選んで欲しいの」と、決まるまで延々と同伴させるのが特徴です。

更にめんどうな彼女になると「こっちでいいんじゃない?」と選んであげても「今いい加減に返事したでしょ」と怒り出します。

すぐに怒る・機嫌を悪くする・不機嫌な理由を言わない

WenPhotos / Pixabay

女性は男性と比べて感情の起伏が激しいものです。それ自体は仕方がありません。めんどうなのは、その起伏をうまくコントロールできず当たり散らし、結局何で機嫌が悪いのか理由を説明しない彼女です。

前述の「理由ぐらい察してよ」のパターンです。もっと言えば「そっちが悪いんだから言わなくても分かるでしょ」というわけです。

すぐに泣く・泣けば済むと思っている

Anemone123 / Pixabay

泣けば済む、と思って泣く女性もそうは多くないでしょう。しかし見ただけでは、何故、どうして、何のために泣いているのかさっぱり分かりません。せめて涙の理由ぐらいは説明して欲しいものです。

理由が分からなければ対処の仕様もありません。それでも放っておかれるのが嫌で泣き続ける彼女はめんどくさいです。

厄介なのは、デート中などの屋外で泣かれることです。家の中でなら小さい子と同じで放っておけばいいのですが、人目のある屋外で「あの男、彼女を泣かせている」と思われるのは不本意です。

一度ならず何度も元彼と比較してくる

Mediamodifier / Pixabay

めんどくさい、というより、ここまで来ると非常識です。自分が前の彼女と比較されたらどんなに嫌な気分になるか、そんな事すら想像に及ばないというのは、特徴ではなく悪癖です。

酷い例になると、「前の彼氏のほうがセックスが上手かった」なんてことを言う彼女もいます。

根に持ちやすく済んだ喧嘩のことを掘り返してくる

RyanMcGuire / Pixabay

「僅かな過去のトラブルのことが話題になる」「そのことで再び彼女の怒りが復活」「解決した問題のはずなのに今更どうして?」…そんな、負の輪廻で男性を振り回す彼女がめんどくさくないわけないです。

こういう女性は、「口喧嘩で自分が勝たなければどうしても気が済まない」のです。彼氏への甘えからの心理かも知れませんが、吹っ掛けられたこちらは「子供じゃあるまいし」と呆れるばかりです。

別れるレベルで束縛や嫉妬が激しく飲み会などに行かせてくれない

Tumisu / Pixabay

拘束にも様々あります。先述のlineやメールを黙ってチェックするのも拘束のひとつです。それ以外にも会えない休日の前の日に「明日はどこで何をして会えないのか」を確認されるのも息苦しいです。

そればかりか「今どこで何をしているのか」を職場にまで電話をかけて確認する女性もいます。愛する男を失いたくない心理は分かりますが、それは「彼氏を信頼しきれてない行動」とも言えます。

「他の女の子と喋って欲しくないから」という理由で飲み会や友達付き合いを制限する女性に至っては、病的でもあります。一緒にいる男性側のストレスも心配されます。

人の悪口を延々と話し続ける

職場での鬱憤、友達との諍い、色々ストレスが溜まるのは分かります。しかしいくら「気の許せる彼氏」だからと言って、その悪口を延々と聞かされ続ければ「めんどくさい」と思う瞬間は訪れます。

あまりにも悪口の度合いが酷く、精神的ストレスが強すぎる場合、「モラルハラスメント」に相当することもあります。本格的に辛くなったら相応の対策も考えましょう。

自分の話ばかりで彼氏の話を聞こうとしない・すぐに否定する

kabaldesch0 / Pixabay

「でもさ」「けどさ」「だからってさ」「それもそうなんだけどさ」一見他人の話を聞いているようで、結局自分の意見だけを主張したい女性の特徴的な言い回しです。

勿論女性に限らずこういう言葉を使う人はいますが、付き合ってる彼女に頻繁に言われれば、距離が近い分精神的なダメージも大きいです。

これは前述した「口喧嘩で自分が勝たなければ気が済まない」女性にも通じるものがあります。めんどくさい、逃げたい、そう思って当然です。

ネットや2ちゃんねるの情報の受け売りばかり

Free-Photos / Pixabay

ネットには真意の定かではない情報が氾濫しています。その中でも、匿名で無責任に情報を流せる掲示板等に書かれていることを鵜呑みにして、あたかもそれが事実であるように語る女性はめんどくさいと思われます。

これは男性が女性に対して行っても鬱陶しいと思われることです。「こんな噂もあるんだって」とネタにする程度ならただの「話題づくり」で済むので、お互いに気を付けたいところです。

生活リズムがあまりにも違いすぎる

JanBaby / Pixabay

例えば真夜中の電話です。彼女としては「12時前ならまだいいよね」と思って電話をかけてても、彼氏にとっては「もうすぐ12時なのに何で電話なんだよ」であることもあります。早朝の電話でも一緒です。

職種の違い等で生活リズムが違い、ある程度仕方がない場合もあるでしょう。それでも相手の都合は考えるべきです。それが出来ず「声が聞きたくて」と電話をかける女性はめんどくさがられても仕方ありません。

身の上不幸話が多く悲劇のヒロインになっている

自分が不幸だったこと、自分の不幸な生い立ちを彼氏に知って欲しい、という女性の気持ちは分かります。しかし「不幸だった事実」を話すのと「不幸だった自分を何度も悲劇のヒロインに仕立てる」のとは大違いです。

不幸だった自分を理解して、守って欲しいという女性の心理なのでしょうが、聞く側としては「一度聞けば分かる話」です。

男性側の心理としては、付き合う前はあんなに明るかったのに、突然雰囲気が暗くなられて「めんどうなことになった」と戸惑っている、ということろでしょう。

甘えさせてくれず厳しいことばかり言う

RobinHiggins / Pixabay

甘えてばっかりのかまってちゃんの逆ヴァージョンです。自分にも厳しく、他人にも厳しい女性に多いパターンです。

男性だって甘えたい時はあります。それを受け入れてもらえず安らぐ場所がないと、心が弱ってしまいます。

セックスをしたがらない・嫌がる

sasint / Pixabay

セックスは、愛し合う二人だけに通じる「もうひとつの言語」です。その言語でのコミュニケーションを拒絶されたら、男性でも女性でもショックです。

セックスが男女の付き合いの全てではありませんが、重要なファクターであるのは確かです。特に男性は拒絶されれば、「なら彼女は男としての自分に何を求めるのか」と不安になります。

結果、「一緒にいて意味があるのか」という疑問に繋がり、付き合いをめんどうに感じ始めます。

おせっかいで自分の意見や価値観を押し付けてくる

johnhain / Pixabay

例えば食生活の話です。彼女は健康志向が強く、身体に悪いとされるインスタント食品を一切食べません。また、夜9時以降は水分も取りません。個人の意見なので構いませんが、彼氏に押し付けるのはどうでしょう。

「インスタントは食べるなって言ったでしょ!」「9時過ぎたんだから飲んじゃダメでしょ!」お母さんじゃあるまいし、そんな風に押し付けられれば嫌になります。

その手の「めんどくさい彼女」は、彼氏も既に大人で、自分なりの価値観が確立しているのを忘れているのでしょう。

平等な関係ではなく上から目線になってくる

Engin_Akyurt / Pixabay

前述の「価値観を押し付ける彼女」にも通じるものがありますが、付き合いも慣れてくると、上から目線で彼氏を見るようになってくる女性もいます。

何かにつけて説教をされたり、自分の優秀さをアピールされたり、そんなことが続けば男性は自尊心を傷つけられ、彼女といることが苦痛になります。

男性の心理としては、自分に劣等感を抱かせる女性を「めんどくさい」と思うのは当然です。

「私のこと好き?」などネガティブな質問を何度もしてくる

Anemone123 / Pixabay

「私のこと、好き?」初めは可愛く感じるこの質問も、何度も重ねられるとものすごくネガティブな印象になります。

彼女としては不安で気持ちを確認したいだけなのでしょうが、男性には「俺は信頼されてないのか」という不快感になります。ずっとポジティブでいることも難しいですが、一緒にいるからには信頼してもらいたいです。

「私のこと好き?」が「私って、めんどくさい女かな?」になったら要注意です。「そう思うなら直せば?」と口にしようものなら、彼女は益々ネガティブでめんどくさくなります。

情緒不安定でメンヘラ気味

「私って、めんどくさい女かな?」がもっと酷くなると、「どうせ私なんてもういらないんでしょ」「どうせ別れたいと思ってるんでしょ」になってきます。典型的なメンヘラ発言です。

非常にめんどくさい状況です。ただ愛情を確かめたくて言っているだけなら適当に流すこともできるのでしょうが、本当に精神的に治療が必要な状態に陥っているのであれば、自傷行為等に走りかねません。

そしてその判断は、一般人にはできるものではありません。

素直じゃなく「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない

geralt / Pixabay

素直じゃないのは、「めんどくさい彼女」の典型的な特徴のひとつです。最近の言葉で言えば「ツンデレ」です。

「ありがとう」ではなくそっぽを向く、「ごめんなさい」ではなく「別に何とも思ってないからね」、アニメキャラが言うのであれば可愛げもあるのでしょう。しかし現実の女性には素直であって欲しいです。

NEXT 美意識が高く彼氏もアクセサリー扱いする