【夢占い】指輪に関する夢の意味や心理は?状態や行動別79選! 雑学・ライフスタイル

【夢占い】指輪に関する夢の意味や心理は?状態や行動別79選!

夢占いにおいて指輪の夢は、恋愛に関係する意味を持っていることが多いです。色や宝石といった夢に出てきた指輪の形状によって、夢の解釈は異なります。また、指輪をもらったり、はめたりと夢の状況によっても意味が変わるので、夢の内容をよく思い出すことが大切です。

目次

[表示]

夢占い!指輪に関する夢を見たときの意味や心理とは

470906 / Pixabay

夢に出てくる指輪は、夢占いにおいて恋愛や約束といったことを象徴しています。指輪の夢は、交際が順調に進んだり、約束が果たされるなど、良い意味を持つ場合が多いようです。

夢診断・夢分析における指輪の基本的な意味

Dan_Park / Pixabay

指輪は特に女性にとっては大切な意味を持つことが多いです。夢診断や夢分析において指輪は、恋愛に関係することを意味していることが多いです。

また、結婚や婚約に表されるように約束を意味することもあります。恋愛が上手くいったり、約束が果たされたりと、良い夢であることが多いのも特徴です。

指輪の夢を見る心理とは

指輪の夢を見るときは、恋愛への興味や気持ちが大きくなっている心理状態であることが多いです。結婚を意識している時にも見やすい夢でもあります。

恋愛運が高まっていることを示す夢であることもありますが、恋愛への気持ちが強くなっている分、悩みも多くなるかもしれません。

【夢占い】指輪の夢の意味は?見た目・種類・状態別!

Pexels / Pixabay

指輪が出てくる夢は、指輪の見た目や種類、状態によって意味が異なります。運気の上昇や結婚、婚約を暗示している場合もあれば、ネガティブな意味を持つ場合もあります。

大人の色気が備わってきている「ピンクの指輪の夢」

TerriC / Pixabay

ピンクの指輪が出てくる夢を見たときは、大人の色気が備わりつつあることを示しています。今までとは印象が変わってきていて、異性の興味を引きつけている状態を表しています。

色気によって自身の魅力が高まっていることを示していますので、気になる異性とも親密になることができるチャンスです。特に、ピンクの指輪をはめている夢であれば、一気に距離を縮めるチャンスです。

悪縁を避けるパワーを示す「白い指輪の夢」

Maria-MW / Pixabay

白い指輪の夢は、悪縁を避けるパワーを示しています。遊びで近寄ってくる異性や、騙そうと企んでいる人間に、近づかなくて済むことを意味しています。

この夢を見たときには、悪い人間関係から守られている状態です。安心して生活してよいでしょう。

刺激のある生活の暗示「紫の指輪の夢」

Olessya / Pixabay

紫の指輪が出てくる夢は、刺激のある生活が訪れることを暗示しています。現在の生活環境に変化が起こり、刺激的な日々が始めることを示しています。

紫の指輪を誰かから貰う夢であれば、指輪をくれた相手と親密な関係になる可能性があります。しかし、その関係は刺激的であると同時に危険な面があり、トラブルを引き起こす可能性もあります。

紫の指輪は出てくる夢を見たときは刺激が得られる予兆ですが、自分を見失わないようにすることも必要です。

成功や良い結果が訪れる「金色・ゴールド・プラチナの指輪の夢」

3602209 / Pixabay

金色、ゴールド、プラチナの指輪の夢は、成功や良い結果の訪れを暗示する吉夢です。運気の上昇を示していて、何ごともうまく運ぶことを意味しています。

恋愛の運気も上がっていて、理想的な相手と巡り会えるかもしれません。また、交際相手がいる場合には、結婚や婚約に発展する可能性もあります。

また、金銭運も良くなるので、思わぬ収入が期待できるかもしれません。

生活が円滑である証「銀色・シルバーの指輪の夢」

Richkat / Pixabay

銀色の指輪やシルバーの指輪の夢は、生活が円滑であることを表しています。全てが満足な状態であないものの、周囲の人から支えられている状態にあることを示しています。

人間関係に恵まれていて、周りの人々が見方をしてくれている状態です。問題が起きた時にも、手助けをしてくる人物が現れてくれると考えられます。

今の円滑な生活は周りの人々のサポートがあってこそだということを理解して、人間関係を大切にしていくと良いでしょう。

新しい恋や思いがけない任務の暗示「豪華な指輪の夢」

pashminu / Pixabay

豪華な指輪が出てくる夢は、新しい恋が始まることを暗示しています。また、仕事面では、思いがけない任務を任せられることを知らせています。

恋愛面でも仕事面でも、経験したことのないようなことが始まることを示しています。新しい経験となりますが、自身にとって良い結果が得られると考えられます。

豪華な指輪の夢を見たのであれば、新しいことに挑戦したり、自分から一歩踏み出してみるチャンスだと言えます。

期待外れやコミュニケーションが上手くいっていない「大きな指輪の夢」

Myriams-Fotos / Pixabay

大きな指輪が出てくる夢は、コミュニケーション不足になっていることを暗示しています。意思疎通が不十分なので、仕事や恋愛において期待外れな結果になってしまうことを示しています。

恋人とのコミュニケーションが上手くいっていないために、すれ違うことが多くなっているかもしれません。お互いに誤解が重なってしまい、関係が壊れてしまう可能性があります。

大きな指輪の夢を見たときには、コミュニケーションが十分に取れているのか見直してみることが大切です。

束縛を感じている暗示「小さな指輪の夢」

Free-Photos / Pixabay

小さな指輪の夢は、恋人からの束縛を感じていることを表しています。恋人との関係性を窮屈に思ってしまっている心理状態を暗示しています。

はっきりと自覚はしていないかもしれませんが、潜在的に恋人から離れて自由になりたいと思っている状態です。このままだと、不満が溜まっていき関係が悪化する可能性があります。

小さな指輪の夢を見たのであれば、恋人から離れる時間を作る工夫をすることが必要です。一度、2人の関係のあり方について話し合ってみるのも良いかもしれません。

束縛と依存の表れ?「宝石と指輪の夢」

ColiN00B / Pixabay

宝石のついた指輪ではなく、宝石と指輪が別々に出てくる夢は、束縛や依存を表すものです。恋人への依存心が強く、縛り付けようとしている心理状態を示しています。

恋人がいない人の場合には、家族や身近な人物に頼ってしまっている可能性があります。依存的になっていて、自分で決断することが難しい状態になってしまっています。

このような夢を見たときには、自分の心と行動を見つめ直してみる必要があります。すぐには難しいかもしれませんが、人に頼りすぎない自律した心を育てることが大切です。

順調に恋愛が進んでいる暗示「パール・真珠の指輪の夢」

moritz320 / Pixabay

パール、真珠の指輪が出てくる夢は、恋愛関係が順調であることを示しています。現在の恋人との関係が深まったり、関係が発展していくことも暗示しています。

結婚や婚約といった、嬉しい変化が訪れるかもしれません。また、妊娠を希望している女性であれば、子宝に恵まれる可能性もあります。

恋人がいない人の場合には、良縁に恵まれることが期待できます。理想的な相手に出会うことができるかもしれません。

成功や勝利を意味する吉夢「ルビーの指輪の夢」

Peter-Lomas / Pixabay

夢の中のルビーは、幸運を引き寄せてくれる意味を持っています。ルビーの指輪が出てくる夢であれば、成功や勝利を意味する吉夢です。

これまでの努力が報われて、嬉しい結果が得られると考えられます。周囲からの評価も得られて、ステップアップしていくことができると言えます。

ルビーの指輪の夢を見たときには、努力が実を結ぶときが近いので、前向きに続けていくとよいでしょう。また、新しい仕事などに挑戦するにも、良いタイミングだと言えます。

誠実な相手と恋愛をしている「サファイヤの指輪の夢」

Hans / Pixabay

サファイヤの指輪の夢は、誠実な相手との恋愛を意味しています。現在の交際相手がとても正直で、まっすぐな人物であることを表す夢です。

真面目で誠実な相手であるために、多少物足りなさを感じているかもしれません。しかし、二人の相性はとても良いことを示しています。

サファイヤの指輪の夢を見たのであれば、現在の恋人と着実に愛を育むことができているということです。このまま関係を深めていけば、将来をともにするパートナーとなるかもしれません。

恋愛運の上昇を意味する「アクアマリンの指輪の夢」

kelseyannvere / Pixabay

アクアマリンは、愛情を意味しています。アクアマリンの指輪の夢であれば、恋愛について運気が高まっていることを示しています。

アクアマリンの指輪を誰かから貰う夢であれば、人から好意を持たれること暗示しています。自分で指輪を買った夢の場合には、自分からのアプローチが成功することを意味しています。

アクアマリンの指輪の夢を見たときは、恋愛運が上昇している時です。いつもより積極的に行動してみても良いかもしれません。

自身の輝きが増す暗示「ダイヤモンドの指輪の夢」

Pexels / Pixabay

ダイヤモンドの指輪の夢は、自身の輝きが増していくことを暗示しています。自身の能力を十分に発揮できて、魅力的な人物に成長していくことを示しています。

今までの努力が実を結び、結果が出るときであることを意味しています。周囲も協力的に働いてくれて、よりいっそう自身の輝きを引き立ててくれることになると考えられます。

結婚が近い事を意味する「エメラルドの指輪の夢」

ColiN00B / Pixabay

エメラルドの指輪の夢は、近いうちに結婚することを意味しています。交際相手がいる人であれば、結婚の話が持ち上がることを示しています。

現在、恋人がいない人の場合には、結婚を意識するような人物との出会いがあると考えられます。エメラルドは金銭を意味することもあるので、経済的にも理想的な結婚相手に恵まれるかもしれません。

エメラルドの指輪の夢は、結婚を望んでいる人にとっては、とても良い意味を持った夢です。出会いの場に出かけてみるなど、一歩踏み出してみるのも良いかもしれません。

約束を忘れている暗示「錆びている指輪の夢」

jeanborges / Pixabay

錆びた指輪の夢は、約束を忘れていることを意味しています。大切な約束があるにも関わらず、すっかり忘れてしまっていることを暗示している夢です。

自分自身では忘れてしまっている状態ですが、潜在意識では覚えています。そのため、とても気がかりになってしまっている可能性があります。

錆びた指輪の夢を見たときには、約束を忘れていないかどうか思い出してみることが必要です。最近だけではなく少し前の約束の可能性もあるので、記憶をたどってみると良いでしょう。

大切な気持ちを受け取りたい気持ちの表れ「指輪とリボンの夢」

Pexels / Pixabay

夢に出てくるリボンは、贈り物やプレゼントを象徴しています。指輪とリボンが出てくる夢であれば、人から優しくしてもらいたい気持ちを表しています。

誰かから大切な気持ちを受け取りたいという思いが夢に現れています。現実には普段から寂しさや心細さを感じているのかもしれません。

しかし、このような心理状態は一時的なものであると考えられます。いずれ自身のエネルギーが満たされてくれば、このような夢も見なくなると言えます。

よこしまな感情や納得できない気持ちがある「汚れている・汚い指輪の夢」

firemystery / Pixabay

汚れていたり、汚い指輪が出てくる夢は、ネガティブな感情を意味しています。よこしまな感情や納得できない気持ちを持っている時に見やすくなる夢です。

現実の生活の中で、小さな不満が溜まってきているのかもしれません。そのために、少しずるい気持ちが生まれてきてしまっていると考えられます。

このような夢を見たのであれば、感情を少しずつ消化していくことが必要です。不満の原因を解決できるように工夫してみたり、リフレッシュする時間を作ってみることが大切です。

意識している異性は二人・複数いる「二つの指輪が出てくる夢」

Kurashov / Pixabay

2つの指輪が登場する夢は、複数の異性に気持ちがあることを表しています。気になっていたり好意を持っている異性が2人もしくはそれ以上いる状態を示している夢です。

複数の異性を意識していて、異性に対する興味が高まっている状態とも言えます。恋愛への欲求が強くなっている可能性があります。

複数の異性を意識するだけであれば問題ありませんが、行動に移してしまうとトラブルになるかもしれません。自分の気持ちを見つめ直して、少し慎重に行動することが必要です。

間違った考えを意味する「指輪が偽物だった夢」

blickpixel / Pixabay

指輪が偽物だった夢は、自身の考え方が間違っていることを暗示しています。今まで正しいと信じてきたことが、覆されてしまうことを意味しています。

仕事や家庭の中で、少し頑固になってしまっている部分があるのかもしれません。なかなか人の意見を受け入れられずに、頭が凝り固まっている可能性があります。

このような夢を見たのであれば、大きなトラブルになる前に、人の意見を取り入れてみるように心がけると良いでしょう。

結婚や婚約の暗示「キラキラ光る指輪が印象的な夢」

marla66 / Pixabay

キラキラ光る指輪が印象的な夢は、結婚や婚約を暗示しています。近い将来に、結婚や婚約が決まる可能性があります。

現在恋人がいる人は、プロポーズを受けるなど、結婚に向けた動きがあるかもしれません。恋人がいない人でも、将来を共にするパートナーとの出会いがあると期待できます。

指輪の光は、豊かさの象徴でもあります。結婚や婚約に限らず運気の上昇を意味している吉夢だと言えます。

【夢占い】指輪の夢の意味は?はめる指別!

Hans / Pixabay

指輪が出てくる夢の意味は、どの指に指輪をはめていたかによっても解釈が異なります。どんな指輪だったかということと併せて、どの指にはめていたかをよく思い出すことが大切です。

仕事や金運が上昇する「親指に指輪をはめる夢」

MireiaPascual / Pixabay

親指に指輪をはめる夢は、運気の上昇を意味しています。特に、仕事運や金運が高まっていることを暗示している夢です。

仕事で成功することができて、周囲からの評価を得られると期待できます。それによって、収入を増やすことができるかもしれません。また、思いもよらぬ臨時収入がある可能性もあります。

親指に指輪をはめる夢を見たときには、仕事面でチャレンジしてみると良い結果が得られるタイミングだと言えます。

自身の成長を意味する「人差し指に指輪をはめる夢」

Pexels / Pixabay

人差し指に指輪をはめている夢は、自身の成長を意味しています。目標を達成することができて、大きくステップアップできる時が来ていることを知らせています。

仕事で取り組んでいることがあれば、良い結果を残すことができると考えられます。それによって、新しい仕事や役割を得られるようになると期待できます。

また、新しいアイディアや価値観を受け入れられるタイミングだと言えます。今までと考え方を変えることで、新しい着想を得られるかもしれません。

対人運の上昇やトラブル解決を意味する「中指に指輪をはめる夢」

martaposemuckel / Pixabay

中指に指輪をはめる夢は、対人運が上昇していることを示しています。人間関係が円滑になることで、トラブルも解決に向かうことを暗示しています。

人間関係のストレスで悩んでいることがあるのであれば、これから軽減されていくと考えられます。周囲の人からのサポートを受けられる環境になっていくことが期待できます。

今は対人面で苦しい思いをしているかもしれませんが、このような夢を見たのであれば前向きに考えていて良いでしょう。

NEXT:結婚願望が高まっている暗示「薬指に指輪をはめる夢」
1/3