野沢那智ははどんな人?経歴は?死因は?吹き替えした作品もまとめ! エンタメ

野沢那智ははどんな人?経歴は?死因は?吹き替えした作品もまとめ!

声優の野沢那智さんは、最初は劇団員の役者として活動していました。その後「0011ナポレオン・ソロ」など、声優として活動するようになりました。今でも、コブラやルパン三世の声をネット上でものまねする人は多くいます。そんな野沢那智さんのことをまとめました。

目次

[表示]

野沢那智とは?経歴や死因は?

野沢那智さんといえば、アラン・ドロンの吹き替えや、「スペースコブラ」のコブラ役、「ルパン三世」のルパン役で有名な声優です。

そんな野沢那智さんの経歴や死因などをまとめてみました。

野沢那智のプロフィール!

野沢那智さんは、1938年1月13日生まれ、東京都出身の声優・ナレーターです。オフィスPACの元代表です。

妻は元女優の成瀬麗子さん、長男は俳優の野沢聡さん、姪にはタレントの野沢直子さんがいます。

舞台美術家から舞台演出家、役者、声優業まで、幅広く活躍?

野沢那智さんは、もともとは舞台美術家であり、その後舞台演出家になっています。その後は俳優や声優など幅広い活動をするようになりました。

舞台美術家から舞台演出家に転向後、役者の道へ

野沢那智さんは、最初から役者になりたかったのではなく、舞台美術家になりたかったそうです。

しかし、舞台美術家から「お前は絵が下手だし、向いていないからやめろ」と言われ、舞台演出家を目指すようになりました。

大学を中退後は、劇団七曜会に演出家の研修生として入団しましたが、主催者の高城淳一さんからは「とりあえず役者になれ」と言われていきなり舞台に出ることとなります。

アルバイトで声優の仕事をするように

野沢那智さんは、劇団七曜会で役者を続けていましたが、洋画の吹き替えのアルバイトをするようになりました。

0011ナポレオン・ソロが大ヒットで、声優業を本格的に開始

野沢那智さんがアテレコを担当した「0011ナポレオン・ソロ」が高視聴率を記録し、若い女性ファンが増えてスタジオ周辺に集まるようになりました。

それまで声優の仕事は、役者としては半人前と言われ、日陰者扱いされていましたが、このことで野沢那智さんは本格的に声優をやろうと決意し、その後5000本もの作品のアテレコを担当しています。

その後、劇団薔薇座とオフィスPACを設立

野沢那智さんは、1963年に劇団「薔薇座」を設立し、声優と同時に演出家としても活動していました。しかし、劇団「薔薇座」は1992年に解散しました。

野沢さんは、2003年には「オフィスPAC」を設立し、付属養成所である「パフォーミング・アート・センター」で声優、ミュージカル、俳優を目指す人達を育てる活動もしていました。

ナレーターやラジオパーソナリティとしても活動していた

野沢那智さんは、声優の他にもナレーターやラジオパーソナリティとしても活動していました。

ラジオには「野沢那智のさわやかカーライフ」(西日本放送、ラジオ関西、大分放送)や「パックインミュージック」(TBSラジオ)、「ナッチャコのおじゃまな関係」(ニッポン放送)などに出演しています。

ナレーターの仕事では「雨ニモマケズ」、「たのしい動物百科」、「独身のスキャット」などを担当していました。

2010年に肺がんで死去

野沢那智さんは、2009年頃から体調が悪化したことで、2010年8月に病院で精密検査を受け「肺がん」であることが判明しました。

すぐに入院治療に入り、抗ガン剤などで治療生活をしていましたが容態は回復しないまま、10月26日に都内の別の病院に転院しています。

しかし、この頃は会話もままならず、2010年10月30日に肺がんのために亡くなられています。72歳でした。

野沢那智のお別れの会の様子は?

野沢那智さんのお別れの会を、2011年2月14日に東京会館で行われています。関係者600名以上、さらに一般の記帳者350名余り、計1000名が参列され、野沢那智さんを偲ばれました。

祭壇に愛用していた机が置かれ、その上には主宰していた劇団時代の台本、愛用のジャンパーや眼鏡などが並び、その上にはピンクのカーディガンを肩にかけた野沢さんの遺影が掲げられていました。

野沢さんのお別れの会で弔辞を読んだのは、TBSラジオで15年間一緒だった白石冬美さんで「どこも痛くなくなった今、空の上から見守ってください」と別れを惜しみました。

【画像・動画あり】野沢那智が吹き替え等を担当した作品まとめ!

映画「ダイ・ハード」ではブルース・ウィルスの声を担当しています。

野沢那智さんが、これまでに吹き替えを担当した映画やアニメは数多くありますが、そんな中で主な作品を紹介します。

 担当した作品等①:キングダムハーツ Re:チェインオブメモリーズ

「キングダムハーツ Re:チェインオブメモリーズ」は、2007年3月29日に発売されたコンピューターゲームの作品で、ゲームボーイアドバンス用のものをPlayStation2向けにリメイクされました。

野沢那智さんは、ゲームの世界でも多くの作品に出演していますが、この「キングダムハーツ Re:チェインオブメモリーズ」ではヴィクセンの声で出演しています。

担当した作品等②:ルパン三世 パイロットフィルム

「ルパン三世 パイロットフィルム」は、モンキー・パンチ原作のアニメ「ルパン三世」のアニメ版です。原作者のモンキー・パンチは当時、放送されたアニメに不満があって、アニメ化に反対していました。

しかし、13分のパイロットフィルムが製作されたことで、その出来のよさとリアルな描写に感動し、モンキー・パンチの方からぜひアニメ化をお願いしたいとアニメ化にOKが出たという経緯があります。

野沢那智さんは、このアニメの主人公であるルパン三世の声で出演しています。他の声の出演者には、次元大介役の小林清志さん、峰不二子役の増山江威子さん、石川五右エ門役の納谷悟朗さんらがいます。

担当した作品等③:ルパン三世 ルパン暗殺指令

「ルパン三世 ルパン暗殺指令」は、TVスペシャルシリーズ第5作で、1993年7月23日に金曜ロードショーで放送されました。

この「ルパン三世 ルパン暗殺指令」では、野沢那智さんはジョン・クローズの声で出演しています。主人公のルパン三世役には山田康雄さんが担当しています。

ジョン・クローズは武器密売組織のボスで、小柄な体格で小じわのついた顔立ちで、年齢はそれほど高くないそうです。密売組織の本拠地はグアム島付近にある島で、この島には多数の兵器を保管しています。

担当した作品等④:コブラ(テレビ版、劇場版は松崎しげる)

「コブラ」は、寺沢武一さんのSF漫画「コブラ」を原作として製作されたアニメ作品です。野沢那智さんは、テレビアニメ「コブラ」のコブラの声を担当しています。

「スペースコブラ」のキャストには最初は山田康雄さんも候補にあがっていましたが、同じ東京ムービーの作品「ルパン三世」とイメージがだぶる理由から、野沢那智さんが担当することになりました。

その後「コブラ」のゲーム版では、山田康雄さんがコブラの声を担当しています。また、アニメ映画の「コブラ」の声は松崎しげるさんが担当しています。

担当した作品等⑤:ダイ・ハード

野沢那智さんは、映画「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィルス(ジョン・マクレーン刑事)の声でも親しまれていました。

映画「ダイ・ハード」は、1988年のアメリカのアクション映画で、ロデリック・ソープの小説「ダイ・ハード」を原作としています。日本では1989年2月4日に公開されています。

ブルース・ウィルスの声の担当では、他に「アンブレイカブル」「16ブロック」「ジャッカル」「スリー・リバーズ」などの作品があります。

担当した作品等⑥:アンデルセン神父

アンデルセン神父は、「HELLSING」の登場人物で、野沢那智さんが声を担当しています。普段は温厚な神父で、孤児院に勤務していて子供達に慕われていますが、裏の顔はマクスウェルの狂信者です。

アンデルセン神父は、ヘルシング機関でのアーカードのような存在で「聖堂騎士」「銃剣」「天使の塵」「殺し屋」など多くの異名を持っています。

「HELLSING」は平野耕太さんの漫画作品で、月刊漫画雑誌「ヤングキングアワーズ」で1997年から連載されていました。テレビアニメ「HELLSING」は、この漫画を原作として製作されました。

担当した作品等⑦:アラン・ドロン(高校教師等)

野沢那智さんは、アラン・ドロンなど二枚目俳優の吹き替えで活躍していましたが、特にアラン・ドロンの吹き替えで有名です。

1960年代後半から、アラン・ドロンの吹き替え担当は数名いましたが、1970年代後半からは、ほぼ野沢那智さん1人がアラン・ドロンを担当していました。

アラン・ドロンの「高校教師」は、1976年に公開された映画で、この頃からアラン・ドロンの声は野沢那智さんが全て担当していました。

担当した作品等⑧:クリストファー・ウォーケン

野沢那智さんが担当していた、クリストファー・ウォーケンの声の主な作品には「カントリーベアーズ」「戦争の犬たち」「007美しき獲物たち」「デッドゾーン」などがあります。

担当した作品等⑨:アル・パチーノ

野沢那智さんは、アル・パチーノの声も担当していましたが、主な作品には「インソムニア」「狼たちの午後」「カリーとの道」「訣別の街」などがあります。

担当した作品等⑩:刑事ナッシュ・ブリッジス(青野武と共演)

野沢那智さんは海外ドラマ「刑事ナッシュ・ブリッジス」では青野武さん(ジョセフ・ドミンゲス役)と共演しています。

ドラマ「刑事ナッシュ・ブリッジス」は、1996年から2001年まで全米CBSネットワークで放送されたポリス・アクション・ドラマです。野沢那智さんは、主人公のナッシュ・ブリッジスの声を担当しています。

野沢那智の有名人との関係は?人柄はどうだったの?

野沢那智さんは、同じ声優の山田康雄さんとは仲が良く、双方が同じキャラクターを演じることもありました。

野沢那智は白石冬美とラジオ「パックインミュージック」でコンビだった?

野沢那智さんは、白石冬美さんとコンビで、15年間ラジオ「パックインミュージック」のパーソナリティーを務めていました。

野沢那智と山田康雄の関係は?

野沢那智さんは、山田康雄さんとは親交があって、双方が同じキャラクターを演じることもありました。例えば「スペースコブラ」のコブラ役や「ルパン三世」のルパン役を双方が演じています。

「コブラ」では、キャラクター自体ルパン三世に似ているし、口調が山田康雄さんに似ていることもあって、野沢那智さんは似せないように気を使っていたそうです。

野沢那智は酒豪だった?

stevepb / Pixabay

野沢那智さんは、酒好きだったことでも知られていて、山寺宏一さんと同じような仕事量と任期があったにも関わらず、お金の出入りは激しかったそうです。

また、意外にも目立つことが嫌いで、テレビの顔出しの仕事には消極的だったといいます。

野沢那智は多くの人からものまねされている?

野沢那智さんのブルース・ウィルスの吹き替えのモノマネや、その他「コブラ」や「ルパン三世」の声を、ネット上でものまねする人も多くいます。

特に「ダイ・ハード」のブルース・ウィルスの吹き替えの野沢那智さんは、独特の喋り口調で、その特徴をつかんでソックリにものまねする人もいます。

野沢那智の家族は?創価学会員なの?

野沢那智さんの家族やプライベートについて、また創価学会とは関係があるのかなどを紹介します。

野沢那智の妻は元女優の成瀬麗子?

12019 / Pixabay

野沢那智さんの奥さんは、元女優の成瀬麗子さんという方です。成瀬麗子さんと結婚されたのがいつかなど詳しい情報はありません。

野沢那智の息子は野沢聡?現在は声優として活躍?

野沢那智さんと成瀬麗子さんとの間には、息子の野沢聡さんがいます。野沢聡さんは那智さんが亡くなって以降、父親の意志を継ぐように、俳優や声優として本格的に活動しています。

NEXT:野沢那智の姪は野沢直子 ?
1/2