野沢那智ははどんな人?経歴は?死因は?吹き替えした作品もまとめ!

声優の野沢那智さんは、最初は劇団員の役者として活動していました。その後「0011ナポレオン・ソロ」など、声優として活動するようになりました。今でも、コブラやルパン三世の声をネット上でものまねする人は多くいます。そんな野沢那智さんのことをまとめました。

野沢那智とは?経歴や死因は?

野沢那智さんといえば、アラン・ドロンの吹き替えや、「スペースコブラ」のコブラ役、「ルパン三世」のルパン役で有名な声優です。

そんな野沢那智さんの経歴や死因などをまとめてみました。

野沢那智のプロフィール!

野沢那智さんは、1938年1月13日生まれ、東京都出身の声優・ナレーターです。オフィスPACの元代表です。

妻は元女優の成瀬麗子さん、長男は俳優の野沢聡さん、姪にはタレントの野沢直子さんがいます。

舞台美術家から舞台演出家、役者、声優業まで、幅広く活躍?

野沢那智さんは、もともとは舞台美術家であり、その後舞台演出家になっています。その後は俳優や声優など幅広い活動をするようになりました。

舞台美術家から舞台演出家に転向後、役者の道へ

野沢那智さんは、最初から役者になりたかったのではなく、舞台美術家になりたかったそうです。

しかし、舞台美術家から「お前は絵が下手だし、向いていないからやめろ」と言われ、舞台演出家を目指すようになりました。

大学を中退後は、劇団七曜会に演出家の研修生として入団しましたが、主催者の高城淳一さんからは「とりあえず役者になれ」と言われていきなり舞台に出ることとなります。

アルバイトで声優の仕事をするように

野沢那智さんは、劇団七曜会で役者を続けていましたが、洋画の吹き替えのアルバイトをするようになりました。

NEXT 0011ナポレオン・ソロが大ヒットで、声優業を本格的に開始