牡羊座の性別・血液型別の性格の特徴は?恋愛や結婚観、適職も解説 占い・スピリチュアル

牡羊座の性別・血液型別の性格の特徴は?恋愛や結婚観、適職も解説

目次

[表示]

①女性の場合仕事と家庭の両立を目指す

hamonazaryan1 / Pixabay

牡羊座の女性は、結婚したとしても仕事と家庭の両立を目指す傾向が強いです。これは外にアクティブに出て行きたと牡羊座の性格から、家庭に入って専業主婦になる事をよしとしない女性が多いためです。

牡羊座の女性は真面目で責任感が強い人も多いので、家事と仕事を両立させようと、かなりの努力する人が多いようです。また子供を産んだとしても仕事を続けたいと思う人が多いようです。

②男性の場合責任感が増す

470906 / Pixabay

牡羊座の男性が結婚した場合には、元々の真面目で真っ直ぐな性格もあって相手や家庭そのものに対して責任感が増す傾向があります。

自分が夫として家族を支えていこうという気持ちが強くなり、これまでにまして仕事に力を入れるようになる場合が多いようです。

③束縛を嫌うためなかなか家庭を持たない人も

rawpixel / Pixabay

牡羊座の人は男女共に、心の自由を求めて束縛を嫌うところがあるため結婚に抵抗を持ってしまい、なかなか家庭を持たない人も多いようです。

これは特に男性に多い傾向のようで、情熱的に一本気な恋愛をしているのに、なかなかその相手とのゴールインに至らないという人も多く見られます。

④マンネリが嫌いなため結婚後も努力が必要

Candiix / Pixabay

牡羊座の人は関係性がマンネリ化する事を嫌うところがあるため、結婚をしたとしても常に新鮮な刺激を求めているところがあります。

したがって牡羊座の人との結婚生活を円満に続けていくためには、マンネリを避け、常に新しい風を入れていくような刺激的な結婚生活を続ける努力が必要だと言えるでしょう。

⑤我が強いため寛大な心を持つパートナーが必要

Pexels / Pixabay

また、牡羊座の人は我が強い性格のため自己主張が強く、ある意味で自分勝手な行動を取ってしまうときがあります。

こうした態度にも大らかに受け入れてくれるような寛大な心を持つパートナーでないと結婚生活は難しいと言えそうです。

また、結婚するとなるとお互いの家族との関係性なども考慮しなくてはならないため、我が強い牡羊座の人と家族が摩擦を起こさないためにも、うまく調整してあげる努力も必要でしょう。

⑥結婚を新たな人生のレッスンだと思う必要がある

5688709 / Pixabay

自分という意識が強いために相手の気持ちを慮る事が苦手な牡羊座の人は、相手の気持ちを尊重して相談したり報告をしあったりする事が苦手です。

しかし、結婚をして誰かと人生を共に歩んでいく以上は、しっかりと相手の気持ちを理解して足並みをそろえて生きていく必要が出てきます。

努力家で向上心の強い傾向がある牡羊座の人は結婚でのこうした努力を新たな人生のレッスンの様に捉えると、結婚生活がうまく回っていくのではないでしょうか?

牡羊座の仕事・適職

markusspiske / Pixabay

続いては、牡羊座の人に向いている仕事、適職について詳しく解説して行きたいと思います。

①自衛隊や警察官などの努力が必要な仕事

Utility_Inc / Pixabay

牡羊座の人は、自分自身の信念に基づいて真っ直ぐに前を見て進んでいく性格を持っています。こうした特徴から強い信念に基づいた努力が必要な自衛官や警察官などに向いていると言えそうです。

②記者やライターなど積極性が必要な仕事

Pexels / Pixabay

アクティブで、物怖じしない性格の牡羊座の人は、積極的な取材が必要になる記者やライターなどの仕事も向いています。

危険なところに出向いて自ら情報を集められるというのは、記者やライターにとって大きなアドバンテージになります。積極果敢な牡羊座の性格を活かせる職業だと言えるでしょう。

③自分で考えて行動できる新規開拓・新規事業の仕事

mohamed_hassan / Pixabay

自分の考えを貫き通す牡羊座の人は、これまで誰もやった事のない新規開拓や新規事業に携わる仕事に非常に向いていそうです。

決められたやり方が存在しないので、あらゆる事を自分で考え、決定して物事を進めていく必要があるこうした仕事は、人から指示を受けたり決められた枠にはまるのが苦手な牡羊座にぴったりだと言えます。

④高い社交性を生かした営業職

ijmaki / Pixabay

牡羊座の人は非常に明るく楽天的、さらにアクティブで人に積極的に関わっていく事ができます。こうした天性の性格を活かして、コミュニケーション能力が問われる営業職に挑戦してみるのもアリでしょう。

また、牡羊座の自分の信念を貫く押しの強さも営業職には非常に向いている性格だと言えそうです。

⑤失敗を恐れない精神を生かして起業・経営

rawpixel / Pixabay

牡羊座の人は失敗をものともしない強靭な精神力を持っています。こうした一面を生かして自分自身で起業や経営をするというのも向いていそうです。

牡羊座特有の自らの信念を貫く姿勢は企業や経営で不可欠な部分である事に加えて、失敗してもまた立ち上がれる粘り強さも経営に非常に向いていると言えそうです。

牡羊座の金運や金銭感覚は?

pasja1000 / Pixabay

ここからは、牡羊座の持っている金運や金銭感覚についても詳しく見て行きたいと思います。

やりがいを得ることでお金が貯まっていく

nattanan23 / Pixabay

牡羊座の人ははっきりとした目標が定まると、素晴らしい実力を発揮する性格を持っています。金銭に関する成功もこの特性が当てはまり、やりがいのある事を仕事とする事で急速にお金が貯まって行きます。

自分がこれだと決めた事であれば、ひたすら打ち込む事ができる牡羊座の人は、寝ても覚めても仕事の事を考えられる事に加えて、他の事に興味を抱かなくなるのでお金を使わなくなり自然とお金が貯まって行くでしょう。

ケチで節約家な一面がある

Maklay62 / Pixabay

牡羊座の人の中にはケチで節約家な人がいます。しかしこれは生来ケチな性格というわけではなく、お金を貯める事にのめり込んでしまった結果なのです。

牡羊座の人は目標を定めるとひたすらそれに凝っていくところがあるので、いざお金を貯めようと心に決めると、徹底的に節約生活を送る事になり、周りから見ると極端にケチな人に見られてしまうのです。

「金は天下の回りもの」と考え豪快に使う場合も

同時に、牡羊座の人は豪胆で楽天的な一面も持っているので「金は天下の回りもの」と捉えて、豪快に使ってしまうことも多いようです。

こうした所から、お金を貯めるべきところではしっかりと貯め、使うべきところでは豪胆に使うという、ある意味で研ぎ澄まされた経済感覚を持っているとも言えます。

2019〜2020年、牡羊座の運勢は?

Simon / Pixabay

最後に、2019年から2020年にかけての牡羊座の運勢についても解説します。2019年からの牡羊座の運勢は、今までやってきた事の結果が出始め、新しい世界へと踏み出していく旅の始まりの様な時期です。

2020年の初めにかけて大きな変化が訪れる可能性が高くなっていて、波乱に満ちた展開になる事も予想されますが、元来積極的に新しい事に挑戦していく牡羊座なので、障害をものともせずに進んでいく事でしょう。

2019年から2020年にかけての牡羊座の人に大切になるのは、目の前の障害に対してしっかりと戦う姿勢を示す事です。前に向かっていく姿勢を忘れないでいる限り、必ず良い成果が出てきます。

牡羊座の人は真っ直ぐに自分の生き方を貫く好奇心旺盛で明るい人

Paul_Henri / Pixabay

今回は牡羊座の人の性格について詳しくまとめてきました。牡羊座の人は男女共に自分の生き方を貫く真っ直ぐなところがあり、一度決めると責任感を持って1つの事に没入して取り組んでいく性格です。

時に人の意見を聞かずに自分の考えを押し通してしまう事で、自分勝手な人に見られがちですが、その楽天的で明るい性格もあってか頼りになる人として周囲から慕われる事も多くなっています。

また、アクティブな性格で好奇心が旺盛なので、一緒に外に出て遊ぶと非常に楽しく、強い刺激を受けられる存在です。多少強引なところには目をつぶり、一緒に過ごしてみる事でその魅力に気がつく事でしょう。

牡牛座の2019年の運勢に関する記事はこちら

3/3