自己否定がやめらない人の心理や原因は?克服方法・改善法まとめ

自己否定には、色々な原因が考えられます。性格や環境が邪魔をしてやめられない事が多いです。克服するためには、環境や性格に合った改善の方法を見つけていく必要があります。うつにならない為に改善しなくてはいけません。心理や原因、改善方法・克服法を詳しく調べてみました。

自己否定がやめられれない!日本人の多くが苦しむ自己否定とは

geralt / Pixabay

自己否定をやめられないのは、日本特有の文化や教育環境にあります。誰もが、自己否定につながる言葉や態度を目の当たりにしてきています。

「あなたにはできない!」「あなたは間違っている」など完璧や正確さが当たり前と言う風潮があるからです。完璧でなければいけない、正確じゃないといけないをいうプレッシャーが日本人の自己否定に繋がっています。

自己否定・自己否定感とは?

geralt / Pixabay

自己否定とは、自分を否定してしまう事です。自信がない、コンプレックスを抱えているなど、自分の考え方や今までの経験からマイナスのイメージしか持てない事です。

自己否定感とは、「自分はダメ人間だ」「何をやっても上手くいかない」と思い込んでしまい、何もできなくなってしまう感覚です。

自己否定が強すぎると人生を損をする?

suju / Pixabay

自己否定感の強すぎる人は、日常的に自己否定をしているため、自分が持っている本来の能力や実力を発揮する事が出来ない事が多く、チャンスを逃しています。

「自分はこんな事が出来る」「もっと素敵になれる」と思っていても、行動に移すことが出来ないのです。自分は無理だと諦めてしまっています。

そのため周りからの評価も低くく、なおさら自分はダメなんだという考えに苛まれ、好奇心やチャレンジをしない状態になっていき、人生を損していくのです。

自信がない人へ!自己肯定感を診断してみる

FotografieLink / Pixabay

自己肯定感とは、ありのままの自分を受け入れる・認める感覚の事です。自分は何ができる、何かを持っている、自分は誰かより優れているという評価ではない感覚の事を指します。

自己肯定感が重要な点は、コミュニケーションの中で自分の意見を自信を持って言えるか、コミュニケーションを積極的にとれるか、精神は安定しているか、卑屈になっていないかという事が重要になってきます。

自己肯定感を持てないままコミュニケーションをとると、他人からは謙虚に見えますが、自分自身はとても心がつらい状況のため前向きなコミュニケーションを取ることが出来ません。

関連する記事はこちら

なぜ自己否定をやめられないのか?心理や原因はなに?

GDJ / Pixabay

なぜ自己否定をやめられないんでしょう?その問題の奥に隠れている原因や心理を詳しく見ていきましょう。

NEXT 日本人は自己否定感を強く持つ傾向がある