イケメン俳優泉政行は病気で死亡?アルコールが原因?彼女は?

 

 イケメン俳優として、ごくせんや科捜研の女などに出演された泉政行さんが、病気のためお亡くなりになっていたそうです。まだ35歳と若く、ファンの方のショックも大きかったでしょう。ここでは俳優泉政行さんの死因や出演作についてまとめてみました。

俳優・泉政行さんのプロフィール

芸能界に入るきっかけは読者モデル

泉政行さんは1980年5月12日生まれ。東京都荒川区出身で血液型はO型。趣味は少年時代に熱中した野球とカメラ。駒込高等学校在学中に読者モデルに選ばれた事がきっかけで芸能界に入る。デビュー作は「ごくせん」(2002年)。

イケメン俳優として活躍

2003年には「仮面ライダー555」で木場勇治/ホースオルフェノク(声)役を演じる。未だに、ライダーファンから泉さんの演じた木場勇治というキャラクターは人気が高いと言われます。2004年には「科捜研の女」に科学捜査研究所研究員、乾健児役で出演。こちらも主人公の助手役として、高い支持を得ていました。

 

俳優・泉政行さんは病気で亡くなってしまった

泉政行さんの死因となった病気の病気名は肝硬変

2012年頃から体調を崩し、体調を見ながら仕事を続けていました。療養のために、晩年は入退院を繰り返していましたが2015年7月28日、都内の病院で死亡。享年35歳の若さでありました。公式な発表は無いものの一部では、「肝硬変」ではないかと噂されているようです。「肝硬変」は慢性の肝障害の進行により、肝臓が硬くなり、肝機能が著しく落ちてしまう肝臓病の一つです。

病気になった原因は? アルコール?遺伝?

肝硬変になる原因は大きく3つあると言われています。

・肥満   ・肝炎ウイルスの感染  ・アルコール

肝炎ウイルスの感染については、医療技術の発達により予防や対策が出来る病気とされているようです。また、泉さんに関しては肥満というのも考え難いでしょう。

糖尿病や、癌がそうである様に遺伝性のものという事も考えられない事は無いですが、もしかしたらアルコールが原因の一つになったのかも知れません。泉さんはお酒が好きだったという事です。

泉政行さんのお墓は?

泉政行さんの死去ネット

ネット上で泉政行さんに献花をしたり、お線香をあげる事が出来るサイトも存在します。死後2年と200日の時を経て、今日でも多くのファンが訪れています。なお、サイトには実際のお墓の場所も公表されていて、実際に多くのファンが訪れているようです。

 

泉政行さんは難病で亡くなる前に結婚していたの?彼女は?

結婚していなかった

泉政行さんは、結婚はされてないそうです。若くして闘病生活に入ってしまった為、結婚はしなかったのでしょうか。また、彼女がいたという話も調べた限りありませんでした。こんなに素敵な方ですので、病気を支えていた彼女の存在もあったかもしれません。

お悔やみ申し上げます。

 

難病で死んでしまった泉政行さんの出演作品と画像①:ごくせん

「ごくせん」第1期の生徒役でデビュー

 

2002年から始まった人気ドラマ「ごくせん」で、泉政行さんがデビューしたのは、第1期の生徒役でした。当時の共演者には小栗旬さんや上地雄輔さん、松山ケンイチさんや松本潤さん、そしてもちろん仲間由紀恵さんと、今でも大変人気のある役者さんが沢山出演していました。

 

難病で死んでしまった泉政行さんの出演作品と画像②:科捜研

仮面ライダーの若手トリオが揃ってレギュラーに!

当時、やや視聴率が低迷していた「科捜研の女」でしたが、第5シリーズから「新・科捜研の女」と改題され、大幅なリニューアルが行われていました。(その後、「新」が取れて、「科捜研の女」の戻っていますので、此処では「科捜研」で統一します。) 仮面ライダーに出演していた半田健人さん、溝呂木賢さんと共に泉政行さんも揃ってレギュラーとなります。

 

ドラマの最盛期を支えたレギュラーとして

次の第6シリーズで残念ながら半田さん、溝呂木さんは降板してしまいましたが、泉さんが演じる乾健児はドラマにフィットし、レギュラーとして長く活躍する事となります。泉さんが演じた乾健児は、研究員で唯一の若手男子です。沢口靖子さんが演じる主人公榊マリコの助手として振り回されながらも奮闘します。

 

乾健児、突然の降板劇

 

そして迎えた第11シリーズ(2011年)、12月放送の第8話で泉さん演じる乾健児は科捜研を退職する形で、番組を卒業してしまいます。退職の理由は、癌で余命1年と言われた故郷の父親を看取る為というものです。臆測ですが、この時既に体調が悪くなっていたのではないかと思われます。

 

泉政行さんの画像まとめ

 

本当に優しそうな、素敵な方ですよね。共演者やファンから愛されていたんだろうなと思います。笑顔にとても人柄が表れている、魅力的な人です。

 

泉さんは小学生時代は野球に熱中していて、地元でも強いチームに所属していたそうです。野球は見るのもやるのも好きだそうで、大人になってからも草野球チームに所属していたそうです。

 

泉さんは、写真集も出していたんですね。「彼のいる風景」下村大二 著  朝日ソノラマ出版  アクターズセレクションという、俳優自身が企画から参加して作られる写真集です。

 

泉さんは「青空に浮かぶ月」というブログもやっていました。最後に自身で更新されたのは2013年の5月12日。その中で泉さんは「長〜〜〜〜〜〜い間 更新していなくて、本当にごめんなさい」「ご心配おかけしてごめんなさい」と、長い闘病生活で疲弊しながらも、ファンに対する気遣いを見せています。  (泉政行ブログ「青空に浮かぶ月」より1部引用)

 

 

まとめ

泉さんの葬儀は身内の方のみで行われたようです。たくさんのファンの方々から愛され、関係者の方達からも支持されてきたであろう泉さんです。多くの方が参列を希望されたと思いますが、ご家族の希望だったのでしょうか。

今回、私も改めて俳優「泉政行」という人の魅力を再確認しました。若くして病気で亡くなってしまったという事は、とても残念でなりません。しかし、今でも「科捜研の女」などが再放送される事によって、泉さんは活き活きと皆様の心の中で生き続けているのだと思います。心からご冥福をお祈りします。

ABOUTこの記事をかいた人

Career Findは、最高の転職を実現するために現役転職エージェントなど転職のプロフェッショナル達が、業界の裏話まで正しい情報をわかりやすくお伝えするメディアです。