人に会いたくない時の心理や原因は?対処法やうつ病との関係について 雑学・ライフスタイル

人に会いたくない時の心理や原因は?対処法やうつ病との関係について

人に会いたくないと感じる時の心理状態や原因とは一体なんなのでしょうか?今回は人に会いたくないと思う人の性格や特徴に加えて対処法や改善法、うつ病や無気力になる「アパシーシンドローム」といった病気との関係性についても詳しくご紹介していきます。

目次

[表示]

人に会いたくないと思うことは誰にでもある?

Anemone123 / Pixabay

「人に会いたくない」と思うことは誰にでもあることなのでしょうか?その気持ちの「隠された意味」についても見ていきましょう。

人に会いたくないと理由もなく思う経験がある人は多い

Kaz / Pixabay

実は人に会いたくないと思った経験がある人は多いです。知り合いと会う約束をしていたのに、急に会いたくないと感じる人も少なくありません。これはただの気まぐれではなく、あることが関係していました。

人に会いたくないと思う理由は「体の免疫力が低下している」ことが関わっています。免疫力が低下すると体にウイルスや細菌が入ってしまう恐れが多く、本能的に人と会いたくない気持ちになるのです。

他にも「ホルモンバランスの乱れ」が関係していると言われています。特に女性は生理前などでホルモンバランスが乱れて憂鬱になることが多いはずです。このような場合でも人に会いたくないと感じてしまいます。

人に会いたくないのはスピリチュアルなメッセージがある?

ALESSA_ABRAMOFF / Pixabay

人に会いたくないと感じるとき、実はスピリチュアルなメッセージが隠されていることがあります。この場合は「自分自身のために時間を使うチャンス」だと捉えて、スピリチュアルなメッセージを受け取りましょう。

これからのあなたに必要なものに気づいたり、そのことを考えたりする体験が得られるかも知れません。自分のこれまでの行いを振り返ってみたり、今悩んでいることについて考えるのも良いでしょう。

人に会いたくない・話したくない症状は心の疲れ?

Free-Photos / Pixabay

人に会いたくない・話したくない症状は「心が疲れている状態」を反映していると言われています。このような状態の時に無理して誰かと会ったり話したりすると、さらに心が疲れて病んでしまいます。

もし予定が入っているのならキャンセルして、人と関わることを避けるべきです。人に気を使わずに自分だけでゆったりとリラックスした時間を過ごすことで、あなたの心は癒されるでしょう。

また、人と関わりたくないという思いは全く悪くありません。決して自分を責めないようにしてください。あなたの心の声を大切にしてあげることが大事です。

人に会いたくないと思う原因は?その時の心理や気持ちは?

geralt / Pixabay

人に会いたくないと思う原因は一体なんでしょうか?その時の心理や気持ちを知っておく事は重要です。

心も体もストレスが溜まり疲れ果てて、無気力状態

1388843 / Pixabay

人と会いたくないと思うときは、心と体が疲れ果てて無気力な状態であることが考えられます。仕事や学校、人間関係などでストレスが溜まってしまい、何事に対してもやる気が出ない状態です。

朝起きるのも面倒に感じられ、日々の生活に対して何も感じられなくなることもあります。楽しいと思っていたことでさえ楽しく無くなります。多くの場合、人間関係がうまくいっていないことが原因とされています。

仕事や勉強などのやるべきことについても努力ができない場合もあります。無気力状態が続いてしまうと、だんだん人との関わりが減って引きこもりがちになることもあるようです。

職場・仕事でのパワハラ・モラハラなどのストレス

Tumisu / Pixabay

職場で受けたパワハラ・モラハラが原因のストレスで「人に会いたくない」という心理になることもあります。肉体的なダメージよりも精神的なダメージが大きいと言われています。

ストレスが原因で仕事に集中できないにもかかわらず、職場に人が足りない為に精神に深刻なダメージを受ける場合も少なくありません。辞めたいのに辞めさせてもらえず、我慢をしすぎると心と体が壊れます。

これは職場のモラルが欠如していることも原因にあげられます。もしパワハラやモラハラを受けていて精神的なダメージを負っているのであれば、無理せず休むことも選択肢に入れてください。

いじめや嫌がらせで人間不信になっている

Counselling / Pixabay

職場や学校でいじめや嫌がらせをされて人間不信になっている場合も人と会いたくない心理状態になります。こういった場合は、あなたを攻撃してくる人物から自分を守る為に人と会いたくないと感じるようになります。

モラハラ・セクハラを受けている場合と同じく、精神的・肉体的に大きなダメージを受けているようです。あなた自身を守る為にも、いじめや嫌がらせをしてくる人物と距離を置くことをおすすめします。

何よりも大切なのは自分自身です。今の状態がつらくて無理をしているのであれば、仕事や学校を休んで気分転換をしてみるのも良いでしょう。

人に会いたいとは思うが腰が重い、何もしたくない

avi_acl / Pixabay

人と会うのは問題ないけれど、いざ会おうとすると腰が重たくて何もしたくない時もあります。この場合は心や体が疲れていて、あなた自身が使えるエネルギーのキャパシティーを超えてしまっていると考えられます。

考えることすら面倒に感じ、事前に準備することもやりたくないと感じることもあるようです。精神的・肉体的なストレス、もしくは両方を感じている可能性が高いと言えます。

また、過去のトラウマや嫌な思い出が原因という場合もあります。この場合は人と会うことに臆病になっている可能性が高いです。とても楽しみにしていたのに、ふと思い出して何もしたくないと感じるようです。

挫折や失敗を味わい、落ち込んでいる姿を人に見せたくない

Wokandapix / Pixabay

挫折や失敗を味わい、落ち込むことは誰にでもあります。この時に「弱い自分・ダメな自分を見せたくない」という心理が原因で、人と会いたくないと思ってしまうことがあるようです。

自分がした挫折や失敗が大きいものであれば、これまで感じたことのないショックを受けることでしょう。この時に自分自身と向き合うことができず、ふさぎ込んでしまう人がこのような傾向にあります。

現実を受け入れることができず、どんなに親しい友人や彼氏・彼女だったとしても会いたくないと感じてしまうこともあるようです。挫折や失敗を受け入れることが立ち直る第一歩となります。

免疫力が低下している

sweetlouise / Pixabay

体の免疫力が低下している場合も「人と会いたくない」と感じる原因とされています。本来ウイルスや細菌から身を守るバリアの役割をしている免疫が弱くなると、本能的に外に出ないようになってしまいます。

人と会う時はその人だけではなく、周囲にも人がいることが多いです。体の中に悪いものが入ってくるリスクが高く、さらに免疫力が下がる恐れもあるため、このように感じてしまうようです。

もし最近、体の調子が悪いと感じているのであれば休養を取るのが良いかもしれません。しっかりと体を休めてあげて、免疫力を高めておくことが重要です。

苦手な人など特定の人物に会いたくない

LiveLaughLove / Pixabay

苦手な人など「特定の人物」に会いたくない場合も、人と会いたくない心理状態に陥ります。これは旅行など、集団で出かける際に感じることが多い気持ちとされています。

「嫌いな人がいるから行きたくない」とか「あの人がいると楽しめない」と考えてしまいます。この際にネガティブな感情が強くなり、気を取られてしまう人がこの気持ちになりやすいと言われています。

人と会う事自体がストレス

Alexis / Pixabay

そもそも「人と会うこと自体がストレス」だと感じる場合もあるのです。これは他人に振り回されたくないという気持ちや、人と比べすぎてしまう内向的な傾向の人に多いようです。

つまり会うことでストレスを感じるのならば、最初から会わない選択をとる人もいるということです。ひとりでいた方が気楽に過ごせて気を使わなくても良いと感じる人は少なく無いようです。

更年期・生理前などホルモンバランスが崩れて精神が不安定になっている

RobinHiggins / Pixabay

更年期や生理前などで「ホルモンバランス」が崩れているときも、人と会いたくない気持ちになります。原因はホルモンのバランスが崩れることで、精神的に不安定になっているからです。

たとえ少しのことでもイライラしてしまったり、落ち込んでしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。これは女性に多いようにも感じられますが、男性の更年期でも同じことが言えます。

体の状態が良いとは言えず、人と会っても楽しくないと考えてしまう場合が多いです。こうしたホルモンバランスの乱れで、人と会いたくない感情が芽生えてしまいやすい状況になるようです。

病気や暴食などで外見や体型が大きく変化し、現在の自分を見られたくない

geralt / Pixabay

病気や暴食などで外見や見た目が大きく変化した場合、人と会いたくないという気持ちが芽生える傾向にあります。これは親しい人や恋人などに現在の自分を見せたくないという思いが関係しているのです。

変わってしまった自分を見られるのが怖く、周りの人の目や評価が気になってしまう事もあるようです。そして、以前のような自分でなければ周りの人が離れていくという恐怖感を抱いている場合もあります。

そのため、自分が傷つくことを恐れて人と会いたくないと思ってしまう傾向にあるようです。

愛した人の死などで気持ちの整理がついていない

MabelAmber / Pixabay

愛した人や親しい人の死は精神的なダメージが大きいです。あなた自身の気持ちの整理もつきにくく、外に出て誰かと会おうという気持ちにさえなることは無いでしょう。

深く愛していた人の死であれば、より精神的ダメージが大きくなってしまいます。立ち直るまでは時間が必要かもしれません。気持ちが落ち込んでしまう日々が続き、とてもつらい思いをするかもしれません。

ただ、気持ちの整理には長い期間が必要になります。誰かの死を受け入れるのには時間がかかるため、人と会いたくないと感じることは当然の感情だと言えるでしょう。

大きな失敗から立ち直れていない

Fotorech / Pixabay

人と会いたくないという気持ちは「大きな失敗から立ち直れていない」ことも関係していると可能性があります。その時におった大きな苦しみや心の傷は、なかなか解消することが難しいです。

絶望や悲しみを感じてしまい、人と楽しく話そうという気分にならないのでしょう。ただ、誰でも大なり小なり失敗を経験しています。そこから立ち直っている人も多いことを覚えておいてください。

無職の状態で周囲から問い詰められている

lannyboy89 / Pixabay

自分が無職の状態だと人と会いたくないという気分になります。久々に会った友人や知人に「仕事は何してるの?」と聞かれることが苦痛に感じてしまうでしょう。このことから塞ぎ込んでしまうことが多いのです。

また、家族にも「就活は順調なの?」と聞かれるのも嫌に感じてしまうこともあります。他の人が働いているのに自分は働いていないという事実を突きつけられて人と会うのが怖くなることもあるようです。

自分がどこにいても居場所なんてどこにもないと感じてしまうこともあるでしょう。このような状況で友人や知人の仕事の話を聞いても嬉しく感じないはずです。

誰からも理解してもらえない、傷つきたくない

Alexas_Fotos / Pixabay

誰からも理解してもらえないという絶望感を感じていると、人と会いたくない気持ちにさせられます。このような心理状態では、人と関わろうとする気持ちもなくなって、人との関わりに対して諦めを持つようになります。

しかし、本当は心の奥底で「人と関わりたい」という気持ちを持っている場合が多いようです。それを押さえつけながら生きているわけですから、徐々に心の病気になってしまう事例もあるようでした。

このタイプは、幼少期に親からの愛情を受けることができなかったのが原因の可能性があります。また、学校や職場でいじめなどにあったことで心に傷を抱えてしまったのも原因の1つだと言われています。

余計な時間やお金を使いたくない

QuinceMedia / Pixabay

余計な時間やお金を使いたくないという心理から、人と会いたくないと感じる場合もあります。たとえどんなに親しい友人や恋人だったとしても、一緒にいる時間が無駄だと感じてしまう人もいるようです。

また、人と会うと余計なお金を使うことになるので、節約するために人と会わないようにしている人もいます。

ショックやトラウマなど過去に縛られている

Counselling / Pixabay

ショックやトラウマなど「過去に起きた出来事」に縛られている場合も、人と会いたくないという気持ちになる場合があります。以前の自分がどう見られていたのかや、精神的ダメージなども関係しています。

そのような心理状態では人と会っても楽しめない状況にあるでしょう。立ち直るのに時間がかかってしまいますが、ショックやトラウマを少しずつ乗り越えていくことが大事だと言われています。

介護生活・育児など生活が変化した

27707 / Pixabay

介護や育児などが中心の生活に変化してしまった場合、身体的なストレスと精神的なストレスが大きくなってしまう傾向にあります。また1人で対処しなければいけない場合も多く、助けてくれる人が少ないのも事実です。

心と体が疲弊することにより、人と会いたくないという心理に陥ってしまうようです。もし相談できるパートナーや信頼できる人がいるのであれば、悩みを聞いてもらうことで気分が晴れる場合もあります。

友人や職場での人間関係に疲れた

Free-Photos / Pixabay

友人や職場での人間関係に疲れた場合も、人と会いたくない心理になってしまう傾向にあります。ひとりで気が休まる時間が少なく、リフレッシュや気分転換をすることができないのも原因です。

また、友人が多い人は「SNS疲れ」が原因で、人と会いたくない心理になる場合もあると言われています。実際に顔をあわせることが少ないSNSでも、心の疲れを感じているということです。

元々一人が好きで人に会いたいと思わない、一人が楽

Myriams-Fotos / Pixabay

もともと1人が好きで人に会いたくない、また1人が楽と感じる人もいます。このタイプは1人っ子であったり、幼少期の育ち方が原因で「人と会わなくても問題ない」と感じてしまうことが原因のようです。

そもそも、人に会うという選択肢が存在していません。なので人と会ったりするよりは、自分1人で過ごす時間を大切にしています。1人でいることの楽しさを知っているとも言えます。

人に会いたくない時の対処法・改善法

geralt / Pixabay

人に会いたくない時の対処法、その改善法についてまとめてみました。

充分な睡眠時間をとる

cuncon / Pixabay

先ほど人と会いたくない心理状態には、ホルモンのバランスも関係していることを触れました。実は、充分な睡眠時間や良質な睡眠をとることでホルモンバランスの乱れを改善することができます。

また、良質な睡眠は自律神経を整えてくれて、抱え込んでいたストレスを解消してくれる役割もあります。栄養を考えた食事をとったり、睡眠の質を高める入浴剤を使ってみるのもおすすめです。

何度も言うようですが、心と体は密接に関係しています。睡眠時間が少なく、働きっぱなしではすぐに心と体が壊れてしまいます。心を健康に保つためにも、充分な睡眠時間をとることはとても重要なのです。

スマホに触らないようにする

nvtrlab / Pixabay

人に会いたくないと感じているときは、スマホを触らないようにする対処法がおすすめです。友人や恋人との連絡を取ることは大事ですが、それすらも煩わしく感じるのであれば通知をオフにしてしまいましょう。

人間関係について考えすぎて、余計に疲れてしまいます。人と会いたくない・話したくないと思っているのであれば、スマホの電源を落としてしまうことも選択肢に入れてみても良いかもしれません。

また、寝る前にもスマホを触らないようにすることが大事です。ディスプレイから発せられる「ブルーライト」が自律神経などに悪影響を与え、睡眠の時間が少なくなり質も低下する恐れがあるからです。

人に会う理由やメリットを考えてみる

snicky2290 / Pixabay

人に会う理由やメリットを考えてみるのも対処法として有効です。初めは苦痛に感じるかもしれませんが、今のあなたが「人に会うべき理由」を考えてみるもの良いでしょう。

人と会う理由を見つけることができれば、行動に移しやすくなります。こうすることで自分の殻をやぶることも可能でしょう。メリットについてですが、こちらも正しい答えはなく正解は人それぞれです。

しかし、あなたは友人や恋人に会うことで幸せになったり元気になることがあったはずです。正直に言えばメリットはどんなことでも構いません。あなたが納得できるまで考えることも重要なことです。

なぜ人に会いたくないと思うのか原因を考えてみる

ArmyAmber / Pixabay

根本的な問題ですが「なぜ人と会いたくないと思うのか」その原因を考えてみることが重要です。そもそも、どうして人と会いたくないのか、理由を知らなければ対処も改善もできないからです。

なので自分としっかり向き合って対話をしたり、自分自身に問いただしてみると良いでしょう。いま自分が感じている気持ちには、必ず何らかの理由があるはずです。それを知ることがとても大切になります。

NEXT:温かいスープや飲みものを飲んで気持ちを落ち着かせる
1/3