生駒里奈の本当の卒業理由って?また卒業後の現在は?なぜセンターだった? エンタメ

生駒里奈の本当の卒業理由って?また卒業後の現在は?なぜセンターだった?

乃木坂46の初期センターメンバーだった生駒里奈さんが乃木坂46を卒業しました。生駒里奈さんにとってもベストな卒業時期だったようです。性格がきつく、握手会での塩対応が原因で卒業したって本当?そんな生駒里奈さんのプロフィールやセンター交代の裏側など調べてみました。

生駒里奈の本当の卒業理由の真相は?卒業後の現在は?

2018年1月31日乃木坂46の生駒里奈さんが次作シングルでグループからの卒業を発表しました。生駒里奈さんといえば乃木坂46の初代センターでグループの顔だったようです。生駒里奈さんに一体何があったのでしょうか?卒業理由の真相や卒業後の現在についても追ってみましょう。

生駒里奈のプロフィール

  • 名前:生駒里奈(いこま りな)
  • 愛称:いこまちゃん、こまたん
  • 生年月日:1995年12月29日
  • 出身地:秋田県由利本荘市
  • 血液型:AB型
  • 身長:154センチ
  • 所属グループ:乃木坂46(2011-2018)AKB48(2014-2015)
  • 事務所:乃木坂46合同会社
  • 好きな食べ物:白米、きゅうりの浅漬け、きなこ棒
  • 趣味:漫画、アニメ鑑賞、買い物
  • 他の活動:2013年由利本荘市ふるさと応援大使任命

生駒里奈のアイドルになったきっかけ

生駒里奈は中学校進学後、吹奏楽部に入部。中学校卒業後、高等学校へ進学したが、昔のように部活に打ち込まなくなり、自宅で過ごすようになったそうです。それを心配した父親が、暇を持て余すくらいなら、何か他に頑張ることを促す気持ちで乃木坂46の1期生オーディションを勧めたそうです。

2011年8月21日、生駒里奈さんは乃木坂46の1期生オーディションに合格。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は中列だったそうです。合格後、高校1年生の夏休みに秋田県から東京都の高等学校に転校しました。その後、仕事の都合で、通学が困難になったので高校2年生の時に通信高等学校へ転校したそうです。

生駒里奈の性格

ネット上では生駒里奈さんの性格が嫌いという声がたくさん聞かされました。調べたところ、生駒里奈さんは握手会でも塩対応という噂があったようです。生駒里奈さんは塩対応ではなく、性格が内気で上手くコミュニケーションが取れないそうです。それを知らないファンは握手会がきっかけで生駒里奈さんのことを苦手になる人もいるんだとか。

また生駒里奈さんは思いがけない行動を突然起こす不思議ちゃん、という見解が多いそうです。精神的にいっぱいいっぱいになりやすいみたいで、乃木坂46の舞台公演制作発表の際、名前を呼ばれただけで思わず舞台裏に駆け込んでしまったエピソードもあるようです。不思議というより気が弱い性格なのかもしれません。

生駒里奈は乃木坂46でなぜセンターだった?

乃木坂46の初期メンバーだった生駒里奈さんは1stシングルからセンターを守り続けてきました。AKB48でいう前田敦子さんのような絶対的エースのような役割でした。なぜ生駒里奈さんがセンターだったかは、乃木坂46を作る時に秋元康さんが理想とするアイドル像に生駒里奈さんがマッチしたからなんだとか。

生駒里奈センター交代の裏側

生駒里奈さんは5thシングル「君の名は希望」までセンターを務めましたが、6thシングル「ガールズルール」からセンターから外れました。新しいセンターポジションが白石麻衣さんになりました。生駒里奈さんは、センターという立場がかなりプレッシャーだったようです。

生駒里奈さんは当時のことを、「どこか申し訳ない気持ちを持ったままセンターをしていた。だからここでやっと解放されたと思った。AKB48と比べられて、他のメンバーがいいのになんでここにいるんだよとも言われてきたので」と言っていたそう。生駒里奈さんはセンター落ちしてから肩の荷が降りたとも言っていました。

またセンターを交代した白石麻衣さんは、「生駒が大変な思いをしていたのをずっと見てきたので、自分に務まるか心配だった」と白石麻衣さんもセンターに対する不安を抱えていたんだそうです。チームの顔となる、センターポジションのプレッシャーは相当のようですね。

生駒里奈の本当の卒業理由①

2018年1月30日の「日刊スポーツ」のインタビューで生駒里奈さんは乃木坂46からの卒業を明かしました。翌日の31日には乃木坂46の公式サイト、自身のブログでも卒業を発表。突然の卒業発表にファンは戸惑いを隠せなかったようです。生駒里奈さんは乃木坂46の顔として活躍してきましたが、本人のなかで葛藤があったようです。

生駒里奈の本当の卒業理由②自分の将来

卒業について生駒里奈さんは、「20歳になった頃から、大人として1人で生きていくためにはどうしたらいいのか、具体的にこれからの自分を考えた時に私はこのままでは足りないなと、プラスで自分を高めないといけない。ここだけじゃ足りないと思うようになりました」と説明していました。

生駒里奈の本当の卒業理由③卒業の決め手は22歳

卒業の決め手は大学4年生が卒業して新卒で社会人になる22歳のタイミングだったと言います。生駒里奈さんは「今後、ずっと芸能活動を続けていきたいと思うと、自分にとっては1つ勝負に出るのは今がベストだと思った。母親も頑張ったんだし、いいと思うよ。卒業しても応援するよ」と言ってくれたんだとか。

生駒里奈の本当の卒業理由④関係者情報

同じ時期に卒業したももいろクローバーZの有安杏果さんとの違いは、芸能業界に残留したということです。それについて乃木坂46関係者は「生駒里奈と、有安杏果の共通点は芸能界に染まりきっていないことだった。2人とも1人でいる方が心地いいようで、スタッフと雑談している時の方がリラックスしているように見えた」

生駒里奈さんはメンバーのことが嫌いだった訳ではなく、団体行動をしなければならないアイドル活動が合っていなかったのかもしれません。個人で動ける方を好んで卒業したのではないかとも言われているそうです。

生駒里奈の卒業コンサート開催!当選倍率は30倍?!

2018年4月22日に日本武道館で卒業コンサートが開催されました。卒業コンサートチケット当選倍率は30倍に達したんだとか。また乃木坂46では初の試みとなる映画館でのライブビューイングも実施されました。5月6日に20thシングル発売記念握手会をもって乃木坂46を卒業。握手会史上最多となる3万5000人を集客したんだとか。

生駒里奈は卒業コンサートでセンターの座を断った?

20thシングル「シンクロニシティ」のセンター&ポジションが発表されました。この作品で生駒里奈さんが卒業することはすでに発表されていましたが、生駒里奈さんは二列目のセンターでした。生駒里奈さんにとって最後のコンサートだったのですがセンターを断ったそう。

なぜセンターをやらないのか聞かれたところ、「そう思っていただけたのは素直に嬉しい。ですが、私は乃木坂46のデビューシングルでセンターを経験したので卒業するときにはやらなくてもいいって気持ちがあった」とコメント。

今までに卒業していったメンバーや、ファンなどの様々な意見があることを理解した上で、「私はこういう卒業の仕方があってもいいんじゃないかと。一つのパターンに絞られずに、自分らしいグループの卒業をしてもいいんじゃないかと思った」とセンター辞退の理由を話していたそうです。

生駒里奈の卒業後の現在①

乃木坂46を5月6日に卒業した生駒里奈さん。5月14日にはインスタグラムのアカウントを開設しました。1日で20万フォロワーを超え話題になりました。グループを卒業してソロ活動をしている他のメンバーよりもフォロワーの増え方が上回っているようで、生駒里奈さんのスタートダッシュの凄さがわかります。

生駒里奈の卒業後の現在②

生駒里奈さんは乃木坂46卒業後、女優デビューもしています。テレビ朝日系、土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」に出演しました。生駒里奈さんは「ドラマ出演の経験自体が少ないこともあって緊張しています。卒業後初のお仕事だからこそ、いい気分になれる結果を残したい!」と強い決意を滲ませています。

生駒里奈の卒業後の現在③

卒業した生駒里奈さんはバラエティー番組にも出演しています。乃木坂46卒業後初のバラエティーロケで大号泣したんだとか。その番組とは、テレビ朝日系「帰れマンデー見っけ隊!」。番組で卒業後の心境を告白しました。「今までは自分の力だけでなく、だれかに支えられてやってきた。これからはイチから頑張らないと」と不安を吐露。

独り立ちを少し怖いと告白した生駒里奈さんに、番組共演者が「出会いが大事」とアドバイスをしたそうです。共演者のアドバイスを聞いた生駒里奈さんはその場で大号泣したんだとか。「今1番不安な時期だったからすごく心に響いた。」と涙したそうです。

生駒里奈の卒業後の現在④

卒業後初の主演舞台にも挑戦しています。舞台「魔法先生ネギま!〜お子ちゃま先生は修行中!〜」(7月12日からアイア2・5シアタートウキョー上映)で主演を勤めることが決まっています。生駒里奈さんは「自分にとって大きなターニングポイントになりそう。とにかく精一杯頑張りたいという気持ちでいっぱい」と話していました。

生駒里奈のこれから

卒業後、「友達をいっぱい作りたい、自分は知らないことが多い。知った先にあるいろんな感動とかをもっと財産にしていきたい。表現するお仕事や、幅広タレントとしていろんなことに挑戦していきたい」と話していたそうです。

アイドルとして活動を終え、タレントとしてバラエティー番組に出演、女優として映画や舞台に出演など、新しい道に挑戦し続ける生駒里奈さん。ソロ活動になったことで乃木坂46にいた時よりも輝いていただきたいです。今後も期待と注目をしていきたいですね。