妊娠中のオナニーはやってもいいの?やり方や注意点まとめ!

妊娠中のオナニーで後悔の念を抱いていませんか?妊娠中でも性欲を感じるのは当然ですからご心配なさらずに。とはいえ、注意点があることも事実ですので、本記事では、頻度、出血時や胎動時の対応、バイブの使用など妊娠中のオナニーにまつわる気になるトピックをご紹介します。

妊娠中にオナニーして後悔する人は多い?やってもいいの?

Anemone123 / Pixabay

「妊娠時のオナニーは怖くてできない」、「ヤってしまって後悔した」と妊娠中のオナニーについて悩みを語る女性の声がQ&Aサイトやナレッジコミュニティで広がっています。

「恥ずかしい」との思いから、産婦人科医にも相談できないという現状があるようです。しかし、性欲は人間として自然の衝動です。それは妊娠期間中でも例外ではありませんので、なにも恥じ入る必要はないのです。

ただでさえ悩み多き妊娠期ですから、むしろ正しくオナニーしてストレスケアをおこなっていきましょう。

妊娠中にオナニーはしてもいいの?基本的にOK?

olga-filo / Pixabay

結論から言って、妊娠中にオナニーをおこなうこと自体に大きな問題はないとされています。かえってオナニーをしたいのにしない、というジレンマが母体に無用な心理的負荷を与えかねませんので、ヤっちゃいましょう。

流産の原因はオナニーにはない?

GDJ / Pixabay

「流産の原因になったりしない?」と心配になるお気持ちも理解できます。流産の比率は全妊娠の約15%を占め、その約8割が妊娠早期(妊娠12週未満)に起こるとされています。しかし、案ずるにはおよびません。

妊娠初期の流産の主因は胎児の染色体異常であり、母体に原因が認められるケースは稀です。そのため、仮に妊娠初期に流産することとなっても原因は別にあります。

「オナニーがしたせいで…」などと母体が責められることは、周囲の人々のみならず、たとえご自身で責任を感じておられるとしてもあってはならないことなのです。

妊娠中に性欲が増すのは自然?

TheDigitalArtist / Pixabay

意外にも妊娠してから普段より性欲が増した、と実感する女性は多いようです。これには女性ホルモンの分泌が影響している可能性があります。まずは、月経の周期を簡単におさらいしておきましょう。

月経周期とホルモン分泌

Ponciano / Pixabay

月経周期は下記のように分類され、それぞれの周期で卵巣の状態やホルモン分泌量が変化します。

  • 卵胞期
  • 排卵期
  • 黄体期

「卵胞期」では、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が増加し、子宮内膜が厚くなります。この現象は妊娠が起こった際、子宮内膜を受精卵のベッドとして機能させることを目的としています。

「排卵期」では、エストロゲンの分泌量が最大まで達し卵子が放出されます。放出された卵子は卵管の先端で待機し精子と出会うのを待ちます。また、この時期に「プロゲステロン(黄体ホルモン)」も増加しはじめます。

「黄体期」では、エストロゲンとプロゲステロンの作用によりさらに子宮内膜が厚くなります。受精しなかった場合は、エストロゲンが低下し、子宮内膜が剥離して血液とともに体外へ排出されます。この現象が月経です。

エストロゲンって?

qimono / Pixabay

さて、女性の身体に大きく作用するエストロゲン。エストロゲンの役割は本来、妊娠を成立させるための女性の体内機能を整えることですが、肌や髪のつやを良くする作用も認められています。

また、別名「発情ホルモン」とも呼ばれ、女性らしい丸みを帯びた体形を形成するだけでなく、性欲を促進する効果があるといわれています。

妊娠時はホルモン分泌量が変化

Kaz / Pixabay

通常時であれば、「黄体期」に減少するエストロゲンですが、妊娠中には増加し続けます。そのため、妊娠中に性欲が強まるのはエストロゲンの作用ではないか、という説があります。

しかしながら、ホルモンの分泌量には個人差があること、人間の性欲はホルモンのみによって決定づけられるわけではないことから、あくまで仮説にすぎないともいえます。

とはいえ、妊娠中のほうが性欲が強くなったと感じている女性が多くいることは確かですので、オナニーがしたいことを恥ずかしく思ったり、不安がることはありません。

NEXT 出血やお腹の張り等の異常を感じたらやめる