内弁慶の意味は?内弁慶になる原因や心理・特徴は?治す方法はある? 恋愛・心理

内弁慶の意味は?内弁慶になる原因や心理・特徴は?治す方法はある?

内弁慶という言葉をご存知でしょうか?内弁慶は公の場では意地がないが、私的場では意地を見せる人を指します。これは大人と子どもで異なっています。今回はそんな内弁慶の原因や理由、さらには心理状態、内弁慶の治す方法、類似語や対局である外弁慶について紹介します。

目次

[表示]

内弁慶とはどういう意味?由来は?

TheDigitalArtist / Pixabay

内弁慶とはどのような言葉かを紹介していきます。内弁慶とはある特徴を持った人を表す際に使われている言葉です。

内弁慶とはどういう意味であるのか、またどのような人を指しているのかということを紹介していきます。またどのようにして内弁慶という言葉が誕生したか、その由来について紹介していきます。

内弁慶の意味は?

Free-Photos / Pixabay

内弁慶の意味とは、家などのプライベートな環境では威張っている物の外など公の場では意気地がなかったり、かなり弱い状態になってしまうということを指します。

そのため簡単に説明すると親しい人にだけ維持を張ることができるものの、オフィシャルな場に出てしまうと全く家と異なる人間になってしまうギャップの大きな人であると言えるでしょう。

内弁慶の由来は武蔵坊弁慶

StockSnap / Pixabay

内弁慶の言葉の由来は、武蔵坊弁慶からきていると考えられています。この武蔵坊弁慶は源義経の家来でした。

彼は群からの攻撃を受け無数の矢を自身の身体に受けてもなお主君を守り抜いたという話が有名です。

この弁慶の強さを比喩として使い、弁慶のように強い態度を家でとることから内では弁慶ロいうことで内弁慶という言葉が使われるようになりました。

内弁慶は通常、女性ではなく男性に使われる?

Free-Photos / Pixabay

内弁慶という言葉は、通常男性に使われるというケースが多いです。これは、弁慶が男であったためということが一つの理由です。

また、現在は共働きの家庭も多くなっていますが、過去には男性が働き、女性が家事を行うというスタイルも珍しくはなかったです。そのため男性が公のばに出ることが多かったということも一つの理由としてあります。

内弁慶は治るのか?

andreas160578 / Pixabay

そもそも内弁慶は治すことができるのかというと治すことはできます。これは生まれつき内弁慶であるという様な先天性的特徴ではなく、環境によって変化する後天性的特徴であるからです。

内弁慶は後天性摘特徴であり環境的要因が大きく関与しています。また幼少期の精神状態や心理状態が大きな影響を与え、性格を形成する際になりやすい性格が存在しています。

治す方法は大きく分けて、自分に自信をつけることや自己承認を自身で行う、素直になる、ポジティブになるなどがあります。具体的な方法を後で述べていきます。

関連する記事はこちら

内弁慶になる原因とは

3271136 / Pixabay

内弁慶になるのは、生まれつきの性格であるということも考えられますが、多くの場合は性格を形成する際に関係していると言われています。

つまり多くの場合は、生まれた後に生活している環境が大きな影響を与えていると考えられています。また、幼少期だけでなく大人になってからも内弁慶になることもあります。

今回はそんな内弁慶になる原因を紹介していきたいと思います。

大人の内弁慶は幼少期に原因あり

Profile / Pixabay

大人の人が内弁慶になっている原因は、幼少期に原因があることが多いです。これは幼少期の親との関わり方が原因であると言われています。

このかかわり方は、自分自身の持っている意見を親から否定されていたり、親の意見やいうことを否定できないような環境で育ったというような幼少期を送った人は内弁慶になりやすい傾向にあります。

そのような幼少期を過ごしてきたことから、大人になってから自分の配偶者や子どもに対して、自身の両親と同様のことをしてしまうということに繋がります。

大人が内弁慶になる原因は自信の無さにも

Pexels / Pixabay

大人になってから内弁慶になる人の多くは、自分自身に自信がないという性格が原因です。自信がないということは外で上手く人とコミュニケーションをとることができず沈黙してしまいます。

その分ため込みやすい傾向にあり、家に帰宅したあとため込んでしまったものが溢れてしまっているのです。

子供とは違い、大人になってから性格や自身の傾向を変えるということはかなり難しいことです。そのため無理に変えるのではなく徐々に変えていく努力が必要です。

親が内弁慶だった場合は遺伝するのか?

typographyimages / Pixabay

内弁慶になるということは遺伝的要因が存在するのかということなのですが、結論から言うと大きな原因や要因となることは少ないです。

これは内弁慶になる原因が、遺伝的要因より環境的要因によってなってしまうということが多いからです。そのため多くの場合は社会に出ていき、成長することによって治っていくことが多いからです。

子供が内弁慶になる原因は環境の変化

esudroff / Pixabay

内弁慶になる原因は環境的要因が大きいです。これは性格を形成することは外的要因が高いと考えられています。

特に新しい環境に移るような変化があると、内弁慶になりやすいと言われています。

これは人見知りをしてしまい外ではあまり人とはコミュニケーションをとれず、家でその分爆発してしまい内弁慶になるという傾向があります。

大人も子供も外の生活のストレスで内弁慶になることが多い

1388843 / Pixabay

内弁慶になってしまう原因の一つとして公の生活でのストレスを抱え続けることで内弁慶になりやすいです。

これはストレスを大きく抱えているため、外では良い顔をしようとしてよりストレスがかかってしまい精神的負担になってしまう内弁慶になりやすい傾向にあります。

そのため、ストレスを発散する場所が必要になります。自身の思いや考えなどを溜め込まない環境があるということが大切です。

周囲に期待されてきた人は内弁慶になる人が多い?

Pexels / Pixabay

周囲の期待に応えようとして生活をしてきたという人は、内弁慶になりやすいです。内弁慶になる原因はストレスが一つの要因です。

そのため、周囲から期待されて、それに応えようとすることは大きな負担になってしまいます。このことから周囲の人に期待されて生活をするということが内弁慶の原因になってしまいます。

そのため期待など周囲のプレッシャーに対してガス抜きを行えるようにしていくこと必要になります。

人見知りやコミュニケーションをとるのが苦手なことも原因に

sasint / Pixabay

人見知りや周囲とコミュニケーションをとるのが苦手であるということも内弁慶になる原因です。

これは外でコミュニケーションをとれないということでストレスをためやすくなってしまい、家などプライベートな環境で爆発してしまうということに繋がります。

そのため周囲の人と少しづつでもコミュニケーションをとっていけるようにすることが重要になります。しかし無理やり行うのではなく、自身のペースに合わせていくことが必要です。

内弁慶の人に共通する心理環境的要因

AbsolutVision / Pixabay

内弁慶の人に共通しているものが環境的要因以外にも存在しています。これは心理的要因があります。

これは内弁慶の人には共通していることが多くあります。今回は内弁慶の人に共通している心理的要因について紹介していきます。

家族だと気が知れていて楽

Pexels / Pixabay

内弁慶の人に多く見られる心理的特徴の一つに自身の家族に大きな安心感を持っており、自身の気が知れているため気楽で入れるという特徴があります。

これは外で張りつめていたり、公の場での生活で大きなストレスを抱えている分家族といるということが心理的には楽であるという特徴があります。

そのため家族といると、外でため込んでいた分爆発してしまい威張ってしまうということに繋がります。

周りから良い人だと思われたい

Free-Photos / Pixabay

周囲の人から良く見られたいという特徴も内弁慶の人には共通しています。これは周囲の人に対して意気地がないため、文句や意見を言わないため多くの場合イエスマンのようになりやすいです。

そのため周囲からの評価は良い人であるというものになりその評価を常に継続したいというような傾向にあります。そのため周囲から良い人であるようにしたいという特徴があります。

しかしこれは人によってはストレスになってしまい、それが内弁慶の原因にもなってしまうことがあるのです。

周りとのトラブルを避けたい

johnhain / Pixabay

内弁慶の人は良い人であると周囲の人に見られたいという傾向にあるため、周囲の人とのトラブルを避けたがる特徴があります。

そのため、周りの人に対して自身の意見を強く述べると言ったことはあまりありません。そのため、自身の中にため込みやすいです。

このことが大きなストレスになることもあるため内弁慶になりやすいです。

仕事やプライベートでも気を遣ってしまうことが多い

geralt / Pixabay

内弁慶になりやすい人は仕事など公の場やプライベートでも気を使う人が多いと言われています。これは周囲の人に対して気を遣うことで精神的に負荷がかかってしまうことが原因です。

仕事でも私的な場でも気を遣うことができるということは良いことですが、気を使いすぎると自身にとって大きな負荷になってしまうため注意が必要です。

気をよく遣ってしまうという場面が多い人は気を使わないで入れる環境を作ることが精神的負担を減らすことにも繋がります。

外で強いストレスを感じている

rebcenter-moscow / Pixabay

内弁慶の人の多くが外でかなり強いストレスが掛かっているということが多いです。これは本人にとってストレス因子が多く、外での活動を行うことで強いストレスを抱えていることがあります。

それによって家などプライベートな環境ではストレスを抱えたくないという思いや、外でため込んできたストレスが爆発してしまい内弁慶になってしまうのです。

内弁慶の診断方法!性格・気質・特徴について

rawpixel / Pixabay

自分自身が内弁慶であるかそうでないのかを診断する方法を紹介していきます。内弁慶の人は多くの場合、共通することがあります。

これは性格や気質です。内弁慶になりやすい人や内弁慶の人は性格や気質に特徴があります。今回はそんな内弁慶の人の性格や気質、特徴を紹介していきます。

真面目で負けず嫌い

内弁慶の人に共通している性格の一つにまじめで負けず嫌いであるということがあります。これは内弁慶の人は周囲からの目を気にすることが多いです。

そのためプライドが高い傾向にあり、競争相手などと自信を比較してしまう傾向にあります。そのためプライドの高さゆえに負けず嫌いな性格になってしまうのです。

この負けず嫌いという性格が外での仕事などを行う上でもストレスを感じやすくなってしまう原因の一つになります。

目が笑っていない

Engin_Akyurt / Pixabay

内弁慶の人は周囲の人に合わせようとしてしまう性格が特徴的です。そのため周囲の人に合わせて自身は楽しくないが笑っていることがあります。

そのため、作り笑いであることが多いため、目が笑っていないことが多いのが特徴です。またさらに、周囲と合わせているため精神的にも身体的疲労を抱えているため目が笑えないということもあります。

性格に裏表がある

pixel2013 / Pixabay

内弁慶の人の特徴として、正確に裏表があるということがあります。これは、内弁慶の人は仕事などオフィシャルの場とプライベートの差があります。

これは性格が裏表があるという特徴からきています。外でいるときと家での態度が大きく異なっていることもこの性格的特徴からきています。

そのため、正確に裏表があるという場合は内弁慶になりやすいという可能性があります。

理想が高い

ijmaki / Pixabay

内弁慶の人は理想が高いという特徴もあります。これは、本人が考えている理想像や恋人など様々なことに対する理想が高いということを表しています。

これは自身がプライドが高いということからも来ていると言われています。自信がプライドが高い分、周囲に求めていることも高くなってしまいます。

さらに周囲からの目を気にしていしまい、そこからも周囲によく見られたいという思いからも理想が高くなってしまいます。

周りの人に合わせて自分の意見を言わない

geralt / Pixabay

内弁慶の人は、周囲の人に合わせて、自身の意見を言わないという特徴もあります。これは、周囲の目を気に知っているということからも来ています。

周囲の人から良く見られたいという思いから自身の意見を言わず、周囲に合わせてしまうという特徴があります。

そのため仕事などの公の場ではストレスを抱えやすくなってしまうということにも繋がります。

奥さん・家族の悪口を言うなど愚痴っぽい

内弁慶の人の特徴として、奥さんや家族など身内の悪口を言うということも特徴としてあります。これは、自身が高い立場である人たちの悪口は周囲の人に漏らします。

このようにして自身が高い立場であるということを表しているとともに、悪口を言うことによりストレスを発散しているという心理状態であります。

人の粗探しをしている

34680 / Pixabay

内弁慶の人の特徴として人の粗を捜しているという特徴もあります。これは、周囲の目を気にしているという特徴や、プライドが高いという特徴があります。

これは周囲の人と自自身の立場を比べるということにより、自身の位置を確認するため周囲の人物の粗探しを行うということを行いやすです。

それにより自身の立ち位置が周囲より優位であるという認識をすることができるということに繋がっています。

家の中では口達者

3dman_eu / Pixabay

内弁慶の人は家の中では口達者であるという特徴があります。これは仕事など外の社会では臆病であったり、よく見られようとして我慢することが多くなっています。

そのため、家などプライベートな環境にいると外では話せなかった分話すことができ、反動で口達者になる傾向があります。

そのためこの特徴は表裏のある性格にも繋がっています。

NEXT:人見知りでコミュニケーション能力が低い
1/3