岸本加世子の現在は?結婚してる?独身?ビートたけしとの関係は? エンタメ

岸本加世子の現在は?結婚してる?独身?ビートたけしとの関係は?

岸本加世子さんは、1980年代に樹木希林と共演した富士フイルムのCMでブレイクしました。岸本さんは未だに独身であり、結婚はしておらず、子供もいませんが、その理由が創価学会に入信しているからともいわれています。そんな岸本加世子さんについてまとめてみました。

目次

[表示]

岸本加世子は現在、結婚してる?旦那は?子供はいる?

1980年代に樹木希林と共演した富士フイルムのCMでブレイクした岸本加世子さんですが、春風亭小朝さんとの噂もあって、その後はどうなっているのか気になります。

その後はずっと独身だったようですが、現在は結婚しているのか、旦那や子どもについても調べてみました。

岸本加世子のプロフィール!誕生日や出身地は?

岸本加世子さんは、1960年12月29日生まれ静岡県島田市出身の女優です。川崎市立宮崎中学校を経て、2年まで中延学園高等学校調理科に通っていました。

その後明治大学付属中野高等学校定時制に転校しますが中退しています。所属事務所はアン・ヌフです。

岸本加世子は結婚歴なし!現在も独身

happymom33 / Pixabay

岸本加世子さんは、春風亭小朝さんとの熱愛報道もありましたが、2人は破局し春風亭小朝さんの方は、初代林家三平の娘の泰葉さんと結婚しています。

岸本加世子さんの方は、その後も結婚はしておらず独身のままのようです。

独身の理由は?幼少期の家庭環境?宗教?

karigamb08 / Pixabay

岸本加世子さんは、長い間芸能生活を送っていて、ビートたけしさんや春風亭小朝さんとの噂もありました。しかし、未だに独身を通していることに何か原因があるのか気になります。

岸本加世子さんが未だに独身なのは、育った家庭環境や宗教が原因ではないかといわれています。岸本さんが入信している宗教団体とは、有名俳優や女優も入信している創価学会の芸術部員です。

創価学会は、結婚するときには会員同士しか結婚が認められないといわれていますから、結婚していない理由はこの宗教団体に関係しているかもしれません。

岸本加世子は落語家「春風亭小朝」と付き合っていた?

岸本加世子さんは、若い頃に春風亭小朝と付き合っていた記事がありました。岸本加世子さんがまだ20歳位だったそうですが、交際から同棲もされていて、結婚の話も出ていたようです。

2人はラジオ番組への出演をきっかけに交際スタート!同棲も?

2人の交際のきっかけは、春風亭小朝さんのラジオ番組に岸本加世子さんがゲストとして出演されたことからだったそうです。

その後、ふたりは交際を始め、同棲をするようになったそうです。

堂々と交際宣言!中村メイコに結婚の相談も

岸本加世子さんは、春風亭小朝さんとの交際を広く公表していて、中村メイコさんにも結婚について相談していました。

1982年、春風亭小朝が初代林家三平の娘・泰葉との婚約を発表!?

岸本加世子さんが若い頃、春風亭小朝さんと交際していて結婚の噂まで出ていました。しかし、そんな中1982年に春風亭小朝さんは初代林家三平さんの娘である泰葉さんと婚約発表しました。

突然の婚約発表に世間は驚きましたが、2人は密かに交際していたようです。また、春風亭小朝は当時、出世のために泰葉さんを利用したのではないかとの噂もありました。

破局後何人かの男性との交際の噂もあった

一方、春風亭小朝と破局したあとの岸本加世子さんは、柳葉敏郎さんなど何人かの芸能人と交際していたともいわれています。

柳葉敏郎とも噂に?結婚の約束も?

柳葉敏郎さんとの交際では、結婚の約束もしていたとの噂もありましたが、真意のほどは分かっていません。

岸本加世子は大物芸能人と仲が良い?ビートたけしや樹木希林も?

岸本加世子さんは、美空ひばりさんやビートたけしさん、樹木希林さんなど芸能界の大物と仲が良い女優です。

樹木希林さんとはデビュー当時からドラマで共演し、樹木希林さんからずっと気にかけてもらっていたそうです。またビートたけしさんとも大変仲が良く、北野武監督映画にも多数出演しています。

岸本加世子とビートたけしの関係は?大親友?

岸本加世子さんとビートたけしは、とても仲が良いことで有名ですが、2人は1982年のドラマ「刑事ヨロシク」で共演しています。

それ以来2人は大親友のような関係になり、岸本加世子さんはその後、ビートたけしさんが監督した映画に出演するようになりました。

ビートたけしが映画監督になった後、数々の作品に出演

岸本加世子さんは、ビートたけしさんが映画監督となったあと、多くの作品に出演していますが、それだけ岸本加世子さんのことを信頼していることが分かります。

ビートたけしとのエピソードは?

ビートたけしさんと岸本加世子さんのことを、お笑い芸人の久本雅美さんが語っています。久本雅美さんは岸本加世子さんと大親友だそうで、岸本加世子さんは、携帯の待ち受け画面もビートたけしさんだそうです。

それから、岸本加世子さんの愛犬が死んでしまった時、久本さんが慰めようと食事に誘ったら、そこにたけしさんがサプライズで訪れたそうです。

食事が終わった頃、亡くなった犬と同種の写真を見せて「これ、明日から加世子ちゃんの犬だから、ちゃんと訓練もさせたから」と言ってその犬をプレゼントしたそうです。

樹木希林は芸能界の母?

2019年4月19日に放送されたテレビ番組「徹子の部屋」に岸本加世子さんが出演していました。その中で芸能界の母のような存在だった樹木希林さんのエピソードを語っていました。

樹木希林さんは、昨年亡くなられていますが、岸本加世子さんがデビューした時にドラマで共演し、それ以降気にかけてもらっていたそうです。

初めてあったときに樹木希林さんは、「私に好かれようとしなくていいから」と言われたといいます。また岸本さんの出演した作品で気になった所があると、すぐに電話をかけてきて注意してくれていたそうです。

2018年9月に樹木希林の葬儀に出席、思い出を語る

岸本加世子さんは、2018年9月に樹木希林さんの葬儀に出席していました。葬儀を終えた岸本さんは取材に応じ、樹木希林さんとの思い出を語っています。

樹木希林さんについて聞かれたとき「15歳でデビューしてずっと樹木希林さんについて学ばせてもらいました。毎日怒られて毎日かわいがられて、40年間気にかけてくれていました」と語りました。

また樹木希林さんにはどんな影響を受けたかの質問に対し「一番大きな影響を受けました。演技も芸能界の生き方についても」と答えています。

美空ひばりとも交流!徹子の部屋で語った秘話とは?

テレビ番組「徹子の部屋」では、美空ひばりさんとの交流についても秘話を語っています。美空ひばりさんとは女優の奈良岡朋子さんの紹介で交際するようになったそうです。

美空ひばりさんとは、お互いの家を行き来したり、旅行に行ったりと親密な関係だったそうで、ディズニーランドにも一緒に行ったそうです。

ある日、カラオケで歌っていたら「私が死んだあと、私の役をやってほしい」と言われた話や、ひばりさんの死後ひばりさんからもらった形見の着物をきて「美空ひばり物語」の主役を演じた話もありました。

カリスマボクサー「辰吉丈一郎」とも仲良し!

岸本加世子さんは、格闘技系がお好きなようで、カリスマボクサー辰吉丈一郎さんとも親交があり、兄弟のように仲がいいそうです。

どういった関係で知り合ったのかなど詳しい事は分かりませんが、岸本加世子さんは現在でも格闘技系の友達も多いようですし、岸本さんが辰吉丈一郎の試合を見に行っていたのではないでしょうか。

岸本加世子の交友関係がわかる?インスタタグラムは?

ijmaki / Pixabay

岸本加世子さんは、インスタグラムをやっていてフォロワー数も12,000人を超えています。また、このインスタグラムの画像で岸本さんの交友関係が分かります。

芦田崇宏さんなど、格闘技系の方とも親交があるようで、一緒に食事をしている画像もアップしています。

また、最近のドラマ「やすらぎの刻~道」では風間俊介さんのお母さん役で出演されるようで、そんな番組の紹介もしています。

岸本加世子の生い立ち・経歴は?

Mysticsartdesign / Pixabay

岸本加世子さんは、1960年12月29日に静岡県島田市に生まれ、10歳年下の弟がいます。父親は漁師でしたが、酒乱やDVで岸本さんは幼い頃から母親と暮らしていました。

岸本さんが小学校1年生の頃に神奈川県に転居し、中延学園高等学校に進学し、その後明治大学付属中野高等学校定時制に転校しますが、中退しています。

漁師の父は酒乱・DV!母は障害があり創価学会に入信

岸本加世子さんの父親は漁師でしたが、酒乱でDVもあったため岸本さんが幼い頃はかなり苦労していたことが想像できます。

さらに、岸本さんの母親自身にも障害があって、その母親が救いを求めて創価学会に入信したのをきっかけに、岸本さんも入信しています。

岸本加世子さんは、現在も創価学会の活動に熱心に取り組んでいるそうです。

幼少期に両親が離婚し、母親に引き取られる

stevepb / Pixabay

岸本加世子さんの父親は、酒乱やDV傾向にあったため両親は離婚し、岸本加世子さんは母親の元にひき取れられました。

岸本加世子の学歴は?

StockSnap / Pixabay

岸本加世子さんは、横浜市鶴見区で育ちますがその間5回も転校しているそうです。川崎市立宮崎中学校を経て、中延学園高等学校調理科に2年間通っていました。

その後、明治大学付属中野高等学校定時制に転校していますが、その高校を中退しています。

1976年(当時15歳)、西城秀樹コンサートでスカウト

岸本加世子さんは、西城秀樹さんの大ファンで、高校1年の頃、コンサートを見に行きましたが、周囲の観客が振り回すポンポンなどが邪魔で秀樹の姿が見えず、その人達にキレて「見えねえよ!」と叫んでいたそうです。

その姿を、たまたま近くで見ていた西城秀樹さんのマネージャーが、岸本加世子さんの事を気に入り、スカウトしたそうです。

1977年のドラマ「ムー」で女優デビュー!郷ひろみ・左とん平と共演

岸本加世子さんは、1977年のテレビドラマ「ムー」で女優としてデビューしました。

同年7月「北風よ」をリリース、歌手としてもデビューを果たす

また、同年の1977年にシングル「北風よ」で歌手としてデビューし、以降は女優、アイドル、タレントとしてマルチに活躍しています。

1980年代、樹木希林と共演した富士フイルムのCMでブレイク

岸本加世子さんは、1980年代に樹木希林と共演した富士フイルムのCMで、ブレイクしました。

岸本さんと樹木さんの掛け合い漫才のようなCMでしたが、特に岸本加世子さんのセリフで「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに写ります」は当時の流行語にもなりました。

岸本加世子の出演作・代表作は?北野武監督作品の常連?

岸本加世子さんのこれまでの出演作品で代表的なものを紹介します。また、北野武監督の作品でも常連となっている岸本加世子さんですが、そんな作品を紹介します。

映画寅さんシリーズ「男はつらいよ 寅次郎紙風船」

寅さんシリーズ「男はつらいよ 寅次郎紙風船」に出演しています。「男はつらいよ 寅次郎紙風船」は、1981年12月29日に公開された山田洋二監督の映画です。

この映画はシリーズ28作目にあたり、岸本加世子さんは家出娘の小田島愛子役を演じています。愛子は寅次郎と一緒に旅をし、テキヤ仲間の常次郎が女房の光枝から夫が病気だと知らされます。

NEXT:映画「HANA-BI」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞
1/2