月星座蠍座の男女別の性格や恋愛傾向は?2019年の運勢は? 雑学・ライフスタイル

月星座蠍座の男女別の性格や恋愛傾向は?2019年の運勢は?

星座占いという占いは耳にしたことはあるかと思いますが、これは太陽星座を用いて占うことが有名です。この記事では月星座を使った占いについて蠍座のことを紹介したいと思います。2019年月星座蠍座の男性、女性の性格、天職・適職は?早速見ていきたいと思います。

目次

[表示]

月星座が蠍座の人とはどんな人?その魅力は?

MabelAmber / Pixabay

月星座が蠍座の人は色気がありミステリアスであるような特性を持っていると言われているようですが、実際の所どうなのでしょうか。それではこの蠍座の魅力について色々と調べていきたいと思います。

月星座とはどういう意味?

ipicgr / Pixabay

星座占いなどで使われている月星座というのは、人間が生まれた時のその当時の時間に存在していた月のある位置に存在する星座のことを指すことのようです。

生まれた当時の空の天体と星座の位置をそれぞれ組み合わせていくことで、その人について性格や周りの人達との相性、今後の運勢等の色々なことがわかります。

余談ではありますが、テレビや雑誌などでよく話題の1つとされている星座占いというのは、太陽星座を使っているものが大半だと言われており、月星座の占いについては一般的にあまり浸透していないようです。

月星座が蠍座の人はセクシー・ミステリアスなイメージがある?

月星座蠍座の人は周りの人から見ると、行動や性格が色っぽいことやミステリアスなイメージが強いとよく言われているようです。

これは、蠍座の人が自分をあまり語らず、仲の良い状態とあるまで周りの人達とは一定の距離を置いてしまうことがあるためにその人の印象が分かりにくくなっているため、そう言われているようです。

また蠍座の人は不特定多数の人と親しくなるタイプではないために、周りの人もその人に対しての情報を手に入れることが難しい傾向にあるようです。そのため周りから興味を持たれやすいという性質もあります。

そもそも蠍座の星とは?神話はある?

Bessi / Pixabay

蠍座とは夏の時期に南の空に一見すると蠍のように輝輝いている星座で、その中心あたりにアンタレスという赤く輝く目立った星がある星座が蠍座として言われています。

この蠍座が由来の神話は様々ありますが、有名なものの一つしては伝説の猟師オリオンに関係するギリシャ神話があるようです。

月星座が蠍座のテーマは「死と再生」

MabelAmber / Pixabay

月星座が蠍座の人は対象となるものを追求し何かと一つになりたいという思いを持つ星座と言われているようですが、これは蠍座のテーマが「死と再生」であることが関係しているようです。

この「死と再生」というテーマについてですが、これは、何かと一体化すると、それで今までの自分自身を壊し死を迎えることとなりそこから新たな自分へと再生するということを意味しているようです。

このテーマから月星座蠍座の人は自分の興味を持つことに力をいれて追及したり、深く考察したいなどという思いが強い傾向にあるようです。

月星座が蠍座の人の基本的な性格は?

422737 / Pixabay

ここまでは、月星座が蠍座のことについて大まかに見てみましたが、その蠍座である人物の特徴や性格とはどのようなものなのでしょうか。次はその基本的な性格から見ていきたいと思います。

ミステリアスで秘密主義

Free-Photos / Pixabay

月星座が蠍座の人はミステリアスな感じがして、さらに秘密主義な人間だと言われていることが多いようです。

これは、蠍座の人が自分のことをあまり語らず、必要以上に自分から他人に関わるタイプではないことから秘密主義な人だと思われているようです。

また、自分のことを特に秘密にしたい傾向にあることから、周りから見ると一見何を考えているのかが分かりにくく、そのためその人の言動が読み辛いことからミステリアスな人だと思われてしまいがちなようです。

感情の起伏が激しい

AbsolutVision / Pixabay

周りから見るとミステリアスなイメージがある月星座蠍座の人ですが、意外なことに、感情の起伏が激しいという一面もあるようです。

さらにこのような特徴から、トラブルが起こってしまうことも珍しくないようで、それが原因で普段から自分を語らないだけに余計にマイナスイメージがついてしまうこともあるようです。

執念深く独占欲が強い

charfilmax / Pixabay

月星座蠍座の人達は執念深いという性質もあるようです。これはいい意味では途中で最後まで諦めずに取り組む努力家とも呼べるのですが、執念深いというのは、しつこく往生際が悪いということでもあります。

また蠍座の場合、執念深さに加え独占欲が強いという性質もあるようで、その興味を持ったものに対して自分でコントロールできないような強さの独占力が働いてしまう一面もあるようです。

このように一長一短な性質も月星座蠍座の人は持っているようです。

やると決めれば徹底的にするオタク気質

franciscoucha / Pixabay

月星座が蠍座の人の場合、自分が興味を持ち好きになったことに関しては、その執念深さも手伝って徹底的に調べ抜くようなオタク気質もあるようです。

またその好きになった物に対して強い原動力や行動力が発揮され、多少の事では途中で飽きたり投げ出したりはしないような専門家気質の能力が蠍座の人にはあるようです。

白黒はっきりしている

Kalahari / Pixabay

月星座蠍座の人間は、物事に対してやるかやらないかのはっきり白黒がわかるような二択で事を決めてしまう傾向が強いようです。

このような性質は物事への考え方が固執しがちなこともあり、柔軟性が欠けてしまう部分がありますが、やると決めた場合その専門家的気質を持つことからもから徹底的にやり通すといった性質も合わせ持つようです。

警戒心が強め

Didgeman / Pixabay

疑い深く周りに対して警戒心が強いような性格を蠍座の人はしているようです。これは、自分が傷つくことを恐れるような繊細な特徴を持っているとも言われているようです。

また、相手の事を最初はあまり信用せず、距離を取ってしまうことが多いようなので、相手との連絡先の交換なども拒否されてしまうことがあるようです。

駆け引きなどが出来ない誠実なタイプ

harutmovsisyan / Pixabay

遠回りに探る事が苦手で忠実な性格を月星座蠍座の人はしている傾向が見られるようです。オブラートに包むことが出来ず思ったことをそのまま言ってしまい、時に周りから誤解を受けたりする一面もあるようです。

ただしこれは、筋が通っていないと納得出来ず駆け引きなども出来ないタイプであるために周りから失礼な人間だと誤解されてしまいがちなことが原因としてそのように見られてしまうようです。

ただ、自分の考えを変えることが嫌いで自分に対しても他人に対しても厳しく向かい合う姿勢を持ち何事にも忠実な一面もあるようで、そのような事から不器用な人だとも思われてしまう傾向もあるようです。

一度ネガティブのループに入ると中々抜け出せない

Pezibear / Pixabay

蠍座の人は心配性であり警戒心が強く物事を楽観的に考えづらいという特徴を持っているとも言われているようです。

そのために、一度ネガティブな考えを持ってしまうと同じような悪い考えを繰り返してしまい思考のループから抜け出せず泥沼に嵌りがちな傾向にあるようです。

直感力・洞察力に優れている

4772818 / Pixabay

周囲のちょっとした変化などに蠍座の人は敏感であり相手のウソなどを見抜く能力が高いなどと言われているようです。

これは、蠍座の人が相手の言動などの少しの変化を敏感に感じ取ってしまう所があり、直観力や洞察力が高いとも言える特徴を持つようです。

仕切りたがる人が多い

stevepb / Pixabay

月星座が蠍座の人は基本的には活発で行動的ではないですが、場合によっては仕切りたがることがあるという特徴を持つようです。

それは、白黒はっきりさせたい性格上、他人に指示された場合その内容が自分の考えにそぐわない場面でそのような特徴が強く出てしまうようです。

蠍座の人は自分の考えを変えることが苦手でもあるため、他人にその考えややり方を変えられてしまう前に自分の意見を通したいという思いが強く出てしまうがために仕切りたがってしまうことがあるようです。

曲がったことが嫌い

Walkerssk / Pixabay

蠍座の白黒はっきりさせたい性格と似ていることですが、曲がったことが嫌いという一面があると言われています。これは蠍座の人が筋の通っていないと納得できないタイプであることが関係しているようです。

曲がったようなこと、言い換えると妥協案のようなものが嫌いであり、一度意見が対立してしまうと納得がいくまで周り人の意見を受け入れにくくなってしまうことがあるようです。

自立が早く強い意志を持っている

StockSnap / Pixabay

月星座蠍座の人は確固たる強い意志を秘めているとも言われており、自分が信じるに値するものには確固たる意志を持って信じ抜くという性質があるようです。

これは蠍座の人が周りが良く言っているような一般論というよりは自分で考えて納得する価値観や考え方などを重視する一面があり、その部分関係がしているようです。

それは、周囲のどうこうする以前に、自分が何をしたいのかどのような行動を採るべきかを考えて行動できるということでもあるために、普通の人より若いうちから自立できるとも言われてるようです。

納得できないと破壊的になる

code404 / Pixabay

月星座蠍座が人は一度決めた事について高い集中力を発揮できる性質を持っているとされています。しかし、一度でも納得できないようなことがあり調子が狂ってしまうと破壊的なことをしてしまうとこがあるようです。

これは、例えば仲良くなった友達が出来たとすると、その親しい関係を上手く築けていたにもかかわらず、一度でも何かのことで意見が対立すると、激しく怒ってしまい挙句の果てに絶交してしまうこともあるようです。

必要以上に人と関わらず、多くを語らない

rawpixel / Pixabay

蠍座の人は警戒心が強く繊細な性格をしているとも言われており、初めの方では何事も疑うことをしてしまうという特徴があるとされています。

そのため人間関係においても、最初は相手に対して心を開きにくく、また、自分のこともあまり話したがらない性格のため親しくなるまでに相手と距離を置きたがる傾向があるようです。

集中力がずば抜けている

klimkin / Pixabay

専門家気質でもある蠍座の人は一度決めたことに対しては徹底的に努力が出来ると言われており、それは周囲の人が驚くことがあるほどだとも言われています。

また、その場合集中力がずば抜けていることがあり、周囲の音が全く聞こえないような自分の世界に入ってしまうという一面もあるようです。

好きなものに熱中することは特に珍しいものではありませんが、このように月星座蠍座の一度決意をすると徹底的になるような性質は他の月星座にはない特有の性質であると言われているようです。

独占欲がある

LuckyLife11 / Pixabay

執着心が強いと言われている蠍座の人ですが、人によっては自分で制御できないような独占欲を持つことがあると言われています。

それは、特に人間関係については蠍座の人が誰かれ構わず人と仲良くするタイプではなく親しくなるまで時間がかかってしまうことが関係していると言われているようです。

一度仲良くなるとその相手が他の人に取られてしまう不安に駆られ、その思いが本人の想像以上に強いために制御できないほどのことがあるとも言われているようです。

何事も直球勝負で、不器用な一面も

skeeze / Pixabay

蠍座の人達は白黒はっきりさせたいという気持ちが強いために何事も直球で挑んでしまう性質があるようです。

これは蠍座の人が曲がっていることが嫌いであることも関係しており、多くのことが選択肢に入るような勝負より勝ち負けがわかりやすいことで勝負したがるということのようです。

回りくどいことが苦手で分かりやすい勝負を選びたがるということから、周りの人はそんな蠍座の人を不器用な人間だと思うことがあるようです。

自分の価値観を重視する

geralt / Pixabay

月星座蠍座の人達は、世間一般の意見や常識に囚われないタイプの性格をしており、他人よりも自分の価値観を重視する傾向があると言われているようです。

ただ、そのように自分の価値観を重視する面が出てしまうと他人との意見などが反発することがあり、普段からあまり積極的ではない分余計に意固地で頑固な人だとも思われることがあるようです。

月星座が蠍座である男性の性格の特徴

maggyona / Pixabay

月星座蠍座の人の性格について見てみましたが、この時男性女性とで違いはあるのでしょうか。その性格の違いに注目したいと思います。次は男性の性格から見てきたいと思います。

完璧主義者が多い

TeroVesalainen / Pixabay

月星座蠍座男性の場合、完璧主義者の性格をしている傾向が多いようです。一度決めた物事に対して徹底的に努力をし、周囲が驚くような成果を出すこともあるようです。

慎重で熟考する傾向にある

snicky2290 / Pixabay

蠍座男性の場合、初めは人を簡単には信用せず疑いから入ってしまう傾向にあるようです。周りの人からそのため慎重で熟考する傾向にある言うように評されることがあるようです。

秘密主義で干渉されることを嫌う

Comfreak / Pixabay

月星座蠍座男性の人は普通の人より秘密主義であるために必要以上の事は他の人に話さないという性質を持つようです。

また、人から自分のことに干渉されることが苦手でもあるようで、チームプレイが不得意で、単独行動を好む傾向にあるとも言われているようです。

NEXT:不器用で口下手な一面がある
1/4