ホテル活魚、関東最恐の心霊スポットで起きた事件や体験談を解説! 芸能人

ホテル活魚、関東最恐の心霊スポットで起きた事件や体験談を解説!

関東最恐とも言われる心霊スポット「ホテル活魚(油井グランドホテル)」について詳しく紹介していきます。ここでは殺人事件も起こっている事もあって、本当に危険な場所として知られています。今回はホテル活魚で起きた殺人事件の詳細や心霊体験談を詳しく紹介します。

目次

[表示]

ホテル活魚とは?千葉の有名な心霊スポット?

心霊スポットマニアであれば一度はその名前を耳にした事があるであろう超有名心霊スポット「ホテル活魚」。今回はこの千葉最恐スポットとも言われるホテル活魚について詳しく紹介します。

ホテル活魚は千葉県で有数の心霊スポット!全国的にも知名度が高い

「ホテル活魚」は千葉県の心霊スポットの中でも特に有名な場所で、全国的にその名前が知れ渡っています。

テレビの心霊番組で取り上げられたこともある有名な場所であり、近年では多くの人気YouTuber達が訪れた事でさらに注目を集めているスポットです。

1975年、油井グランドホテルの営業が開始される

「ホテル活魚」は通称である、正式名称は「油井グランドホテル」というホテルの廃墟です。油井グランドホテルは1975年に営業が開始されています。

生け簀料理屋、モーテルなどを経て現在は廃墟に

油井グランドホテルは1995年頃までホテルとして営業されていたそうです。経営不振によって廃業し、いけすで泳がせた魚を使った料理を出すいけす料理屋へと経営転換しています。

建物には「活魚」と書かれた看板が取り付けられ現在も残ります。これが通称「ホテル活魚」の由来です。その後、いけす料理店も流行らずに1998年に廃業したとされています。

その後、この建物がどのような経緯をたどったのかははっきりしませんが、一度モーテルとして経営された後にそれも廃業して廃墟化したというのが定説となっています。

ホテル活魚はラブホテルだった?

Herm / Pixabay

ホテル活魚こと「油井グランドホテル」はその名称から観光ホテルかと思われましたが、実際はラブホテルだったようです。建物の形状からもこれは間違いないかと思われます。

一説には活魚料理屋の後に経営されていたモーテルがラブホテルだったという説もありますが、流れとして最も自然なのはラブホテルとして営業していた油井グランドホテルが活魚料理屋になったというものでしょう。

ホテル活魚がある場所は?住所は?

ホテル活魚は千葉県の東金市に所在しています。正式な住所もネットに書き込まれており「〒283-0804 千葉県東金市油井258」となっています。

2004年、女子高生が廃墟となった活魚に拉致され殺害される事件が発生

また、この「ホテル活魚」ですが、2004年に女子高生が5人組の男に拉致され、暴行された上殺害されるという事件が発生しています。この殺人事件に関しては後ほど詳しく解説します。

ホテル活魚に纏わる幽霊の噂

TheDigitalArtist / Pixabay

「ホテル活魚」は心霊現象多発地帯として知られており、これまでにも数々のおかしな現象が報告されています。また、多数の不気味な噂も流れており、一層恐怖心を掻き立てます。

ここではそんな「ホテル活魚」に纏わる心霊的な噂、幽霊の噂について詳しく紹介していきます。

噂その①カップルによる刺殺事件

SeaReeds / Pixabay

ホテル活魚が全国有数の心霊スポットになってしまった根本の原因になったと言われる事件が、油井グランドホテル時代に宿泊していたあるカップルが些細なことから喧嘩になり、男が女を刺殺したという事件です。

その後、ホテルでは謎の自殺が相次ぐようになり、それが噂となって客足が衰えた油井グランドホテルは経営難に陥り、その後倒産してしまったと噂されています。

この情報に関しては信頼できるニュースソースなど無いので、心霊スポット化してから尾ひれがついて出てきた噂話程度に捉えておくのが良いかと思います。

噂その②一室で起きた焼身自殺

ArtCoreStudios / Pixabay

また、ホテル活魚の廃墟には真っ黒に焼け焦げた不気味な一室があります。この部屋ではある焼身自殺があったと噂されています。

実際に焼け焦げた部屋が存在している為、かなり不気味な噂です。廃墟ではボヤ騒ぎがよく起こるので単なるボヤの可能性も高いですが、ホテル活魚の不気味な雰囲気もあって真実のように感じてしまいます。

噂その③相次ぐ宿泊客の自殺

Free-Photos / Pixabay

先ほど軽く触れましたが、油井グランドホテル時代にカップルによる殺人事件が発生してからというもの、宿泊客の不審な自殺が相次いだと噂されています。

まるで、この最初に殺害された女性の怨念が宿泊客を連れて行っているようだと噂されたと言われますが、この噂の情報源については不明です。

噂その④さ迷う女子高生

こちらは2004年にこの場所で実際に発生した女子高生殺人事件が元になった噂です。3人の不良少年と2人の成人の男に当時17歳の女子高生がこの場所に拉致されて暴行を受けました。

その後、この女子高生は電気コードで首を締められて殺害され、廃墟内の大型冷蔵庫の中に遺体を遺棄されました。この女子高生の怨念が現在でも残り、廃墟内をさまよい歩いていると噂されています。

焼身自殺があったと噂の1階の1室と2階の奥から2番目の部屋が特に危険

Tama66 / Pixabay

このホテル活魚の中で最も危険だと言われているのは、焼身自殺があったとされる1階の焼け焦げた部屋で、ビジュアル的にもホテル活魚内で最も不気味な場所になっています。

そして、さらに危険だと言われるのが、2階の奥から2番目の部屋です。この部屋は多くの霊能力者が口を揃えて、この場所は危険という場所です。

また、心霊スポット巡りに訪れた人達から上がっている報告でも、明らかにこの部屋の空気がおかしいというものが驚くほど多数存在します。もし訪れてもこの部屋には近寄らない方が良さそうです。

実際にホテル活魚に行った人の体験談や感想は?

TheDigitalArtist / Pixabay

全国的に有名な心霊スポットである「ホテル活魚」には多くの心霊マニアが肝試しに訪れています。そして、数多くの体験談がネット上で報告されています。

訪れていた全員が2階の奥から2番目の部屋の前でどうしても足が動かなくなったという報告や、突然ライトが消えて付かなくなったという報告、写真を撮ったら無数のオーブが写り込んだというものもあります。

また、どう考えてもひとりでに動くはずがない重い扉が勝手に開く、2階で女性の黒い影が動き回っているのを目撃したなどなど、膨大な数の不可解な現象が報告されています。

ホテル活魚の内部はどうなってるの?画像は?

ネット上にはホテル活魚を訪れた心霊マニア達が撮影した膨大な画像が存在しているため、検索すればその内部の雰囲気を味わうことができます。

内部は荒れ果てており、廊下の壁面は壁紙が剥がれ落ち垂れ下がり、コンクリートが剥き出しになっています。天井まで朽ち果てて穴が開いた場所があり、その隙間から何かがのぞいている様な気がしてきます。

ホテル活魚は山の中にポツンと佇むように建っており、植物に侵食される様に覆われています。その様子は見ているだけで鳥肌が立つほどに不気味です。

ホテル活魚では心霊写真が撮れた事も

ホテル活魚内で写真を撮影すると、かなりの確率で心霊写真が映るとも噂されています。ネット上にはホテル活魚で撮影されたとされる心霊写真が多数アップされています。

ホコリが写り込んだだけの様に見えるオーブ写真などもありますが、中には白いモヤの中に女性の顔の様に浮かび上がっているものや、鏡に映っているはずの撮影者の姿が消えているという不気味なものも存在します。

人気Youtuberフィッシャーズも赴くもヤバすぎて動画は削除?

人気YouTuber集団であるフィッシャーズが油井グランドホテルでポケモンGOをするという動画をアップロードしたことがありました。

しかし、この動画は既に削除されています。一部では何かヤバいものが写り込んだので削除されたのでは?と噂されていますが、不法侵入で訴えられるリスクを考慮して削除したというのが真相でしょう。

ホテル活魚で起こった女子高生殺人事件の詳細

Free-Photos / Pixabay

続いては「ホテル活魚」で2004年12月22日に発生した女子高生殺人事件について詳しくまとめていきます。

犯人は少年3名を含む5人組の不良グループ

Momonator / Pixabay

このホテル活魚での女子高生殺害事件の犯人は5人の不良グループで、3人は未成年、残りの2人はすでに成人していました。主犯とされるのが斎藤義仁という当時20歳の無職の男でした。

もう一人の成人が当時21歳の神明勝信、その他の未成年の3人はそれぞれ18歳の配管工と16歳の高校1年生、16歳の無職(斎藤の実弟)でした。

殺人事件以前から強盗、強姦を繰り返していた

3839153 / Pixabay

この5人の不良グループは、以前から強盗や強姦を繰り返している地元では有名な札付きのワルでした。

地元の警察からもマークされていた様で、当時の報道では、地元の少年課刑事の「大きな事件で逮捕したいとは思っていたが、まさかこの様な事件を犯すとは」とのコメントが報じられていました。

被害者は高中香織さん、当時17歳

Free-Photos / Pixabay

被害者は当時17歳の高中香織さんという少女で、県立の定時制高校に通っていました。定時制高校の教頭のコメントによると「生活態度も落ち着いており、友人関係も良好」だったという事でした。

高校生活に問題はなく、友人との関係も良好、生活指導を受ける様な生徒ではなかったそうです。また、高中さんの近所に住むという女性が「気持ちの優しい子だった」とのコメントをしています。

強盗目的で被害者を襲うも顔を見られた為拉致

ここからは事件を時系列で解説していきます。犯人の5人は2004年12月22日の未明、JR茂原駅前でカラオケ店で友人と遊んだ帰りの高中さんを後ろから突然襲い、目と鼻を塞いで地面に押し倒します。

高中さんは抵抗しますが、少年らは現金を強引に奪い、顔を見られた事を理由にそのままホテル活魚へと拉致しています。

被害者には凄惨な暴行、強姦が加えられた

TheDigitalArtist / Pixabay

その後の調べで、高中さんは少年らから凄惨な暴行を加えられ、強姦もされていたことが明らかになりました。

また、その後の裁判では犯人らがゲームの様に高中さんの陰部に高中さんの履いていたブーツを挿入するなど弄んでいた事も明らかになっています。

犯人の1人が顔見知りである事に気付き殺害を決定

その後、犯人の少年の中の身内の1人が高中さんのクラスメイトだという事に気がついた少年らは、事件の発覚を恐れて高中さんを殺害したという事です。

被害者の懇願も取り合わず電気コードで絞殺

TheDigitalArtist / Pixabay

高中さんはお腹に赤ちゃんがいるなど嘘をつき、必死に助けを懇願したそうですが、犯人らはそれを意に介さずに周囲に落ちていた電気コードの様なもので高中さんの首を締めて殺害しています。

高中さんはコードと首の間に指を入れる様にして抵抗しますが、神明勝信がそれを外してなおも締め続けて殺害しています。

高中さんがうめき声をあげるとそれを止めさせるために腹に蹴りを入れるなどの暴行もしています。

殺害後、遺体は冷蔵庫に押し込められた

Free-Photos / Pixabay

犯人らは高中さんを殺害すると、敷地内にあった大型の冷蔵庫内に高中さんの遺体を遺棄し、その場から立ち去りました。

高中さんの友人が警察へと通報、翌日には犯人たちは逮捕された

Alexas_Fotos / Pixabay

高中さんが犯人らに拉致された際に、一緒にいた17歳の高中さんの友人の少女が、バッグを奪われて高中さんが連れ去れられた事を警察に通報。

警察はその時間に周辺にいた犯人グループを怪しいと見て捜査を開始し、事件の翌日には犯人達の逮捕に至りました。元々犯人グループは警察にマークされていた事からのスピード逮捕でした。

成人だった斎藤、神明には無期懲役の判決が下された

TPHeinz / Pixabay

裁判の結果、成人の2人斎藤義仁と神明勝信の2人には無期懲役の判決が下されています。この判決は甘すぎるとも言われていますが、重大犯罪であることに加えて前科のある2人なので、釈放の可能性は低いでしょう。

16歳だった斎藤の実弟ともう1人の少年にも懲役刑が

Ichigo121212 / Pixabay

また、斎藤の実弟である16歳の無職少年と16歳の高校1年生の少年の2人はそれぞれ懲役14年と13年の判決。18歳の配管工の少年には無期懲役が求刑されています。

NEXT:配管工の少年は拘留中に自殺している
1/2