【閲覧注意】奇形児とは?確率や原因は?福島原発事故の影響も?

世の中には一般的な形態とは様相が異なった形で生まれる「奇形児」という小児がいます。その原因や出生確率、事例等を画像付きで解説すると共に、現存する奇形児の施設や博物館、福島県での放射能汚染による奇形といった噂や糖尿病との因果関係についても深掘りしていきます。

奇形児とは?

Pixel-mixer / Pixabay

「奇形児」とは医学的に、卵子と精子が受精し分娩までに何らかの異常が発生した事がきっかけで形態異常のまま生まれた小児の事を指します。その異常は多岐にわたり、また奇形も様々です。

肉体的な奇形が元で機能障害を起こす事もあります。また、肉眼上では見えない精神発達における遅滞や体内で起きる内分泌障害については奇形とされない事が多いものの、それらが奇形に合併する事が多いのも事実です。

奇形児とは?先天的な形態異常を持つ子供?

sbtlneet / Pixabay

「奇形児」とは受精から出生までの間に母体内で悪要因が機能した事により、何らかの異常が発生し通常の発育に障害が生じた結果、形態異常を持って生まれて来る小児の事を指します。

出産時に何らかの障害により生じた形態異常や出生後に生じた発育障害とは区別されています。出生時から有している機能的な異常、染色体の異常、代謝異常等を含めた場合には先天異常と呼ばれています。

奇形児が生まれる原因や確率は?

erik_stein / Pixabay

奇形児は様々な原因が複雑に絡み合った事がきっかけで、体の何れかの場所に形態異常を負って生まれてきた小児の事を指しますが、その原因や奇形児が生まれる確率を医学的に解説していきます。

遺伝的要因

qimono / Pixabay

卵子もしくは精子の異常によって「一次性奇形」または「内因性奇形」に二分され、これらは遺伝する傾向にあるようです。その為、両親のうちの何らかの異常が遺伝する事で子どもに奇形を有してしまう様です。

環境的要因

stevepb / Pixabay

母親の子宮内で発育している時、すなわち胎児である時に母体が受けた感染症や外傷、摂取した薬剤、放射線や低酸素などといった環境因子によって発育時に異常が生じ、それらが原因で奇形を有してしまう様です。

奇形児が生まれてくる確率

Rainer_Maiores / Pixabay

「奇形児」と一括りに表現するにしても、中には様々な形態を伴った奇形が存在します。その中でも奇形児が生まれてくる一因として、染色体異常が挙げられます。

その異常を有する確率は、母体が40歳を超えると上がります。ダウン症を事例に挙げると、母体が45歳以上で30分の1の確率、30歳以上で952分の1の確率、20歳以上で1667分の1の確率となっています。

NEXT 天皇家には奇形児が多い?